[PR]

日別キーワード

第38位  セム - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



セム
セムは、旧約聖書創世記に出てくる物語「ノアの方舟」の、ノアの3人の息子のうちの一人。他の2人はハム、ヤペテ。アジア人の先祖と言われ、ユダヤ人の先祖アブラハムの父祖として系図に登場する。創世記によればセムは600歳で死んだことになっているが、字面通りに信じてしまうと9代先の子孫であるアブラハムが生まれていた時にまだ生きていた(それどころかこの時にはノアも生きていた計算になる)ばかりか、アブラハムが175歳で死んだ時にはまだ生きていたことになる。 ヘブライ語、アラム語、アラビア語やエチオピアの諸言語は比較言語学的に親縁関係にあることが明らかになり、アウグスト・シュレーツァーによってセムにちなみセム語と名づけられた。 イエメンの首都サナアを建設したと伝えられる。 (Wikipedia:セム)

セム祖語
セム祖語(セムそご、Proto-Semitic)とは、セム語派に属する言語の祖語として推定されている言語である。原郷についてはカナン人、アラム人、アラビア人といった遊牧民の出自についての記録から、それをアラビア半島であるとする説が有力である。セム祖語は、紀元前3000年代には既に存在していたと考えられ、これは印欧祖語と同じ時代にあたる。 文献に残る最古のセム系民族はサルゴン大王で知られるアッカド人で、その記録はおよそ紀元前23世紀にさかのぼる。彼らもまた、アラビア半島に起源を持つとされている。また紀元前1800年頃に原シナイ文字で書かれたと推定される刻字が、セム語の話者によるものとされる。 セム語派が属するアフロ・アジア語族、特に近縁とされるエジプト語派の分布から、原セム人はアフリカの角からアラビア半島へ移住したのではないかと推定されているが、時代が古いため推論の域を脱していない。 音韻 セム祖語は一般に以下のような音素をもつものとして再建されている。下図ではセム語学で用いられる表記と、予想されるIPAでの表記をともに示す。 (Wikipedia:セム祖語)

セム語族
『セム語派』より : セム語派(セムごは)ないしセム語族(セムごぞく)は、言語学においてアフロ・アジア語族に属するとされる言語グループである。 言語学における沿革 「セム語」という名称は、18世紀ドイツのオリエント学者アウグスト・シュレーツァーによって、トーラーに記述されているノアの息子のセムにちなんで名づけられた。これが19世紀に発展した比較言語学研究の中で語族名に転用され、「セム語族」という用語が生まれた。 かつてはセム語族の上位にセム・ハム語族が立てられ、セム・ハム語族はインド・ヨーロッパ語族、ウラル・アルタイ語族(現在、ウラル語族とアルタイ諸語は別のグループとされている)と並ぶ世界の3大語族の一つとされていた。20世紀半ば以降、アメリカの言語学者ジョーゼフ・グリーンバーグの研究により、セム・ハム語族を構成するもう一方の語族であるハム語族の存在に疑問が生じたことから、セム・ハム語族は「アフロ・アジア語族」に置き換えられ、セム語族はその中の一語族ないし一語派とされた。 (Wikipedia:セム語族)

セム語派
セム語派(セムごは)ないしセム語族(セムごぞく)は、言語学においてアフロ・アジア語族に属するとされる言語グループである。 言語学における沿革 「セム語」という名称は、18世紀ドイツのオリエント学者アウグスト・シュレーツァーによって、トーラーに記述されているノアの息子のセムにちなんで名づけられた。これが19世紀に発展した比較言語学研究の中で語族名に転用され、「セム語族」という用語が生まれた。 かつてはセム語族の上位にセム・ハム語族が立てられ、セム・ハム語族はインド・ヨーロッパ語族、ウラル・アルタイ語族(現在、ウラル語族とアルタイ諸語は別のグループとされている)と並ぶ世界の3大語族の一つとされていた。20世紀半ば以降、アメリカの言語学者ジョーゼフ・グリーンバーグの研究により、セム・ハム語族を構成するもう一方の語族であるハム語族の存在に疑問が生じたことから、セム・ハム語族は「アフロ・アジア語族」に置き換えられ、セム語族はその中の一語族ないし一語派とされた。 (Wikipedia:セム語派)

セム諸語
『セム語派』より : セム語派(セムごは)ないしセム語族(セムごぞく)は、言語学においてアフロ・アジア語族に属するとされる言語グループである。 言語学における沿革 「セム語」という名称は、18世紀ドイツのオリエント学者アウグスト・シュレーツァーによって、トーラーに記述されているノアの息子のセムにちなんで名づけられた。これが19世紀に発展した比較言語学研究の中で語族名に転用され、「セム語族」という用語が生まれた。 かつてはセム語族の上位にセム・ハム語族が立てられ、セム・ハム語族はインド・ヨーロッパ語族、ウラル・アルタイ語族(現在、ウラル語族とアルタイ諸語は別のグループとされている)と並ぶ世界の3大語族の一つとされていた。20世紀半ば以降、アメリカの言語学者ジョーゼフ・グリーンバーグの研究により、セム・ハム語族を構成するもう一方の語族であるハム語族の存在に疑問が生じたことから、セム・ハム語族は「アフロ・アジア語族」に置き換えられ、セム語族はその中の一語族ないし一語派とされた。 (Wikipedia:セム諸語)

