[PR]

日別キーワード

第85位  津久井 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



津久井
津久井(つくい) 地名 神奈川県津久井郡の総称。現在は、全域が相模原市緑区である。 津久井郡に属していた津久井町のこと。現在は相模原市緑区の一部である。(津久井町の名称は住所表記から消滅している。) 人名 日本人の姓の一つ。「津久井」で始まるページの一覧を参照。 津久井氏(筑井氏) 津久井城(筑井城、築井城) 津久井克行 津久井彩文 津久井教生 津久井智子 津久井督六 津久井箇人 津久井裕子 その他 津久井火工。 (Wikipedia:津久井)

津久井郡
津久井郡(つくいぐん)は、神奈川県(相模国)にあった郡。 1955年(昭和30年)の合併(昭和の大合併)の結果、当郡は城山町・津久井町・相模湖町・藤野町の4町で構成されることとなった。2006年(平成18年)3月20日に津久井町・相模湖町の2町が相模原市に編入されるまで、明治以来の郡域に変更はない。面積は238.44km²、2町編入直前の2006年(平成18年)3月1日当時の郡域の総人口は72,871人であった。 丹沢山地の北側に位置し、相模原台地の北西端を占める城山町東部を除き、全域を山地が占める。その間を相模川や道志川、串川およびそれらの支流が流れ、それらの河川によって形成された断片的な河岸段丘がわずかな平坦地として分布する。江戸時代後期から昭和初期にかけては養蚕と織物産業が発展した。 道志川を境に北西側の上津久井(旧藤野町・相模湖町)と南東側の下津久井(旧津久井町・城山町)に分けられる。上津久井は本来は甲州街道(国道20号)やJR中央本線を介して、また織物産業との関連から東京都の八王子と、また西に隣接する山梨県の上野原との結びつきの強い地域である。 (Wikipedia:津久井郡)

津久井営業所 (神奈中バス)
『神奈川中央交通相模原営業所三ヶ木操車所』より : 神奈川中央交通相模原営業所三ヶ木操車所(かながわちゅうおうこうつうさがみはらえいぎょうしょみかげそうしゃじょ)とは、神奈川中央交通相模原営業所が管轄している神奈川県相模原市津久井町三ヶ木に所在する操車所である。
以前は津久井営業所であり略号は「つ」であったが、2005年4月16日より相模原営業所三ヶ木操車所となり、車両は津久井神奈交バスに全面移管されている。なお三ヶ木操車所は相模原市津久井町、相模原市相模湖町、津久井郡藤野町を管轄しているが、本項では以前の津久井営業所が所管していた城山操車所(津久井郡城山町を管轄)の路線についても記述する。
(Wikipedia:津久井営業所 (神奈中バス))

津久井神奈交バス津久井営業所
『神奈川中央交通相模原営業所三ヶ木操車所』より : 神奈川中央交通相模原営業所三ヶ木操車所・城山操車所(かながわちゅうおうこうつうさがみはらえいぎょうしょ みかげそうしゃじょ・しろやまそうしゃじょ)とは、神奈川中央交通相模原営業所が所管している神奈川県相模原市緑区三ケ木331に所在する操車所である。 以前、三ヶ木操車所は津久井営業所(つくいえいぎょうしょ)という独立した営業所で、城山操車所は津久井営業所に所属した操車所であったが、2005年(平成17年)4月16日に所管する車両・路線全ての運行管理を津久井神奈交バス津久井営業所へ委託し、これに伴い相模原営業所が所管する操車所へ組織変更された。現在、三ヶ木操車所は相模原市緑区内全域および町田市堺(相原町)地域の、城山操車所は町田市堺地域と相模原市緑区内のうち城山地区の路線を担当している。 なお、ここでは津久井神奈交バス津久井営業所の所管路線についても併せて記述する。 所属車両の社番に付けられる営業所の略号は、津久井営業所時代から引き続き「つ」である。神奈交バスの自社所有車は「T-」となる。 所在地 三ヶ木操車所・津久井神奈交バス津久井営業所 相模原市緑区三ケ木 最寄のバス停 三ヶ木(橋01など) 城山操車所・津久井神奈交バス津久井営業所城山操車所 相模原市緑区城山 最寄のバス停 城山(橋14など) 沿革 1944年(昭和19年)6月16日:中野営業所として開設(当時は神奈川中央乗合自動車)。 (Wikipedia:津久井神奈交バス津久井営業所)

