[PR]

日別キーワード

第19位  GNU - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



GNU
GNU(グニュー、グヌー、[ɡnuː])とはオペレーティングシステム であり、かつコンピュータソフトウェアの広範囲に渡るコレクションである。GNUは完全にフリーソフトウェアから構成されている。 GNUは"GNU's Not Unix!"(「GNUはUNIXではない」)の再帰的頭字語である。この名称が選ばれたのは、GNUはUnix系の設計ではあるがUNIXとは違いフリーソフトウェアでありUNIXに由来するソースコードを全く使っていないことを示すためである。GNUの正式な発音は「グニュー」または「グヌー」である。一般的な英語では、gnuは「ヌー」と発音し、ウシカモシカまたはヌーと呼ばれる動物をさす言葉である。GNUプロジェクトは自らの名称を「it is pronounced g-noo, as one syllable with no vowel sound between the g and the n.」と呼ぶよう要請している。 (Wikipedia:GNU)

GNU Free Documentation License
GNU Free Documentation License (グニュー・フリー・ドキュメンテーション・ライセンス)は、GNUプロジェクトの一環としてフリーソフトウェア財団から配布されているコピーレフトなライセンスの一つである。 略称として GNU FDL (グニュー・エフディーエル)、GFDL (ジーエフディーエル)などと書かれることもある。GNU は グニュー あるいは グヌー と発音する。 日本語訳では、「GNU フリー文書利用許諾契約書」という語が用いられることがあるが、一般的に「契約」と言えるか否かは、異論も存在する(ライセンス#著作物全般の利用許諾のライセンスを参照)。 このライセンスは、文書たる著作物につき、営利・非営利を問わず著作権者が著作権者以外の者に対して改変、複製、頒布することを一定の制約条件の下に許諾するものである。 大まかに言えば、GPL と同様に著作権者が次のような許可を与えるライセンスである。 この文書を無断で複製してよい。 この文書を無断で改変してよい。 この文書を無断で頒布・販売してよい。 (Wikipedia:GNU Free Documentation License)

GNUフリー文書ライセンス
『GNU Free Documentation License』より : GNU Free Documentation License (グニュー・フリー・ドキュメンテーション・ライセンス)は、GNUプロジェクトの一環としてフリーソフトウェア財団から配布されているコピーレフトなライセンスの一つである。 略称として GNU FDL (グニュー・エフディーエル)、GFDL (ジーエフディーエル)などと書かれることもある。GNU は グニュー あるいは グヌー と発音する。 日本語訳では、「GNU フリー文書利用許諾契約書」という語が用いられることがあるが、一般的に「契約」と言えるか否かは、異論も存在する(ライセンス#著作物全般の利用許諾のライセンスを参照)。 このライセンスは、文書たる著作物につき、営利・非営利を問わず著作権者が著作権者以外の者に対して改変、複製、頒布することを一定の制約条件の下に許諾するものである。 大まかに言えば、GPL と同様に著作権者が次のような許可を与えるライセンスである。 この文書を無断で複製してよい。 この文書を無断で改変してよい。 この文書を無断で頒布・販売してよい。 (Wikipedia:GNUフリー文書ライセンス)

GNU FDL
『GNU Free Documentation License』より : GNU Free Documentation License (グニュー・フリー・ドキュメンテーション・ライセンス)は、GNUプロジェクトの一環としてフリーソフトウェア財団から配布されているコピーレフトなライセンスの一つである。 略称として GNU FDL (グニュー・エフディーエル)、GFDL (ジーエフディーエル)などと書かれることもある。GNU は グニュー あるいは グヌー と発音する。 日本語訳では、「GNU フリー文書利用許諾契約書」という語が用いられることがあるが、一般的に「契約」と言えるか否かは、異論も存在する(ライセンス#著作物全般の利用許諾のライセンスを参照)。 このライセンスは、文書たる著作物につき、営利・非営利を問わず著作権者が著作権者以外の者に対して改変、複製、頒布することを一定の制約条件の下に許諾するものである。 大まかに言えば、GPL と同様に著作権者が次のような許可を与えるライセンスである。 この文書を無断で複製してよい。 この文書を無断で改変してよい。 この文書を無断で頒布・販売してよい。 (Wikipedia:GNU FDL)

GNU Emacs
『Emacs』より : Emacs(イーマックス)とは高機能でカスタマイズ性の高いテキストエディタである。スクリーン・エディタとしての人気が高く、特にUNIXのプログラマを中心としたコンピュータ技術者に愛用者が多い。 ガイ・スティール・ジュニア、デイブ・ムーン、リチャード・グリーンブラット、チャールズ・フランクストンらの書いたひと組の TECO マクロ・エディタである TECMAC と TMACS のアイデアに触発され、1975年にリチャード・ストールマンがガイ・スティール・ジュニアとともに書いた TECO エディタのエディタ・マクロ (editing macros) 一式が最初の EMACS である。 (Wikipedia:GNU Emacs)

