[PR]

日別キーワード

第7位  アルバート - 2018年12月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



アルバート
アルバート(Albert、英語発音: [ǽlbɚt]、ドイツ語発音: ['albɐt])は英語圏やドイツ語圏の男性名または姓。舞台ドイツ語発音ではアルベルト。 ドイツ語アルブレヒト(Albrecht)と同様にゲルマン語の Adalbrecht(アダルブレヒト)に由来する名前であり、adal(高貴な)と berath(光)の意味を持つ。 フランス語アルベールに相当。アルベルト(Alberto)はスペイン語・イタリア語形。 人名 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) - イギリス女王ヴィクトリアの王配。 アルバート・アインシュタイン アルバート・アナスタシア アルバート・オースティン アルバート・クラウス アルバート・ゴア・シニア アルバート・ゴア・ジュニア アルバート・スポールディング - ヴァイオリニスト。 アルバート・バンデューラ アルバート・ビアスタット アルバート・フィッシュ アルバート・プホルス - 本名はホセ・アルベルト・プホルス (José Alberto Pujols) 。 (Wikipedia:アルバート)

アルバート・アインシュタイン
『アルベルト・アインシュタイン』より : アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者。 特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。 音楽学者でモーツァルト研究者のアルフレート・アインシュタインは従弟と見なされる場合があるが、無関係説もある(後述の通りアインシュタイン自身も音楽好きでヴァイオリンの演奏が趣味であった)。 数多くの業績のほか、世界中に広くその存在が認知されており、しばしば天才の代名詞としても引き合いに出される。 (Wikipedia:アルバート・アインシュタイン)

アルバート・アインスタイン
『アルベルト・アインシュタイン』より : アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者。 特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。 音楽学者でモーツァルト研究者のアルフレート・アインシュタインは従弟と見なされる場合があるが、無関係説もある(後述の通りアインシュタイン自身も音楽好きでヴァイオリンの演奏が趣味であった)。 数多くの業績のほか、世界中に広くその存在が認知されており、しばしば天才の代名詞としても引き合いに出される。 (Wikipedia:アルバート・アインスタイン)

アルバート・フィッシュ
アルバート・ハミルトン・フィッシュ(Albert Hamilton Fish、1870年5月19日 - 1936年1月16日)はアメリカの連続殺人者、食人者。「満月の狂人」(Moon Maniac)、「グレイマン」(Gray Man)、「ブルックリンの吸血鬼」(Brooklyn Vampire)などの異名で知られている。正確な数字は明らかではないが、多数の児童を暴行して殺害(1910年から1934年までに400人を殺したと自供)。肉を食べる目的で殺害された児童もいる。また、成人も殺害しているとされる。なお、「満月の狂人(Moon Maniac)」という異名は、犯行が満月の日に行われたことが多かったことに因む。 アメリカ犯罪史上最悪の殺人鬼と呼ばれている。 身長165cm、体重58kg。(130 pounds and 5 feet 5 inches tall) 若年期・犯罪 ハミルトン・フィッシュとしてワシントンD.C.で生まれる。 (Wikipedia:アルバート・フィッシュ)

アルバート・ハミルトン・フィッシュ
『アルバート・フィッシュ』より : アルバート・ハミルトン・フィッシュ(Albert Hamilton Fish、1870年5月19日 - 1936年1月16日)はアメリカの連続殺人者、食人者。「満月の狂人」(Moon Maniac)、「グレイマン」(Gray Man)、「ブルックリンの吸血鬼」(Brooklyn Vampire)などの異名で知られている。正確な数字は明らかではないが、多数の児童を暴行して殺害(1910年から1934年までに400人を殺したと自供)。肉を食べる目的で殺害された児童もいる。また、成人も殺害しているとされる。なお、「満月の狂人(Moon Maniac)」という異名は、犯行が満月の日に行われたことが多かったことに因む。 アメリカ犯罪史上最悪の殺人鬼と呼ばれている。 身長165cm、体重58kg。(130 pounds and 5 feet 5 inches tall) 若年期・犯罪 ハミルトン・フィッシュとしてワシントンD.C.で生まれる。 (Wikipedia:アルバート・ハミルトン・フィッシュ)

