[PR]

日別キーワード

第55位  愛宕 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



愛宕
愛宕(あたご、おたぎ、おだき) 愛宕神社・愛宕様・愛宕信仰 - 防火の神。愛宕権現。総本社は京都。東京、ほか全国に分社。 愛宕・愛宕山 - 愛宕神社のある山の名。「高い処」という意味が、後付けか先んじているかは不明。 大日本帝国海軍の艦艇 愛宕 (砲艦) - 1889年竣工の摩耶型砲艦3番艦。 愛宕 - 未成の天城型巡洋戦艦3番艦。 愛宕 (重巡洋艦) - 1932年竣工の高雄型重巡洋艦2番艦。 梨の品種。 地名 日本の地名 愛宕 (弘前市) - 青森県弘前市にある地名。 愛宕 (東京都港区) - 東京都港区にある地名。 愛宕 (多摩市) - 東京都多摩市にある地名。 愛宕 (上尾市) - 埼玉県上尾市にある地名。 愛宕 (宮古市) - 岩手県宮古市にある地名。 愛宕 (奥州市) - 岩手県奥州市江刺区にある地名。おだき 愛宕 (福岡市) - 福岡県福岡市西区にある地名。 愛宕 (北九州市) - 福岡県北九州市小倉北区にある地名。 愛宕 (長崎市) - 長崎県長崎市にある地名。 愛宕町 - 日本各地の地名。 (Wikipedia:愛宕)

愛宕山鉄道
愛宕山鉄道(あたごさんてつどう)は、現在の京都府京都市右京区の嵐山駅から清滝駅までの普通鉄道路線(平坦線)と、清滝川駅から愛宕駅までのケーブルカー(鋼索鉄道)を第二次世界大戦前に運営していた鉄道事業者。 京阪電気鉄道と京都電燈の共同出資会社であった。 愛宕山の愛宕神社へ向かう参詣路線として建設され、あわせて同社の手により山麓の清滝に清滝遊園地が、また愛宕山にホテルや飛行塔のある愛宕山遊園地、スキー場、テント村などが設置されて賑わった。しかし、世界恐慌の影響で業績が下降したため、京阪電気鉄道と京都電燈の手で再建が試みられた。その後、戦時中に全線が不要不急線に指定されたことから廃線となり、戦後も復活することはなかった。廃線と同時に、ホテルなどの観光施設もすべて閉鎖され復活することなく自然に還ることとなり、愛宕山地区のリゾート施設は幻と消えてしまった。 会社沿革 1926年(大正15年)11月25日 - 愛宕登山電気鉄道に対し鉄道免許状下付。 1927年(昭和2年)8月1日 - 愛宕登山鉄道を愛宕山鉄道に変更し会社設立。 (Wikipedia:愛宕山鉄道)

愛宕山鉄道鋼索線
『愛宕山鉄道』より : 愛宕山鉄道(あたごさんてつどう)は、現在の京都府京都市右京区の嵐山駅から清滝駅までの普通鉄道路線(平坦線)と、清滝川駅から愛宕駅までのケーブルカー(鋼索鉄道)を第二次世界大戦前に運営していた鉄道事業者。 京阪電気鉄道と京都電燈の共同出資会社であった。 愛宕山の愛宕神社へ向かう参詣路線として建設され、あわせて同社の手により山麓の清滝に清滝遊園地が、また愛宕山にホテルや飛行塔のある愛宕山遊園地、スキー場、テント村などが設置されて賑わった。しかし、世界恐慌の影響で業績が下降したため、京阪電気鉄道と京都電燈の手で再建が試みられた。その後、戦時中に全線が不要不急線に指定されたことから廃線となり、戦後も復活することはなかった。廃線と同時に、ホテルなどの観光施設もすべて閉鎖され復活することなく自然に還ることとなり、愛宕山地区のリゾート施設は幻と消えてしまった。 会社沿革 1926年(大正15年)11月25日 - 愛宕登山電気鉄道に対し鉄道免許状下付。 1927年(昭和2年)8月1日 - 愛宕登山鉄道を愛宕山鉄道に変更し会社設立。 (Wikipedia:愛宕山鉄道鋼索線)

