[PR]

日別キーワード

第77位  専守防衛 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



専守防衛
専守防衛(せんしゅぼうえい)とは、第二次世界大戦後の日本で練られている軍事戦略である。戦略守勢とも言う。 専守防衛は戦後の日本(自衛隊)の基本的な軍事戦略とされてきた。自衛隊の基本戦略、戦術思想の根幹を成している。防衛上の必要があっても相手国に先制攻撃を行わず、侵攻してきた敵を自国の領域において軍事力(防衛力)を以って撃退する方針のことを意味する。 その内容は、全般的な作戦において、相手の攻撃を受けてから初めて軍事力を行使すること、その程度は自衛に必要最低限の範囲にとどめ、相手国の根拠地への攻撃(戦略攻勢)を行わないこと、自国領土またはその周辺でのみ作戦することなどである。戦力不保持・交戦権否認を規定する日本国憲法第9条と整合性を持った受動的な軍事戦略とされている(もっとも、同条の解釈については種々の議論がある)。 なお、ドイツ連邦軍も、第二次世界大戦の反省から、かつては専守防衛を原則としてきた。しかし、1990年代にカンボジア、ソマリア、ユーゴスラビアに派兵するようになっており、またドイツの最高裁判所は、議会の承認を得たものなら海外派兵は憲法違反ではないとの判断を下している。 (Wikipedia:専守防衛)


専守防衛 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

専守防衛 - アマゾン検索


「専守防衛」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す