[PR]

日別キーワード

第89位  牙狼 - 2018年12月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



牙狼
『GARO-牙狼-』より : 『牙狼〈GARO〉』(ガロ)は、2005年(平成17年)10月7日から2006年(平成18年)3月31日までテレビ東京系列で全25話が放映された、特撮テレビドラマ(深夜特撮)作品。 この世の闇に潜む魔物「ホラー」を狩ることを宿命付けられた「牙狼」の称号を持つ魔戒騎士・冴島鋼牙の活躍を描いた作品である。 本項では、この作品の続編・関連作品についても簡易的に記載している。(別節を参照のこと) 雨宮慶太による、『鉄甲機ミカヅキ』以来5年ぶりのオリジナル番組でもある本作はハイパーミッドナイトアクションホラードラマと題されて制作されている。特撮番組としては珍しく深夜枠での放送となり、大人をターゲットにした番組作りがなされている。 スタッフ陣においては雨宮作品の常連であるBUDDY ZOO、竹谷隆之に加え横山誠、金田龍、梶研吾、小林雄次、韮沢靖、など多彩な顔ぶれが集結した。キャスト陣には特撮番組初挑戦となる小西大樹や多くの特撮番組に出演した螢雪次朗、京本政樹など個性的な顔ぶれとなった。 (Wikipedia:牙狼)

牙狼-GARO-
『牙狼〈GARO〉』(ガロ)は、2005年(平成17年)10月7日から2006年(平成18年)3月31日までテレビ東京系列で全25話が放映された、特撮テレビドラマ(深夜特撮)作品。 この世の闇に潜む魔物「ホラー」を狩ることを宿命付けられた「牙狼」の称号を持つ魔戒騎士・冴島鋼牙の活躍を描いた作品である。 本項では、この作品の続編・関連作品についても簡易的に記載している。(別節を参照のこと) 雨宮慶太による、『鉄甲機ミカヅキ』以来5年ぶりのオリジナル番組でもある本作はハイパーミッドナイトアクションホラードラマと題されて制作されている。特撮番組としては珍しく深夜枠での放送となり、大人をターゲットにした番組作りがなされている。 スタッフ陣においては雨宮作品の常連であるBUDDY ZOO、竹谷隆之に加え横山誠、金田龍、梶研吾、小林雄次、韮沢靖、など多彩な顔ぶれが集結した。キャスト陣には特撮番組初挑戦となる小西大樹や多くの特撮番組に出演した螢雪次朗、京本政樹など個性的な顔ぶれとなった。 (Wikipedia:牙狼-GARO-)

牙狼-GARO-スペシャル 白夜の魔獣
『牙狼<GARO>スペシャル 白夜の魔獣』(ガロスペシャル びゃくやのまじゅう)は『牙狼-GARO- 牙狼<GARO>』の特別編として製作された、ファミリー劇場 CSファミリー劇場にて2006年12月に放送された、特撮テレビドラマ。前編は12月15日、後編は12月22日放送。
かつて白夜の魔獣と呼ばれ恐れられた最強のホラー、レギュレイスが復活した。その頃魔戒騎士である鋼牙はあるホラーとの戦いで『山刀鈴』と出会う、彼女は死んだ筈の阿門法師からの伝言を届けにきたのだった。
其れによれば死んだ筈の邪美がまだ生きているとの事だった、鋼牙は鈴と共に魔戒の森へ向かう。
:魔界の森を管轄とする魔戒騎士で、鈴の兄。魔戒槍を操り、その実力は鋼牙に勝るとも劣らない。厳格な性格で、断りもなく魔戒の森に立ち入ろうとした鋼牙に敵対心を抱き、彼の行く手を阻んだ。しかしながら自らの弟子を救った零には敬意を払う面も見せる。ザルバ曰く「嫌な野郎」。二人の魔戒騎士の弟子を持つ。なお、他人に接する態度(彼なりの魔戒騎士のけじめ)はカオルに出会う前の鋼牙そのものであり、復活した邪美やレギュレイスに同化されそうになった鈴を殺そうとした。しかし、レギュレイスとの戦いを通して、自分の守りし者(鈴)の存在に気づき、真の魔戒騎士として成長を遂げることとなった。愛用の魔戒槍は通常は棍棒のようだが、使用時には先端から槍の刃が飛び出す。彼の纏うコートは白を基調として黒と赤の装飾が施された派手なものであり、鋼牙や零のものとは違った意匠を持つ。両親が魔戒法師であり本人も元々その道を志し修行していた為法術にも長け、その力で鋼牙を苦しめた。
(Wikipedia:牙狼-GARO-スペシャル 白夜の魔獣)

牙狼-GARO- -GOLD STORM- 翔
『牙狼〈GARO〉-GOLD STORM- 翔』(ガロ ゴールドストーム ショウ)は、 2015年3月28日より日本全国で公開された劇場用長編特撮映画作品(以下、「劇場版」)。 同年4月から9月までテレビ東京をはじめとして、TXN各局ほかで放送された連続特撮テレビドラマ(以下、「テレビシリーズ版」)。本項では上記の両方を解説する。 特撮・アニメで展開されている牙狼〈GARO〉シリーズのうち、「道外流牙」を主人公としていた特撮ドラマ『牙狼〈GARO〉 〜闇を照らす者〜』の続編的作品。劇場版とテレビシリーズ版は合わせて1つの大きな物語を形成しており、劇場版は「エピソード0」的内容、その続きがテレビシリーズ版となる。『闇を照らす者』の道外流牙と莉杏を主人公に据え、従来のシリーズでは描写の少なかった魔戒騎士と女性魔戒法師のコンビを描く。 テレビシリーズ版は『闇を照らす者』同様、連続性の高いストーリー展開を採る。続編では主人公の人物像を追うことでストーリーを牽引することは難しいため、流牙と莉杏を視聴者と同じ目線に立たせて2人が物語の謎を解き明かしていくスタイルとしている。 (Wikipedia:牙狼-GARO- -GOLD STORM- 翔)

