[PR]

日別キーワード

第30位  JBC - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



JBC
JBC 日本放送協会(Japan Broadcasting Corporation)の略。但し正式な呼称はNHKであるため、JBCは一般的ではない。 ジャパンブリーディングファームズカップの略。地方競馬の持ち回り開催の統一グレード競走デー。公式/非公式問わずほとんど正式名称より略称が使われる。 日本ボクシングコミッション(Japan Boxing Commission)の略。 JBC出版社の通称。Japan Brazil Communicationの略。 長野県須坂市にかつて存在した第三セクタージャパンブックセンター(Japan Book Center)の略。2003年3月解散。 新潟情報ビジネス専門学校(Joho Business College)の略。 全日本ボウリング協会(Japan Bowling Congress)の略。 フジテレビの木曜劇場で放送された美女か野獣の劇中に出てくる、架空のテレビ局。 日本ビリヤード機構(Japan Billiard Council)の略。 ジャッキー吉川とブルーコメッツ(Jackey Yoshikawa & Blue Comets)の略。 (Wikipedia:JBC)

JBC出版社
JBC出版社(Editora JBC, 通称JBC)は、ブラジルと日本で事業を展開している出版社である。 日本に住むブラジル人のためにポルトガル語の新聞を発行することを目的に、1992年に東京で設立された。 「JBC」は「Japan Brazil Communication」の略である。 設立の背景 1990年6月に日本の入国管理法が改正されたことにより、日本国外に住む日系人の日本国内での就労が許されたことによって、日本への出稼ぎ労働者が増加し、ひいては、日本に住む日系ブラジル人が増加したことが、設立時の時代背景となっている。 創業者の東海林正和は、1960年にブラジルに移民した当時、現地で発行されていた日本語新聞に助けられた経験から、そうした時代背景を踏まえ、日本においてポルトガル語新聞を発行することを着想した。 出版事業 日本 1993年に、ポルトガル語新聞『Jornal Tudo Bem』を創刊し、2005年9月にはポルトガル語の無料誌『Gambare!』の発行を開始した。 (Wikipedia:JBC出版社)

JBCクラシック
JBCクラシック(ジェイビーシークラシック)は、日本のJBC実行委員会と施行競馬場を管轄する地方競馬主催者が、各地の競馬場で持ち回り開催する重賞競走(JpnI)である。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は「農林水産大臣賞典 JBCクラシック」と表記される。 正賞は農林水産大臣賞、JBC協会賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。 アメリカのブリーダーズカップに範をとりながら、将来的にダートの各カテゴリー(年齢・性別・距離など)におけるチャンピオン決定戦とすべく、2001年(平成13年)に生産者が主導して実施する「JBC競走」のひとつとして、JBCスプリントとともに創設された。のちに創設されたJBCレディスクラシックとともに、2014年(平成26年)現在は3つのJpnI競走が同一日に同一の競馬場で施行される。開催地は固定されておらず、各地の競馬場が持ち回りで施行している。 施行距離はダート2000mを原則としているが、施行場の距離設定の都合により前後する場合がある。 (Wikipedia:JBCクラシック)

JBCスプリント
JBCスプリント(ジェイビーシースプリント)は、日本のJBC実行委員会と施行競馬場を管轄する地方競馬主催者が、各地の競馬場で持ち回り開催する重賞競走(JpnI)である。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は「農林水産大臣賞典 JBCスプリント」と表記される。 正賞は農林水産大臣賞、JBC協会賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。 アメリカのブリーダーズカップに範をとりながら、将来的にダートの各カテゴリー(年齢・性別・距離など)におけるチャンピオン決定戦とすべく、2001年(平成13年)に生産者が主導して実施する「JBC競走」のひとつとして、JBCクラシックとともに創設された。のちに創設されたJBCレディスクラシックとともに、2015年(平成27年)現在は3つのJpnI競走が同一日に同一の競馬場で施行される。開催地は固定されておらず、各地の競馬場が持ち回りで施行している。 距離はダート1200mを原則としているが、施行場の距離設定の都合により前後する場合がある。 (Wikipedia:JBCスプリント)

JBCマイル
『JBCスプリント』より : JBCスプリント(ジェイビーシースプリント)は、日本のJBC実行委員会と施行競馬場を管轄する地方競馬主催者が、各地の競馬場で持ち回り開催する重賞競走(JpnI)である。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は「農林水産大臣賞典 JBCスプリント」と表記される。 正賞は農林水産大臣賞、JBC協会賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。 アメリカのブリーダーズカップに範をとりながら、将来的にダートの各カテゴリー(年齢・性別・距離など)におけるチャンピオン決定戦とすべく、2001年(平成13年)に生産者が主導して実施する「JBC競走」のひとつとして、JBCクラシックとともに創設された。のちに創設されたJBCレディスクラシックとともに、2015年(平成27年)現在は3つのJpnI競走が同一日に同一の競馬場で施行される。開催地は固定されておらず、各地の競馬場が持ち回りで施行している。 距離はダート1200mを原則としているが、施行場の距離設定の都合により前後する場合がある。 (Wikipedia:JBCマイル)

JBCC
JBCC 日本通信放送株式会社 (Japan Broadband Communications Corporation) JBCCホールディングス株式会社(東京証券取引所第一部上場。情報ソリューションなどを事業とするグループの持株会社)。 (Wikipedia:JBCC)


JBC - 関連ブログ

データが取得できませんでした

JBC - アマゾン検索


「JBC」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す