[PR]

日別キーワード

第64位  坂上 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



坂上
坂上 (さかうえ、さかがみ、さかのうえ)日本人の姓の一つ。坂上氏。 (さかうえ)坂の上の場所のこと。 例えば、仙台坂の上のことを、「仙台坂上」と呼ぶ。 (さかうえ)地名のひとつ 坂上 (津山市) - 岡山県津山市の地名。 坂上村 - 日本の自治体名 関連項目 「坂上」で始まる記事の一覧。 (Wikipedia:坂上)

坂上智代
『CLANNAD (ゲーム)』より : 『CLANNAD』(クラナド)は、Keyが制作した3作目の恋愛アドベンチャーゲーム。このページではこのゲームを原作として、メディアミックス的展開がなされたアニメやコミックなどの作品群についても解説する。 Keyの前2作である『Kanon』、『AIR』が18禁のPCゲームとして発売されたのに対し、本作は全年齢対象のPCゲームとして2004年4月28日に発売された。人と人との「絆」をテーマに描かれた本作は『Kanon』・『AIR』に続き三たび大ヒット作となった。 2008年2月29日に発売された『CLANNAD FULL VOICE』では、後述の移植版とアニメに準拠したキャラクターボイスの実装に加え、ゲーム画面解像度の向上とイベントCGの追加がなされた。さらに、2010年5月28日には、『CLANNAD メモリアルエディション』 (全年齢対象/windows7対応)が発売された。 またスピンオフ作品に、本作ヒロインの1人である坂上智代との後日談を描いた18禁作品『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』がある。 (Wikipedia:坂上智代)

坂上田村麻呂
坂上 田村麻呂(さかのうえ の たむらまろ)は、平安時代の武官。名は田村麿とも書く。正三位、大納言兼右近衛大将兵部卿。勲二等。死後従二位を贈られた。 生涯 出自 天平宝字2年(758年)に坂上苅田麻呂の次男または三男として生まれた。田村麻呂は近衛府に勤仕した。 田村麻呂が若年の頃から陸奥国では蝦夷との戦争が激化しており(蝦夷征討)、延暦8年(789年)には紀古佐美の率いる官軍が阿弖流為の率いる蝦夷軍に大敗した。田村麻呂はその次の征討軍の準備に加わり、延暦11年(792年)に大伴弟麻呂を補佐する征東副使に任じられ、翌延暦12年(793年)に軍を進発させた。この戦役については『類聚国史』に「征東副将軍坂上大宿禰田村麿已下蝦夷を征す」とだけあり、田村麻呂は4人の副使(副将軍)の1人ながら中心的な役割を果たしたとされる。 征夷大将軍 延暦15年(796年)には陸奥按察使、陸奥守、鎮守将軍を兼任して戦争正面を指揮する官職を全て合わせ、加えて翌延暦16年(797年)には桓武天皇により征夷大将軍に任じられた。 (Wikipedia:坂上田村麻呂)

坂上田村麿
『坂上田村麻呂』より : 坂上 田村麻呂(さかのうえ の たむらまろ)は、平安時代の武官。名は田村麿とも書く。正三位、大納言兼右近衛大将兵部卿。勲二等。死後従二位を贈られた。 生涯 出自 天平宝字2年(758年)に坂上苅田麻呂の次男または三男として生まれた。田村麻呂は近衛府に勤仕した。 田村麻呂が若年の頃から陸奥国では蝦夷との戦争が激化しており(蝦夷征討)、延暦8年(789年)には紀古佐美の率いる官軍が阿弖流為の率いる蝦夷軍に大敗した。田村麻呂はその次の征討軍の準備に加わり、延暦11年(792年)に大伴弟麻呂を補佐する征東副使に任じられ、翌延暦12年(793年)に軍を進発させた。この戦役については『類聚国史』に「征東副将軍坂上大宿禰田村麿已下蝦夷を征す」とだけあり、田村麻呂は4人の副使(副将軍)の1人ながら中心的な役割を果たしたとされる。 征夷大将軍 延暦15年(796年)には陸奥按察使、陸奥守、鎮守将軍を兼任して戦争正面を指揮する官職を全て合わせ、加えて翌延暦16年(797年)には桓武天皇により征夷大将軍に任じられた。 (Wikipedia:坂上田村麿)

