[PR]

日別キーワード

第68位  秋田市 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



秋田市
秋田市(あきたし)は、秋田県の沿岸中部に位置する市で、同県の県庁所在地である。中核市に指定されている。 市制施行は1889年(明治22年)。1997年(平成9年)4月に東北初の中核市に指定される。(郡山市と同時)2005年(平成17年)1月11日、河辺郡(河辺町、雄和町)を編入。 秋田県の県庁所在地であり、同県の政治、経済、交通の中心都市である。1997年秋田新幹線「こまち」開業。秋田空港は国土交通省から空港法第4条に基づく特定地方管理空港の指定を受けている。 久保田藩時代から城下町として、また土崎港は北前船の寄港地として栄えた。土崎地区には秋田港があり、秋田火力発電所を代表として工業団地が広がる。また、八橋・寺内地区を中心として国内最大の油田である八橋油田が広がる。近年は、御所野ニュータウンに代表される住宅地や大型商業施設が市郊外に建設されたことにより中心市街地の空洞化に拍車がかかり、市内中心部にはいわゆるシャッター通りが目立つようになってきている。 (Wikipedia:秋田市)

秋田市交通局
秋田市交通局(あきたしこうつうきょく)は、かつて秋田県秋田市で、路面電車(秋田市電)事業及びバス事業を行っていた、秋田市の交通事業部局(地方公営企業)である。 路面電車事業は1966年3月まで(前年12月に休止)、バス事業は2006年3月まで行っていた。 秋田市の4公営企業(水道局・ガス局・交通局・市立病院)の一つであった(この中で、現存するのは2014年に独法化した市立秋田総合病院のみで、旧水道局は改組の上で、2005年4月より秋田市上下水道局となり、ガス局は東部瓦斯に業務移管し廃止されている)。 現在、旧本庁舎は秋田市建設部道路維持課、旧中央営業所が秋田中央交通臨海営業所となっている。 1990年代までは精力的な営業展開(車内のハイバックシート・デザイナー作成の路線カラー・AT車の積極導入・液晶式方向幕の導入等)を行っていたが、輸送人員の減少や市の財政難などからバス事業も2005年度の全面廃止が決定され、秋田市と秋田中央交通との、残る3路線4系統の移管協定調印が行われた。 (Wikipedia:秋田市交通局)

秋田市営バス
『秋田市交通局』より : 秋田市交通局(あきたしこうつうきょく)は、かつて秋田県秋田市で、路面電車(秋田市電)事業及びバス事業を行っていた、秋田市の交通事業部局(地方公営企業)である。 路面電車事業は1966年3月まで(前年12月に休止)、バス事業は2006年3月まで行っていた。 秋田市の4公営企業(水道局・ガス局・交通局・市立病院)の一つであった(この中で、現存するのは2014年に独法化した市立秋田総合病院のみで、旧水道局は改組の上で、2005年4月より秋田市上下水道局となり、ガス局は東部瓦斯に業務移管し廃止されている)。 現在、旧本庁舎は秋田市建設部道路維持課、旧中央営業所が秋田中央交通臨海営業所となっている。 1990年代までは精力的な営業展開(車内のハイバックシート・デザイナー作成の路線カラー・AT車の積極導入・液晶式方向幕の導入等)を行っていたが、輸送人員の減少や市の財政難などからバス事業も2005年度の全面廃止が決定され、秋田市と秋田中央交通との、残る3路線4系統の移管協定調印が行われた。 (Wikipedia:秋田市営バス)

秋田市八橋運動公園硬式野球場
秋田市八橋運動公園硬式野球場(あきたしやばせうんどうこうえんこうしきやきゅうじょう)は、秋田県秋田市の八橋運動公園内にある野球場。現在、球場の銘板は秋田市八橋野球場と表記されている。施設は秋田市が所有し、秋田市教育委員会スポーツ振興課が運営管理を行っている。2016年(平成28年)4月1日からは、秋田魁新報社が命名権を取得し、さきがけ八橋球場という呼称を用いている。 1941年9月、秋田市営八橋球場(あきたしえいやばせきゅうじょう)として完成。 八橋球場は戦後秋田県内の野球の中心的な存在となり、高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が現在に至るまで行われている他、2002年まではプロ野球公式戦も開催された。特にプロ野球では秋田県南秋田郡若美町(現男鹿市)出身の落合博満(中日ドラゴンズ元監督)が現役時代、ロッテオリオンズに在籍していた頃にはロッテ主催のパ・リーグ公式戦がほぼ毎年開催されていた。 (Wikipedia:秋田市八橋運動公園硬式野球場)

