[PR]

日別キーワード

第67位  ビッグコミックス - 2018年12月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



ビッグコミックスピリッツ
『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。 1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日(月曜日が祝日の際は土曜日発売)に発売。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。 表紙は、1985年から佐久間良一による、果物や野菜を擬人化したイラストであったが、2002年以降現在、アイドルや女優などのグラビアが使用されている。いわゆる水着グラビアは控えめに抑えている。時折B2サイズのピンナップが付くこともある。 青年向けの雑誌であるため、テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。 (Wikipedia:ビッグコミックスピリッツ)

ビッグコミックスペリオール
『ビッグコミックスペリオール』は、小学館発行の漫画雑誌。月2回発行(第2・第4金曜日)。1987年7月1日創刊。創刊編集長は鈴木俊彦。現編集長は菊池一。 創刊当時は月2回(毎月1日、15日)発行で、『ビッグコミックオリジナル増刊号』からそのまま移動してきた漫画がほとんどを占めていたが、近年は『ビッグコミック』系の先発3誌(『ビッグコミック』、『ビッグコミックオリジナル』、『ビッグコミックスピリッツ』)と遜色ない連載陣になっている。2000年に隔週金曜日に変更になったが、現在は月2回発行に戻っている。発行部数は32万部。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。 小学館の「年代別漫画雑誌」戦略に基づいて、30歳代以上の社会人をターゲットとした『オリジナル』と、学生世代をターゲットとした『スピリッツ』の中間年代層に当たる、20歳代の社会人を主なターゲットとした青年漫画誌というスタンスを長年保っていたが、2012年に方針転換し、コアな層向けの漫画も載せるようになった。 (Wikipedia:ビッグコミックスペリオール)


ビッグコミックス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ビッグコミックス - アマゾン検索


「ビッグコミックス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す