[PR]

日別キーワード

第52位  マイクロソフト - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



マイクロソフト
マイクロソフト(英:Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 当初は世に登場して間もない8ビットのマイクロプロセッサを搭載したコンピュータ「アルテア (Altair)」上で動く、BASICインタプリタの開発・販売で成功を収めた。 当初はネイティブ環境(カセットテープベースでオペレーティングシステムはなくROM-BASICに近い環境のもの)だったが、CP/Mが標準プラットフォームとなると、CP/MベースのMBASICを発表する。グラフィックス機能をつけたGBASIC、16ビット用のGWBASICが登場する。なお、GWのWは16ビットを意味するダブルバイト/ワードだとされている。 ついでIBM PC上のオペレーティングシステムの開発を請け負い、シアトルコンピュータプロダクツの86-DOSの権利を購入し改良、PC DOS(自社ブランドでMS-DOS)を開発。 (Wikipedia:マイクロソフト)

マイクロソフト社
『マイクロソフト』より : NASDAQに上場していてMicrosoftのティッカーシンボルは「MSFT」。
会長 - ビル・ゲイツ
社長 - スティーブ・バルマー
本社所在地 - アメリカ合衆国ワシントン州レドモンド (ワシントン州) レドモンド市(シアトル郊外)
広大な敷地に中低層のビルが点在し、運動場もあることから、大学のキャンパスになぞらえて「マイクロソフト・キャンパス」と呼ばれている。
これにちなんでマイクロソフト社のことをレドモンドと呼ぶことがある。社名の由来はマイクロコンピューター・ソフトウェアを略したものといわれている。
日本法人(マイクロソフト株式会社)
代表執行役社長 ダレン・ヒューストン
(Wikipedia:マイクロソフト社)

マイクロソフトカップ
『ジャパンラグビートップリーグ』より : ジャパンラグビートップリーグは、日本における社会人ラグビー(15人制、ラグビーユニオン)の全国リーグである。以前の各地域リーグと全国社会人ラグビーフットボール大会が発展解消し、2003-2004シーズンから発足した。16チームによるリーグ戦、リーグ戦上位4チームによるトーナメントのトップリーグプレーオフからなる。秩父宮ラグビー場、東大阪市花園ラグビー場など全国各地で行なわれている。 ジャパンラグビートップリーグは、全国の社会人チームの強豪が一堂に会し、高レベルな試合を増やし、日本ラグビーの活性化につなげる事を目的として発足されたものである。2002年5月に日本ラグビーフットボール協会より発表された。 初年度参加チームは、 2002年度東日本・関西・西日本の各地域リーグ1位 「第55回全国社会人大会」予選プール上位2チーム 上記1・2で選出されたチーム数により下記の方法で決定。 (Wikipedia:マイクロソフトカップ)

マイクロソフト・オフィス
『Microsoft Office』より : Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)は、マイクロソフトのオフィススイートである。 Microsoft Office は、単体ソフトウェアとしては1983年5月に Multi-Tool Word の名前で XENIX 向けに発売されたのが最初で、オフィス スイートとして複数のソフトウェアがセットになった状態で発売されたのは1989年6月に Macintosh (Mac) 向けが最初である。この時点で Word, Excel, PowerPoint が含まれていた。Windows 向けに発売したのは1990年10月である。日本語版が用意されたのは、Office for Mac 4.2 と Office 3.0 からである。 製品 主要なデスクトップ製品 Word ワープロソフト。アウトラインでの作業やテーマの設定などが行える。 Excel 表計算ソフト。マクロ言語によって、表計算ソフトを越えた利用も可能である。 Outlook 個人情報管理ソフト (PIM)。電子メール クライアントとしての機能を備えており、グループウェアの利用も強く意識されている。 (Wikipedia:マイクロソフト・オフィス)

マイクロソフト オフィス
『Microsoft Office』より : Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)は、マイクロソフトのオフィススイートである。 Microsoft Office は、単体ソフトウェアとしては1983年5月に Multi-Tool Word の名前で XENIX 向けに発売されたのが最初で、オフィス スイートとして複数のソフトウェアがセットになった状態で発売されたのは1989年6月に Macintosh (Mac) 向けが最初である。この時点で Word, Excel, PowerPoint が含まれていた。Windows 向けに発売したのは1990年10月である。日本語版が用意されたのは、Office for Mac 4.2 と Office 3.0 からである。 製品 主要なデスクトップ製品 Word ワープロソフト。アウトラインでの作業やテーマの設定などが行える。 Excel 表計算ソフト。マクロ言語によって、表計算ソフトを越えた利用も可能である。 Outlook 個人情報管理ソフト (PIM)。電子メール クライアントとしての機能を備えており、グループウェアの利用も強く意識されている。 (Wikipedia:マイクロソフト オフィス)

マイクロソフト認定プロフェッショナル
英名 Microsoft Certified Professional
英項名
略称 MCP
分野 情報
資格種類 国家資格
試験形式 筆記
認定団体 マイクロソフト
後援
認定開始年月日
認定終了年月日
等級・称号
根拠法令
公式サイト
特記事項
マイクロソフト認定プロフェッショナル(Microsoft Certified Professional、MCP)は個々のマイクロソフトによる認定と、より広範囲のプロフェッショナルの認定プログラムの両方を指す。
MCPとなるために、その候補者はプログラム中のすべての試験を完了させなければならない。
MCPプログラムは、違う分野の技術的な熟練に基づいた多数の認定を提供している。これらの認定に達するために、候補者はプログラム中の試験のシリーズに合格しなければならない。MCP中の人気のある認定は、マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)、マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー(MCSD)、マイクロソフト認定データベースアドミニストレータ(MCDBA)である。各々の必要条件に関する詳細な案内はマイクロソフトの公式学習サイトで提供されている。
(Wikipedia:マイクロソフト認定プロフェッショナル)

マイクロソフト標準キャラクタセット
マイクロソフト標準キャラクタセット(マイクロソフトひょうじゅんキャラクタセット)は、Windowsにおいて特別なフォントを自前で用意することなく表示できる日本語の文字集合のことである。Windows 3.1にて搭載された。『Windows-31J』に登録された全文字を実装している。 Windows 98、Windows NT 4.0(SP4以降) に搭載されたフォントでは『マイクロソフト標準キャラクタセット』に加え、『JIS X 0212』と『JIS X 0221追加非漢字集合』を実装している。 Windows Vistaでは、上記すべてに加えて『JIS X 0213:2004』が実装された。JIS X 0213:2004の規格票で例示字形が変更されたものに関しては、同様に変更された。Windows Server 2008でも同様の変更が予定されている。 文字符号化方式について 『マイクロソフト標準キャラクタセット』を表現するための符号化方式としては、Shift_JIS、拡張EUC-JP、拡張ISO-2022-JPが利用できる。 (Wikipedia:マイクロソフト標準キャラクタセット)

マイクロソフト認定試験
『』より : (Wikipedia:マイクロソフト認定試験)

マイクロソフトオフィススペシャリスト
『』より : (Wikipedia:マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフト オフィススペシャリスト
『』より : (Wikipedia:マイクロソフト オフィススペシャリスト)


マイクロソフト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

マイクロソフト - アマゾン検索


「マイクロソフト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す