[PR]

日別キーワード

第15位  ニュータイプ - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



ニュータイプ
ニュータイプ (Newtype) は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の概念である。新しい人類とされる人たちを指すが、もともとの概念が曖昧だったことに加え、作品が進むにつれて言葉の意味する事象が広がりすぎたため、はっきりとした定義は困難であり、作中でも一種のバズワードとして扱われる。物語中では、ニュータイプとされる人々は特異な能力を持った人物として描かれることが多い。ニュータイプに対する従来の人類はオールドタイプ (Oldtype) と呼ばれ、やや軽蔑の意味合いを込めて使われるケースも多い。 原作者らのニュータイプ概念の変遷と意図 富野由悠季の考え 『機動戦士ガンダム』の中盤以降から、『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダムZZ』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』にかけて、中心的テーマとなっている「ニュータイプ」であるが、富野由悠季監督は最初から明確な概念像を持っていたわけではない。 (Wikipedia:ニュータイプ)

ニュータイプ研究所
ニュータイプ研究所(ニュータイプけんきゅうじょ)は、アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」のうち、宇宙世紀及びアフターウォーを舞台とする作品に登場する、架空の研究所。ニュータイプを研究する軍事機関である。通称「ニタ研」。 宇宙世紀におけるニュータイプ研究所 ジオン公国軍のニュータイプ研究所 = フラナガン機関 = フラナガン機関は、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する、ジオン公国のニュータイプの研究機関である。 一年戦争開戦後、一部のパイロットが高速な荷電粒子(メガ粒子砲)を高確率で避けるという事象を解明するため、宇宙世紀0079年6月、サイド6・パルダコロニー(一説にリノコロニー)においてキシリア・ザビによって創設された。 当時存在が疑問視されていたニュータイプに一定の理解を持ち、その軍事利用を考えていたキシリアの統括の下、フラナガン博士らが研究を行った。 また、本研究所に所属していたクルスト・モーゼス博士は、ニュータイプの存在に恐怖を抱き、EXAMシステムを開発したが、後に地球連邦に亡命した。 (Wikipedia:ニュータイプ研究所)

ニュータイプ専用機
ニュータイプ専用機(ニュータイプせんようき、MOBILE SUIT / MOBILE ARMOUR FOR NEWTYPE)は、アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする『ガンダムシリーズ』に登場する、架空の兵器の分類の1つ、モビルスーツ (MS) やモビルアーマー (MA) のうち、ニュータイプが操縦することでその能力を発揮できるように開発されたものを指す。 ニュータイプの概念のある『機動戦士ガンダム』をはじめとする宇宙世紀を舞台にした作品と、『機動新世紀ガンダムX』をはじめとするアフターウォーを舞台にした作品の中で登場する。 『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズ 主にサイコミュ兵器を搭載した機体を指すことが多いが、サイコ・コントロール・システムを搭載した機体も指す。広義にはガンダムNT-1のように特にニュータイプ向けの技術は使用されていないが、ニュータイプ・パイロット(アムロ・レイ)の操縦速度に追従できるよう、駆動系の改良などにより機体の反応を敏感に調整させた機体も含まれる。 (Wikipedia:ニュータイプ専用機)

ニュータイプ専用モビルスーツ
『ニュータイプ専用機』より : ニュータイプ専用機(ニュータイプせんようき、MOBILE SUIT / MOBILE ARMOUR FOR NEWTYPE)は、アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする『ガンダムシリーズ』に登場する、架空の兵器の分類の1つ、モビルスーツ (MS) やモビルアーマー (MA) のうち、ニュータイプが操縦することでその能力を発揮できるように開発されたものを指す。 ニュータイプの概念のある『機動戦士ガンダム』をはじめとする宇宙世紀を舞台にした作品と、『機動新世紀ガンダムX』をはじめとするアフターウォーを舞台にした作品の中で登場する。 『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズ 主にサイコミュ兵器を搭載した機体を指すことが多いが、サイコ・コントロール・システムを搭載した機体も指す。広義にはガンダムNT-1のように特にニュータイプ向けの技術は使用されていないが、ニュータイプ・パイロット(アムロ・レイ)の操縦速度に追従できるよう、駆動系の改良などにより機体の反応を敏感に調整させた機体も含まれる。 (Wikipedia:ニュータイプ専用モビルスーツ)

ニュータイプ専用モビルアーマー
『ニュータイプ専用機』より : ニュータイプ専用機(ニュータイプせんようき、MOBILE SUIT / MOBILE ARMOUR FOR NEWTYPE)は、アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする『ガンダムシリーズ』に登場する、架空の兵器の分類の1つ、モビルスーツ (MS) やモビルアーマー (MA) のうち、ニュータイプが操縦することでその能力を発揮できるように開発されたものを指す。 ニュータイプの概念のある『機動戦士ガンダム』をはじめとする宇宙世紀を舞台にした作品と、『機動新世紀ガンダムX』をはじめとするアフターウォーを舞台にした作品の中で登場する。 『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズ 主にサイコミュ兵器を搭載した機体を指すことが多いが、サイコ・コントロール・システムを搭載した機体も指す。広義にはガンダムNT-1のように特にニュータイプ向けの技術は使用されていないが、ニュータイプ・パイロット(アムロ・レイ)の操縦速度に追従できるよう、駆動系の改良などにより機体の反応を敏感に調整させた機体も含まれる。 (Wikipedia:ニュータイプ専用モビルアーマー)