坂上氏
坂上氏(さかのうえうじ)は、「坂上」を氏の名とする氏族。坂上直姓とも。 代表的な人物に征夷大将軍の坂上田村麻呂がいる。後に清水寺別当、鎮守府将軍、右兵衛督、大和守、明法博士、左衛門大尉、検非違使大尉等を世襲した。 出自 坂上氏系図によれば坂上直姓の初代は東漢氏の坂上直志拏。東漢氏は後漢霊帝の後裔と称し、応神天皇の時代に百済から日本に帰化した阿智王(阿知使主)を祖とすると伝わる。後漢の最後の皇帝、献帝の子といわれる石秋王の子が阿智王(阿智使主)で、その後、「高尊王―都賀直―阿多倍王」と続き、阿多倍王の孫が、坂上氏初代の志拏であるという(別説では「阿智使主―都加使主」の子ともされる)。 坂上志拏には坂上志多、坂上刀禰、坂上鳥、坂上駒子らの子があった。その子孫が坂上田村麻呂である。大蔵氏と同族。 系譜 坂上氏の本拠地は大和国添上郡坂上である。坂上志拏の子の一人である坂上駒子の子が坂上弓束で、坂上首名、老、大国、犬養、そして坂上苅田麻呂と続き、坂上田村麻呂にたどり着く。 (Wikipedia:坂上氏)

坂上二郎
坂上 二郎(さかがみ じろう、1934年4月16日 - 2011年3月10日)、は、日本のコメディアン、俳優、歌手。鹿児島県鹿児島市出身。浅井企画所属。通称「二郎さん」。 プロフィール 鹿児島県鹿児島市出身。2歳のとき家族で満州国に渡り、同国の首都の新京と中華民国の北京で育ち、小学校1年生のとき鹿児島に戻る。 コメディアンデビュー 鹿児島市立清水中学校を卒業後、鹿児島市内の百貨店・丸屋呉服店に勤務する。1953年、『のど自慢素人演芸会』で鹿児島県代表に選ばれ優勝したのを機に、歌手を目指し上京する。さまざまな職業を経て青木光一の付き人や島倉千代子の専属司会者を経て、獅子てんや・瀬戸わんや門下となり、漫才コンビ「内藤ロック・安藤ロール」を結成。解散後、「安藤ロール」の名のままストリップ劇場・「浅草フランス座」のコメディアンとなり、阿部昇二に師事。幕間コントで萩本欽一と共演した。 コント55号 キャバレーの営業等で食いつないでいた1966年、萩本と再会し、お笑いコンビ「コント55号」を結成する。 (Wikipedia:坂上二郎)

坂上石楯
坂上 石楯(さかのうえ の いわたて、生没年不詳)は、日本の奈良時代の人物。氏姓ははじめ石村(いわれ)村主、のち坂上忌寸。鎮守府軍曹石村高足の子とする系図がある。官位は従五位下・勲四等・出羽介。 出自 石村氏は、三河国碧海郡に定着した漢系渡来氏族で、仁徳朝に渡来した阿智使主に随い来日した者に石村村主の祖にあたる人物がいたという。一説では後漢第7代皇帝少帝懿の後裔で、阿智使主に随い来日した石村古那を祖とし、石村の呼称は大和国磐余の地に因むものとされる 事績 天平宝字8年(764年)藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱)に際して、敗北し妻子3,4人とともに船で琵琶湖上に逃れた恵美押勝(藤原仲麻呂)を捕らえてこれを斬り、押勝の首を京に運んだ。石楯はこのとき軍士、つまり一兵士であった。この功績により、大初位下から一挙に従五位下に昇叙され、翌天平神護元年(765年)正月には、勲二等から六等までの乱の功賞があった中で、石楯は勲四等を与えられた。 (Wikipedia:坂上石楯)

