[PR]

日別キーワード

第63位  佐倉市 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



佐倉市
佐倉市(さくらし)は、千葉県の北部に位置する市。人口約17万2千人で、千葉県では流山市に次いで人口第9位である。東京都特別区部への通勤率は20.4%(平成22年国勢調査)。 地理 千葉県の北部、北総台地の中央に位置する。都心から約40kmの地点に位置する。 地価高騰のおりは都心50km圏まで通勤圏が拡大したことにより、都内へ通勤する人、いわゆる千葉都民が増加した。成田国際空港まで約15km圏内である。 気候 内陸性の気候で、冬は千葉県の中では寒さが厳しく、朝晩は氷点下の毎日が続き、-5度前後まで冷え込むことも珍しくない。1984年1月20日には-12.7度という低温を記録している。 人口 印旛沼を中心に、多くの原始古代遺跡がある。市内中央部の江原台には、日本考古学草創期に注目を集めた遺跡があり、東端には、白鳳期の長熊廃寺跡が残る。 鎌倉時代・室町時代を通じて下総守護として発展した下総千葉氏は、戦国時代になると本佐倉城(国の史跡、現・酒々井町本佐倉)を拠点とし、ここに佐倉千葉氏が成立した。 (Wikipedia:佐倉市)

佐倉市立美術館
佐倉市立美術館(さくらしりつ びじゅつかん)は、千葉県佐倉市新町にある同市立美術館。地元では「さくらいちりつ びじゅつかん」と呼ばれることも多い。旧城下町の中心部に位置する。 1994年11月、開館。 収蔵物 主な収蔵作家として、浅井忠、都鳥英喜、荒谷直之介、香取秀真、津田信夫、堀柳女など佐倉市と房総ゆかりの作家を中心に収蔵している。 施設 地下2階・地上4階建ての美術館である。 正面のエントランス部分は、1918年(大正7年)に「旧川崎銀行佐倉支店」として建設され現在に至る。設計者は矢部又吉 、施工者は神谷平吉 。千葉県指定文化財(有形文化財)でもある。 旧川崎銀行佐倉支店沿革 1918年(大正7年) 川崎銀行(現・三菱東京UFJ銀行)佐倉支店として建設 1927年(昭和2年) 川崎銀行と第百銀行との合併により川崎第百銀行佐倉支店となる 1936年(昭和11年) 第百銀行佐倉支店と改称。 (Wikipedia:佐倉市立美術館)


佐倉市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

佐倉市 - アマゾン検索


「佐倉市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す