[PR]

日別キーワード

第71位  ブータン - 2018年12月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



ブータン
ブータン王国 འབྲུགཡུལ་་ 国の標語:なし 国歌:雷龍の国 ブータンの位置 ブータン王国(ブータンおうこく、ゾンカ語: འབྲུགཡུལ་་)、通称ブータンは、南アジアの国家。北は中国、東西南はインドと国境を接する。国教は仏教(ドゥク・カギュ派)。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。 国旗はその模様が複雑で、竜のうろこが細かく描かれている。国花はメコノプシス=ホリドゥラ、国樹はイトスギ、国獣はターキン、国鳥はワタリガラス、国蝶はブータンシボリアゲハ。 長年鎖国政策をとっていたが、1971年に国連加盟。翌年に国民総幸福量という功利主義を採用し、開発独裁につなげた。国連加盟諸国のうち、第二次世界大戦以降、アジア諸国で対外戦争や内戦・動乱を経験していない国はブータンだけである(ただし、大規模な武力衝突には発展していないもののネパール系住民の反政府蜂起や中国との国境紛争は発生している)。 (Wikipedia:ブータン)

ブータン王国
『ブータン』より : ブータン王国 འབྲུགཡུལ་་ 国の標語:なし 国歌:雷龍の国 ブータンの位置 ブータン王国(ブータンおうこく、ゾンカ語: འབྲུགཡུལ་་)、通称ブータンは、南アジアの国家。北は中国、東西南はインドと国境を接する。国教は仏教(ドゥク・カギュ派)。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。 国旗はその模様が複雑で、竜のうろこが細かく描かれている。国花はメコノプシス=ホリドゥラ、国樹はイトスギ、国獣はターキン、国鳥はワタリガラス、国蝶はブータンシボリアゲハ。 長年鎖国政策をとっていたが、1971年に国連加盟。翌年に国民総幸福量という功利主義を採用し、開発独裁につなげた。国連加盟諸国のうち、第二次世界大戦以降、アジア諸国で対外戦争や内戦・動乱を経験していない国はブータンだけである(ただし、大規模な武力衝突には発展していないもののネパール系住民の反政府蜂起や中国との国境紛争は発生している)。 (Wikipedia:ブータン王国)

ブータンの文化
ブータンの文化では、ブータンの生活文化について記す。 民族衣装 チベット系住民の民族衣装が「ブータンの民族衣装」と規定されている。男性用は「ゴ」、女性用は「キラ」と呼ばれる。ブータンは、1989年より日常着として公の場での民族衣装の着用を国民に義務付けた国としても有名である。公の場とは、公的機関(ゾンや役所など)、寺院、学校、公式集会、公式行事をその範囲としているが、近年その解釈が厳格になり、現在は自宅以外の場所として認識されている。違反した場合の罰則規定もある。警察・軍などの制服職、外国人、ネパール系住民、固有の衣装を持つ少数民族はその限りではないが、無用のトラブルを避けるため着用せざるを得ない人も多い。公務員は職務中、いずれの民族であれ民族衣装着用が義務付けられる。 「ゴ」はチベットの民族衣装チュバ、日本の丹前やどてらなどとも形状が類似している。このため、日本では呉服(もしくは和服)と「ゴ」の起源を言葉の類似から同一視する俗説があるが、「ゴ」の起源は中央アジアだとされること、呉服の名称は「くれはとり」からできた言葉であることなどを鑑みた場合、両者は名称の偶然の類似でしかない。 (Wikipedia:ブータンの文化)

ブータンの地理
ブータンの地理(ブータンのちり)では、ブータンの地理的特徴を記す。 国土と気候 内陸国ブータンは、インドと中華人民共和国(チベット)という二大国に囲まれた地政学上非常に微妙な位置にある。インドとは東をアルナーチャル・プラデーシュ州、西をシッキム州、南を西ベンガル州及びアッサム州で接しており、その国境線は605kmに達する。また北の国境線470kmは中華人民共和国のチベット自治区と接している。中華人民共和国との国境の大部分はヒマラヤ山脈の上を走っている。従って国境線が確定していない部分も多く、国境画定交渉が現在も進められている。 ブータンはヒマラヤ南面山麓に位置し、気候の変化も南北で大きく違っている。気候は以下の3つに大別される。 標高3,000m以上の北部ヒマラヤ山脈の高山・ツンドラ気候 標高1,200mから3,000mの中部のモンスーン気候 標高1,200m未満の南部タライ平原の亜熱帯性気候国土のうち、3,000m以上の高地は全国土の44.6%、1,200mから3,000mの中高度地域は40.3%、1,200m未満の低地は15.1%を占めている。 (Wikipedia:ブータンの地理)