坂上広野
坂上 広野(さかのうえ の ひろの、延暦6年(787年) - 天長5年3月9日(828年3月28日))は、平安時代初期の貴族。大納言・坂上田村麻呂の次男。官位は従四位下・勲七等・右兵衛督。坂上広野麻呂とも表記される。 薬子の変では父・田村麻呂と共に嵯峨天皇側につき、近江国の関を封鎖するために派遣された。 弘仁元年(810年)正六位上から従五位下に昇叙、右兵衛佐に任ぜられる。父・田村麻呂の死去に伴う官職を辞するが、その後右衛門佐に任ぜられ、弘仁3年(812年)右近衛少将に転ずる。のち、伊勢守を兼任したのち、陸奥守として任国に赴任し、任期終了後に右兵衛督に任ぜられた。この間、弘仁5年(814年従五位上、弘仁14年(823年)正五位下から従四位下に昇叙されている。 父・田村麻呂ゆずりの武人で若い頃から武勇の誉れが高かったが、他に才芸はなかった。思った通りに行動し、賞賛に価するほど節操があった。しかしながら、酒の飲み過ぎが原因で発病し、卒去した。 平野殿 摂津国住吉郡平野庄(現・大阪市平野区)の開発領主で「平野殿」と呼ばれた。 (Wikipedia:坂上広野)

坂上香織 (陸上選手)
坂上 香織(さかがみ かおり、旧姓:吉田、1974年5月12日 - )は、陸上競技短距離走選手。女子100mの元日本記録保持者である。 福井県立高志高等学校卒業、金沢大学大学院教育学研究科保健体育課専攻修了。2004年に現役を引退。現在は吉田に姓を戻し、高野進のもと、日産スタジアム・アスレティクスアカデミーにてコーチとして市民に陸上の楽しさを教えている。 主な成績 1988年 全日中 100m 優勝(12”17 +0.7) (中学日本新記録樹立12”12) 1988年 ジュニアオリンピック C100m 優勝(12”19 +0.4) 1989年 日本選手権 100m 5位(12”18 +0.3) 1991年 日本選手権 100m 4位(11”92 0.0) 1991年 世界選手権(東京) 4×100mR 代表補欠 1991年 アジア選手権(マレーシア・クアラルンプール) 4×100mR 3位(45”25 1走) 1992年 日本選手権 100m 6位(12”49 -1.0) 1993年 日本選手権 100m 7位(12”27 -0.1) 1994年 日本選手権 100m 6位(12”20 -1.3) 1994年 国民体育大会 成年B100m 優勝(11”82 +1.3) 1995年 日本選手権 100m 8位(12”07 -0.6) 1995年 日本インカレ 100m 優勝(11”76 +2.8) 1995年 ユニバーシアード(福岡) 100m 2次予選1組6着(11”95 +1.0) 1995年 ユニバーシアード(福岡) 4×100mR 5位(44”80 3走) 1996年 日本選手権 100m 2位(11”64 +0.4) 1996年 国民体育大会 成年100m 優勝(11”58 +0.7) 1996年 日本記録 および日本学生記録樹立 (11”56 +1.6) 1997年 東アジア競技大会(韓国・釜山) 100m 2位(11”49 +2.5) 1997年 東アジア競技大会(韓国・釜山) 4×100mR 2位(45”16 3走) 1997年 全日本実業団 100m 優勝(11”66 0.0) 1997年 世界選手権(ギリシャ・アテネ) 4×100mR 予選2組8着(44”56 2走) 1997年 日本選手権 100m 優勝(11”55 +1.3) 1997年 国民体育大会 成年100m 優勝(11”63 +1.7) 1998年 アジア選手権(福岡) 100m 予選1組3着(12”05 -2.2) 1998年 アジア選手権(福岡) 4×100mR 2位(44”45 1走) 1999年 日本選手権 100m 3位(12”01 -2.2) 1999年 世界選手権(スペイン・セビリア) 4×100mR 予選3組5着(44”80 3走) 2000年 全日本実業団 100m 優勝(11”79 -1.5) 2000年 アジア選手権(インドネシア・ジャカルタ) 100m 8位(11”83 -1.0) 2000年 アジア選手権(インドネシア・ジャカルタ) 4×100mR 5位(45”26 4走) 2000年 日本記録樹立 (11”42 +0.7) 2001年 日本選手権 100m 2位(11”32 +3.7) 2000年 全日本実業団 100m 優勝(11”42 +0.4) 2002年 日本選手権 100m 2位(11”65 -0.4) 2002年 アジア競技大会(韓国・釜山) 100m 予選1組6着(11”8 +0.6) 2002年 アジア競技大会(韓国・釜山) 4×100mR 4位(44”59 4走) 2003年 日本選手権 100m 2位(11”71 -0.7) 2003年 世界選手権(フランス・パリ) 4×100mR 予選3組4着(44”57 3走) 2003年 アジア選手権(フィリピン・マニラ) 100m 6位(11”90 -0.2) 2003年 アジア選手権(フィリピン・マニラ) 4×100mR 2位(44”56 2走) 2003年 国民体育大会 成年100m 優勝(11”59 0.0) 2004年 日本選手権 100m 優勝(11”39 +1.1) 日本歴代2位 記録 100m - 11秒39 (2004年6月5日、日本歴代4位) 関連項目 日本陸上競技選手権大会の記録一覧 外部リンク Sakagami Kaori - 国際陸上競技連盟のプロフィール(英語)。 (Wikipedia:坂上香織 (陸上選手))