GNUコンパイラコレクション
GNU Compiler Collection(グニューコンパイラコレクション)は、GNUのコンパイラ群である。略称は「GCC(ジーシーシー)」。GNUツールチェーンの中核コンポーネント。 標準パッケージには C、C++、Objective-C、Objective-C++、Fortran、Java、Ada、Go のコンパイラ並びにこれらのライブラリが含まれている。 当初はCコンパイラとして開発し、GCCは GNU C Compiler を意味していた。しかし、もともと多言語を想定して設計しており、 GNU C Compiler と呼ばれていたときでも多くの言語に対応していた。現在でも GNU C Compiler の意味で「GCC」と呼ぶことも多い。ちなみに GNU C Compiler の実行ファイルの名称もgccである。なお、GNU C++コンパイラをG++、GNU JavaコンパイラをGCJ、GNU AdaコンパイラをGNATと呼ぶ。 CコンパイラとしてのGCCは、ANSI規格 (ANSI X3.159-1989) にほぼ適合するC言語コンパイラ処理系であった。 (Wikipedia:GNUコンパイラコレクション)

GNUデバッガ
名称 GNU デバッガ
screenshot
caption
developer GNU Project
latest_release_version 7.0
latest_release_date 2009年10月06日
operating_system
種別 デバッガ
license GNU General Public License GPL
GNUデバッガ(単にGDBとも)は、GNUソフトウェア・システムで動く標準のデバッガである。
これは、多くのUnix風システムで動作可能な移植性の高いデバッガであり、Ada、C言語、C++、Fortran FORTRAN、FreeBASICといったプログラミング言語に対応している。
ジョン・ギルモア が シグナスソリューションズ に勤務していた 1990年 から 1993年 まで保守をしていた。
GDBは、コンピュータ・プログラム の実行の変更や追跡といった充実した機能を提供する。プログラム内部の 変数 (プログラミング)変数 の値を修正したり、監視したりすることや、プログラムの通常の動作とは別に 関数 (プログラミング) 関数 を呼び出すことができる。
(Wikipedia:GNUデバッガ)

GNU LilyPond
GNU LilyPond(グニュー リリーポンド)は、クロスプラットフォームの楽譜作成ソフトウェアである。 GPL ライセンスのもとにフリーで公開されている。C++ で記述され、Scheme ライブラリ (GNU Guile) でアセンブルされているが、ユーザ独自のカスタマイズや拡張も可能である。単純に音楽をテキストに記述してコンパイルすることにより、(PostScript 経由で)PDF、SVGなどの形式で楽譜を出力できる。同時にMIDIファイルを出力させることも可能である。 FinaleやSibelius (en) などのような楽譜作成ソフトウェアとは異なり、LilyPond自体はGUIを持たない。しかしながら、出版にも耐えうるほどの質の高い楽譜を出力することができる。また、GUIをもつソフトウェアの中にも、RosegardenやNoteEdit、Canorus、DenemoのようにLilyPondの形式で出力できるものがある。 (Wikipedia:GNU LilyPond)

GNU General Public License
GNU General Public License(GNU GPLもしくは単にGPLとも)とは、GNUプロジェクトのためにリチャード・ストールマンにより作成されたフリーソフトウェアライセンスである。八田真行の日本語訳ではGNU 一般公衆利用許諾書と呼んでいる。 GPLは、プログラム(日本国著作権法ではプログラムの著作物)の複製物を所持している者に対し、概ね以下のことを許諾するライセンスである。 プログラムの実行 プログラムの動作を調べ、それを改変すること(ソースコードへのアクセスは、その前提になる) 複製物の再頒布 プログラムを改良し、改良を公衆にリリースする権利(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)GPLは二次的著作物についても上記4点の権利を保護しようとする。 (Wikipedia:GNU General Public License)

GNU GPL
『GNU General Public License』より : GNU General Public License(GNU GPLもしくは単にGPLとも)とは、GNUプロジェクトのためにリチャード・ストールマンにより作成されたフリーソフトウェアライセンスである。八田真行の日本語訳ではGNU 一般公衆利用許諾書と呼んでいる。 GPLは、プログラム(日本国著作権法ではプログラムの著作物)の複製物を所持している者に対し、概ね以下のことを許諾するライセンスである。 プログラムの実行 プログラムの動作を調べ、それを改変すること(ソースコードへのアクセスは、その前提になる) 複製物の再頒布 プログラムを改良し、改良を公衆にリリースする権利(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)GPLは二次的著作物についても上記4点の権利を保護しようとする。 (Wikipedia:GNU GPL)