津久井街道
『国道413号』より : 国道413号(こくどう413ごう)は、山梨県富士吉田市から神奈川県相模原市に至る一般国道である。 路線データ 一般国道の路線を指定する政令に基づく起終点および経過地は次のとおり。 起点:富士吉田市(上宿交差点=国道137号・国道138号・国道300号起点、国道139号交点) 終点:相模原市(緑区西橋本5丁目1番=国道16号交点) 重要な経過地:山梨県南都留郡山中湖村、神奈川県津久井郡津久井町、同郡城山町 路線延長:74.6 km(実延長62.4 km、現道57.5 km) 山梨県区間:44.1 km(実延長32.8 km、現道32.4 km) 相模原市区間:30.5 km(実延長29.6 km、現道25.1 km) 指定区間:国道138号と重複する区間 国道413号の指定は二段階に分別され、1982年(昭和57年)の新規指定時は、山梨県南都留郡山中湖村から神奈川県津久井郡津久井町までは県道津久井山中湖線を、同町から厚木市は国道412号とともに県道厚木津久井線をそれぞれ母体に、富士吉田市から山中湖村までは国道138号との重用区間とし、富士吉田市から厚木市に至る路線として指定された。 (Wikipedia:津久井街道)

津久井道
『東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線』より : 東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線(とうきょうとどう・かながわけんどう3ごう せたがやまちだせん)は、東京都世田谷区三軒茶屋から東京都町田市に至る、主要地方道である。通称は「世田谷通り」・「津久井道」・「鶴川街道」などであり、俗に「せたどう(世田道)」、または「せたみち(世田道)」「せたまち(世田町)」などとも呼ばれる。 起点:東京都世田谷区三軒茶屋(三軒茶屋交差点/北緯35度38分 東経139度40分) 終点:東京都町田市原町田二丁目(北緯35度32分 東経139度27分) 都県道認定要件:主要地と主要地を連絡する道路 路線延長 東京都区間 18,696 m(実延長、2013年4月1日現在) 川崎市区間 8,792 m(実延長、2013年4月1日現在) かつて、神奈川県道・東京都道57号相模原大蔵町線(芝溝街道)の一部と、東京都道47号八王子町田線(町田街道)の一部を介し、国道413号・国道412号へと延びる道があった。 (Wikipedia:津久井道)

津久井町
津久井町(つくいまち)は、神奈川県の北西に位置した津久井郡にかつてあった町である。2006年3月20日に相模原市に編入された。2010年4月から相模原市緑区の一部である。 相模川を城山ダムでせき止めてできた津久井湖や支流の中津川を宮ヶ瀬ダムでせき止めてできた宮ヶ瀬湖など水源がある。 津久井郡相模湖町、相模原市との合併協議については相模原市を参照のこと。 地理 山:丹沢山、大室山、城山、仙洞寺山、南山、茨菰山、焼山、黍殻山、袖平山、東峰、中峰、西峰、蛭ヶ岳、檜洞丸、鐘撞山 河川:相模川、道志川、神ノ川、早戸川、水沢川、串川、尻久保川 湖沼:津久井湖、宮ヶ瀬湖、奥相模湖 ダム:城山ダム、宮ヶ瀬ダム、道志ダム、沼本ダム 隣接していた自治体 津久井郡城山町・相模湖町・藤野町 愛甲郡愛川町・清川村、足柄上郡山北町 東京都八王子市 山梨県南都留郡道志村 1889年4月1日 - 神奈川県津久井郡に中野村・太井(おおい)村・三沢村(三井村+中沢村)・又野村・三ケ木(みかげ)村・青山村・長竹村・根小屋(ねごや)村・鳥屋(とや)村・青野原村・青根村が成立。 (Wikipedia:津久井町)

津久井教生
津久井 教生(つくい きょうせい、本名読みはつくい のりお、1961年3月27日 - )は、日本の男性声優、音響監督、ミュージシャン。2015年現在は81プロデュースに所属している。東京都出身。血液型はA型。 来歴・人物 本人曰く、「いいとこのボンボン」として生まれる。得意とする早口言葉は9歳の頃に祖父に教わったものと語っている。小学生時代は、大阪に住んでいた。また、海外に留学した経験がある。野沢那智主宰の劇団薔薇座出身。『太陽の子エステバン』の兵士役で声優デビュー。 調理師免許を取得し自分の店を開いていたことがあった。しかし、店によく通う役者仲間が勘定を払ってくれず、これに対して頭にきて、開業してからわずか3年で店を畳んだという。 特色 三枚目キャラを演じることが多いが、幅広い役どころをこなし、出演作品のイベントで司会を務める事も多い。 声優業界でも屈指のミュージシャンとして知られ、『ニャンちゅう』関連のほとんどの楽曲の作曲を手がけている。 『スクライド』のストレイト・クーガー役は、今まで演じてきた中で最も反響が大きかった役だと語る。 (Wikipedia:津久井教生)