坂上忍
坂上 忍(さかがみ しのぶ、1967年6月1日 - )は、日本の俳優・歌手・映画監督・演出家・司会者・コメンテーター。東京都杉並区西荻窪出身。 兄(元子役で現在は映画プロデューサーの坂上也寸志)が劇団に入っていたところ、祖母が死んだときに忍が閉じこもりがちになったので、劇団で友達を作らせた方がいいとの教育方針で、3歳から劇団若草に所属した。テレビドラマの子役としてデビューし、天才子役と言われた。 しかし家庭面では、ボートレース狂いの父親(坂上精一郎名義の小説「歳月のかたみ」がある作家、2012年没)が出版社経営に失敗しての倒産とギャンブル癖で、借金を抱える。杉並区立桃井第三小学校の高学年時から杉並区立荻窪中学校時代にかけて暴力団が自宅まで借金の取立てに押しかける環境で育つ。15歳の時に両親が離婚。母親に引き取られるも、母親が父親の連帯保証人だったため、中学までで辞める予定が、1億円以上の借金返済のため子役の仕事を続ける。坂上だけでなく、母も仕事を3つ掛け持ちし、昼夜問わず働いた。有名人ゆえに学校でたびたびいじめを受け、自殺を考えたことが100回以上あるという。 (Wikipedia:坂上忍)

坂上老
坂上 老(さかのうえ の おきな、生年不詳 - 文武天皇3年5月8日?(699年6月10日))は、日本の飛鳥時代の人物である。姓は直のち忌寸。冠位は贈直広壱。 672年の壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)の側につき、大伴吹負から皇子への連絡の使者になった。 出自 坂上氏は渡来系の東漢氏(倭漢氏)の一族である。東漢氏は直姓で支族が多く、大和国南部に本拠を持ち、軍事に関与することが多かった。老は大義冠・首名の子で、子に大国があった。 壬申の年(672年)の6月に大海人皇子が挙兵すると、近江宮にいた大友皇子(弘文天皇)は倭京に使者を派遣して軍を編成させた。倭はここでは大和のことで、倭京は飛鳥におかれた古い都のことである。しかしこのとき、大海人皇子側につくことを決めた大伴吹負は挙兵をめざして人数を集め、倭京の留守司の一人坂上熊毛とともに、一二の漢直に内応を求めた。漢直とは倭漢氏を指す。6月29日、まず秦熊が使者のふりをして馬に乗って馳せ、「高市皇子が不破から来た。軍衆が多く従っている」と誤報を言った。陣営の兵士は驚いて逃げ散った。 (Wikipedia:坂上老)

