[PR]

日別キーワード

第14位  武装 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



武装
武装(ぶそう)は、戦闘のための装備をすること。また、その装備のこと。武装をする権利のことを武装権という。 武装化 個人の武装 兵士や警察官など個人の場合は、武装の度合いによって軽武装・重武装などという格付けをすることもあるが、その個人がいる時代や果たす役目に応じて何をもって重武装とするかは大きく異なる。現代の兵士であれば、小銃の他に重機関銃などで武装すれば重武装と言えるであろうが、古代ギリシアや古代ローマで活躍した重装歩兵のような古代の兵士は兜、胸当てにすね当てを身につけ、パイクと剣を持てば重武装と言えた。また、警察官であれば警棒や拳銃の他に散弾銃(ライアットガン)を持つと重武装ととらえられる。 あらゆる状況を想定して必要となる装備を持ち運べるだけ装備することを完全武装と呼ぶ。しかし、この言葉は国語辞典には載っていないことも多く、和英辞典では掲載されているなどの差異があり、完全武装という言葉は英語の"fully armed"の直訳語である可能性がある。 (Wikipedia:武装)

武装錬金
『武装錬金』(ぶそうれんきん、英: Buso Renkin)は和月伸宏によって創作された漫画である。主人公がホムンクルスという怪物に襲われて落命した後、錬金術の力で蘇り戦士として戦いに身を投じる姿を描いている。和月は武装錬金が自分の最後の少年漫画となると想定し、少年漫画というジャンルで出来ることをすべて実行しようとした。本作は集英社の『週刊少年ジャンプ』にて2003年30号から2005年21・22合併号まで連載され、集英社から10冊の単行本が発行された。日本国外では北アメリカ・ブラジル・フランス・ドイツ・イタリア・スペインで単行本が発行されている。 武装錬金はXEBECによりアニメ版が制作され、2006年から2007年にかけてテレビ東京系列にて放送された。2009年にはFunimation Channelによって本作のアニメが北アメリカで放映された。本作はドラマCD化・小説化・ゲーム化なども行われており、様々な関連商品も発売された。 日本では武装錬金の単行本は300万部以上売れ、星雲賞コミック部門に推薦された。 (Wikipedia:武装錬金)

武装親衛隊
武装親衛隊(ぶそうしんえいたい、独:Waffen-SS)は、、国家社会主義ドイツ労働者党親衛隊の、1939年以前から創立されていた軍事組織に与えられた名称である。 アドルフ・ヒトラーが政権奪取後、国家唯一の兵器の保有・携帯を許される組織(Waffenträger der Nation)である陸軍の反逆から、あるいは国内の騒乱から自身を守らせるために設けた、陸軍ではなくまた警察でもない、政治的に信頼できる親衛隊員から成るナチスの武装部隊である。つまり国家の軍隊ではなく、党もしくはヒトラー個人の私兵である。国防軍とは異なり基本的に志願兵制であったが、後の外国人義勇兵師団や囚人部隊、また初期からある師団でも兵員不足により、半ば強制的に入隊させられる場合もあった。 当初、入隊にあたってはヒトラーのゲルマン民族に対する優生思想やナチズムに基づいて隊員が選ばれ、ユダヤ人、ポーランド人などの非ドイツ系民族や容姿の劣る者は入隊をゆるされなかった。 (Wikipedia:武装親衛隊)

武装SS
『武装親衛隊』より : 武装親衛隊(ぶそうしんえいたい、独:Waffen-SS)は、、国家社会主義ドイツ労働者党親衛隊の、1939年以前から創立されていた軍事組織に与えられた名称である。 アドルフ・ヒトラーが政権奪取後、国家唯一の兵器の保有・携帯を許される組織(Waffenträger der Nation)である陸軍の反逆から、あるいは国内の騒乱から自身を守らせるために設けた、陸軍ではなくまた警察でもない、政治的に信頼できる親衛隊員から成るナチスの武装部隊である。つまり国家の軍隊ではなく、党もしくはヒトラー個人の私兵である。国防軍とは異なり基本的に志願兵制であったが、後の外国人義勇兵師団や囚人部隊、また初期からある師団でも兵員不足により、半ば強制的に入隊させられる場合もあった。 当初、入隊にあたってはヒトラーのゲルマン民族に対する優生思想やナチズムに基づいて隊員が選ばれ、ユダヤ人、ポーランド人などの非ドイツ系民族や容姿の劣る者は入隊をゆるされなかった。 (Wikipedia:武装SS)

