[PR]

日別キーワード

第14位  ソードアート・オンライン - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



ソードアート・オンライン
『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online、略称:SAO)は、川原礫による日本のライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。 作品中に登場するゲーム『ソードアート・オンライン』の詳細については本項VRMMORPGを参照。 オンライン小説からの商業化 元々は著者が2002年の電撃ゲーム小説大賞応募用に執筆した長編を、「九里史生」名義で自身のウェブサイトに掲載したオンライン小説である。本編の連載は同年11月から2008年7月まで続き、2004年頃には既にオンライン小説として高い評価と知名度を得るに至った。 2005年1月から、最長のエピソードとなった「アリシゼーション」の連載が開始される。この連載の気分転換に書かれた『アクセル・ワールド』が2008年に第15回電撃小説大賞の大賞を受賞。その際、本作を読んだ担当編集者の提案により電撃文庫から商業作品として刊行されることになった。商業化にあたってウェブ版の内容・表現に大幅な加筆修正がなされている。商業化により、著者のウェブサイトに掲載されていた本シリーズは商業化決定以降の連載を除き削除されており、サイト上の「お知らせ」によってその経緯を知ることができる。 (Wikipedia:ソードアート・オンライン)

ソードアート・オンラインII
『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online、略称:SAO)は、川原礫による日本のライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。 作品中に登場するゲーム『ソードアート・オンライン』の詳細については本項VRMMORPGを参照。 オンライン小説からの商業化 元々は著者が2002年の電撃ゲーム小説大賞応募用に執筆した長編を、「九里史生」名義で自身のウェブサイトに掲載したオンライン小説である。本編の連載は同年11月から2008年7月まで続き、2004年頃には既にオンライン小説として高い評価と知名度を得るに至った。 2005年1月から、最長のエピソードとなった「アリシゼーション」の連載が開始される。この連載の気分転換に書かれた『アクセル・ワールド』が2008年に第15回電撃小説大賞の大賞を受賞。その際、本作を読んだ担当編集者の提案により電撃文庫から商業作品として刊行されることになった。商業化にあたってウェブ版の内容・表現に大幅な加筆修正がなされている。商業化により、著者のウェブサイトに掲載されていた本シリーズは商業化決定以降の連載を除き削除されており、サイト上の「お知らせ」によってその経緯を知ることができる。 (Wikipedia:ソードアート・オンラインII)

ソードアート・オンラインの登場人物
ソードアート・オンラインの登場人物では、川原礫のライトノベル『ソードアート・オンライン』、および同作を原作とするメディアミックス作品の登場人物について解説する。 凡例 登場人物表記はアバター名(ローマ字表記) / 本名の順。 ただし、アリシゼーション編に登場する整合騎士は整合騎士としての名前 / 本名の順で表記する。 担当声優はアニメ版・ドラマCD版・ゲーム版共通のもの。 同じギルドに所属しているキャラクターはまとめて記載する。 記事中で用いられる用語についてはソードアート・オンライン#設定を参照。 ゲーム版オリジナルキャラクターについてはソードアート・オンラインのゲーム作品を参照。 原作の登場人物についても、ゲーム版における詳細はそちらに記載する。 主人公 キリト(Kirito) / 桐ヶ谷 和人(きりがや かずと) 声 - 松岡禎丞 本作の外伝を除いた全編を通しての主人公。誕生日は2008年10月7日、SAO開始時の2022年11月時点では14歳、2年後のクリア時点で16歳。 (Wikipedia:ソードアート・オンラインの登場人物)


ソードアート・オンライン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ソードアート・オンライン - アマゾン検索


「ソードアート・オンライン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す