ニュータイプ・強化人間の一覧
ニュータイプ・強化人間の一覧(ニュータイプ・きょうかにんげんのいちらん)は、アニメ『ガンダムシリーズ』に登場する、ニュータイプの素養もしくはそれに類する能力を持つ強化人間などの架空の人物の一覧。 ニュータイプ 機動戦士ガンダム アムロ・レイ シャア・アズナブル ララァ・スン セイラ・マス ジオン・ズム・ダイクン(覚醒は不明) クスコ・アル(小説版に登場) クランブル・カルレア(小説版に登場) ルロイ・ギリアム(小説版に登場) カイ・シデン(小説版での設定) ハヤト・コバヤシ(小説版での設定) シャリア・ブル レビル ミライ・ヤシマ カツ・ハウィン レツ・コ・ファン キッカ・キタモト シムス・アル・バハロフ(THE ORIGINでの設定) モビルスーツバリエーション イアン・グレーデン 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY マリオン・ウェルチ 機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像 シャア・アズナブル ハマーン・カーン セラーナ・カーン ヤヨイ・イカルガ カムジ カミーユ・ビダン 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY ハマーン・カーン 機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル アスナ・エルマリート ヤハギ・フランジバック アキラ 機動戦士Ζガンダム カミーユ・ビダン クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル) アムロ・レイ カツ・コバヤシ(カツ・ハウィン) パプテマス・シロッコ サラ・ザビアロフ ハマーン・カーン ミネバ・ラオ・ザビ ミライ・ノア(ミライ・ヤシマ) セイラ・マス 機動戦士ガンダムΖΖ ジュドー・アーシタ カミーユ・ビダン ハマーン・カーン グレミー・トト(小説版のみの設定) イリア・パゾム セイラ・マス(以下の人物は、劇中では個別ではなく一括してニュータイプと呼ばれている。 (Wikipedia:ニュータイプ・強化人間の一覧)

ニュータイプのパイロット一覧
『ニュータイプ・強化人間の一覧』より : ニュータイプ・強化人間の一覧(ニュータイプ・きょうかにんげんのいちらん)は、アニメ『ガンダムシリーズ』に登場する、ニュータイプの素養もしくはそれに類する能力を持つ強化人間などの架空の人物の一覧。 ニュータイプ 機動戦士ガンダム アムロ・レイ シャア・アズナブル ララァ・スン セイラ・マス ジオン・ズム・ダイクン(覚醒は不明) クスコ・アル(小説版に登場) クランブル・カルレア(小説版に登場) ルロイ・ギリアム(小説版に登場) カイ・シデン(小説版での設定) ハヤト・コバヤシ(小説版での設定) シャリア・ブル レビル ミライ・ヤシマ カツ・ハウィン レツ・コ・ファン キッカ・キタモト シムス・アル・バハロフ(THE ORIGINでの設定) モビルスーツバリエーション イアン・グレーデン 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY マリオン・ウェルチ 機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像 シャア・アズナブル ハマーン・カーン セラーナ・カーン ヤヨイ・イカルガ カムジ カミーユ・ビダン 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY ハマーン・カーン 機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル アスナ・エルマリート ヤハギ・フランジバック アキラ 機動戦士Ζガンダム カミーユ・ビダン クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル) アムロ・レイ カツ・コバヤシ(カツ・ハウィン) パプテマス・シロッコ サラ・ザビアロフ ハマーン・カーン ミネバ・ラオ・ザビ ミライ・ノア(ミライ・ヤシマ) セイラ・マス 機動戦士ガンダムΖΖ ジュドー・アーシタ カミーユ・ビダン ハマーン・カーン グレミー・トト(小説版のみの設定) イリア・パゾム セイラ・マス(以下の人物は、劇中では個別ではなく一括してニュータイプと呼ばれている。 (Wikipedia:ニュータイプのパイロット一覧)

ニュータイプ (雑誌)
ニュータイプ(Newtype)は、角川書店の発行するアニメ情報誌。1985年3月8日創刊。表紙ロゴは英語の "Newtype" であり、さらに月刊誌であるため右上に小さく「月刊ニュータイプ」と表記される。毎月10日発売。大判でビジュアルを全面に出した誌面が特徴。
初代編集長は佐藤良悦。
角川グループ内のアニメを大きく取り扱うことも多い。
VOICE NEWTYPE(ボイス ニュータイプ)
:徳間書店で『アニメージュ VOICE ANIMEGE(ボイスアニメージュ)』の編集長を務めていた古林英明が角川書店へ移籍した時に、同誌をそのまま角川に持ち込む形で創刊。数ヶ月おきに発刊。
特撮 NEWTYPE
:近年の特撮ヒーロー作品におけるイケメン男性俳優の登場頻度が高まり、それと共に女性ファンが急増した事に合わせて創刊された。
(Wikipedia:ニュータイプ (雑誌))

ニュータイプノベルズ
ニュータイプノベルズ(”Newtype Novels”)は、角川書店が1996年から2000年にかけて刊行していたライトノベル系新書レーベル。
同社のアニメ雑誌『月刊ニュータイプ』の名称を冠していることからも明らかなように、アニメ及びコンピュータゲームの小説化 ノベライズ作品がラインナップを占めており、オリジナル作品は存在しない。
青の6号(神山修一)
ありす・イン・サイバーランド(泥士朗)
VIRUS(加藤ちたか)
時空転抄ナスカ(加藤ちたか)
シャーマニックプリンセス―ヨルドの座(渡辺麻実)
天空のエスカフローネ(塚本裕美子)
VS騎士ラムネ&40炎(あかほりさとる)
VS騎士ラムネ&40FRESH(長谷川勝己)
B”T X(富田祐弘)
BROTHERS(南原順)
マクロス ダイナマイト7(飯野文彦)
(Wikipedia:ニュータイプノベルズ)


ニュータイプ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ニュータイプ - アマゾン検索


「ニュータイプ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す