武装した人
武装した人(ぶそうしたひと、仏語:L'homme armé)は、ルネサンス期のフランス語による、作者不詳の世俗音楽である。北フランスやブルゴーニュ、フランドルのいずれかの民謡とも言われる。専門的には、原語に即してロム・アルメと呼ばれることが多いが、日本語では直訳調の「武装した人」のほかに、「戦士」「軍人」という訳語が使われることもある。 楽譜と歌詞 ミサ曲における使用 武装した人は、ルネサンス期の作曲家が、ミサ曲を作曲するときに定旋律として使用したため、曲の古さの割には今日でも比較的広く知られている。『武装した人』は世俗音楽の中でおそらく最も頻繁に定旋律に採用された歌であろうと考えられ、現在40以上の使用例が知られている。初期のルネサンス期の大作曲家は少なくとも一度はこの旋律に基づいて作曲をしており、この慣習は17世紀のカリッシミの時代まで続くこととなる。しかしながら『武装した人』によるミサ曲の真の全盛期は、1450年から1500年頃までであり、16世紀後半になると「ロム・アルメ・ミサ」の作曲は、保守的な教会音楽によって辛うじて受け継がれたにすぎなかった。 (Wikipedia:武装した人)

武装中立同盟
武装中立同盟(ぶそうちゅうりつどうめい、League of Armed Neutrality)は、アメリカ独立戦争中の1780年から1783年にかけて、ロシア帝国のエカチェリーナ2世主導で結成された、ヨーロッパ各国の同盟。 イギリスの対米海上封鎖(中立国船舶捕獲宣言)を行った事に対して、1778年に中立国のスウェーデンが中立国船舶の保護を訴えた。翌1779年、イギリスの政策に対抗してロシアの女帝エカチェリーナ2世が中立国船舶の航行の自由と禁制品以外の物資輸送の自由を宣言をした。この提唱による参加国は北欧を中心にロシア・スウェーデン・デンマーク・プロイセン・ポルトガルの5か国。植民地政策でのイギリスとの対立や、当時盛んになった啓蒙思想に共鳴したことが同盟参加の鍵となった。この同盟の結成により、アメリカ独立戦争は国際化し、フランス・スペイン・オランダからも宣戦布告されていたイギリスは孤立する結果となり、アメリカの独立を間接的に支援する結果となった。 (Wikipedia:武装中立同盟)

武装商船
武装商船(ぶそうしょうせん、英語: Armed merchantmen)は、自衛用・船団護衛用・通商破壊用などの各種目的で武装が施された商船(貨物船、客船、油槽船等の船舶)のことである。広義では国際法上の軍艦資格を有する特設艦船を含み、狭義では民間籍で民間人によって運航されているもののみを指す。本項では広義の意味で用いるが、軍艦資格を有するものの詳細は別項(→特設艦船)に委ねる。 分類 武装商船は、その目的によって何種類かに分類することができる。 自衛用:最も多いタイプであり、自衛用に艦砲や機銃など小規模の武装を施したもの。あくまで物資を輸送する通常の商船である。近代以前においては海賊からの自衛目的で広くみられた。近代においても、戦時の通商破壊に対応するため臨時に武装を施されることがあった。太平洋戦争中の日本の場合、海軍の船舶警戒隊または陸軍の船舶砲兵(船砲隊)が乗船して、自衛武装の操作にあたった。現在でも運用されている自衛目的の武装商船に核燃料輸送船がある、日本への核燃料輸送が行われたときには民間企業のPacific Nuclear Transport Ltd.が保有するパシフィック・ピンテールに英国原子力公社警察隊が武装して乗船し機関砲などの運用を行っていた。 (Wikipedia:武装商船)

武装闘争
武装闘争(ぶそうとうそう)とは、合法的手段によらず、暴力で敵(大抵は政府)を打倒することを指す。略して武闘ともいう。また、ある組織内で強硬意見を持ったり、強硬手段を好む人たちを武闘派とも呼ぶ。 日本共産党の武装闘争 日本共産党では1951年の第4回全国協議会(四全協)より山村工作隊などの武装闘争路線が採用された。しかし1955年の日本共産党第6回全国協議会(六全協)では武装闘争路線を転換し、権力が暴力で革命運動を抑圧しない限り、革命運動も暴力を行使しない、という「敵の出方論」を採用した。権力奪取が、武装闘争になるか否かは、状況次第、ということになる。 また、かつての日本社会党左派や現在の新社会党などは、平和的手段を徹底させ、武装闘争の可能性を全面否定している。 これら既成左翼政党が武装闘争路線を事実上放棄したことに反発した学生を中心に新左翼と呼ばれる過激派が分立した。 海外の武装闘争 海外では非合法組織が合法化する代わりに、武装闘争中止を求める政治的取引もある。 (Wikipedia:武装闘争)

武装イスラム集団
武装イスラム集団(GIA、al-Jama'ah al-Islamiyah al-Musallaha  Groupe Islamique Armé)はアルジェリアのイスラム主義組織で武装集団。タクフィール主義思想を掲げる。 組織 1992年の総選挙でイスラム主義政党のイスラム救国戦線 (FIS) が勝利した。しかし国軍がクーデターを起こして選挙を無効にしたため、軍事組織のGIAがテロ活動を開始。国軍との凄惨な内戦状態に陥った(アルジェリア内戦)。GIAは、アルジェリアにイスラム国家を建設することが目標。民間人、ジャーナリスト、外国人を標的としており、行動地域の全村落を虐殺し尽くすほど残虐を極めた。例を挙げると1997年9月22日夜のベンタルハ虐殺では一晩でベンタルハの村人400人が皆殺しにされた。1997年12月から1998年1月のラマダーン期間だけで各地で1000人をこす村人を虐殺した。1992年からこれまでに15万人の一般市民が虐殺された。 1993年9月、在留外国人に対するテロ攻撃を表明、国内で100人以上の外国人を殺害した。 (Wikipedia:武装イスラム集団)

