[PR]

日別キーワード

第89位  内部告発 - 2018年11月30日




内部告発
内部告発(ないぶこくはつ)とは、組織(企業)内部の人間が、所属組織の不正や悪事(法令違反など)を、外部の監督機関(監督官庁など)や報道機関などへ知らせて周知を図る行為である。組織の不祥事やその隠蔽は、この内部告発によって明らかになるケースが多い。クリアストリームの匿名口座は、内部告発によって発覚した世界的事例である。 なお社内の監査部門に対して行われるそれを「内部『通報』」、企業外部(マスメディアや役所等)に対して行う「内部『告発』」と言葉を分ける場合も多いが、いずれも奨励されるべき行為と認識されている点は共通している。前者について、経営陣が支店等現場での不正や不祥事を知る手段として、内部通報の制度を作る企業もある。だが、制度だけでは内部告発は設計意図どおりには機能しない。告発を勧めるためには、制度設計の他にも社員教育による意識の改革が必要となる。 内部告発の留意点 真実性 通報対象事実、つまり告発内容が正当性を立証できる根拠、証拠が必要目的 公益性があり加害目的がないこと。 (Wikipedia:内部告発)


内部告発 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

内部告発 - アマゾン検索


アマゾンから探す