秋田市営八橋運動公園野球場
『秋田市八橋運動公園硬式野球場』より : 秋田市八橋運動公園硬式野球場(あきたしやばせうんどうこうえんこうしきやきゅうじょう)は、秋田県秋田市の八橋運動公園内にある野球場。現在、球場の銘板は秋田市八橋野球場と表記されている。施設は秋田市が所有し、秋田市教育委員会スポーツ振興課が運営管理を行っている。2016年(平成28年)4月1日からは、秋田魁新報社が命名権を取得し、さきがけ八橋球場という呼称を用いている。 1941年9月、秋田市営八橋球場(あきたしえいやばせきゅうじょう)として完成。 八橋球場は戦後秋田県内の野球の中心的な存在となり、高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が現在に至るまで行われている他、2002年まではプロ野球公式戦も開催された。特にプロ野球では秋田県南秋田郡若美町(現男鹿市)出身の落合博満(中日ドラゴンズ元監督)が現役時代、ロッテオリオンズに在籍していた頃にはロッテ主催のパ・リーグ公式戦がほぼ毎年開催されていた。 (Wikipedia:秋田市営八橋運動公園野球場)

秋田市営八橋球場
『秋田市八橋運動公園硬式野球場』より : 秋田市八橋運動公園硬式野球場(あきたしやばせうんどうこうえんこうしきやきゅうじょう)は、秋田県秋田市の八橋運動公園内にある野球場。現在、球場の銘板は秋田市八橋野球場と表記されている。施設は秋田市が所有し、秋田市教育委員会スポーツ振興課が運営管理を行っている。2016年(平成28年)4月1日からは、秋田魁新報社が命名権を取得し、さきがけ八橋球場という呼称を用いている。 1941年9月、秋田市営八橋球場(あきたしえいやばせきゅうじょう)として完成。 八橋球場は戦後秋田県内の野球の中心的な存在となり、高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が現在に至るまで行われている他、2002年まではプロ野球公式戦も開催された。特にプロ野球では秋田県南秋田郡若美町(現男鹿市)出身の落合博満(中日ドラゴンズ元監督)が現役時代、ロッテオリオンズに在籍していた頃にはロッテ主催のパ・リーグ公式戦がほぼ毎年開催されていた。 (Wikipedia:秋田市営八橋球場)

秋田市立秋田商業高等学校
秋田市立秋田商業高等学校(あきたしりつあきたしょうぎょうこうとうがっこう)は、秋田県秋田市に所在する市立の商業高等学校。通称、秋商(あきしょう)。 設置学科 商業科 会計コース 流通経済コース 情報コース 秋田で最も古い歴史を持つ商業高校。部活動が盛んで、野球部、サッカー部、レスリング部、水泳部、吹奏楽部(マーチング)など全国レベルで活躍する部が多数あり、プロスポーツ選手も輩出している。商業系の科目を重視しており、様々な資格の取得にも力を入れている。 1920年(大正9年)4月25日 - 「秋田市商業学校」として開校。 1942年(昭和17年)4月1日 - 「秋田市立土崎商業学校」が併合される。 1944年(昭和19年) - 秋田市立工業学校の設置に伴い一時募集停止。 1946年(昭和21年) - 募集再開。 1948年(昭和23年)4月1日 - 「秋田市立商業高等学校」に改称。この時から男女共学開始。 1961年(昭和36年)4月1日 - 現在の名に改称。 (Wikipedia:秋田市立秋田商業高等学校)

秋田市立泉中学校
校名 秋田市立泉中学校
過去校名=
国公私立 公立学校
設置者 秋田市
併合学校=
校訓=
設立年月日 1981年4月1日
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
閉校年月日=
共学・別学 男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期 2学期制
中学校コード=
郵便番号 010-0916
所在地 秋田県秋田市泉北2-6-1
(Wikipedia:秋田市立泉中学校)

秋田市電
秋田市電(あきたしでん)は、秋田市(秋田市交通局)が経営していた路面電車である。 秋田馬車鉄道という会社が経営していた軌間1391mmの馬車鉄道が、後に秋田電気軌道と改称して軌間を1067mmに改めた上で路面電車化されたものが創始である。その後、戦時体制下の1941年(昭和16年)に交通統制のため市営化され、秋田市電となった。市営化以前は新大工町経由で土崎までの直通をめざすも市民の反対で市内の軌道の一部区間が撤去されるという憂き目にも遭ったが、戦後になると撤去された区間を再建し、路線長・利用客ともに順調な伸びを見せた。 1951年(昭和26年)には戦前できなかった秋田駅前-土崎間直通を一部ルート変更の上でようやく果たし、翌年の平均乗客数は1日11,000人にものぼる。ラッシュ時は続行運転で大量輸送を行い、最盛期を迎えた。 だが1960年代に入ると、並行して秋田中央交通がバスを走らせるようになり、さらには市営バスや国鉄線とも競合することになったため、1965年(昭和40年)12月31日限りで休止、翌年3月31日に正式廃止となった。 (Wikipedia:秋田市電)

