[PR]

日別キーワード

第9位  欧州連合 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



欧州連合
欧州連合 欧州連合の標語: In varietate concordia(ラテン語: 多様性における統一)欧州連合の歌: 交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』欧州連合の範囲 欧州連合(おうしゅうれんごう、英: European Union、略称:EU)は、欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。 欧州連合規約では欧州連合の存在価値について、以下のようにうたっている。 さらに欧州連合条約第3条第1項では欧州連合の目的について、第2条で挙げられた価値観や平和、域内の市民の福祉を促進することとしており、同条第2項以下では政治や経済、国際関係に関する連合の活動について列挙している。 欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での協力枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。 (Wikipedia:欧州連合)

欧州連合の歌
『交響曲第9番 (ベートーヴェン)』より : 欧州の歌(おうしゅうのうた)は、欧州評議会がヨーロッパ全体を象徴するものとして採択した楽曲。欧州連合、欧州評議会ともに「歓喜の歌」を欧州の歌としている。欧州の歌は1823年にルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番の最終楽章をもとに作られている。 この楽曲は賛歌であり、ヨーロッパ言語ではそのように表現されている(例えば英語: Anthem of Europe、European Anthem、フランス語: L'hymne européen、L'hymne de l'Europeなど)。 原曲 「歓喜に寄せて」(An die Freude) は、元は1785年にフリードリヒ・シラーがフリーメイソンの儀式のために書いた詩である。しかしその後シラーの友人が詩に曲をつけると瞬く間に酒宴の曲としてもてはやされるようになった。シラーの晩年、「歓喜に寄せて」は俗物的であるとしてさげずまれ、書かれた当時は「品がないもの」の典型例としてこき下ろされた。 (Wikipedia:欧州連合の歌)

欧州連合加盟国
欧州連合加盟国(おうしゅうれんごうかめいこく)とは、1951年署名のパリ条約によって設立された欧州石炭鉄鋼共同体に事実上の起源を持つ、欧州連合(EU)に加盟している28の主権国民国家。原加盟国数は6で、その後7度の拡大が繰り返された。その拡大の中でも2004年5月1日のものは10か国が加盟する最大のものであった。欧州連合は21の共和国、6つの王国、1つの大公国で構成されている。 クロアチアは2013年7月1日に加盟しており、最も新しい加盟国である。このほかにも多くの国が欧州連合への加盟協議を続けている。加盟の過程はヨーロッパの統合と表現されることもある。しかしながら、この「ヨーロッパの統合」という表現はヨーロッパ規模の諸機関に権限を段階的に集中させている欧州連合加盟国のそれぞれの国家としての協力の強化という意味としても用いられている。欧州連合に加盟することが認められるまでに、加盟を希望する国家はコペンハーゲン基準と呼ばれる経済的・政治的条件を満たさなければならない。 (Wikipedia:欧州連合加盟国)

欧州連合域内における著作権保護期間の調和に関する指令
主要な目標は全ての欧州連合の加盟国において著作権とそれに「関連する権利」に共通の著作権の保護期間 保護期間を保証することであった。このために選ばれた期間は、著作者の権利については、著作者の没後 (post motem auctoris, pma) から70年であった(第1条)が、これは文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約(ベルヌ条約第7条第1項)によって求められた著作者の没後50年という期日より長い。
この指令は、ベルヌ条約の当初の目標は著作者の没後2世代の間作品を守ることであって、そして50年はもうこの目的に対して十分ではないと指摘している(前文の第5パラグラフ)。著作者の没後70年が当時の加盟国の中で最も長い著作権の保護期間だったと言われることが多いが、これは厳密には正しくなく指令の時点で、フランスでは作品の著作者が戦死した(「フランスのために死んだ」)場合は著作者の死後80年保護していた。スペインも1987年までは著作者の死後80年で、これらの著作権は指令の時点ではまだ有効だった。、そして当指令では選択の理由としては述べられていない。この指令が発効した時点で他の加盟国より長期間作品を保護している加盟国であっても、著作権の保護期間が減らされることはない(第10条第(1)項)。
(Wikipedia:欧州連合域内における著作権保護期間の調和に関する指令)

