[PR]

日別キーワード

第31位  オレガノ - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



オレガノ
オレガノ (Oregano Origanum vulgare) はシソ科の多年草。ヨーロッパの地中海沿岸地方が原産。香辛料として使われる。和名はハナハッカ(花薄荷)。マジョラムの近縁種であり、別名ワイルド・マジョラムとも呼ばれる。広義には、O. compactumやO. majorum、観賞用のO. rotundifolium、O. pulchellum、種間雑種などOriganum属全般を指す。 語源 属名のOriganumはギリシャ語で「山の喜び」を意味する。 大半は地中海気候で育ち、米国北東部に自生する。高さは60cmから90cm。茎は柔らかく枝分かれしていてかつ毛深い。葉は概ね卵形で、表面が滑らかなものと毛が生えたものに分かれる。夏から秋にかけて、白、赤紫色の花を咲かせる。花色は多くの品種ではピンクだが、一部の品種では白色。生育には、やや乾燥気味の気候が適する。園芸植物としても好まれる。 ハナハッカ属の中では最も認知度の高い種で、カルバクロールという化合物を含有した精油が成分の一つにあり、樟脳に似た特有の香りを発する。 (Wikipedia:オレガノ)


オレガノ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オレガノ - アマゾン検索


「オレガノ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す