アルバート・ギャラティン
エイブラハム・アルフォンス・アルバート・ギャラティン(Abraham Alfonse Albert Gallatin、1761年1月29日 - 1849年8月12日)は、アメリカ合衆国の民族学者、言語学者、政治家、外交官。草創期のアメリカ合衆国において、13年間近くにわたって財務長官を務めた。 ギャラティンはアメリカ先住民族について詳しい研究を行い、アメリカ民族学会を設立したことから、アメリカ民族学の父とも呼ばれている。 生涯 青年期 1761年、ギャラティンはスイスのジュネーヴにおいて、裕福な家庭に生まれた。ギャラティンは1780年にマサチューセッツ州に移住すると、商業の世界に身を置いたが、間もなくハーバード大学でフランス語の教員となった。その後ギャラティンはペンシルベニア州フェイエット郡に土地を購入し、マノンガヘイラ川を臨む場所に家を建てると、1784年にそこへ移住した。(ギャラティンが購入した土地は当初バージニア州の領域であったが、間もなくペンシルベニア州に移管された。 (Wikipedia:アルバート・ギャラティン)

アルバート・ガラティン
『アルバート・ギャラティン』より : エイブラハム・アルフォンス・アルバート・ギャラティン(Abraham Alfonse Albert Gallatin、1761年1月29日 - 1849年8月12日)は、アメリカ合衆国の民族学者、言語学者、政治家、外交官。草創期のアメリカ合衆国において、13年間近くにわたって財務長官を務めた。 ギャラティンはアメリカ先住民族について詳しい研究を行い、アメリカ民族学会を設立したことから、アメリカ民族学の父とも呼ばれている。 生涯 青年期 1761年、ギャラティンはスイスのジュネーヴにおいて、裕福な家庭に生まれた。ギャラティンは1780年にマサチューセッツ州に移住すると、商業の世界に身を置いたが、間もなくハーバード大学でフランス語の教員となった。その後ギャラティンはペンシルベニア州フェイエット郡に土地を購入し、マノンガヘイラ川を臨む場所に家を建てると、1784年にそこへ移住した。(ギャラティンが購入した土地は当初バージニア州の領域であったが、間もなくペンシルベニア州に移管された。 (Wikipedia:アルバート・ガラティン)

アルバート・ゴア
『アル・ゴア』より : アルバート・アーノルド・"アル"・ゴア・ジュニア(Albert Arnold "Al" Gore, Jr.、1948年3月31日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。環境問題の論客として知られる。下院議員、上院議員、副大統領を歴任。彼は2000年に大統領に立候補した。全国一斉投票では共和党候補ジョージ・W・ブッシュより得票数で上回ったが、フロリダ州での開票手続きについての問題の後、落選が決定した。 彼の企画した情報スーパーハイウェイ構想に刺激されて、インターネットが爆発的に普及したことは有名である。また、クリントン政権の末期にナノテクノロジーに興味を示し、この研究に対して資金援助した。これが、ナノテクノロジーが世界的に注目されるきっかけになった。 現在では、1970年代からのライフワークとなっている地球温暖化問題について世界的な啓発活動を行っており、この講演の模様をドキュメンタリー化した『不都合な真実』は衝撃をもって受け止められた。 (Wikipedia:アルバート・ゴア)

アルバート・ゴア・ジュニア
『アル・ゴア』より : アルバート・アーノルド・"アル"・ゴア・ジュニア(Albert Arnold "Al" Gore, Jr.、1948年3月31日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。環境問題の論客として知られる。下院議員、上院議員、副大統領を歴任。彼は2000年に大統領に立候補した。全国一斉投票では共和党候補ジョージ・W・ブッシュより得票数で上回ったが、フロリダ州での開票手続きについての問題の後、落選が決定した。 彼の企画した情報スーパーハイウェイ構想に刺激されて、インターネットが爆発的に普及したことは有名である。また、クリントン政権の末期にナノテクノロジーに興味を示し、この研究に対して資金援助した。これが、ナノテクノロジーが世界的に注目されるきっかけになった。 現在では、1970年代からのライフワークとなっている地球温暖化問題について世界的な啓発活動を行っており、この講演の模様をドキュメンタリー化した『不都合な真実』は衝撃をもって受け止められた。 (Wikipedia:アルバート・ゴア・ジュニア)