武装中立
武装中立(ぶそうちゅうりつ)とは、自国軍を保有しつつ、中立主義を取ること。 自国を他のいかなる体制、組織、思想からも一線を画し距離を置くことを中立という。これは単なる日和見主義とは違うものとされる。他国、他の組織等からの圧力を排除して中立を保つために必要であるとして、相当程度の軍事力を保持する。非武装中立論よりも現実的な考え方として認識されている。 歴史的事例 代表的な例としてスイス連邦があげられる。第二次世界大戦中においても中立を維持するため、連合国、枢軸国どちらにも与せず、領空侵犯してくる軍用機に対しては、陣営、目的を問わず迎撃する措置を執った 。軍需産業という面では、過去にはスイス国内のシグ社が銃器の製造を手掛けていたが、永世中立を掲げる以上、他国に武器を売ればそれは武力供与という形で他国を手助けした事になる為、ドイツの子会社ザウエル&ゾーンに製造と販売を行わせる事で収益を得るという手順を取っていた。 (Wikipedia:武装中立)

武装すり団
武装すり団(ぶそうすりだん)は、集団で武装したスリのこと。主として来日韓国人によるものを指す。 主な手口は、武器を持って鉄道の車内で乗客を集団で取り囲み、金品を奪い取り、被害者にばれそうになると武器を使用し逃げるというもの。1990年に大阪で開催された国際花と緑の博覧会で観光客にまぎれて大挙して入国して活動が始まり、日本各地で被害が続出した。実行役や見張り役に分かれて組織的に動き、刃物でバッグを切り裂いて財布を盗むなどの手荒な手口が目立った。 2004年ごろから東京都内で武装スリ団による被害が急増した。使われる武器はナイフ、電子銃(スタンガン)、催涙スプレーなどである。 「武装すり団」という用語については、実態は強盗団ではないかという意見は多い。実際、武器を用意している時点で刑法237条の定める強盗予備罪が成立する。また、たとえ強奪時に凶器を使用しなくても、犯行が露見し、逮捕されないために武器を使用すれば、同238条事後強盗罪が成立する。また「強盗」ではなく「すり」という言葉を使うことによって、凶悪なニュアンスを薄めようとしているのではないかという声もある。 (Wikipedia:武装すり団)

武装神姫
武装神姫(ぶそうしんき)は、コナミデジタルエンタテインメントから発売されているアクションフィギュアシリーズ。また、これを中心としたメディアミックス作品。本項では素体となるMMSフィギュアと、これを使用した武装神姫以外のフィギュアについても記述する。 MMSフィギュア MMS (Multi Movable System) フィギュアは、浅井真紀が原型を製作し、コナミデジタルエンタテインメント(以下KDE)が販売するアクションフィギュアの素体(頭部を除くボディ本体)。基本形状の違いにより「1st」「2nd」「3rd」と呼ばれ、略して「MMS(エムエムエス)」とだけ呼ぶ場合もある。これらの素体は同世代であっても、部位単位で仕様・形状が異なる場合がある。変更点は武装神姫の一覧および武装神姫以外のフィギュアを参照。 基本形状 MMS 1st(エムエムエス ファースト) 約15cm程度で、上から順に首・胸部・肩・上腕・肘・手首・股・腿・膝・足首が可動する。 (Wikipedia:武装神姫)

武装工作服
タクティカルベスト(Tactical Vest)は、弾薬ポーチやホルスターなど、各種装備を収納するポーチが多数取り付けられているベスト。 世界中の軍隊、警察、そのほかの法執行機関の特殊部隊で使われている。主に防弾チョッキの上から着用することが多い。 米軍のFLCベストを皮切りに、近年のタクティカルベストにはPALSウェビングが縫い付けられている事が多い。このシステムは、自分の任意の位置・数のアクセサリーポーチを装着する事ができる。狙撃手用、ライフルマン用、SAW手用と複数のベストを揃える必要がなく、ポーチを付け替えれば一つのベストで済むため、自由度が向上しただけでなく、非常に経済的である。 参考資料 上田信 『Combat Bible(コンバット・バイブル)4』 日本出版社、1999年11月。ISBN 978-4890484270。 関連項目 ボディアーマー 戦闘服。 (Wikipedia:武装工作服)

武装ピックアップ
『』より : (Wikipedia:武装ピックアップ)

武装革命
『』より : (Wikipedia:武装革命)


武装 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

武装 - アマゾン検索


「武装」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す