ブータンの国民
ブータンの国民では、ブータンの民族と言語及び民族問題について記す。 ブータンの民族は出自、宗教、言語、居住地域などから3つの集団に大別され、言語は方言を含め20前後が確認されているが、系統立った言語調査は実施されていない。 民族 ブータンでは国勢調査は行われているが、中央統計局発行の統計資料では県(ゾンカク)別の人口や民族別人口が公表されていない。また、人口増加率も計算上の数値を使用している。このため、各種資料の民族構成比率は統一されていないのが現状である。 その傾向は二分され、一つはチベット系住民が人口の過半数を占めていることを示したもので、政府発表の資料を使ったものに多い。もう一つは、ネパール系住民の構成比率を過大評価したブータン難民団体が発行した資料を使用したものに多い。 平均的な数字として、ガロン約20%、ツァンラ約30%、ローツァンパ約40%、その他少数民族約10%を提示しておく。 ドゥクパ ドゥクパまたはドゥルックパ(Drukpa)は、中部照葉樹林地帯に居住するチベット・ビルマ系の土着の民族集団の総称である。 (Wikipedia:ブータンの国民)

ブータンの経済
ブータンの経済(ぶーたんのけいざい)では、ブータンの経済について述べる。 計画経済 インドの計画委員会の助言の下、1961年より開始された。 第1次五ヵ年計画(1961~66年) 第2次五ヵ年計画(1966~71年) 第3次五ヵ年計画(1971~76年) 第4次五ヵ年計画(1976~81年) 第5次五ヵ年計画(1981~87年) 第6次五ヵ年計画(1987~92年) 第7次五ヵ年計画(1992~97年) 第8次五ヵ年計画(1997~2002年) 第9次五ヵ年計画(2002~07年) 農業 農業はブータンにおける主要産業でGDPの35%を占める。 (Wikipedia:ブータンの経済)

ブータンの国歌
雷龍の王国(らいりゅうのおうこく、ゾンカ語:འབྲུག་ཙན་དན་ (Druk tsendhen))はブータンの国歌。 歌詞 ゾンカ語チベット文字 འབྲུག་ཙན་དན་བཀོད་པའི་རྒྱལ་ཁབ་ནང་།།དཔལ་ལུགས་གཉིས་བསྟན་སྲིད་སྐྱོང་བའི་མགོན་།།འབྲུག་རྒྱལ་པོ་མངའ་བདག་རིན་པོ་ཆེ་།།སྐུ་འགྱུར་མེད་བརྟན་ཅིང་ཆབ་སྲིད་འཕེལ་།།ཆོས་སངས་རྒྱས་བསྟན་པ་དར་ཞིང་རྒྱས་།།འབངས་བདེ་སྐྱིད་ཉི་མ་ཤར་བར་ཤོག་།། ローマ字転写 'brug tsen dan bkod pa'i rgyal khab nang//dpal lugs gnyis bstan srid skyong ba'i mgon//'brug rgyal po mnga bdag rin po che//sku 'gyur med brten cing chab srid 'phel//chos sangs rgyas bstan pa dar zhign rgyas//'bangs bde skyid nyi ma shar bar shog// 日本語訳 栴檀の木で荘厳されたドゥク(=ブータン)の国土のうちにまします 吉祥なる教えと政治、二規を守る保護者 宝なる支配者ドゥク王よ おん身は変わることなく壮健にして国政は繁栄し 仏の説かれた法は広まり栄え 臣民の安楽という太陽が輝きますように 参考:英語訳 In the Thunder Dragon Kingdom, where cypresses grow Refuge of the glorious monastic and civil traditions, The King of Druk, precious sovereign, His being is eternal, his reign prosperous The enlightenment teachings thrive and flourish May the people shine like the sun of peace and happiness! 関連項目 ブータン ブータンの国旗 ブータンの国王一覧 ドゥク(雷龍の意)。 (Wikipedia:ブータンの国歌)