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)
ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバート(英語: Albert, Prince of Saxe-Coburg-Gotha, 1819年8月26日 - 1861年12月14日)は、イギリス女王ヴィクトリアの夫。ザクセン=コーブルク=ゴータ公子でザクセンの公(Herzog zu Sachsen)。ドイツ語名はアルブレヒト(Albrecht)。 イギリス女王の夫として、議会から唯一公式に「プリンス・コンソート」(The Prince Consort)の称号を認められた人物である。 生涯 ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公エルンスト(後のザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世)の次男としてコーブルクに生まれる。母はザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの娘で、エルンストの従妹のルイーゼ。 ヴィクトリアとの結婚 同い年の従姉ヴィクトリアとの結婚を積極的に推進したのは、双方の叔父に当たるベルギー初代国王レオポルド1世であった。 (Wikipedia:アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子))

アルバート (ザクセン・コーブルク・ゴータ公)
『アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)』より : ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバート(Francis Albert Augustus Charles Emmanuel, Prince of Saxe-Coburg-Gotha 、1819年8月26日 - 1861年12月14日)はイギリスのヴィクトリア (イギリス女王) ヴィクトリア女王の夫であり、従弟。ザクセン・コーブルク・ゴータ家 ザクセン=コーブルク=ゴータ公子でザクセンの公(Herzog zu Sachsen)。イギリス女王の夫で、議会から唯一公式に「王配殿下」(プリンス・コンソート His Royal Highness the Prince consort)の称号を保持した人物である。父はザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・フリードリヒの長男で後のザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世 (ザクセン=コーブルク=ゴータ公) エルンスト1世。母はザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの娘でエルンストの従妹のルイーゼ。
(Wikipedia:アルバート (ザクセン・コーブルク・ゴータ公))

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)
『アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)』より : ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバート(Francis Albert Augustus Charles Emmanuel, Prince of Saxe-Coburg-Gotha 、1819年8月26日 - 1861年12月14日)はイギリスのヴィクトリア (イギリス女王) ヴィクトリア女王の夫であり、従弟。ザクセン・コーブルク・ゴータ家 ザクセン=コーブルク=ゴータ公子でザクセンの公(Herzog zu Sachsen)。イギリス女王の夫で、議会から唯一公式に「王配殿下」(プリンス・コンソート His Royal Highness the Prince consort)の称号を保持した人物である。父はザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・フリードリヒの長男で後のザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世 (ザクセン=コーブルク=ゴータ公) エルンスト1世。母はザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの娘でエルンストの従妹のルイーゼ。
(Wikipedia:アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公))

アルバート・ベル
アルバート・ジョジュアン・ベル(Albert Jojuan Belle, 1966年8月25日 - )は、アメリカ合衆国・ルイジアナ州シュリーヴポート出身の元プロ野球選手(外野手)。 メジャー昇格時の登録名はジョーイ・ベル(Joey Belle)。 クリーブランド・インディアンズ 1987年のMLBドラフトでクリーブランド・インディアンズから2巡目に指名を受け入団。1989年はAA級で20本塁打・69打点を記録してメジャーに昇格し、7月15日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー。7月19日のミネソタ・ツインズ戦でメジャー初本塁打、7月24日のニューヨーク・ヤンキース戦では満塁本塁打を放った。1991年はレギュラーに定着し、28本塁打・95打点を記録。1992年は9月6日のシアトル・マリナーズ戦でキャリア初の1試合3本塁打を放つなど34本塁打・112打点の好成績。1993年は前半戦で打率.298・23本塁打・72打点を記録し、オールスターゲームに初選出される。 (Wikipedia:アルバート・ベル)