GNUプロジェクト
『GNU』より : GNUプロジェクト(グヌープロジェクト、[ɡnuː])とはフリーソフトウェアマス・コラボレーションプロジェクトであり、1983年9月27日にMITのリチャード・ストールマンにより発表された。このプロジェクトの狙いは、ユーザーが自由にソフトウェアを実行し、(コピーや配布により)共有し、研究し、そして修正するための権利に基づいたソフトウェアを開発し提供することにより、ユーザーにそのような自由な権利を与えた上でコンピュータやコンピューティングデバイスの制御をユーザーに与えることにある。GNUのソフトウェアはこれらの自由な権利を(そのライセンスによって)法的に保障しているため、フリーソフトウェアである。なおフリーソフトウェアの「フリー」という言葉は常に自由な権利を指し示すために必要なため使われている。 コンピュータの全てのソフトウェアが、(使用、共有、研究、修正を行うための)自由な権利を全てユーザーに付与することを確保するためには、ソフトウェアの中で最も基本的かつ重要な部分である(ユーティリティプログラムを数多く含む)オペレーティングシステムをフリーソフトウェアとすることが必要となった。 (Wikipedia:GNUプロジェクト)

GNU Hurd
name GNU Hurd
logo ファイル:Hurd-logo.png GNU Hurd logo
screenshot ファイル:HURD Live CD.png 300px
caption HURD Live CD
developer Thomas BushnellRoland McGrathMarcus Brinkmann他
latest release version L1
programming language
operating_system
genre カーネル
license GNU General Public License
website http://www.gnu.org/software/hurd/
GNU Hurd(ぐにゅー はーど)は、GNUプロジェクトによって開発中の、GNU Mach上で動作するサーバUNIXで言うデーモン (ソフトウェア) デーモン群。
Hurdは、「Hird of Unix Replacing Daemons.」の頭文字であり、さらにHirdは、「Hurd of Interfaces Representing Depth.」の頭文字である。また、「herd of gnus」(ヌーの群れ)とも掛けている。
勘違いされることが多いが、厳密な意味ではHurdはカーネルではなく、マイクロカーネルであるMachと、その上で動くサーバ群であるHurdの組合せによって一般的なカーネルのサービスを提供する。
(Wikipedia:GNU Hurd)

GNU Screen
名称 GNU Screen
ロゴ
スクリーンショット ファイル:GNU Screen.png 250px
説明文 GNU Screenのスクリーンショット
開発元 GNU
最新版 4.0.3
最新版発表日 2008年8月7日
最新評価版
最新評価版発表日
対応OS UnixライクOS
対応プラットフォーム
種別 キャラクタユーザインタフェース CUI
ライセンス GNU General Public License GPL
GNU Screen(グニュー・スクリーン、screen)は、GNUによって開発されたフリーソフトウェア フリーな端末多重接続ソフトウェアである。1台の端末や接続したリモートの端末から、全く別々の複数の端末へと同時に接続する事が出来る。コマンドラインインタプリタ コマンドライン上で複数のプログラムを実行したり、シェル上でプログラム (コンピュータ) プログラムを実行させたまま接続を解除したりする時等に非常に役に立つソフトウェアである。
(Wikipedia:GNU Screen)

GNUstep
GNUstep(グニューステップ)は、NeXTのOPENSTEP Objective-C ライブラリ(フレームワーク)、ウィジェット・ツールキット、アプリケーション開発ツール群をフリーソフトウェアとして実装したものである。UNIX系オペレーティングシステムだけでなくMicrosoft Windowsでも動作する。GNUプロジェクトの一部でもある。 GNUstepは、NeXTのOPENSTEP仕様に完全互換なプラットフォームにまたがったオブジェクト指向開発環境を備えている(NeXT社はアップルコンピュータに買収された)。アップルと同様GNUstepはJavaインターフェイスを持ち、同時にRubyやSchemeとも接続できる。 GNUstepのアプリケーションインターフェイスはMac OS XのCocoaのインターフェイスと根幹は同じ(NeXTとOPENSTEP)である。GNUstepの発祥はCocoaより先であった。 GNUstepはOPENSTEPの仕様を満たすことを目指して開発され、Mac OS Xが実装しているフレームワークの多くを欠いているが、GNUstepの開発者は互換性を保つため、アップルのCocoaの追加機能に追随しようとしている。 (Wikipedia:GNUstep)