秋田市勝平地区
秋田市勝平(かつひら)は、秋田市西部の住宅街。丘陵地。勝平山(標高50.7m)。旧河辺郡新屋町(昭和の大合併で秋田市と統合)の北部にある。人口はおよそ3万人。奈良時代の大地震で日吉神社が新屋に移転して以来、長く無人の砂丘であったが、昭和初頭の雄物川放水路の開通によって住民の移住が始まり、「新開地」が建設された。その後も「松美ヶ丘開拓」などによって農地化、住宅地化が進み、昭和40年代以降、急速な発展を遂げた。現在も秋田市の近郊ベッドタウンとして旧防風林の宅地化が進んでいる。雄物川、秋田運河、日本海に囲まれ、島をなしている。北部の向浜地区に向浜工業団地、向浜スポーツゾーンを有する。警察施設も多い。
(Wikipedia:秋田市勝平地区)

秋田市立山王中学校
校名 秋田市立山王中学校
過去校名=
国公私立 公立学校
設置者 秋田市
併合学校 秋田市立高陽中学校秋田市立成和中学校
校訓=
設立年月日 1953年4月1日
記念日名称 創立記念日
創立記念日 4月6日
創立者=
閉校年月日=
共学・別学 男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期 2学期制
中学校コード=
郵便番号 010-0951
所在地 秋田県秋田市山王3-1-24
(Wikipedia:秋田市立山王中学校)

秋田市八橋運動公園陸上競技場
秋田市八橋運動公園陸上競技場(あきたしやばせうんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、秋田県秋田市の八橋運動公園内にある陸上競技場。球技場としても使用される。施設は秋田市が所有し、秋田市教育委員会スポーツ振興課が運営管理を行っている。 施設概要 日本陸上競技連盟第1種公認 トラック:400m×8レーン(全天候ウレタン舗装) インフィールド:107m×71.5m、天然芝 照明設備:無し 映像装置・電光掲示板:無し 収容人員:20,125人(メインスタンド:8,700人、バックスタンド:4,300人、サイドスタンド:7,125人) 1941年9月:開場 1961年4月:全面改修 1981年5月:全面改修 1985年8月:走路改修 1995年5月:大規模改修(Jリーグの公式戦を誘致するため)。 (Wikipedia:秋田市八橋運動公園陸上競技場)

秋田市営八橋運動公園陸上競技場
『秋田市八橋運動公園陸上競技場』より : 秋田市八橋運動公園陸上競技場(あきたしやばせうんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、秋田県秋田市の八橋運動公園内にある陸上競技場。球技場としても使用される。施設は秋田市が所有し、秋田市教育委員会スポーツ振興課が運営管理を行っている。 施設概要 日本陸上競技連盟第1種公認 トラック:400m×8レーン(全天候ウレタン舗装) インフィールド:107m×71.5m、天然芝 照明設備:無し 映像装置・電光掲示板:無し 収容人員:20,125人(メインスタンド:8,700人、バックスタンド:4,300人、サイドスタンド:7,125人) 1941年9月:開場 1961年4月:全面改修 1981年5月:全面改修 1985年8月:走路改修 1995年5月:大規模改修(Jリーグの公式戦を誘致するため)。 (Wikipedia:秋田市営八橋運動公園陸上競技場)

秋田市大森山動物園
秋田市大森山動物園(あきたしおおもりやまどうぶつえん)は、秋田県秋田市浜田字潟端にある、秋田市立の動物園。愛称はミルヴェ。2016年(平成28年)3月からの愛称は「あきぎんオモリンの森」。 秋田市大森山公園内に、1973年(昭和48年)に開園した。前身は千秋公園内にあった秋田市児童動物園。約15haの園内で、108種類、615点の動物が飼育されている(2015年2月末時点)。 旭山動物園に代表される「行動展示」を取り入れ、小規模な動物園ながら工夫をこらした展示を行っている。例えば「チンパンジーの森」では高い支柱からロープを渡し、チンパンジーの樹上生活を再現している。また、「アライグマのじゃぶじゃぶテラス」では水場で食べ物を洗う姿が手を伸ばせば届くほどの距離で観察できる。また、「ビーバーのおうち」や「プレーリードッグのお立ち台」など飼育員手作りの展示施設も多く、2007年(平成19年)9月には「わぉ!バルコニー」が完成し、来園者の頭上を走り抜けるワオキツネザルが見られる。 (Wikipedia:秋田市大森山動物園)