欧州連合の構成国
『EU加盟国』より : 欧州連合加盟国(おうしゅうれんごうかめいこく)とは、1951年署名のパリ条約によって設立された欧州石炭鉄鋼共同体に事実上の起源を持つ、欧州連合(EU)に加盟している28の主権国民国家。原加盟国数は6で、その後7度の拡大が繰り返された。その拡大の中でも2004年5月1日のものは10か国が加盟する最大のものであった。欧州連合は21の共和国、6つの王国、1つの大公国で構成されている。 クロアチアは2013年7月1日に加盟しており、最も新しい加盟国である。このほかにも多くの国が欧州連合への加盟協議を続けている。加盟の過程はヨーロッパの統合と表現されることもある。しかしながら、この「ヨーロッパの統合」という表現はヨーロッパ規模の諸機関に権限を段階的に集中させている欧州連合加盟国のそれぞれの国家としての協力の強化という意味としても用いられている。欧州連合に加盟することが認められるまでに、加盟を希望する国家はコペンハーゲン基準と呼ばれる経済的・政治的条件を満たさなければならない。 (Wikipedia:欧州連合の構成国)

欧州連合の旗
欧州旗(おうしゅうき)は、長方形の青地に、円環状に配置された12個の金色の星で構成される旗であり、ヨーロッパのシンボルである。 最初にこの欧州旗が定められたのは欧州評議会(COE)においてである。しかしこの旗はもともとCOEの旗としてではなくヨーロッパ全体を代表するシンボルとする意図を持って定められ、欧州連合(EU)といった特定の組織が独占使用することにはCOEは否定的であった。その後1985年にミラノで開かれた欧州理事会において、欧州旗をEUの旗として使用することが合意された。 青地は青空を表し、星の描く円環はヨーロッパの人々の連帯を表す。12個という星の数は最初から決まっていたもので、「完璧」と「充実」を表し、加盟国の数を表すものではなく今後とも増えたり減ったりすることはない。 起源と利用 この旗は元来、1955年12月8日、欧州評議会によって、アイルランド首席紋章官のジェラルド・スレヴィン (Gerard Slevin) の案が採用されたものである。 (Wikipedia:欧州連合の旗)

欧州連合の国旗
『欧州連合の旗』より : 欧州旗(おうしゅうき)は、長方形の青地に、円環状に配置された12個の金色の星で構成される旗であり、ヨーロッパのシンボルである。 最初にこの欧州旗が定められたのは欧州評議会(COE)においてである。しかしこの旗はもともとCOEの旗としてではなくヨーロッパ全体を代表するシンボルとする意図を持って定められ、欧州連合(EU)といった特定の組織が独占使用することにはCOEは否定的であった。その後1985年にミラノで開かれた欧州理事会において、欧州旗をEUの旗として使用することが合意された。 青地は青空を表し、星の描く円環はヨーロッパの人々の連帯を表す。12個という星の数は最初から決まっていたもので、「完璧」と「充実」を表し、加盟国の数を表すものではなく今後とも増えたり減ったりすることはない。 起源と利用 この旗は元来、1955年12月8日、欧州評議会によって、アイルランド首席紋章官のジェラルド・スレヴィン (Gerard Slevin) の案が採用されたものである。 (Wikipedia:欧州連合の国旗)