愛宕山鉄道平坦線
『愛宕山鉄道』より : 愛宕山鉄道(あたごさんてつどう)は、現在の京都府京都市右京区の嵐山駅から清滝駅までの普通鉄道路線(平坦線)と、清滝川駅から愛宕駅までのケーブルカー(鋼索鉄道)を第二次世界大戦前に運営していた鉄道事業者。 京阪電気鉄道と京都電燈の共同出資会社であった。 愛宕山の愛宕神社へ向かう参詣路線として建設され、あわせて同社の手により山麓の清滝に清滝遊園地が、また愛宕山にホテルや飛行塔のある愛宕山遊園地、スキー場、テント村などが設置されて賑わった。しかし、世界恐慌の影響で業績が下降したため、京阪電気鉄道と京都電燈の手で再建が試みられた。その後、戦時中に全線が不要不急線に指定されたことから廃線となり、戦後も復活することはなかった。廃線と同時に、ホテルなどの観光施設もすべて閉鎖され復活することなく自然に還ることとなり、愛宕山地区のリゾート施設は幻と消えてしまった。 会社沿革 1926年(大正15年)11月25日 - 愛宕登山電気鉄道に対し鉄道免許状下付。 1927年(昭和2年)8月1日 - 愛宕登山鉄道を愛宕山鉄道に変更し会社設立。 (Wikipedia:愛宕山鉄道平坦線)

愛宕神社 (京都市)
名称=愛宕神社
所在地=京都府京都市右京区嵯峨愛宕町1
祭神=(本殿)伊弉冉尊・埴山姫神・天熊人命・稚産霊神・豊受姫命(若宮)雷神・迦遇槌命・破无神
創建=大宝年間
社格=式内社・府社・別表神社
例祭=9月28日}}
愛宕神社(あたごじんじゃ)は、京都市右京区の神社である。山城国 山城・丹波国 丹波国境の愛宕山 (京都市) 愛宕山(標高924メートル)山頂にある。式内社で、旧社格は府社。全国約900社の愛宕神社の総本社である。旧称阿多古神社、通称 愛宕さん。
古くより比叡山と共に信仰を集めた。古くから火伏せ・防火に霊験のある神社として知られる。3歳までに参拝すると一生火事に遭わないと言われる。また、上方落語では「愛宕山 (落語) 愛宕山」「いらちの愛宕詣り」という噺が存在する。
(Wikipedia:愛宕神社 (京都市))

愛宕山横穴墓群
愛宕山横穴墓群(あたごやまよこあなぼぐん)は、日本の宮城県仙台市太白区にある古墳時代の多数の横穴墓で、愛宕山の中腹に作られた。今も横穴として口を開いているものもあるが、土中から発掘されたもの、調査されないまま破壊されたものもあり、総数は不明である。そのうちの一つは、赤い顔料で玄室を彩った装飾墓であった。 遺跡の概要 愛宕山は、仙台平野の西の丘陵から平野に突き出る低い山で、広瀬川沿いにある。東西に長い山の北斜面と南斜面東側に、多数の横穴墓があり、これを愛宕山横穴墓群という。大窪谷地をはさんで南側の大年寺山にも横穴があり、それは大年寺山横穴墓群という。大年寺山には他にも二ツ沢横穴墓群、茂ヶ崎横穴墓群があり、広瀬河畔の宗禅寺横穴墓群もあわせて向山横穴墓群と総称している。横穴が作られたのは7世紀後半から8世紀初めとみられる。その頃陸奥国の国府が置かれた郡山遺跡は約2キロメートル南東にあり、この国府や周辺の集落に住んだ人々が作ったのではないかと考えられている。 (Wikipedia:愛宕山横穴墓群)