坂上直老
『坂上老』より : 坂上 老(さかのうえ の おきな、生年不詳 - 文武天皇3年5月8日?(699年6月10日))は、日本の飛鳥時代の人物である。姓は直のち忌寸。冠位は贈直広壱。 672年の壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)の側につき、大伴吹負から皇子への連絡の使者になった。 出自 坂上氏は渡来系の東漢氏(倭漢氏)の一族である。東漢氏は直姓で支族が多く、大和国南部に本拠を持ち、軍事に関与することが多かった。老は大義冠・首名の子で、子に大国があった。 壬申の年(672年)の6月に大海人皇子が挙兵すると、近江宮にいた大友皇子(弘文天皇)は倭京に使者を派遣して軍を編成させた。倭はここでは大和のことで、倭京は飛鳥におかれた古い都のことである。しかしこのとき、大海人皇子側につくことを決めた大伴吹負は挙兵をめざして人数を集め、倭京の留守司の一人坂上熊毛とともに、一二の漢直に内応を求めた。漢直とは倭漢氏を指す。6月29日、まず秦熊が使者のふりをして馬に乗って馳せ、「高市皇子が不破から来た。軍衆が多く従っている」と誤報を言った。陣営の兵士は驚いて逃げ散った。 (Wikipedia:坂上直老)

坂上忌寸老
『坂上老』より : 坂上 老(さかのうえ の おきな、生年不詳 - 文武天皇3年5月8日?(699年6月10日))は、日本の飛鳥時代の人物である。姓は直のち忌寸。冠位は贈直広壱。 672年の壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)の側につき、大伴吹負から皇子への連絡の使者になった。 出自 坂上氏は渡来系の東漢氏(倭漢氏)の一族である。東漢氏は直姓で支族が多く、大和国南部に本拠を持ち、軍事に関与することが多かった。老は大義冠・首名の子で、子に大国があった。 壬申の年(672年)の6月に大海人皇子が挙兵すると、近江宮にいた大友皇子(弘文天皇)は倭京に使者を派遣して軍を編成させた。倭はここでは大和のことで、倭京は飛鳥におかれた古い都のことである。しかしこのとき、大海人皇子側につくことを決めた大伴吹負は挙兵をめざして人数を集め、倭京の留守司の一人坂上熊毛とともに、一二の漢直に内応を求めた。漢直とは倭漢氏を指す。6月29日、まず秦熊が使者のふりをして馬に乗って馳せ、「高市皇子が不破から来た。軍衆が多く従っている」と誤報を言った。陣営の兵士は驚いて逃げ散った。 (Wikipedia:坂上忌寸老)

坂上弘
坂上 弘(さかがみ ひろし、1936年2月13日 - )は、日本の小説家。日本芸術院会員。前日本文藝家協会理事長。 来歴・人物 東京生まれ。父は三重県四日市市の出身で当時日本銀行に勤務。母は埼玉県入間郡出身。1942年赤坂区立青南国民学校へ入学。1943年、父の転勤により、熊本市立白川国民学校に編入学。1946年青南小学校に戻る。1948年、父の転勤により、鹿児島市立清水中学校へ入学。父の転勤で再び上京。1950年港区立青山中学校に編入学。1951年東京都立日比谷高等学校へ入学。1954年慶應義塾大学文学部哲学科へ入学。1960年理研光学工業(現・リコー)に入社。 慶大在学中1955年春「三田文学」の編集担当であった山川方夫に小説を書くように勧められ、「息子と恋人」を「三田文学」に発表。同作はこの年上半期芥川賞候補作となった。当時19才で、いわゆる10代候補の先駆けとされた。1959年に「ある秋の出来事」で中央公論新人賞を受賞(芥川賞候補作)。リコー勤務を続けながら作家活動を行い、サラリーマン作家といわれた。 (Wikipedia:坂上弘)

