[PR]

日別キーワード

第11位  三菱重工業 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



三菱重工業
三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。 日本最大の機械メーカーであり、三菱東京UFJ銀行・三菱商事と並ぶ三菱グループ御三家の一角。その製品数は700を超え、「機械のデパート」とも呼ばれる。主力製品は、船舶・エネルギー関連機器・産業機械・航空機・ロケットエンジンなど。また、鉄道車両(リニア・電気機関車・懸垂型モノレール・新交通システム・LRVなど)の製造、さらにエアコンや事業所向け大型冷凍機、産業向け工作機械、ターボチャージャー、ETCシステムの製造でも知られ、過去には「シルバーピジョン」というスクーターも製造していた。 なお、エアコン・ETCシステム・加湿器は三菱グループ内で三菱電機と競合している(単に「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」といった場合、通常は三菱電機の製品を指す)。 (Wikipedia:三菱重工業)

三菱重工業サッカー部
三菱重工業サッカー部(みつびしじゅうこうぎょうサッカーぶ)は、かつて存在した日本のサッカークラブ。中日本重工業のサッカー部として創部した。呼称は三菱。日本プロサッカーリーグに加盟する浦和レッドダイヤモンズの前身となったクラブである。 これとは別に女子チームの三菱重工業女子サッカー部も存在していた。 創部は1950年だが、三菱重工は当時GHQの指令に従って、東日本重工業・中日本重工業・西日本重工業の3社に分割されており、そのうちの「中日本重工業サッカー部」としての創部である。当初は同好会であったが1952年に社名変更に伴い「新三菱重工業神戸サッカー部」となった。当時のチームの中心選手は岡野良定で 、やがて岡野が選手兼任監督となり、生駒友彦、井上健、村田忠男ら関西学院大学体育会サッカー部出身者が次々と加入し強化が進んだ。1956年の全国都市対抗選手権では、当時95連勝と無敵を誇っていた田辺製薬を関西予選で下し、本大会でも快進撃。決勝では長沼健を中心とし岡野俊一郎らを補強した東京キッカーズに延長で敗れたが準優勝し、全国リーグ創設前の強豪クラブの一つとしての地位を確保した。 (Wikipedia:三菱重工業サッカー部)


三菱重工業 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

三菱重工業 - アマゾン検索


「三菱重工業」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す