愛宕山横穴群
『愛宕山横穴墓群』より : 愛宕山横穴墓群(あたごやまよこあなぼぐん)は、日本の宮城県仙台市太白区にある古墳時代の多数の横穴墓で、愛宕山の中腹に作られた。今も横穴として口を開いているものもあるが、土中から発掘されたもの、調査されないまま破壊されたものもあり、総数は不明である。そのうちの一つは、赤い顔料で玄室を彩った装飾墓であった。 遺跡の概要 愛宕山は、仙台平野の西の丘陵から平野に突き出る低い山で、広瀬川沿いにある。東西に長い山の北斜面と南斜面東側に、多数の横穴墓があり、これを愛宕山横穴墓群という。大窪谷地をはさんで南側の大年寺山にも横穴があり、それは大年寺山横穴墓群という。大年寺山には他にも二ツ沢横穴墓群、茂ヶ崎横穴墓群があり、広瀬河畔の宗禅寺横穴墓群もあわせて向山横穴墓群と総称している。横穴が作られたのは7世紀後半から8世紀初めとみられる。その頃陸奥国の国府が置かれた郡山遺跡は約2キロメートル南東にあり、この国府や周辺の集落に住んだ人々が作ったのではないかと考えられている。 (Wikipedia:愛宕山横穴群)

愛宕神社
愛宕神社(あたごじんじゃ)は、京都府京都市右京区にある神社。旧称は阿多古神社。旧社格は府社で、現在は別表神社。 全国に約900社ある愛宕神社の総本社である。現在は「愛宕さん」とも呼ばれる。 山城・丹波国境の愛宕山(標高924m)山頂に鎮座する。古くより比叡山と共に信仰を集め、神仏習合時代は愛宕権現を祀る白雲寺として知られた。 火伏せ・防火に霊験のある神社として知られ、「火迺要慎(ひのようじん)」と書かれた愛宕神社の火伏札は京都の多くの家庭の台所や飲食店の厨房や会社の茶室などに貼られている。また、「愛宕の三つ参り」として、3歳までに参拝すると一生火事に遭わないと言われる。上方落語には、「愛宕山」「いらちの愛宕詣り」という噺が存在する。 祭神 現在は以下の神を祭神としている。 本殿 伊弉冉尊(いざなみのみこと) 埴山姫神(はにやまひめのみこと) 天熊人命(あめのくまひとのみこと) 稚産霊神(わくむすびのかみ) 豊受姫命(とようけびめのみこと) 若宮 雷神(いかづちのかみ) 迦遇槌命(かぐつちのみこと) 破无神(はむしのかみ) 奥宮 大黒主命(大国主命)以下17柱 創建 大宝年間(701-704年)に、修験道の祖とされる役小角と白山の開祖として知られる泰澄によって朝日峰に神廟が建立されたのが創建とされる。 (Wikipedia:愛宕神社)

愛宕権現
『愛宕神社』より : 愛宕権現(あたごごんげん)は愛宕山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神号であり、イザナミを垂迹神として地蔵菩薩を本地仏とする。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、愛宕山白雲寺から勧請されて全国の愛宕社で祀られた。 愛宕修験によって、愛宕山白雲寺の本尊の勝軍地蔵が愛宕山に垂迹した権現としてイザナミが祀られた。地蔵信仰だけでなく、塞神信仰や天狗信仰も混在した。 愛宕修験 大宝年間、修験道の役小角と泰澄が山城国愛宕山に登った時に天狗(愛宕山太郎坊)の神験に遭って朝日峰に神廟を設立したのが、霊山愛宕山の開基と伝わる。天応元年(781年)光仁天皇の勅に基づいて、和気清麻呂と慶俊僧都によって、唐の五台山に倣った愛宕五坊、すなわち朝日峰の愛宕権現白雲寺・大鷲峰の月輪寺・高雄山の神護寺・竜上山の日輪寺・賀魔蔵山の伝法寺が建立された。 愛宕山は修験道七高山の一つとされ、「伊勢へ七たび 熊野へ三たび 愛宕まいりは月まいり」と言われるほど愛宕山は修験道場として栄え、愛宕山の修験者は「愛宕聖」や「清滝川聖」とも呼ばれた。 (Wikipedia:愛宕権現)