坂上香織
坂上 香織(さかがみ かおり、1974年7月29日 - )は、日本の女優である。元アイドル。 1974年(昭和49年)、長崎県長崎市生まれ。嘉悦女子高等学校中退。 始めは女優としてデビューし、あまりの美少女ぶりから『第二のゴクミ(後藤久美子)』とまで呼ばれていた。当時の愛称は「ガミちゃん」で、女優デビュー翌年の1988年8月にアイドル歌手として歌手デビューをした。その際のキャッチコピーは『かおり、深呼吸。』だった。当時のファンクラブ名は「KAORI俱楽部(1988年 - 1992年)」。 ライジングプロダクション、フロム・ファーストプロダクションに所属していた。 生い立ち実家は長崎市内で割烹料理店(現在は飲食店を複数)を経営しており、坂上は姉2人・兄1人(長姉・次姉・兄)の4人姉兄の末娘である。「香織」の名前は、父が産院にある「良い名前一覧表」から目を閉じて無作為で指差して決められたという。 小学6年生だった1986年(昭和61年)の秋、地元長崎市で行われた、アイドル・荻野目洋子のコンサートに招待され訪れたところを、その会場でライジングプロダクションにスカウトされ、芸能界デビューすることとなった。 (Wikipedia:坂上香織)

坂上苅田麻呂
坂上 苅田麻呂(さかのうえ の かりたまろ、神亀4年(727年)- 延暦5年1月7日(786年2月14日))は、奈良時代の公卿・武人。姓は忌寸のち大忌寸、大宿禰。大和守・坂上犬養の子。官位は従三位・左京大夫。 坂上氏は、代々弓馬の道を世職とし馳射(走る馬からの弓を射ること)を得意とする武門の一族として、数朝にわたり宮廷に宿営してこれを守護した。 天平宝字元年(757年)の橘奈良麻呂の乱において、反乱実行時に敵方に加勢するのを防ぐことを目的に、首謀者の一人である賀茂角足が事前に武勇に優れた人を集めて酒宴を開いた際、苅田麻呂も招待者の一人として名が挙げられている。天平宝字年中に授刀衛少尉に任官。 天平宝字8年(764年)9月藤原仲麻呂の乱が発生する。太師(太政大臣)・藤原仲麻呂(恵美押勝)が謀反との連絡を受けた孝謙上皇は、仲麻呂に擁立されていた淳仁天皇の中宮院(御所)に少納言・山村王を遣わし、皇権の発動に必要な玉璽と駅鈴を回収させた。 (Wikipedia:坂上苅田麻呂)

坂上浄野
坂上 浄野(さかのうえ の きよの、延暦8年(789年) - 嘉祥3年8月4日(850年9月13日))は、平安時代初期の貴族。名は清野とも記される、大納言・坂上田村麻呂の四男。官位は正四位下・右兵衛督。 大同元年(806年)皇太子・神野親王(のち嵯峨天皇)の春宮少進となるが、武芸に優れ、特に騎射の才を認められて親王に寵愛された。嵯峨朝では、弘仁10年(819年)に従五位下・陸奥鎮守府将軍に叙任、翌弘仁11年(820年)には陸奥介も兼務した。弘仁13年(822年)には右近衛少将に任官し、翌年には従五位上に進んだ。 淳和天皇の代になると、天長元年(824年)薩摩守、次いで土佐権守に左遷される。 仁明朝では、天長10年(834年)正五位下・陸奥出羽按察使に叙任され、再び東北の経営にあたるが、蝦夷の人々と友好を保ち無事勤め上げた。承和3年(836年)従四位下。承和6年(839年)役目を終えて帰京し、右馬頭に任ぜられる。承和9年(842年)右兵衛督、承和12年(845年)従四位上・兼因幡守、嘉祥3年(850年)正四位下に至る。 (Wikipedia:坂上浄野)

坂上洋子
坂上 洋子(さかうえ ようこ、1968年8月29日 - )は、長崎県出身の元柔道選手。現姓・石角。日本マスターズ柔道協会会員。
長崎市立西北小学校、長崎市立岩屋中学校、長崎県立長崎西高等学校、筑波大学卒業。
1992年のバルセロナオリンピック女子柔道72kg超級で、3位決定戦でマキシモフ(ポーランド)を押さえ込み一本で破り銅メダルを獲得した。
引退後は阪神・淡路大震災に被災したことをきっかけに、アマチュア無線の免許を取得。パネルディスカッションにパネラーとして出演し、災害時にアマチュア無線をどう生かすか、またその際の問題点などについて、被災の実体験を元に語っている。現在は2児の母である傍ら、日本マスターズ柔道大会に出場している。
(Wikipedia:坂上洋子)