アルバート・シュヴァイツァー
『アルベルト・シュバイツァー』より : アルベルト・シュヴァイツァー(Albert Schweitzer, 1875年1月14日 - 1965年9月4日)は、ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者。 名のAlbertは、フランス語では「アルベール」となる。姓のSchweitzerは、「シュヴァイツェル」「シュバイツァー」とも表記される。 ジャン=ポール・サルトルは伯父シャルル(1844年 - 1935年)の孫(いとこにあたるアン・マリ-の息子)にあたる。ルノーの前代表取締役のルイ・シュヴァイツァー(Louis Schweitzer)はいとこの孫に当たる。また、弟パウル・シュヴァイツァーは指揮者シャルル・ミュンシュの姉エマと結婚した。 20世紀のヒューマニストとして知られている人物である。30歳の時、医療と伝道に生きることを志し、アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレネにおいて、当地の住民への医療などに生涯を捧げたとされている。 (Wikipedia:アルバート・シュヴァイツァー)

アルバート・スコット・クロスフィールド
アルバート・スコット・クロスフィールド(Albert Scott Crossfield、1921年10月2日 - 2006年4月19日)は、アメリカ合衆国の軍人。パイロット。マッハ2を最初に突破した人物である。一般にはスコット・クロスフィールドで知られる。 生涯 1921年10月2日、カリフォルニア州バークレーに生まれる。1940年、ワシントン大学に進学し、工学を学ぶも、1942年、第二次世界大戦が激化すると学業を中断し、海軍に入隊。戦闘機パイロットや飛行訓練教官を務めた。大戦終結後の1946年復学。1949年、ワシントン大学の航空工学と科学の課程を修了し、同年中に航空工学の修士号を取得した。 1950年、NASAの前身である航空諮問委員会(NACA)に加わり、エドワーズ空軍基地で技術者兼テストパイロットとして、高速飛行実験に携わる。その後の5年間でX-1、XF-92、X-4、X-5、D-558-1、D-558-2の実験に参加し、全ての航空機を自ら飛ばした。 (Wikipedia:アルバート・スコット・クロスフィールド)

アルバート・プーホルス
『アルバート・プホルス』より : ホセ・アルベルト・プホルス(José Alberto "Albert" Pujols, 1980年1月16日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。現在は、MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属している。 MLBにおける最高の打者の1人で、2001年のデビュー以降、2010年まで打率.300・30本塁打・100打点を10年連続で達成した。2009年シーズン終了後、2000年代を代表する選手として各種メディアから表彰を受けている。The Sporting Newsから"MLB Athlete of the Decade"に、ESPNとスポーツ・イラストレイテッドから"Player of the Decade"に選出された。2012年にミゲル・カブレラがMLB史上45年ぶりの三冠王を獲得するまでは三冠王にもっとも近い男と言われていた。 日本語では「プホルズ、プーホルス、プホールス、プーホールス、プーホールズ」など様々な表記がされるが、アメリカ現地の英語読みでもプーホウズ(poo-hohs)、プーホウルズ(Poo-holes)など様々で、スペイン語の読みではプホルス(Pujols)が近い。 (Wikipedia:アルバート・プーホルス)

アルバート・プホルス
ホセ・アルベルト・プホルス(José Alberto "Albert" Pujols, 1980年1月16日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。現在は、MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属している。 MLBにおける最高の打者の1人で、2001年のデビュー以降、2010年まで打率.300・30本塁打・100打点を10年連続で達成した。2009年シーズン終了後、2000年代を代表する選手として各種メディアから表彰を受けている。The Sporting Newsから"MLB Athlete of the Decade"に、ESPNとスポーツ・イラストレイテッドから"Player of the Decade"に選出された。2012年にミゲル・カブレラがMLB史上45年ぶりの三冠王を獲得するまでは三冠王にもっとも近い男と言われていた。 日本語では「プホルズ、プーホルス、プホールス、プーホールス、プーホールズ」など様々な表記がされるが、アメリカ現地の英語読みでもプーホウズ(poo-hohs)、プーホウルズ(Poo-holes)など様々で、スペイン語の読みではプホルス(Pujols)が近い。 (Wikipedia:アルバート・プホルス)

