[PR]

日別キーワード

第48位  クスノキ - 2018年12月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



クスノキ
クスノキ(樟、楠、Cinnamomum camphora)とは、クスノキ科ニッケイ属の常緑高木である。一般的にクスノキに使われる「楠」という字は本来は中国のタブノキを指す字である。別名クス、ナンジャモンジャ(ただし、「ナンジャモンジャ」はヒトツバタゴなど他の植物を指して用いられている場合もある)。 暖地で栽培される変種としてホウショウがある。食用となるアボカドや、葉が線香の原料となるタブノキ、樹皮が香辛料などに利用されるシナモンは近縁の種である。 幹周囲10m以上の巨樹になる個体も珍しくない。単木ではこんもりとした樹形をなす。木肌は綿密で、耐湿・耐久性に優れている。葉はつやがあり、革質で、先の尖った楕円形で長さ5-10cm。主脈の根本近くから左右に一対のやや太い側脈が出る三行脈である。その三行脈の分岐点には一対の小さな膨らみがあり、これをダニ室という(後述)。4月末から5月上旬にかけて大量に落葉する。 5月から6月にかけて、白く淡い黄緑色の小さな花が咲く。10月から11月にかけて、直径7-8mm程度の青緑色で球形の果実が紫黒色に熟す。 (Wikipedia:クスノキ)

クスノキ科
クスノキ科(楠科、学名:Lauraceae)とは、55属2000種以上を含む被子植物の科。多くは温帯南部や熱帯、特にアジア南東部やブラジルに分布する。日本ではタブノキをはじめ照葉樹林の構成種を多く含む。大部分の種は常緑(一部落葉)高木ないし低木だが、スナヅル属(Cassytha)はつる性の寄生植物である。 精油を含み、芳香をもつ種が多い。そのためクスノキ(防虫剤などになる樟脳を採る)や、シナモン、ゲッケイジュ(香辛料)、クロモジ(爪楊枝の材料、香料のクロモジ油も採れる)などが利用される。またアボカドは脂肪分に富む果樹として有名。 花は小さく目立たないものが多い。花被は内・外3枚ずつ(花びらとがくに相当するが明らかな区別はない)。果実は液果で種子を1個含む。 分類 主な属 カゴノキ属 Actinodaphne - カゴノキ アニバ属 Aniba -ローズウッド アカハダクスノキ属 Beilschmiedia - アカハダクスノキ スナヅル属 Cassytha - スナヅル、イトスナヅル、ケスナヅル ニッケイ属 Cinnamomum - クスノキ、シナモン、ニッケイ、ヤブニッケイ、シバニッケイ、マルバニッケイ シナクスモドキ属 Cryptocarya - シナクスモドキ ゲッケイジュ属 Laurus - ゲッケイジュ クロモジ属 Lindera クロモジ節 Sect. Lindera - クロモジ、テンダイウヤク、ヤマコウバシ、カナクギノキ、オキナワコウバシ(オキナワヤマコウバシ) シロモジ節 Sect. Praecoces - シロモジ、アブラチャン、ダンコウバイ ハマビワ属 Litsea - ハマビワ、アオモジ、バリバリノキ タブノキ属 Machilus:Perseaに含めることも多い - タブノキ、アオガシ(ホソバタブ) シロダモ属 Neolitsea - シロダモ、イヌガシ、ダイトウシロダモ ワニナシ属(または、タブノキ属) Persea - アボカド APG植物分類体系 APG植物分類体系ではクスノキ目に入れる。 (Wikipedia:クスノキ科)

クスノキ目
クスノキ目 (Laurales) はモクレン類に属する被子植物の目である。 双子葉植物の古い特徴を残すグループであり、モクレン目と非常に近い性質を持つ。 分類 7科におよそ100属2900種が属すが、その大部分はクスノキ科である。 ロウバイ科 Calycanthaceae - 5属11種 Siparunaceae - 2属75種 ゴモルテガ科 Gomortegaceae - 1属1種 アセロスペルマ科 Atherospermataceae - 7属16種 モニミア科 Monimiaceae - 22属200種 ハスノハギリ科 Hernandiaceae - 5属55種 クスノキ科 Lauraceae - 50属2500種 系統 次のような系統樹が得られている。 (Wikipedia:クスノキ目)


クスノキ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クスノキ - アマゾン検索


「クスノキ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す