欧州連合のナンバープレート
欧州連合のナンバープレート(おうしゆうれんこうのナンバープレート)では、欧州連合域内での自動車ナンバープレートについて説明する。
EUのナンバープレートは、寸法が縦横でおよそ100mm×520mm程度、縦横比1:5(参考。ベルギーのように例外あり)で、「ユーロバンド」という共通デザインが採用されている。ユーロバンドは、左側40mm幅の空間に、上にEU章(青地に環状に並んだ黄色の星12個)、下に加盟国の略号が白字で書かれている。
ルーマニアとブルガリアは2007年1月からEUに加盟したため、ユーロバンドは未採用である。数年後にユーロバンドが採用される可能性がある。
多くの国々ではナンバーの中に自治体の略号を1文字から3文字のアルファベットで表示している(例:ドイツではBがベルリン、Mがミュンヘンを表す)。但し、自治体の表記にもノルウェーのように地名の綴りとは無関係なアルファベットを使用したり、フランスやロシアのように数字を使用する例もある。
(Wikipedia:欧州連合のナンバープレート)

欧州連合の国歌
『歓喜の歌』より : 『歓喜の歌』(かんきのうた、喜びの歌、歓びの歌とも。独: An die Freude / アン・ディー・フロイデ、英: Ode to Joy)は、ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章で歌われ、演奏される第一主題のこと。 歌詞 歌詞は、シラーの詩作品「自由賛歌」(独: Ode An die Freiheit、仏: Hymne à la liberté 1785年)がフランス革命の直後ラ・マルセイエーズのメロディーでドイツの学生に歌われていた。そこで詩を書き直した「歓喜に寄せて」(An die Freude 1785年初稿、1803年一部改稿)にしたところ、これをベートーヴェンが歌詞として1822年 - 1824年に引用書き直したもの。ベートーヴェンは1792年にこの詩の初稿に出会い、感動して曲を付けようとしているが、実際に第9交響曲として1824年に完成した時には、1803年改稿版の詩を用いている。 1785年のシラーの「自由」(Freiheit / フライハイト)の詩はフリーメイソンの理念を詩にしたものであり、ドレスデンのフリーメイソンの儀式のために書かれた。 (Wikipedia:欧州連合の国歌)

欧州連合部隊
欧州連合部隊(おうしゅうれんごうぶたい European Union Force,EUFOR)欧州連合・欧州理事会の指揮下にある多国籍軍。旧ユーゴスラビアをはじめとする各地において平和維持活動を実施している。
欧州安全保障防衛政策において人道支援活動・平和維持活動・和平創造活動の強化が求められ、ベルリン・プラス合意において防衛・安全保障分野における欧州連合と北大西洋条約機構(NATO)との関係整理・協力活動構築が行なわれた。これを受けて、欧州理事会の指揮下に平和維持目的の多国籍軍である欧州連合部隊(EUFOR)が設立された。
最初にEUFORが派遣されたのはマケドニア共和国 マケドニア旧ユーゴスラビアである。NATOの組織的支援の下に治安維持部隊として欧州連合部隊 コンコルディア(EUFOR Concordia)が2003年3月から12月にかけて展開した。要員数350名。
(Wikipedia:欧州連合部隊)

欧州連合条約
『マーストリヒト条約』より : マーストリヒト条約(マーストリヒトじょうやく)は、欧州連合の創設を定めた条約。1991年12月9日、欧州諸共同体加盟国間での協議がまとまり、1992年2月7日調印、1993年11月1日にドロール委員会の下で発効した。協議は通貨統合と政治統合の分野について行われた。本条約の正式名称は欧州連合条約であり、その後の条約で修正が加えられた。 附帯議定書では単一通貨ユーロの創設と3つの柱構造(欧州共同体の柱、共通外交・安全保障政策の柱、司法・内務協力の柱)の導入が規定された。共通外交・安全保障政策は欧州政治協力に基づくものであるが、本条約で欧州連合の柱構造に取り入れられ、さらにその枠組みは拡大された。司法・内務協力は警察機関、刑事司法、民事事件や難民・移民問題についての協力について扱われる分野であった。その後、アムステルダム条約によって司法・内務協力から難民・移民問題などを欧州共同体の柱に移管し、残った分野について警察・刑事司法協力に改められた。この3つの柱構造はリスボン条約の発効により廃止された。 内容 元来、欧州経済共同体はおもに経済や社会、通商に関する機関であった。 (Wikipedia:欧州連合条約)

