[PR]

日別キーワード

第18位  BMW - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



BMW
BMW(ビーエムダブリュー、ドイツ語: Bayerische Motoren WerkeAG、バイエルン発動機製造株式会社)は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動車および自動二輪車、エンジンメーカーである。 同社はBMWの他に、英国のロールス・ロイスとMINIの2社を傘下のカー・ブランドとして所有している。また、BMW Motorradを子会社として所有する。本社ビルはエンジンのシリンダーを模した円筒形を4つ組み合わせたような形をしており、フィーア・ツュリンダー(Vier Zylinder)、英語でフォー・シリンダーズ(Four Cylinders)と呼ばれる。 読み方について BMWはドイツ語読みでは「ベー・エム(ム)・ヴェー」である。日本では1981年の日本法人 BMW JAPAN設立以来、英語読みの「ビー・エム・ダブリュー」が一般的になってきている。一方で高齢者を中心に親しみをこめてドイツ語読みの「ベーエムヴェー」(ベムヴェー、ベンベー)という読み方をする人も多い。 (Wikipedia:BMW)

BMW・2002
転送 BMW・02シリーズ
(Wikipedia:BMW・2002)

BMW・5シリーズ
BMW・5シリーズ(BMW 5 Series )は、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している乗用車である。 5シリーズは5人乗りのセダンもしくはステーションワゴンである。欧州ではセグメントEの大きさに分類される乗用車の代表的なモデルである。 2008年1月には累計生産台数が500万台に達した。車名の後のアルファベットは、iはフュエルインジェクション、eはイータエンジン、tはターボエンジン、dはディーゼルをあらわす。 初代(1972年-1981年)E12 初代5シリーズ。「ノイエクラッセ」と言われた1800/2000系の後継としてデビューした。1977年にマイナーチェンジを行い、グリル、ボンネット、リアコンビネーションランプなどが新しくなり、同時に給油口がリアナンバープレート横から右リアフェンダーへ移動している。欧州では末期に3.5リッターの535iおよびエアロパーツを纏ったM535iが発売される。 日本での販売 日本へはバルコム・オート・トレイディングが輸入していた。 (Wikipedia:BMW・5シリーズ)

BMWザウバー
BMWザウバーF1(BMW Sauber F1 Team)は、2006年から2009年までF1世界選手権に参戦していたチームである。2005年に自動車会社のBMWが既存のチームザウバーを買収して設立した。しかし2009年シーズン後にチームは元のザウバーの手に売却されたザウバーの施設を継続して使用するため、本拠地はスイスにあるが、エンジン開発の本拠地はBMW本社のあるドイツ・ミュンヘンであり、チーム国籍はドイツで登録されていた。 BMWとF1との関わり オープンホイールのフォーミュラカーにおけるBMWの活動は、その初期においてF2シリーズへの参戦を中心としたものである。F1には1980年代から本格的に参戦するようになり、主に1980年代と2000年以降の2期に分けて考えることができる。ここでは、その前史であるF2時代についても、簡単に取り上げる。 1940年代 - 1950年代 第二次世界大戦後、操業再開を許されたBMWは、会社の技術的な蓄積のため、しばしばF2に自社の「328エンジン」を持ち込んで参戦し、自らのチームや、より小さいVeritas、AFM、Jiceyといったチームのために328エンジンを供給した。 (Wikipedia:BMWザウバー)

BMW・3シリーズ
3シリーズは、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している乗用車である。 かつて販売していたBMW2002の系譜を受け継ぐモデルである。 BMWの中核を担う主力モデルであり、欧州市場においてライバルとなるメルセデス・ベンツCクラスと人気を分け合っている。アメリカ市場においてもスモールセダンのベストセラーモデルとして人気を博しており年間10万台以上販売される。日本市場において3シリーズはDセグメントにおける輸入車最量販モデルであり、輸入車最量販モデルであるフォルクスワーゲン・ゴルフ(Cセグメント)と人気を分け合っている(2007年1-6月期にはゴルフに代わって3シリーズが輸入車最量販モデルとなったことがある)。 欧州における分類でDセグメント(3シリーズ・コンパクトはCセグメント)に属する、後輪駆動(FR)(一部モデルに四輪駆動(4WD))の乗用車である。3シリーズは1975年の初代(E21)登場時から現在に至るまで、BMWの最多量販車種であり続けている。 前身は、1500シリーズ(1961年発表)からはじまるいわゆる「ノイエクラッセ」の発展版、02シリーズ(1966年発表)である。 (Wikipedia:BMW・3シリーズ)