愛宕山
愛宕山(あたごやま、あたごさん、おたぎさん)は、山の名前。日本各地に愛宕山の名前をもつ山がある。多くは愛宕神社と関連のある山(伝播地名)であるが、その大元の愛宕神社(山城国葛野郡)の名も山名に由来する。 東北地方 愛宕山 (盛岡市) - 岩手県盛岡市の中央部、市街地の北にある。標高196m。国土地理院 地図閲覧システム 2万5千分1地形図名:盛岡 (北西) 愛宕山 (一関市室根町1) - 岩手県一関市にある。標高319m。あたごさん。 愛宕山 (一関市室根町2) - 岩手県一関市の新月駅付近にある。標高364m。あたごやま。 愛宕山 (一関市千厩町) - 岩手県一関市にある。標高273m。あたごやま。 愛宕山 (一関市東山町) - 岩手県一関市の柴宿駅付近にある。標高175m。あたごやま。 愛宕山 (一関市藤沢町大籠) - 岩手県一関市藤沢町大籠にある。標高282m。あたごやま。 愛宕山 (一関市藤沢町藤沢) - 岩手県一関市藤沢町藤沢にある。標高239m。あたごさん。 愛宕山 (陸前高田市) - 岩手県陸前高田市にある。 (Wikipedia:愛宕山)

愛宕念仏寺
名称 愛宕念仏寺
所在地 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
山号 等覚山(とうかくざん)
宗派 天台宗
本尊 千手観音
創建年 8世紀中頃
開基 稱徳天皇
正式名 等覚山 愛宕念仏寺
別称 千二百羅漢の寺
札所等
文化財 本堂(重要文化財)金剛力士像(京都市指定文化財)
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は京都府京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の仏教寺院。 本尊は千手観音 厄除千手観音、別名千二百羅漢の寺。愛宕山参道の山麓の入り口に位置する嵯峨野めぐりの始発点として知られる。
8世紀中頃、稱徳天皇により京都・東山、今の六波羅蜜寺近くに愛宕寺として創建。平安時代初めには真言宗東寺派の末寺となっていたらしい。すでに荒れ寺となっていた上に、近くを流れる鴨川 (淀川水系) 鴨川の洪水で堂宇を流失。廃寺同然を、醍醐天皇の命により天台宗の千観 千観内供(伝燈大法師)が復興した。千観が念仏を唱えていたところから名を愛宕念仏寺と改め、天台宗に属した。 この際いったんは七堂伽藍を備え勅願寺としての体裁を整えたが、その後は興廃を繰り返し、最後は本堂、地蔵堂、仁王門を残すばかりとなった。1922年それらを移築して現在地での復興を目指すが失敗。あまりの荒れように、1955年に天台宗本山から住職を命じられた西村公朝も、引き受けるのをためらったという。それを清水寺貫主・大西良慶の「それだけ傷んでおれば、草一本むしりとっても、石一つ動かしても、おまえは復興者、復興者やといってもらえる。わしも手伝ってやるから」(※)の激励で復興に取りかかった。以来、仏師として全国を飛び回る傍ら、本堂、地蔵堂、仁王門などを整備した。 素人の参拝者が自ら彫って奉納する『昭和の羅漢彫り』が始まったのは、1981年。当初は五百体が目標だったが、10年後には千二百体に達した(※西村公朝『仏像は語る』新潮社、1993年8刷、212頁)。
(Wikipedia:愛宕念仏寺)