津久井箇人
Name 津久井箇人
Background maker
Birth_name
Alias Kaz-Hit、そそそP
Blood A型
School_background 専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美卒
Died
Instrument
Genre J-POP、トランス (音楽) TRANCE、VOCALOID
Occupation 作曲家、編曲家
Years_active 2004年 -
Label GIZA studio、ビクターエンタテインメントほか
Production
Associated_acts
Influences
津久井箇人(つくいかずひと、1982年4月24日 -)は、日本の作曲家、アレンジャー。東京都出身。かつて小島久尚らとサウンドグループを結成し活動していた。現在はS-TRIBEという個人サークルを立ち上げて活動している。トランス (音楽) トランスなどを個人で発表する際はKaz-Hit(カズヒット)、VOCALOID作品を発表する際はそそそPという名義を使う。
(Wikipedia:津久井箇人)

津久井城
津久井城(つくいじょう)は神奈川県相模原市緑区にある日本の城。後北条氏の時には武田軍への最前線の城として重要視された。筑井城とも表記される。 構造 隣接する津久井湖はダム湖で、当時には無いことを理解する必要がある。城山に築かれた山城。南北の根小屋が残っており根小屋式城郭の端緒・典型とされている。ただし、最近の調査・研究の結果、山頂付近にも物見櫓や兵士駐屯のための建物が配置された形成も発見されており、落城前には、相応の防御能力があった山城であることが伺えるようになってきた。 歴史・沿革 鎌倉時代に三浦党の筑井氏が築城したと言われている。大江(毛利)氏の津久井三郎の居館として現在地の詰めの城と、同八幡社の行政舎が整備されたと言われる。本格的に城と使われ始めたのは戦国時代の後北条氏の時であった。この地は甲斐と小田原を結ぶ要所であるため武田軍と後北条軍が鎬を削ったところである。後北条氏は武田軍にそなえて、津久井城主の内藤氏らを中心に津久井衆と呼び守らせたが実際は「敵半地」と呼ばれ、半分は奥三保(現在の裏丹沢)などの武田氏の勢力下(小山田氏を盟主とする郡内衆)だった。 (Wikipedia:津久井城)

津久井神奈交バス
津久井神奈交バス(つくいかなこうバス)は神奈川県相模原市の旧津久井郡地区を中心に路線バス事業を行っている神奈川中央交通の子会社である。コーポレートカラーは深緑。自社車両に表記される営業所の略号は「T」を用いる。 神奈川中央交通相模原営業所管轄路線のうち、三ヶ木操車所と城山操車所の路線を移管されて運行を行い、神奈中本体の路線の運行管理の受託も事業の一つとなっている。運行路線についてはこちらを参照のこと。 本社所在地 神奈川県相模原市緑区三ヶ木331 神奈川中央交通相模原営業所三ヶ木操車所社屋内に所在。 車両数 沿革 1999年(平成11年)7月2日 - 設立。 営業所 津久井営業所 (本社) - 神奈川県相模原市緑区三ヶ木331 神奈川中央交通相模原営業所三ヶ木操車所内に所在。神奈中の三ヶ木・城山の両操車所(旧・津久井営業所)を全体管理受託している。城山操車所 - 神奈川県相模原市緑区城山3-4-26 参考文献 バスラマ・インターナショナル68号(ユーザー訪問・神奈川中央交通) バス・ジャパン・ハンドブックシリーズR・57「神奈川中央交通」 外部リンク 神奈川中央交通公式ページ。 (Wikipedia:津久井神奈交バス)

津久井浜駅
津久井浜駅(つくいはまえき)は、神奈川県横須賀市津久井にある京浜急行電鉄久里浜線の駅である。横須賀市最南端に位置する駅。駅番号はKK70。 1966年(昭和41年) 3月27日 - 久里浜線の終着駅として開業。 7月7日 - 久里浜線が三浦海岸まで延伸、中間駅となる。 2007年(平成19年) - エレベーターを設置。 駅構造 複線区間にあり、8両編成対応の相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。改札は駅の北東端の駅舎に一か所設置され、両ホームへは階段およびエレベーターで連絡している。地形との関係から起点方(北東側)は高架構造になっており、駅舎付近は高架駅の趣がある。改札口横に売店(京急ステーションストア)が設置され、駅員が販売を兼務している。自動改札機が設置されているが、有人改札のブースが残っている。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は6,321人であり、京急線全72駅中66位。 (Wikipedia:津久井浜駅)

