[PR]

日別キーワード

第38位  ねずみ講 - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



ねずみ講
『ネズミ講』より : ネズミ講(ねずみこう)とは、無限連鎖講のことである。ネズミ講の「ネズミ」はねずみ算式に増幅することの例えで、「講」自体に悪い意味はあまりない。現在の日本では、無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されている。 また、投資を運用せず自転車操業的に配当に回してしまう点が無限連鎖講と共通するポンジ・スキームを指して言うこともある。ピラミッド・スキームとも言われる。 なお、特定商取引法を守る限りは違法ではない連鎖販売取引や、マルチ商法・マルチまがい商法、及びそれらに類似したものの総称として用いる場合がある(これらの業態について否定的な意味を含んでいることが多い。)が、厳密にはこの用法は誤用である。 被害額上位の事件一覧 ==。 (Wikipedia:ねずみ講)

ねずみ講防止法
『無限連鎖講の防止に関する法律』より : 無限連鎖講の防止に関する法律(むげんれんさこうのぼうしにかんするほうりつ、昭和53年11月11日法律第101号)は、1978年11月11日に公布された無限連鎖講(いわゆるねずみ講)を禁止する日本の法律である。一般にはねずみ講防止法と呼ばれている。1979年5月に施行された。 この法律は全7条で構成されている。 第1条で無限連鎖講を「終局において破綻すべき性質のもの」と位置付け、この法律の目的として「これに関与する行為を禁止するとともに」「無限連鎖講がもたらす社会的な害悪を防止する」としている。 第2条で無限連鎖講を定義し、第5条から第7条までは、罰則となっている。第5条は無限連鎖講の開設・運営を、第6条は業として行う無限連鎖講への加入勧誘を、第7条は無限連鎖講への加入勧誘を、それぞれ処罰の対象としている。 制定の背景 1970年代に入り内村健一による天下一家の会事件によって無限連鎖講で配当が得られない人や勧誘を巡るトラブルが続出し、社会問題となった。 (Wikipedia:ねずみ講防止法)


ねずみ講 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ねずみ講 - アマゾン検索


「ねずみ講」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す