愛宕山 (港区)
愛宕山(あたごやま)は、東京都港区愛宕にある丘陵である。一帯の愛宕神社境内には、三等三角点があり、25.7mの標高が記録されている。天然の山としては東京23区内最高峰。 愛宕山は自然形成によって成立したものであると地質学的に立証されているが、周辺の低地との兼ね合いから形成のメカニズムははっきりしていない。 江戸時代から愛宕山は信仰と、山頂からの江戸市街の景観の素晴らしさで有名な場所であった。『鉄道唱歌』の第1番にも「愛宕の山」と歌われている。 山上にある愛宕神社は、もとは1603年にこれから建設される江戸の防火のために徳川家康の命で祀られた神社であったが、「天下取りの神」、「勝利の神」としても知られ、各藩の者たちは地元へ祭神の分霊を持ち帰り各地で愛宕神社を祀った。桜田門外の変で井伊直弼を襲った水戸藩の浪士達もここで成功を祈願してから江戸城へ向かったとされる。 また、NHKの前身の一つである社団法人東京放送局(JOAK)は、この愛宕山に放送局を置き、1925年7月の本放送から1938年のNHK東京放送会館への移行まで、この愛宕山から発信された。 (Wikipedia:愛宕山 (港区))

愛宕駅 (千葉県)
愛宕駅(あたごえき)は、千葉県野田市中野台にある東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)の駅である。駅番号はTD 16。1929年(昭和4年)9月1日に開業した。当初は踏切の南側にあった。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は大宮方面ホームの船橋寄りにあり、船橋方面ホームとは跨線橋により連絡している。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は9,487人である。 近年の1日平均乗降・乗車人員は以下の通り。 駅周辺 周辺は野田市街地の北東端であり、野田市駅に比べて商店街に近接している。駅前には2003年(平成15年)までイトーヨーカドーの店舗があった。現在は、跡地にザ・プライスが出店している。 ザ・プライス 愛宕神社 西光院 野田市役所 野田市文化センター 野田市文化会館 野田市中央公民館 野田市総合福祉会館 野田市保健センター・急病センター 野田市消防本部 野田市郷土博物館・市民会館 欅のホール 野田市役所中央出張所 野田市立興風図書館 野田市野田公民館 野田市中央コミュニティ会館 野田商工会議所 関東地方整備局江戸川河川事務所 野田警察署 千葉県野田健康福祉センター 野田郵便局 野田宮崎郵便局 帝都あたごタクシー キッコーマン総合病院 バス路線 埼玉県北葛飾郡松伏町・越谷市方面、茨城県坂東市岩井方面の一般路線バスと、コミュニティバス「まめバス」の関宿城ルート以外の全ルートが発着する。 (Wikipedia:愛宕駅 (千葉県))

愛宕 (巡洋戦艦)
『天城型巡洋戦艦』より : 天城型巡洋戦艦(あまぎがたじゅんようせんかん)とは、日本海軍が計画した八八艦隊の巡洋戦艦である。4隻建造途中でワシントン海軍軍縮条約のため計画中止となり、2隻は破棄された。2隻が航空母艦に改装が検討されたものの後述のように1隻は破棄解体された。 計画の経緯 第一次世界大戦中に発生したユトランド沖海戦の戦訓を元に、日本海軍は、かねてより思案していた戦艦8隻、巡洋戦艦(当時は装甲巡洋艦)8隻の八八艦隊を計画した。8隻の建造予定であった巡洋戦艦として、最初に計画されたのが本型である。天城型巡洋戦艦としては八四艦隊案と八六艦隊案において1917年(大正6年)に「天城」と「赤城」が、1918年(大正7年)に「高雄」と「愛宕」の計4隻の建造が帝国議会で認められ、残りの4隻は十三号型巡洋戦艦と呼ばれる新規設計となる計画であった。 なお本型は、日本海軍が当初から巡洋戦艦として建造した唯一の国産艦である。 41cm主砲10門という加賀型戦艦と同等の攻撃力と30ktの高速力を両立させる関係上、船体全長は250mを超えるものとなった。 (Wikipedia:愛宕 (巡洋戦艦))