ブータンの国旗
ブータンの国旗は、19世紀の頃から現在のものと似たものがあったが、現在の形になったのは、1969年頃である。 龍は、ドゥク(Druk、雷龍の意)と呼ばれるものであり、それはブータンがチベット語の方言で「龍の地」として知られていることを暗示している。龍の爪についているのは宝石で、富を象徴している。龍が白色なのは純粋さと忠誠心を表しているからである。背景は2つの色に分けられており、それぞれ世俗の君主政治(黄色)と仏教(オレンジ)を象徴している。 龍の鱗が1つ1つ細かく描かれており、世界的にも複雑な国旗の1つである。 このほか、ブータンの国営航空会社ロイヤルブータン航空では、垂直尾翼に国旗のデザインを描いている。 脚注 関連項目 国旗の一覧 ブータンの国章 外部リンク Flags of the World。 (Wikipedia:ブータンの国旗)

ブータンの首相
ブータンの首相(ブータンのしゅしょう)は、ブータン政府の首席大臣。 ブータンでは、豪族間の政争により1964年、ジグメ・パルデン・ドルジ首相が暗殺されて以降、混乱が続き、後任の首相もクーデターを画策したことから、内閣を総理する大臣職は空席となっていた。その後は長く国王親政となる。1998年、国王主導の民主化により、首相に相当する「閣僚評議会議長」職が復活し、閣僚評議会議長は閣僚が任期1年の輪番制により交代で担当した。 2008年、立憲君主制(議会君主制)と議院内閣制が導入されたことに伴い、内閣総理大臣としての首相職が復活した。同年3月24日の国民議会(下院)選挙で勝利したブータン調和党(DPT)党首ジグメ・ティンレーが、4月9日に初の民選首相に任命されている。 首相の一覧 脚注 出典 rulers.org - Bhutan。 (Wikipedia:ブータンの首相)

ブータンの国王一覧
ブータンの国王一覧(ブータンのこくおういちらん、སྐུ་འཁོར་གྱི་རྒྱུད་པ།)は、ブータン王国の国家元首たる君主である。 ブータン国王 ワンチュク朝 。 (Wikipedia:ブータンの国王一覧)

ブータン関係記事の一覧
ブータン関係記事の一覧(ブータンかんけいきじのいちらん)では、ブータンに関係する記事の一覧を分野別にまとめた。 地理 ブータンの地理 ブータンの行政区画 ブータンの都市の一覧 ティンプー - ブータンの首都 ヒマラヤ山脈 ガンカー・プンスム チベット 政治 ブータンの国王一覧 ウゲン・ワンチュク - ブータン王国初代国王 ジグミ・ワンチュク - ブータン王国第2代国王 ジグミ・ドルジ・ワンチュク - ブータン王国第3代国王 ジグミ・シンゲ・ワンチュク - ブータン王国第4代国王 ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク - ブータン王国第5代国王 国民議会 (ブータン) - ブータン議会下院 国家評議会 (ブータン) - ブータン議会上院 ブータンの政党 ブータン調和党 ブータン共産党マルクス・レーニン・毛沢東主義派 ブータンの首相 ジグメ・ティンレー - 現首相(初の民選首相)。 (Wikipedia:ブータン関係記事の一覧)

ブータンの政党
ブータンの政党(ブータンのせいとう) 合法政党 最近まで、ブータンは君主制擁護の立場から政党結成を禁じていたが、2008年3月24日に実施される国民議会(National Assembly, 下院)選挙では政党の結成が許可され、以下の2党が参加した。なお、ブータンの政党は、地域・民族・宗教などの標榜、宣伝を禁止されていることもあり、両党のイデオロギー、政策に差はない。いずれの党首も、閣僚評議会議長(1998年以降、閣僚が輪番で務めた首相相当職)経験者である。 ブータン調和党(Druk Phuensum Tshogpa; 略称DPT; 英語名Virtuous Bhutan Party) - 党首はジグメ・ティンレー、シンボルは鶴。なお、ゾンカ語の意味により近いのは、ブータン高徳党の方である。 国民民主党(People's Democratic Party; 略称PDP) - 初代党首はサンゲ・ゲドゥプ。現党首(第2代党首)はツェリン・トブゲ、シンボルは馬。2008年の第1回国民議会選挙では、DPTが45議席を獲得する圧勝をおさめ、PDPは当時の党首サンゲ・ゲドゥプが落選するなど、わずか2議席にとどまった。 (Wikipedia:ブータンの政党)


ブータン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ブータン - アマゾン検索


「ブータン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す