BMW 3シリーズ
『BMW・3シリーズ』より : 3シリーズは、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している乗用車である。 かつて販売していたBMW2002の系譜を受け継ぐモデルである。 BMWの中核を担う主力モデルであり、欧州市場においてライバルとなるメルセデス・ベンツCクラスと人気を分け合っている。アメリカ市場においてもスモールセダンのベストセラーモデルとして人気を博しており年間10万台以上販売される。日本市場において3シリーズはDセグメントにおける輸入車最量販モデルであり、輸入車最量販モデルであるフォルクスワーゲン・ゴルフ(Cセグメント)と人気を分け合っている(2007年1-6月期にはゴルフに代わって3シリーズが輸入車最量販モデルとなったことがある)。 欧州における分類でDセグメント(3シリーズ・コンパクトはCセグメント)に属する、後輪駆動(FR)(一部モデルに四輪駆動(4WD))の乗用車である。3シリーズは1975年の初代(E21)登場時から現在に至るまで、BMWの最多量販車種であり続けている。 前身は、1500シリーズ(1961年発表)からはじまるいわゆる「ノイエクラッセ」の発展版、02シリーズ(1966年発表)である。 (Wikipedia:BMW 3シリーズ)

BMW 801
ファイル:BMW801 front.jpg thumb right 200px エンジンの前面
ファイル:BMW801_hr.jpg thumb right 200ppx エンジンの後方
ファイル:BMW801 Aggregate.jpg thumb right 200ppx エンジンの背面
BMW 801はナチス・ドイツ ドイツのBMW社が第二次世界大戦期に製造した航空機用複列14シリンダー空冷星型エンジンである。もともと大型機用のエンジンとして企画されたが、フォッケウルフ社のフォッケウルフ Fw190 Fw 190のエンジンに採用されたことで開発の方向性が決定付けられた。Fw 190の他にJu 88 (航空機) Ju 88をはじめとするドイツ空軍の大型機にも搭載されている。基本設計自体は比較的手堅かったものの、燃料量調節や燃焼のタイミング制御といった各種制御技術には当時の工業先進国であるドイツらしい工夫が凝らされており、その概念は現代のレシプロエンジンで採用されている制御システムに通じている。
(Wikipedia:BMW 801)

BMW・M3
ファイル:E46M3LagunaSecaBlue.jpg thumb 250px right E46型M3
BMW M3(エムスリー)はドイツの自動車メーカーBMWが生産するクーペ型の自動車である。代によってはセダンやカブリオレのラインナップが無い場合もある。
BMW・3シリーズ 3シリーズをベースにM Gmbh M社がエンジンやサスペンション、エアロパーツをチューンしたチューニングカーであり、初代は各地のツーリングカーレースに出場する際のベース車両に端を発し、2代目以降はBMW・3シリーズ 3シリーズきってのスポーツモデルに位置づけられている。
ファイル:BMW M3 E30.jpg thumb 250px right E30型M3
ファイル:BMW M3 Cabrio 1991 purble vl TCE.jpg thumb 250px right E30型M3カブリオーレ
初代はドイツ本国で1985年に発表。
エンジンはBMW M1 M1、BMW・6シリーズ M635CSi等に搭載されたM88型DOHCエンジン3.5L直列6気筒エンジンを2気筒ぶん切り取ってつくられた2.3L 直列4気筒エンジンで、それにゲトラグ製の5速マニュアルトランスミッション MTが組み合わせられている。
(Wikipedia:BMW・M3)

