[PR]

日別キーワード

第82位  地球温暖化 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



地球温暖化
地球温暖化(ちきゅうおんだんか)とは、温室効果ガスが原因で起こる地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。単に「温暖化」とも言う。 地球の歴史上、気候の温暖化や寒冷化は幾度も繰り返されてきたと考えられている。地球全体の気候が温暖になる自然現象を単に「温暖化」と呼ぶこともあるが、近年観測されており、将来的にも百年単位で続くと予想される「20世紀後半からの温暖化」の意味で用いられることが多い。この記事では20世紀後半からの温暖化について説明する。 大気や海洋の平均温度の上昇に加えて、生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった、気温上昇に伴う二次的な諸問題を含めて「地球温暖化問題」と呼ばれる。温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して対策を立て実行され始めている。一方で、対策のコストが非常に大きくなると見られており、その負担や政策的な優先度に関して国際的な議論が行われている。 現状の科学的理解 地球表面の大気や海洋の平均温度は「地球の平均気温」あるいは「地上平均気温」と呼ばれ、地球全体の気候の変化を表す指標として用いられており、19世紀から始まった科学的な気温の観測をもとに統計が取られている。 (Wikipedia:地球温暖化)

地球温暖化係数
『温室効果ガス』より : 温室効果ガス(おんしつこうかガス、英: greenhouse gas、GHG)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。 京都議定書における排出量削減対象となっていて、環境省において年間排出量などが把握されている物質としては、二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素(N2O、=一酸化二窒素)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) の6種類がある。 最新のIPCC第4次評価報告書では、人為的に排出されている温室効果ガスの中では、二酸化炭素の影響量が最も大きいと見積もられている(地球温暖化の原因を参照)。二酸化炭素は、石炭や石油の消費、セメントの生産などにより大量に大気中に放出されているといわれる。これに対する懐疑論も一部見られるが、多くは科学的論拠によって反論されている。 (Wikipedia:地球温暖化係数)

地球温暖化対策の推進に関する法律
地球温暖化対策の推進に関する法律(ちきゅうおんだんかたいさくのすいしんにかんするほうりつ、1998年10月9日法律第117号)は、地球温暖化が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候変動に関する国際連合枠組条約(気候変動枠組条約)及び第3回気候変動枠組条約締約国会議(京都会議)の経過を踏まえ、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通の課題であり、すべての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることにかんがみ、地球温暖化対策に関し、国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、地球温暖化対策に関する基本方針を定めること等により、地球温暖化対策の推進を図り、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする法律である(同法第1条)。 (Wikipedia:地球温暖化対策の推進に関する法律)

地球温暖化対策推進法
『地球温暖化対策の推進に関する法律』より : 地球温暖化対策の推進に関する法律(ちきゅうおんだんかたいさくのすいしんにかんするほうりつ、1998年10月9日法律第117号)は、地球温暖化が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候変動に関する国際連合枠組条約(気候変動枠組条約)及び第3回気候変動枠組条約締約国会議(京都会議)の経過を踏まえ、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通の課題であり、すべての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることにかんがみ、地球温暖化対策に関し、国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、地球温暖化対策に関する基本方針を定めること等により、地球温暖化対策の推進を図り、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする法律である(同法第1条)。 (Wikipedia:地球温暖化対策推進法)

地球温暖化対策推進本部
地球温暖化対策推進本部(ちきゅうおんだんかたいさくすいしんほんぶ)は、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき内閣に設置されている日本の行政機関の一つ。地球温暖化対策を総合的かつ計画的に推進するための機関である。主任の大臣は内閣総理大臣。
1997年(平成9年)12月10日、気候変動に関する国際連合枠組条約第3回締約国会議(京都)において京都議定書が採択
1997年(平成9年)12月19日、(旧)地球温暖化対策推進本部を閣議決定により内閣に設置
1998年(平成10年)6月19日、地球温暖化対策推進大綱を本部決定
2002年(平成14年)3月19日、新たな「地球温暖化対策推進大綱」を本部決定
2002年(平成14年)6月4日、日本国が京都議定書を締結
2002年(平成14年)6月7日、改正「地球温暖化対策の推進に関する法律」を公布
(Wikipedia:地球温暖化対策推進本部)

地球温暖化現象
『』より : (Wikipedia:地球温暖化現象)


地球温暖化 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

地球温暖化 - アマゾン検索


「地球温暖化」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す