セム語
『セム語派』より : セム語派(セムごは)ないしセム語族(セムごぞく)は、言語学においてアフロ・アジア語族に属するとされる言語グループである。 言語学における沿革 「セム語」という名称は、18世紀ドイツのオリエント学者アウグスト・シュレーツァーによって、トーラーに記述されているノアの息子のセムにちなんで名づけられた。これが19世紀に発展した比較言語学研究の中で語族名に転用され、「セム語族」という用語が生まれた。 かつてはセム語族の上位にセム・ハム語族が立てられ、セム・ハム語族はインド・ヨーロッパ語族、ウラル・アルタイ語族(現在、ウラル語族とアルタイ諸語は別のグループとされている)と並ぶ世界の3大語族の一つとされていた。20世紀半ば以降、アメリカの言語学者ジョーゼフ・グリーンバーグの研究により、セム・ハム語族を構成するもう一方の語族であるハム語族の存在に疑問が生じたことから、セム・ハム語族は「アフロ・アジア語族」に置き換えられ、セム語族はその中の一語族ないし一語派とされた。 (Wikipedia:セム語)

セム系諸言語
『セム語派』より : セム語派(セムごは)ないしセム語族(セムごぞく)は、言語学においてアフロ・アジア語族に属するとされる言語グループである。 言語学における沿革 「セム語」という名称は、18世紀ドイツのオリエント学者アウグスト・シュレーツァーによって、トーラーに記述されているノアの息子のセムにちなんで名づけられた。これが19世紀に発展した比較言語学研究の中で語族名に転用され、「セム語族」という用語が生まれた。 かつてはセム語族の上位にセム・ハム語族が立てられ、セム・ハム語族はインド・ヨーロッパ語族、ウラル・アルタイ語族(現在、ウラル語族とアルタイ諸語は別のグループとされている)と並ぶ世界の3大語族の一つとされていた。20世紀半ば以降、アメリカの言語学者ジョーゼフ・グリーンバーグの研究により、セム・ハム語族を構成するもう一方の語族であるハム語族の存在に疑問が生じたことから、セム・ハム語族は「アフロ・アジア語族」に置き換えられ、セム語族はその中の一語族ないし一語派とされた。 (Wikipedia:セム系諸言語)

セムナーン州
セムナーン州(ペルシア語:استان سمنان Ostān-e Semnān)は、イラン北部の州(オスターン)。州都はセムナーン。面積は96,816km²である。人口はおよそ501,000人(1996年)。 セムナーン州はアヴェスタの昔から16の区域からなっていたことが知られる。メディア、ハカーマニシュ朝(アカイメネス朝)期には帝国最大の地方であった。 イスラーム期にはセムナーンは「ゴーメシュ」(Ghomesh)あるいは「コーメシュ」(Koomesh)と呼ばれた歴史的地域の一部として知られ、東西交易路が地域中央部を通っていた。いうまでもなく州内では歴史を通じ数多くの戦いがおこなわれてきた。 イラン文化遺産協会には州内から470ヵ所が登録されている。セムナーンの街では宮殿、城塞、キャラヴァンサラーイ、伝統的貯水施設(アーブ・アンバール)、バードギールなどがある。また多くの聖廟などが点在している。 地理 州内にはアルボルズ山脈が走り、南境にはキャビール砂漠(ダシュテ・キャビール、Dasht-e Kavīr、ペルシア語表記でدشت كوير)が広がる。 (Wikipedia:セムナーン州)

セムテックス
セムテックス (Semtex) は高性能プラスチック爆薬の一種。チェコスロバキアにおけるセムティン・グラスワークス(VCHZシンセシアを経て現在はイクスプルージアに改名)によって開発された。ビル破壊などの商業用途の他に軍事利用も行われていたが、テロによる利用によって有名となった。極めて探知が困難であったこと、容易に入手できること、たった250gで飛行機を爆破できる性能などにより利用が拡大した。パンナム機爆破事件においては312g(11オンス)のセムテックスが使用された。テロによく用いられるイメージが強く、「テロリストのC-4」と呼ばれる。 セムテックスの内容物は次のとおりである。 セムテックスのサンプル 1966年にVCHZシンセシアの研究員であるStanislav Breberaによって開発され、西ボヘミアの町Semtínに因んで名付けられた。C-4に代表される他のプラスチック爆薬と同様にセムテックスも容易に変形が可能であるが、使用できる温度域が非常に広いという特徴を有する。 (Wikipedia:セムテックス)

セムラ
セムラ(semla)は、スウェーデンの伝統的菓子の一種。中身がくり抜かれたカルダモン味の甘いパンの中にアーモンドペーストと牛乳を混ぜ合わせたものが入れられ、その上にホイップクリームが加えられるのが特徴。そのまま食べられることが多いが、暖かい牛乳にひたして食べる方法もある(この食べ方はヘートヴェッグという)。 かつては四旬節の断食の際にしか食べられることがなかったが、現在はクリスマス明けから断食の終わりまで食べられている。 セムラの明確な語源は明らかでないが、ラテン語の「Semilia」(最も上質な小麦粉という意味)からきたという説がある。 日本のシンガーソングライターカジヒデキは「セムラソング」というタイトルの曲でセムラのおいしさを語っている。 (Wikipedia:セムラ)


セム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

セム - アマゾン検索


「セム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す