坂上熊毛
坂上 熊毛(さかのうえ の くまけ、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物である。姓は直。冠位は贈大錦下。672年の壬申の乱のとき倭京の留守司であったが、大海人皇子(天武天皇)側に内応した。 出自 坂上氏は渡来系の倭漢氏(東漢氏)の一族である。東漢氏は支族が多く、大和国南部に本拠を持ち、軍事に関与することが多かった。子に坂上宗大がいる。 「坂上系図」によれば、熊毛を東漢駒子の孫で、坂上甲由の子とする。また、駒子と甲由の間に子麻呂を置き、甲由を申田の誤りとして、熊毛を東漢坂上子麻呂の孫で、坂上申田の子とする系図もある。父の甲由が大和国高市郡の出とされるので、熊毛も同じ可能性が高い。 壬申の乱が起こったとき、坂上熊毛は倭京の留守司であった。倭京の倭は「やまと」と読み、当時近江にあった都と別に留守司が管理していた。『日本書紀』が伝える留守司には他に高坂王があり、熊毛は王の同僚か部下であったと推測される。 壬申の年(672年)の6月下旬に大海人皇子が兵を興すと、近江宮にいた大友皇子(弘文天皇)は倭京に使者を派遣して軍を発することを命じた。 (Wikipedia:坂上熊毛)

坂上直熊毛
『坂上熊毛』より : 坂上 熊毛(さかのうえ の くまけ、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物である。姓は直。冠位は贈大錦下。672年の壬申の乱のとき倭京の留守司であったが、大海人皇子(天武天皇)側に内応した。 出自 坂上氏は渡来系の倭漢氏(東漢氏)の一族である。東漢氏は支族が多く、大和国南部に本拠を持ち、軍事に関与することが多かった。子に坂上宗大がいる。 「坂上系図」によれば、熊毛を東漢駒子の孫で、坂上甲由の子とする。また、駒子と甲由の間に子麻呂を置き、甲由を申田の誤りとして、熊毛を東漢坂上子麻呂の孫で、坂上申田の子とする系図もある。父の甲由が大和国高市郡の出とされるので、熊毛も同じ可能性が高い。 壬申の乱が起こったとき、坂上熊毛は倭京の留守司であった。倭京の倭は「やまと」と読み、当時近江にあった都と別に留守司が管理していた。『日本書紀』が伝える留守司には他に高坂王があり、熊毛は王の同僚か部下であったと推測される。 壬申の年(672年)の6月下旬に大海人皇子が兵を興すと、近江宮にいた大友皇子(弘文天皇)は倭京に使者を派遣して軍を発することを命じた。 (Wikipedia:坂上直熊毛)

坂上みきのBeautiful
坂上みきのBeautiful(さかじょうみきのビューティフル)はTOKYO FMで放送された平日午後のワイド番組である。 DJはかつて同局で生放送された平日朝のワイド番組「FMソフィア」でDJを務め、また近年テレビ番組のナレーターとしても八面六臂の活躍を見せるフリーアナウンサーの坂上みき。また番組開始当初から2004年3月までは月-金曜までの放送で、DJは月-木曜が坂上が務め、金曜が鈴木万由香・進藤晶子が務めていたが、2004年4月から金曜日については「よんぱち 48hours 〜WEEKEND MEISTER〜」スタートに伴い金曜の放送を終了し、以降は月 - 木曜までの放送となった。 坂上の軽快なおしゃべりと共に音楽・映画・ファッションなど、常に流行の最新情報を提供する番組であった。 2006年4月から平日時間帯での番組編成を大幅に改編するのに伴い番組が終了し、坂上は引き続き時間帯を夕方に移動して新番組「ENTERMAX」を担当する。 (Wikipedia:坂上みきのBeautiful)


坂上 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

坂上 - アマゾン検索


「坂上」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す