BMW Dixi
ファイル:BMW-Ihle-Dixi-Sport.jpg thumb 200px BMW Dixi in einer von der Bruchsaler Firma Ihle gefertigten Sportversion von 1929
ファイル:BMW_Dixi_1930.JPG thumb 200px BMW Dixi (1930)
ファイル:Bmw 328.jpg thumb right 200px BMW 328(1936)
BMW Dixi(ビーエムダブリュー・ディクシー)はBMWが最初に製造した自動車。
自動車製造に目を向けていたBMWが1928年、当時はゴータ(鉄道)車両製作所の所有となっていたアイゼナハ車両製作所を買収。これに "Dixi" の製造権も含まれていた。デキシーは英国オースチン (自動車) オースチン社のオースチン 7 オースチン・セブンをライセンス生産していた。第一次世界大戦の敗戦国ドイツは飛行機生産を禁止され、飛行機エンジンとモーターサイクルの生産をしていたBMWは自動車生産に参入しようと複数の車両を比較検討していた。そうしてアイゼナハ車両製作所の株価下落の際、Dixi製造権も合わせて買収する。
(Wikipedia:BMW Dixi)

BMW・7シリーズ
7シリーズ(英語名: 7 Series、ドイツ語名: 7er)はドイツの自動車メーカー、BMWが製造・販売しているFセグメントの高級セダンである。 前身は大型セダンのE3系)である。4人乗りまたは5人乗りの大型セダンで、メルセデス・ベンツ・Sクラスやジャガー・XJをライバルとしてきた。このクラスは、近年ではアウディ・A8やレクサス・LSなど新興勢力の台頭により激戦区となっている。 他のライバルの多くがショーファードリヴン(オーナーは後席に座り、専従の運転手がハンドルを握る)としての性格を強く持つ中、BMW・7シリーズは、オーナー自らがハンドルを握る車(オーナードリヴン)としての性格を強調している点が特徴である。 車名の後のアルファベットは i :フュエルインジェクション A :オートマチックトランスミッション L :ロングホイールベース d :ディーゼル をあらわす。 初代 E23(1977年-1986年) 1970年代に行われ始めたモデル改称により「7シリーズ」となる。 (Wikipedia:BMW・7シリーズ)

BMW・6シリーズ
BMW 6シリーズはドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している自動車である。クーペまたはカブリオレのボディ形式を持つ。 前身は大型クーペBMW・3.0CSである。 初代(1976年-1989年)E24 先代CSクーペは1970年代に入ってもベルトーネデザイン、カルマン生産の流麗なボディや、ツーリングカー選手権の制覇など第一級のパフォーマンスは健在であったが、安全性や快適性などの旧態化が顕著になり(ベース車のBMW・1500は1961年に登場)、1976年にフルモデルチェンジを行い630CS/633CSiとなった。BMW・1500セダン(ノイエ・クラッセ)をベースとした先代同様、先行してモデルチェンジした520/525セダン(E12系)のプラットフォームをベースとしている。また、ボディのコーチワークは引き続きカルマンが行っていた。それゆえ、車格の上では上級とされる733iセダンよりも高価であった。『世界一美しいクーペ』と評され、今なお愛好家が多い。 1978年にはハイパフォーマンスモデルの635CSiを追加する。 (Wikipedia:BMW・6シリーズ)

BMW・Z4
ファイル:BMW-Z4.jpg thumb 300px right 初代Z4(ロードスター)
BMW・Z4(ズィーフォー、ツェットフィーア)は、BMWが製造する、2人乗りのスポーツカーである。
2002年にソフトトップを採用するオープンカー(ロードスター)として登場したが、2006年にはクーペも追加された。上位にBMW・6シリーズ 6シリーズが存在するが、4シーターである。製造は、アメリカサウスカロライナ州スパータンバーグ (Spartanburg) でされている。
ファイル:Bmwz4.JPG thumb 250px right 初代Z4(ロードスター)
ファイル:BMW Z4 M Roadster02.JPG thumb 250px right 初代Z4 Mロードスター
ファイル:BMW Z4MCoupe 2.JPG thumb 250px right 初代Z4 Mクーペ
ファイル:BMW Z4MCoupe 1.JPG thumb 250px right 初代Z4 Mクーペ
Z3と同時期に開発された。アメリカ人デザイナー、クリス・バングルの手による。2002年のモンディアル・ド・ロトモビル パリサロンでデビュー。日本では2003年1月から「Z4 3.0i」「Z4 2.5i」が販売された。(デリバリー開始は6月)そのためZ3の後継モデルと思われている。
(Wikipedia:BMW・Z4)