アルバート・エリス
File:Albert_Ellis_2003_emocionalmente_sentado.jpg thumb アルバート・エリス
アルバート・エリス(Albert Ellis、1913年9月27日 - 2007年7月24日)は、アメリカの臨床心理学者であり、論理療法(Rational Therapy:RT)の創始者として知られた。アドラー心理学の影響を受け、北米アドラー心理学会の会員でもある。1982年のアメリカ心理学会による調査「20世紀に最も影響の大きかった心理療法家」ではカール・ロジャーズに次いで、堂々2位に選ばれた。また、1957年以降、論文への引用頻度でも一位を続けていた。
1959年にニューヨーク州にアルバート・エリス研究所(Albert Ellis Institute)という非営利の研究所を設立し、長年理事長を務め、晩年はアルバート・エリス研究所の名誉所長を務めていた。2005年9月に研究所の理事会に除名され、ニューヨーク州高等裁判所の裁定により復職している。
(Wikipedia:アルバート・エリス)

アルバート・メラビアン
アルバート・メラビアン(アルバート・マレービアン、Albert Mehrabian、1939年生まれ)はアメリカ合衆国の心理学者。アルメニア系アメリカ人で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心理学名誉教授。メラビアンは、言語によるメッセージと非言語メッセージを比較してどちらが重要か調査した結果を出版したことによって世間に知られるようになった。人間の感情やコミュニケーションに関する研究を行ってきたほか、投資の心理学や子供に与える名前の良し悪しなど一般の関心の高い事柄に関しても著書を出している。
彼が発見した、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方は、世界中の人間関係についての研修やセミナーなどで誤解して引用され、「メラビアンの法則」、「7-38-55のルール(7%-38%-55% Rule)」と呼ばれていることも多い。
(Wikipedia:アルバート・メラビアン)

アルバート・パーク・サーキット
アルバート・パーク・サーキット(”Albert Park”、”Melbourne Grand Prix Circuit”)はオーストラリア オーストラリア連邦ビクトリア州メルボルンにある公道を使用したコースである。1996年からフォーミュラ1 F1オーストラリアグランプリ オーストラリアGPが開催される。1周の長さは5.303 km。コーナー数は16。
メルボルン市中心部から南へ約2kmに位置するアルバート・パーク内のアルバート・パーク湖を周回する公道と駐車場の一部がレースコースである。このためレース時の路面は汚れており滑りやすいと言われている。コースは比較的広く平坦な高速サーキットである。追い越しできるポイントはほとんど無い。平坦な地形とセーフティ・バリアのため、特別観覧席以外からの展望はそれほど良くない。
(Wikipedia:アルバート・パーク・サーキット)

アルバート・ゲイ事件
『カナディアン航空機爆破事件』より : カナディアン航空機爆破事件(カナディアンこうくうきばくはじけん)とは、カナダ・ケベック州で発生した生命保険金目的で旅客機を爆破した航空テロ事件である。別名をケベック航空機爆破事件もしくはアルベール・ガイ事件とも言う。 犯人3名は主犯の妻を含む23名の生命を奪い、死刑に処された。 事件の概要 1949年9月9日、カナダ太平洋航空のDC-3(機体記号CF-CUA)は、モントリオールからベーコモーに向かう便として運航中であった。経由地であるケベックを現地時間午前10時25分に離陸したが、およそ20分後にセント・ヨアヒム近郊のセントローレンス川上空で機体前部の荷物置き場が爆発し、操縦乗員が死亡もしくは意識喪失したために、操縦不能になり急降下した。最終的にソール・オ・コーションという村近郊の森に墜落した。墜落現場で新たな火災は発生しなかったが、この墜落により乗員4名、乗客19名の全員が犠牲となった。犯人には川底に証拠を沈めたいという魂胆があったが、被害にあった便はフライト・プランよりも5分遅れで運航していたため、川ではなく森に墜落した。 (Wikipedia:アルバート・ゲイ事件)


アルバート - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アルバート - アマゾン検索


「アルバート」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す