[PR]

日別キーワード

第70位  フリーエージェント - 2018年12月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



フリーエージェント
フリーエージェント (free agent) フリーエージェント (プロスポーツ) - プロスポーツにおける自由契約選手。狭義では特別な権利による自由移籍。 フリーエージェント (日本プロ野球) - 日本プロ野球では上記の狭義の意味で用いられる。 フリーエージェント (労働) - 組織に雇われない労働者。 (Wikipedia:フリーエージェント)

フリーエージェント (プロスポーツ)
フリーエージェント(Free Agent)とは、所属チームとの契約を解消し、他チームと自由に契約を結ぶことができるスポーツ選手のことである。FAと略す。
広義には自由契約選手を指すが、近年は狭義として特別な移籍自由の権利を持つ選手を指す言葉として使われる。また、無制限フリーエージェント(Unrestricted Free Agents、略称UFA)と制限付きフリーエージェント(Restricted Free Agents、略称RFA)の2種類が存在し、リーグによってはUFAのみの場合と、両方が併存する場合がある。RFAがある場合でも一般に「フリーエージェント」「FA」と言えばUFAを指す。
日本プロ野球では、日本プロフェッショナル野球協約の規定に従い、NPBが定める条件を満たした選手でいずれの球団とも選手契約を締結する権利を持った選手をフリーエージェントと称し、その権利を与える制度を「フリーエージェント(FA)制」という。前所属球団も含めていずれの球団との契約も可能にする権利を与えるもので、他球団への移籍を前提とする制度ではない。
(Wikipedia:フリーエージェント (プロスポーツ))

フリーエージェント (日本プロ野球)
フリーエージェント(free agent, FA)とは、いずれの球団とも選手契約を締結できる権利をもつ選手のこと。フリーエージェントとなることができる権利を「フリーエージェント(FA)権」、選手がFA権を行使することを「FA宣言」という。 日本野球機構(NPB)組織のいずれの球団とも選手契約を締結できる「国内FA」と、外国のいかなるプロ野球組織の球団も含め、国内外のいずれの球団とも選手契約を締結できる「海外FA」の2種類がある。「国内FA」権を取得するには原則として8シーズン、「海外FA」権を取得するには9シーズンの出場選手登録日数が必要である。また、一度FA権を行使して球団と契約した選手は出場選手登録が4シーズンに達したときに「海外FA」となる資格を取得する。 選手はFA宣言したうえで移籍せずに前所属球団と契約することもできる。FA移籍が成立した場合、一定の条件下で移籍先球団から移籍元球団へ金銭補償や人的補償が必要になる場合がある。現行制度では、外国人を除く年俸上位11位以下の選手(Cランク)のFA移籍においては補償は不要である。 (Wikipedia:フリーエージェント (日本プロ野球))

フリーエージェント (労働)
フリーエージェント (free agent) とは、組織に雇われない働き方をする人々である。 主にインターネットを使って自宅で働き、アメリカでは労働人口の四分の一がこの働き方を選んでいる。 近年アメリカで注目されているフリーエージェントの議論は、日本ではまださほど議論されていない。 日本において学術的にフリーエージェントの議論を展開しているのは、今のところ玄田有史と三島重顕である。 玄田はDaniel Pink(2001)の邦訳である『フリーエージェント社会の到来』(ダイヤモンド社)に付録としてコメントを載せている。 定義 三島は(2006)フリーエージェントを以下のように定義している。 定義:「正規雇用者として組織に所属することなく、他者による時間的、空間的、対人関係的、また職務内容的な制限を受けずに、本人の自由裁量に基づいて働くこと」(正社員と比較して相対的に)。 分類 以下のように、三島(2006)は「能力」(十分に自活可能な経済的収入をもたらす専門的な知識や技能、または資本力、あるいはその両方を有すること)と「意図」(本人が自ら好んでフリーエージェントになったか否か)という2つの基準、ならびに「安定志向」と「やりがい志向」という副次的な基準から、フリーエージェントを4つに分類している。 (Wikipedia:フリーエージェント (労働))


フリーエージェント - 関連ブログ

データが取得できませんでした

フリーエージェント - アマゾン検索


「フリーエージェント」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す