[PR]

日別キーワード

第61位  セントライト記念 - 2018年12月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



セントライト記念
セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。 競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。 2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。 正賞は朝日新聞社賞。 3着までの馬に菊花賞の優先出走権が付与されるトライアル競走。外国産馬は、2007年より優先出走権が付与されるようになった。 日本競馬史上初の三冠馬であるセントライトを記念して1947年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。 (Wikipedia:セントライト記念)


セントライト記念 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

セントライト記念 - アマゾン検索


「セントライト記念」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す