GNU Compiler for Java
name GNU Compiler for Java
logo ファイル:Gcj2.png 70px
developer GNU The GNU Project
latest_release_version 4.3.3
latest_release_date 2009年1月24日
operating_system Unix系 Unix-like
genre Compiler
license GNU General Public License GPL
website http://gcc.gnu.org/java
GNU Compiler for Java(グニュー・コンパイラ・フォー・ジャバ、GCJ、ジーシージェー)はJavaのためのフリーなコンパイラで、GNUコンパイラコレクション GCCの一部である。Javaソースコードをコンパイルし、Java仮想マシンのバイトコードまたは機械語 マシン語を出力する。また、バイトコードを格納したクラスファイルや、それらを格納したJAR全体をマシン語にコンパイルすることも出来る。GCJで使用されるほとんど全てのランタイムライブラリはGNU Classpathプロジェクトに由来する。
(Wikipedia:GNU Compiler for Java)

GNU Maxima
Maxima(マキシマ)は、LISP で記述された数式処理システムである。GNU GPL に基づくフリーソフトウェアであり、現在も活発に開発が続けられている。Maple や Mathematica などの商用の数式処理システムと比べても遜色のない機能を持っている。 略史 Maxima の起源は、マサチューセッツ工科大学の MACプロジェクトによって開発され、米国エネルギー省によって配布されていた Macsyma の1982年のバージョンを GNU Common Lisp に移植したものである。 1982年から Macsyma の独自のバージョンを管理・維持していたビル・シェルター (en) が、1998年にエネルギー省から GPLライセンスを適用することを条件に公開の許可を得た。こうして公開されたプログラムは Maxima と呼ばれることになり、2001年のシェルターの死後も開発者や利用者のグループによって独自に開発が続けられている。 (Wikipedia:GNU Maxima)

GNU Octave
名称 GNU Octave
ロゴ ファイル:Octave Sombrero.svg 260px
スクリーンショット
説明文
開発元 John W. Eaton
最新版
最新版発表日
最新評価版
最新評価版発表日
プログラミング言語 C++
対応OS クロスプラットフォーム
対応プラットフォーム
種別 数値解析ソフトウェア
サポート状況
ライセンス GNU General Public License
公式サイト http://www.octave.org/
Gnu Octave とは、MATLABと互換性を持ったフリーソフトウェア フリーな数値解析ソフトウェアであり、GNUによって開発されている。
C++とStandard Template Library STLを用いている
(Wikipedia:GNU Octave)

GNU Lesser General Public License
GNU Lesser General Public License(以前は、GNU Library General Public Licenseだった)または GNU LGPL、単にLGPLは、フリーソフトウェア財団(Free Software Foundation、以下FSFと略称)が公開しているコピーレフト型のフリーソフトウェアライセンスである。八田真行による日本語訳ではGNU 劣等一般公衆利用許諾書と呼称している。 以前の名前から分かる通り、これは他のプログラムにリンクされることを前提としたライブラリのためのライセンスとして作成された。当ライセンスは、強いコピーレフト(strong copyleft)を持つライセンスであるGNU General Public LicenseすなわちGPLとBSDライセンス・MIT Licenseのような緩やかなフリーソフトウェアライセンスとの妥協の産物として設計されている。 (Wikipedia:GNU Lesser General Public License)

GNU LGPL
『GNU Lesser General Public License』より : GNU Lesser General Public License(以前は、GNU Library General Public Licenseだった)または GNU LGPL、単にLGPLは、フリーソフトウェア財団(Free Software Foundation、以下FSFと略称)が公開しているコピーレフト型のフリーソフトウェアライセンスである。八田真行による日本語訳ではGNU 劣等一般公衆利用許諾書と呼称している。 以前の名前から分かる通り、これは他のプログラムにリンクされることを前提としたライブラリのためのライセンスとして作成された。当ライセンスは、強いコピーレフト(strong copyleft)を持つライセンスであるGNU General Public LicenseすなわちGPLとBSDライセンス・MIT Licenseのような緩やかなフリーソフトウェアライセンスとの妥協の産物として設計されている。 (Wikipedia:GNU LGPL)

GNU Library General Public License
『GNU Lesser General Public License』より : GNU Lesser General Public License(以前は、GNU Library General Public Licenseだった)または GNU LGPL、単にLGPLは、フリーソフトウェア財団(Free Software Foundation、以下FSFと略称)が公開しているコピーレフト型のフリーソフトウェアライセンスである。八田真行による日本語訳ではGNU 劣等一般公衆利用許諾書と呼称している。 以前の名前から分かる通り、これは他のプログラムにリンクされることを前提としたライブラリのためのライセンスとして作成された。当ライセンスは、強いコピーレフト(strong copyleft)を持つライセンスであるGNU General Public LicenseすなわちGPLとBSDライセンス・MIT Licenseのような緩やかなフリーソフトウェアライセンスとの妥協の産物として設計されている。 (Wikipedia:GNU Library General Public License)


GNU - 関連ブログ

データが取得できませんでした

GNU - アマゾン検索


「GNU」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す