愛宕上杉通り
愛宕上杉通(あたごかみすぎどおり)は、仙台市都心部を南北に縦貫する道路の1つ。北端を「昭和町交差点」とし、上杉地区およびJR仙台駅前を経由して、愛宕大橋南詰を南端とする。ほとんどの区間が青葉区内であるが、愛宕大橋南詰周辺は太白区である。 「昭和町交差点」では泉中央副都心に至る宮城県道22号仙台泉線(旧国道4号)と接続し、愛宕大橋南詰では長町副都心方面に至る広瀬河畔通と接続するため、南北の両副都心と都心部とを繋ぐ道の一翼を担っている。 高度経済成長後の1970年代、仙台市では大正時代以来の仙台市電に合わせた街づくりから、モータリゼーションに合わせた街づくりに変化させ、市電を廃止する一方で市内各所で道路の新設・拡幅を行った。道路整備が一段落した1980年代初頭には、広幅員化された各々の道に愛称を付けることになり、「上杉山通」「東五番丁」「清水小路」などが拡幅されて1本の道となった当道は「愛宕上杉通」と命名された。 (Wikipedia:愛宕上杉通り)

愛宕山 (仙台市)
愛宕山(あたごやま)は、宮城県仙台市太白区向山にある山である。山の名は山上にある愛宕神社に由来する。かつては向山(むかいやま)とも呼ばれた。標高78m。 地理 愛宕山は、仙台市都心部の南、広瀬川をはさんで右岸にあり、川と平行に東西に尾根を伸ばす。この東西方向で傾斜が比較的緩いが、西側は広瀬川の曲流部の外側であるため、浸食を受けて傾斜が急であり、北側は広瀬川に曲流部の内側であるが河岸段丘の段丘崖となっているため傾斜が急である。段丘崖下には段丘面があり、人家がある。江戸時代には、北山五山の寺社等と並んで庶民が仙台城下町を見下ろせる場所であったが、現代では都心部の高層ビルで地平線が区切られ、ビル街の北までは見渡せない。 山の東端は、広瀬河畔通りを作ったときに切り取られた。この道路は、北に繋がる愛宕大橋を渡って都心部に通じる。山上の東側に愛宕神社があり、東から石段を登る参道がある。他に、車が登れる坂道が南側から回り込むようにつけられている。山上の西側には、大満寺(虚空蔵尊十二支霊場)という寺院があり、山の南から登る。 (Wikipedia:愛宕山 (仙台市))

愛宕駅 (宮城県)
愛宕駅(あたごえき)は、宮城県宮城郡松島町高城字三居山二(さんきょざんに)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。 元々、岩切駅 - 品井沼駅間の東北本線は利府駅経由の山岳ルートを通っていた。この経路には急勾配が存在し、牽引力の弱い蒸気機関車を使用していた時代では、列車の運行に補助機関車を要していた。戦時中の1944年(昭和19年)に勾配緩和のため、現在のルートが貨物線として開業した。その後、この新線の旅客営業が開始されて東北本線のメインルートとなった。1962年(昭和37年)には利府駅経由の旧線が岩切駅 - 利府駅間を残して廃止されることになった。その際、旧線上に存在した(初代)松島駅が廃止され、新線上に設けられていた新松島駅が新しく「松島駅」を名乗る事になったが、両駅の間は大きく離れていた。そのため、(旧)松島駅から近い新線上の場所に代替駅を設けることになり、それによって開設されたのがこの愛宕駅である。 1962年(昭和37年)7月1日 - 開業。 1985年(昭和60年)3月14日 - 全ての普通列車が停車するようになる。 (Wikipedia:愛宕駅 (宮城県))

愛宕山 (南房総市)
名称=愛宕山
標高=408.2
山系=房総丘陵
種類=丘陵
初登頂=
地図=
愛宕山(あたごやま)は、千葉県南房総市にある山で、標高408.2m。房総丘陵(嶺岡山地)の山の一つである。千葉県の最高峰。県内には他に「愛宕山」を称する山が複数存在するため、嶺岡愛宕山(みねおかあたごやま)とも称される。
安房国に逃れた源頼朝が、この山頂に地蔵菩薩を奉納して再起を誓ったといわれている。ただし、江戸時代以後には隣の「二ツ山」を最高峰とする説が出されて議論となった愛宕山山頂にある三角点に「二ツ山三角点」と命名されている点や旧丸山町の町史にも「愛宕山、別名二ツ山」という記述が出てくる事から、愛宕山と二ツ山の混同が近代以前から進んでいた、あるいは元々は愛宕山と併せた「2つの山」の意味であった可能性がある。が、大正期に再調査をした結果、二ツ山は標高376mとされて愛宕山が最高峰とされたなお現在では、二ツ山は愛宕山北峰の一部とする記述もある。。
(Wikipedia:愛宕山 (南房総市))