欧州連合理事会
欧州連合理事会(おうしゅうれんごうりじかい)は、欧州連合の政策決定機関。閣僚理事会や、単に理事会とも呼ばれ、基本条約でもこれらの表現が用いられている。またラテン語表記の Consilium とも呼ばれる。欧州連合理事会は欧州連合加盟国の首脳らによる欧州理事会や、欧州連合とは別の国際機関である欧州評議会とは混同されがちであるが、まったく異なるものである。 理事会は、欧州連合のもうひとつの政策決定機関である欧州議会よりも強力な権限を有している。理事会は加盟国から1人ずつの閣僚で構成されている。ただし政策分野によって出席する閣僚が異なり、たとえば農業政策の議論を行うさいには各国の農業担当大臣が出席することになる。 理事会は特定の人物を議長としておらず、加盟国が6か月ごとに輪番制で議長国を務め、議長国の閣僚が各理事会の議論課題を定めていくことになっている。ただし外交理事会については外務・安全保障政策上級代表が議長を務めることになっている。また理事会の運営は事務総長が担っている。 理事会は法律を新たに作ることができ、そのため既存の国内法を置き換えることができる。 (Wikipedia:欧州連合理事会)

欧州連合の歴史
欧州連合の歴史では、ヨーロッパ大陸の大部分を占める地政学的な統合体である欧州連合の沿革について概説する。欧州連合はさまざまな基本条約を根拠として形成され、拡大を繰り返してきた結果、当初6であった加盟国の数は27にまで上り、ヨーロッパの半数以上が欧州連合に加盟していることになる。 ヨーロッパの進歩は連邦国家、国家連合、関税同盟などではなく、超国家的組織が担っており、これによってロベール・シューマンなどの指導者が述べたような、戦争を想定しえない、物質的にありえないものとし、また民主主義が推し進められてきた。このような「シューマン宣言」でうたわれた理念は1951年に署名された欧州石炭鉄鋼共同体の設立条約、1957年に署名された欧州経済共同体や欧州原子力共同体の各設立条約の核心となった。欧州経済共同体と欧州原子力共同体は1993年に発足した欧州連合の一部となっている。 1945年以前 ヨーロッパという概念 ヨーロッパの大部分の領域はかつて、ローマ帝国、東ローマ帝国、フランク王国、神聖ローマ帝国、オスマン帝国、フランス第一帝政、ナチス・ドイツといった武力を背景とした帝国のもとに統一されていた。 (Wikipedia:欧州連合の歴史)

欧州連合の予算
欧州連合の予算(おうしゅうれんごうのよさん)では、加盟27か国とは別に独自の議会や執行機関を持つ欧州連合の財政・予算の制度や状況について概説する。欧州連合では加盟国間で共通の法規が施行され、欧州連合全体としての共通政策に対する支出が行われている。これを賄うために欧州連合では2007年度で1160億ユーロ規模の予算が承認され、また2007年から2013年の予算総額の規模としては8620億ユーロとすることが合意されている。この額は欧州連合の域内総生産 (GDP) のおよそ1%にあたる。なお比較として、イギリスの2004年の歳出規模は7590億ユーロで、フランスは8010億ユーロであった。また1960年の欧州連合(当時は欧州経済共同体)の予算規模はGDPの0.03%であった。 予算の策定 欧州連合には欧州連合理事会、欧州委員会、欧州議会の3つの運営機構が設置されており、この3者すべてが毎年の欧州連合予算の決定に携わる。 (Wikipedia:欧州連合の予算)


欧州連合 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

欧州連合 - アマゾン検索


「欧州連合」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す