BMW・Z3
ファイル:BMW Z3.JPG thumb 300px right Z3(ロードスター)
BMW・Z3(ズィースリー)は、ドイツの自動車メーカーBMWが製造していたクーペまたはオープンカー オープンタイプの乗用車である。アメリカ合衆国・サウスカロライナ州に完成した工場にて製造された初めてのBMW車であった。
ライトウエイトのオープンカーとして1996年に登場。BMWとしてはBMW・Zシリーズ Z1以来の2シーターオープンカー(ロードスター)である。外観デザインには永島譲二が携わっている。後にクーペボディを追加。後継車種はBMW・Z4 Z4。
プラットフォームをBMW・3シリーズコンパクト(E36/5)と共有する派生車種であり、それはコードネームに”E36”が入っていることからも見て取れる。
日本では1997年に導入されてから毎年のように小変更が繰り返され、エンジンだけをとっても数多くのモデルが存在する。
(Wikipedia:BMW・Z3)

BMW・M1
BMW・M1は、1970年代にモータースポーツでの活躍を期待したことに端を発する、ドイツの自動車メーカー、BMWのスーパーカーである。 スタイル・機構 1976年にBMWモータースポーツ(現BMW M)は、当時ポルシェ・934やポルシェ・935の独擅場だったグループ4およびグループ5シルエットフォーミュラを制するためE-26の開発を始めた。 当初想定されていた自社製のV型12気筒4.5Lエンジンは、大きく重く明らかにエコロジーとは無縁であったため、オイルショックの風が吹く中一般世論に反するものとして葬り去られることになり、代わりにヨーロッパツーリングカーレース用に開発されたM-88型3,453cc直列6気筒DOHCエンジンがクーゲルフィッシャーの機械式インジェクションと組み合わせ採用された。 (Wikipedia:BMW・M1)

BMW・X5
ファイル:00-03 BMW X5.jpg thumb 250px right 初代X5
X5(エックスファイブ)は、BMWが2000年から製造・販売している高級クロスオーバーSUVである。
米国・サウスカロライナ州・スパータンバーグのBMWサウスカロライナ工場で製造される。日本やアメリカではガソリンエンジンを搭載したモデルのみが販売されているが、欧州ではディーゼルエンジンを搭載したモデルやマニュアルトランスミッション MT仕様も存在する。
BMW初のSUVであり、BMW自身は、自社が商標登録した「SAV(Sports Activity Vehicle)」との造語を用いることで「BMWが発案した、まったく新しいカテゴリーの自動車である」と主張している。
ファイル:04-06 BMW X5.jpg thumb 250px right 初代X5 3.0i
2000年に発表され、2000年10月から日本でも「4.4i」の販売が始まった。
(Wikipedia:BMW・X5)

BMW・X3
ファイル:BMW-X3.jpg thumb 300px right 初代X3 3.0i
X3(エックススリー)は、ドイツの自動車会社BMWが販売するSUVである。
1999年に発売されたBMW・X5の成功を受けて、レクサス・RX(トヨタ・ハリアー)に代表される小型高級SUVの分野にも進出すべく企画されたクロスオーバーSUV クロスオーバーである。BMW自身は、自社が商標登録した「SAV(Sports Activity Vehicle)」との造語を用いることにより、先行したBMW・X5 X5とともに「BMWが発案した、まったく新しいカテゴリーの自動車である」と主張している。
X5が、BMW・5シリーズ(E39型)の構成部品を多数流用していたように、X3はBMW・3シリーズ(E46型)のプラットフォーム (自動車) プラットフォームと構成部品を多数流用している。サスペンションも旧世代3シリーズ・セダンのものであり、乗り心地の悪さを指摘されることがある。
(Wikipedia:BMW・X3)