愛宕信仰
ファイル:Torii Atago-shrine Kyoto.JPG thumb 250px 愛宕神社 (京都市)
ファイル:Atago_Gongen.png thumb 愛宕権現。仏像図彙 (1783年)より。
愛宕信仰(あたごしんこう)とは、京都市の愛宕山 (京都市) 愛宕山山頂に鎮座する愛宕神社 (京都市) 愛宕神社から発祥した、火防の神に対する神道の信仰である。
愛宕山の愛宕神社は、古くから修験道の道場となり、愛宕山に集まった修験者によって江戸時代中頃から愛宕信仰が日本全国に広められた。中世後期以降、愛宕の神は火伏せに霊験のある神として広く信仰されるようになった。日本全国で「愛宕」を社名につける神社は43都道府県に約1000社ある。特に東北地方に多く分布する。
愛宕の神は神仏習合時代には地蔵菩薩#道祖神との関係 勝軍地蔵を本地仏とした。現在でも、愛宕の縁日は地蔵と同じ毎月24日である。現在では火産霊命(カグツチ)が祭神とされる。
(Wikipedia:愛宕信仰)

愛宕橋 (広瀬川)
愛宕橋(あたごばし)は、宮城県仙台市にある橋で、広瀬川にかかり、市道愛宕橋線を通す。右岸は太白区越路で近くに愛宕山があり、左岸は若林区土樋で、姉歯横丁に続く。2010年現在ある橋は102.0m、幅12.8m。 今の愛宕橋から少し川下には、江戸時代に誓願寺という寺があり、そのそばに誓願寺渡しという渡し場が設けられていた。 1900年(明治33年)に、仙台で最初の吊り橋として佐伯三郎が架けたのが、最初の愛宕橋である。渡し賃5厘をとった。このときまで橋の左岸、市街に近い側は真福寺が占めて姉歯横丁の突き当たりになっていたが、橋のために寺域の真ん中を通して道が作られた。1913年(大正2年)8月28日に大水で流された。 その後、仙台市が宮城県の補助を受けて、1915年(大正4年)に新しい橋を架けた。橋の両側の道は私道であったが、このとき土地所有者の寄付を受けて里道にした。 1935年(昭和10年)5月に鉄筋コンクリートの橋が架けられた。長さ9.42メートル、幅8.9メートルの鋼単純桁橋である。1975年(昭和50年)に上流側に愛宕大橋が開通すると、愛宕橋の車通り、人通りは少なくなった。 (Wikipedia:愛宕橋 (広瀬川))

愛宕神社 (東京都港区)
名称=愛宕神社
所在地=東京都港区愛宕一丁目5番3号
祭神=火産霊命
創建=1603年
社格=
例祭=9月22日~9月24日}}
愛宕神社(あたごじんじゃ)は、東京都港区 (東京都) 港区愛宕一丁目にある神社である。山手線内では珍しい天然の山である愛宕山 (港区) 愛宕山(高さ 標高26m)山頂にある。京都の愛宕神社 (京都市) 愛宕神社が総本社である。
防火・防災に霊験のある神社として知られる。
主祭神:カグツチ 火産霊命(ほむすびのみこと)
社殿:ミヅハノメ 罔象女命(みずはのめのみこと)・オオヤマツミ 大山祇命(おおやまづみのみこと)・ヤマトタケル 日本武尊(やまとたけるのみこと)
1603年(慶長8年)、徳川家康の命により創建。また、徳川家康が信仰した勝軍地蔵菩薩も祀る。
(Wikipedia:愛宕神社 (東京都港区))


愛宕 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

愛宕 - アマゾン検索


「愛宕」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す