牙狼-GARO- -GOLDSTORM- 翔
『牙狼〈GARO〉-GOLD STORM- 翔』(ガロ ゴールドストーム ショウ)は、 2015年3月28日より日本全国で公開された劇場用長編特撮映画作品(以下、「劇場版」)。 同年4月から9月までテレビ東京をはじめとして、TXN各局ほかで放送された連続特撮テレビドラマ(以下、「テレビシリーズ版」)。本項では上記の両方を解説する。 特撮・アニメで展開されている牙狼〈GARO〉シリーズのうち、「道外流牙」を主人公としていた特撮ドラマ『牙狼〈GARO〉 〜闇を照らす者〜』の続編的作品。劇場版とテレビシリーズ版は合わせて1つの大きな物語を形成しており、劇場版は「エピソード0」的内容、その続きがテレビシリーズ版となる。『闇を照らす者』の道外流牙と莉杏を主人公に据え、従来のシリーズでは描写の少なかった魔戒騎士と女性魔戒法師のコンビを描く。 テレビシリーズ版は『闇を照らす者』同様、連続性の高いストーリー展開を採る。続編では主人公の人物像を追うことでストーリーを牽引することは難しいため、流牙と莉杏を視聴者と同じ目線に立たせて2人が物語の謎を解き明かしていくスタイルとしている。 (Wikipedia:牙狼-GARO- -GOLDSTORM- 翔)

牙狼 -紅蓮ノ月-
『牙狼 -紅蓮ノ月-』(ガロ ぐれんノつき)は、2015年10月より2016年4月までテレビ東京をはじめとして、TXN各局ほかで放送された連続テレビアニメ作品。 特撮・アニメで展開されている牙狼〈GARO〉シリーズのうち、2Dセルタッチアニメーションとして製作された初作『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』に次ぐテレビアニメ第2弾。シリーズ全体としては、本作開始前までテレビで放送していた連続特撮ドラマ『牙狼〈GARO〉-GOLD STORM- 翔』に次ぐ。連続2クール放送予定。 本作では西洋・中世的世界観をベースにしていた『炎の刻印』から完全に変え、原作者である雨宮慶太が得意とする「和」のテイストが全面的に採りいれられた。時代設定は平安時代だが、時代考証は重視していない。平安京において、闇に蠢く妖怪じみた存在「火羅」(ホラー)を人知れず狩る宿命を負った「守りし者」(まもりしもの)たちの戦いを描く。 スタッフはシリーズ過去作で脚本経験を持つ井上敏樹と、シリーズ初参加となる會川昇がシリーズ構成を担当し、メインキャラクターデザインに雨宮と親交の深い漫画家・桂正和が起用されている。 (Wikipedia:牙狼 -紅蓮ノ月-)

牙狼-GARO- -魔戒ノ花-
『牙狼〈GARO〉 -魔戒ノ花-』(ガロ まかいのはな)は、2014年4月よりテレビ東京系列で放送された日本の特撮テレビドラマ作品。全25話。 牙狼〈GARO〉シリーズの第4期テレビ作品。冴島家の直系である雷牙を主人公に、原点回帰として1話完結の物語をベースとしつつ、歴代最強とされる黄金騎士が描かれる。また、話によっては第3期までの要素を組み込んだオマージュや続編のような内容も描かれる。ゲストの名前が前作までと違いほとんどカタカナ表記になっている。 ファミリー劇場では、本編前後にゲストインタビューやスタッフ&キャストによるトークで構成されるオリジナルミニ番組『魔戒指南』を含めたオリジナルパッケージ放送を行っている。 スターチャンネルでは、イベントの紹介特番が不定期に放送されている。 第9話「飼育」は、女性の裸体が多く登場するためにテレビ東京から放送を見送られそうになったが、映像を修正することで同局や系列局での放送が可能となった。 (Wikipedia:牙狼-GARO- -魔戒ノ花-)

牙狼-GARO- -魔戒烈伝-
『牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝-』(ガロ まかいれつでん)は、2016年4月よりテレビ東京をはじめとして、TXN各局ほかで放送中の特撮テレビドラマ。なお、タイトルロゴ上では「GARO」が付かず、「牙狼 魔戒烈伝」と表記されている。 特撮・アニメで2005年10月より展開されている牙狼〈GARO〉シリーズ(GAROシリーズ)が2015年で10周年を迎えたことを記念して制作される、「牙狼10周年オールスター作品」である。 従来のGARO(テレビ)シリーズが「黄金騎士ガロ」を主役とした物語であることが多かったのに対し、本作では「オールスター」と銘打たれている通り、歴代作品に登場したさまざまなキャラクターの個々(魔戒騎士や魔戒法師だけでなく、素体ホラーも含む)に焦点を当てた、オムニバス形式で物語が描かれる。 (Wikipedia:牙狼-GARO- -魔戒烈伝-)


牙狼 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

牙狼 - アマゾン検索


「牙狼」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す