BMW・1シリーズ
BMW 1シリーズはドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している自動車である。 1シリーズはCセグメントに属し、BMWのエントリーモデルとして3シリーズコンパクトの後継を担っている。基本プラットフォームをE90型3シリーズと共有している。 他のCセグメント車は駆動方式にFFを採用して実用面を重視しているのに対し、1シリーズはFRを採用し、フロントアクスルとリヤアクスルへの荷重をほぼ50:50の均等に配分することにこだわり、走行性能を追求しているところが特徴である。また、これは同社全シリーズ一貫した姿勢であり、「駆けぬける歓び」を世界共通のキャッチフレーズとしている。生産は、ドイツのレーゲンスブルク工場。 初代(2004年 -)E87型 ハッチバック(E87/E81) 2004年に本国で発表。5ドアモデルのみでモデルコードはE87。同年9月22日に日本向けに発表され、10月9日から「120i」の販売を開始、「118i」「116i」は予約受付が開始された。 (Wikipedia:BMW・1シリーズ)

BMW 1シリーズ
『BMW・1シリーズ』より : BMW 1シリーズはドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している自動車である。 1シリーズはCセグメントに属し、BMWのエントリーモデルとして3シリーズコンパクトの後継を担っている。基本プラットフォームをE90型3シリーズと共有している。 他のCセグメント車は駆動方式にFFを採用して実用面を重視しているのに対し、1シリーズはFRを採用し、フロントアクスルとリヤアクスルへの荷重をほぼ50:50の均等に配分することにこだわり、走行性能を追求しているところが特徴である。また、これは同社全シリーズ一貫した姿勢であり、「駆けぬける歓び」を世界共通のキャッチフレーズとしている。生産は、ドイツのレーゲンスブルク工場。 初代(2004年 -)E87型 ハッチバック(E87/E81) 2004年に本国で発表。5ドアモデルのみでモデルコードはE87。同年9月22日に日本向けに発表され、10月9日から「120i」の販売を開始、「118i」「116i」は予約受付が開始された。 (Wikipedia:BMW 1シリーズ)

BMW・8シリーズ
BMW 8シリーズは、ドイツの自動車メーカー・BMWが生産・販売していたクーペタイプの高級車である。販売当時、同社のフラグシップであった。 6シリーズ(E24)の後継モデルとして、1989年のフランクフルトモーターショーでBMWのフラッグシップモデルとしてデビューした。2,000kg近い車重にV型12気筒エンジンという、従来のBMWにはないコンセプトであった。6シリーズよりも実質的に高い価格と優れた性能で、実際には別の市場を狙って、まったく新しいクラスだった。 のちにV型8気筒モデルが追加され、末期にはV型8気筒モデルのみが販売されていた。 BMW・M1以来のリトラクタブルヘッドライトを採用、CSLを彷彿させるサイドビューをもつ。ボディはBピラーを持たないハードトップ・スタイルであり、カブリオレの追加も予想されていたが実現しなかった。2+2の座席設定であり、後席スペースは非常に狭い。 日本国内では、幅広であるにもかかわらず、どうがんばってもゴルフバッグがトランクに積めないなど、当時の日本人が好む価格に見合ったバリューを顧客に提供することができず、販売台数的にもイメージ的にもライバルのメルセデスSLに大きく水をあけられることになる。 (Wikipedia:BMW・8シリーズ)

BMW・Zシリーズ
Z4(ズィー・フォー、ツェット・フィーア)はドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売しているスポーツカーである。クーペまたはオープンカー(ロードスター)のボディ形式を持つ。 2002年にソフトトップを採用した2座ロードスターとして登場。2006年にはクーペモデルも追加された。上位に6シリーズが存在するが、こちらは4シーターである。初代(E85/E86)の製造はアメリカサウスカロライナ州スパータンバーグでされていたが、2代目(E89)はドイツ・バイエルン州レーゲンスブルクで生産されている。 初代(2003年-2008年)E85/E86 E85はロードスター、E86はクーペのモデルコードである。 2002年のパリサロンでデビュー。 開発自体はZ3と同時期から行われていた。時期的にZ3の後継車種にあたるが、位置づけとしてはZ3の上位モデルとなる。Z3よりボディサイズが拡大し、当初は全モデル直6エンジンで登場したが、2005年に直4エンジン2.0 Lモデルも追加された。 (Wikipedia:BMW・Zシリーズ)


BMW - 関連ブログ

データが取得できませんでした

BMW - アマゾン検索


「BMW」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す