秋田市警察
秋田市警察(あきたしけいさつ)は、かつて存在した秋田県秋田市の自治体警察 (旧警察法) 自治体警察。
従来の秋田県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に秋田市警察本部が設置された。翌1949年(昭和24年)12月14日に「秋田市警察基本規程」を制定し、組織の充実を図った。
その後、1954年(昭和29年)に、旧警察法を全面改正する形で警察法 新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として秋田県警察 秋田県警察本部が発足。秋田市警察も秋田県警察に統合され、姿を消した。
1949年(昭和24年)時点における秋田市警の組織について以下に記す
企画室
総務係
警務係
鑑識係
警備係
防犯係
交通営業係
1949年(昭和24年)時点において秋田市警に設置されていた警察署について以下に記す
(Wikipedia:秋田市警察)

秋田市立勝平小学校
秋田市立勝平小学校(あきたしりつ かつひらしょうがっこう)は、秋田県秋田市新屋松美ガ丘北町にある公立小学校。学校区は、秋田運河と日本海に挟まれた地域に位置し、北端は秋田港に、南端は雄物川の河口に面している。 教育目標 自分をつくり ともに生きる 沿革 1969年 - 創立 校舎 2002年4月に新校舎完成(新校舎紹介のページを参照)。施設規模は校舎棟が7,619平方メートル、屋体棟が1,544平方メートル。総工費28億円。2003年9月にグラウンドが完成。敷地面積は8,455平方メートル。 昇降口の段差を解消するためスロープを設置するなどバリアフリー化に配慮した。また、体育館のステージ背面にもガラス窓を設けるなど、全体的に光を多く取り入れ、明るく開放的な造りになっている。秋田市-第19回市民が選ぶ都市景観賞では、「正面のタワーが地区のシンボル的存在、外壁が周囲の自然、住宅環境とよく調和している」等と評され、推薦施設となった。 (Wikipedia:秋田市立勝平小学校)

秋田市向浜
秋田市向浜(むかいはま)は、秋田市北西部の工業地帯。
新産業都市秋田湾の中枢、秋田港の一角をなす。秋田市勝平の北部に位置し、秋田市向浜事務所が設置されている。1970年代から向浜スポーツゾーンが建設されている。1986年に、秋田博覧会が開催された際には主会場となった。
こまちスタジアム
秋田県立武道館
秋田県立スケート場
第一製薬
東北製紙
秋田木材
秋田臨海鉄道南線向浜駅
はまなすロード(秋田南バイパス割山立体交差~国道7号蛭根交差点)
なお、秋田南バイパスはまなすロードと県道秋田天王線を結ぶ新バイパス計画(ベイブリッジor海底トンネル案)が持ち上がっている。
(Wikipedia:秋田市向浜)

秋田市立御所野学院高等学校
秋田市立御所野学院中学校・高等学校(あきたしりつ ごしょのがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、秋田県秋田市御所野地蔵田四丁目にある公立中高一貫校。 高校課程からの生徒募集を行わない、いわゆる「完全中高一貫校」であり、実態は中等教育学校のそれに近い。ただし中学校卒業時に外部の高校へ進学することは可能である。 秋田市立御所野小学校の卒業生は無条件で入学できるが、中高一貫校への進学を希望しない同小学校の児童は、秋田市立御野場中学校へ進むこととなる。 基礎情報 校章は、中学校と高校を意味する三角形を組み合わせたもの。学年を表す6つのパーツは「個性」「愛郷心」「向学心」「連帯」「力強さ」「夢の創造」を象徴している。 スクールカラーは、御所野の自然を表すという意味から、ロイヤルグリーンである。 校歌の作詞者は島田雅彦、作曲者は三枝成彰。 高校の設置学科 普通科 沿革 1997年(平成9年)4月 - 中高一貫校教育研究委員会発足 1998年(平成10年)4月 - 中高一貫校設立準備室開設 1999年(平成11年)4月 - 秋田市立御所野学院中学校開校 2000年(平成12年)4月 - 秋田市立御所野学院高等学校開校 2002年(平成14年)4月 - 同年の入学生より中学校からの内部進学のみとなり、高校募集を停止。 (Wikipedia:秋田市立御所野学院高等学校)


秋田市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

秋田市 - アマゾン検索


「秋田市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す