津久井克行
津久井 克行(つくい かつゆき、1959年(昭和34年)10月13日 - 2009年(平成21年)10月2日)は、日本のミュージシャン。classのメンバー。160万枚を越えるヒット作品となった「夏の日の1993」で広く知られている。群馬県桐生市出身。AB型。 1993年(平成5年) - classとしてデビュー 1996年(平成8年) - classを解散し、ソロ活動に入る 渡部禎士・大山泰輝と組んで新ユニット「t2k」を結成 2003年(平成15年) - classを再結成 2009年(平成21年)10月2日 - 14時01分に膵臓癌で死去。49歳没 ディスコグラフィー ソロアルバム 笑うこと(2006/10/8) t2kのアルバム acid(2002/6/17) 脚注 関連項目 class 日浦孝則 岡崎公聡 外部リンク GMA Enterprise Inc. - 所属事務所の公式サイト。 (Wikipedia:津久井克行)

津久井警察署
津久井警察署(つくいけいさつしょ)は、神奈川県警察が管轄する警察署の一つである。第四方面に属する小規模警察署であり、署長は警視。 識別章所属表示はGN。 平成28年現在、庁舎老朽化により建て替え計画が進行中。 管轄区域 相模原市緑区の一部(詳細は右の表を参照) 管轄面積:238.44km² 所在地 神奈川県相模原市緑区中野308番地 組織 署長(警視) 副署長(警視) 警務課 会計課 生活安全課 地域課 刑事課 交通課 警備課(7課体制) ※「神奈川県警察の組織に関する規則(昭和44年3月31日、公安委員会規則第2号)」を参考にした。 (Wikipedia:津久井警察署)

津久井浜高等学校
『神奈川県立津久井浜高等学校』より : 神奈川県立津久井浜高等学校(かながわけんりつ つくいはまこうとうがっこう)は、神奈川県横須賀市津久井にある公立の高等学校である。近隣には津久井浜農園や武山、三浦海岸などの名所があり自然環境に恵まれている。略称は「津浜(つはま)」。 沿革 1976年 4月 - 第一回入学式。 6月 - 開校記念式典。 1990年8月 - プール完成。 2006年11月 - 第30回創立記念日。 2007年4月 - 神奈川県立武山養護学校の分教室が当校の空き教室を利用し開校。 2013年 - 神奈川県より教育実践校に指定される。テーマは伝統・文化教育。 部活動 県内有数の実力を誇る剣道部、硬式野球部や演劇部を初め部活動が盛んで生徒の部活の所属率も高い。 硬式野球部は過去、全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選でベスト4まで進出した。 進学 大学進学率は約60%(短大含める)専門学校などをあわせれば殆ど全員が進学する。 主な進学先は高大連携等交流の深い関東学院大学や神奈川大学を初めとした中堅大学へ進学する生徒が多い。 (Wikipedia:津久井浜高等学校)

津久井湖
『』より : 城山ダム(しろやまダム)は、神奈川県相模原市緑区、相模川本川に建設されたダムで、神奈川県、横浜市、川崎市、横須賀市の共同施設である。 城山ダムは、高さ75メートルの重力式コンクリートダム。目的は相模川の洪水調節、横浜市・相模原市・川崎市及び湘南地域への上水道・工業用水の供給である。寒川取水堰(相模川本川・固定堰)から相模原沈殿池(アースダム・18.5m)を経て各地へ送水されているほか、相模導水を通じて宮ヶ瀬ダム(中津川・国土交通省関東地方整備局)や道志ダム(重力式コンクリートダム・31.4m)との間で貯水を融通し、効率的な水運用を図っている。 目的の一つに発電があり、揚水発電用のダムとしても利用されている。神奈川県営発電所、城山発電所は境川の本沢ダム湖(城山湖)を上池、城山ダム湖(津久井湖)を下池として水を往来させ、主に昼間の電力消費をまかなうことに特化した発電を行っている。尚、発電時に落水させた水をダムに戻すのにも電力が必要であるが、これは夜間に各発電所で発生する余剰発電分を使用している。 (Wikipedia:津久井湖)

津久井県
『』より : (Wikipedia:津久井県)


津久井 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

津久井 - アマゾン検索


「津久井」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す