[PR]

日別キーワード

第51位  タイムパラドックス - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



タイムパラドックス
タイムトラベル(英語:time travel)は、SF文学や映画などのフィクション作品の題材として用いられる表現であり、通常の時間の流れから独立して過去や未来へ移動すること。日本語では「時間旅行」ともいう。他に、移動の様態によって「タイムスリップ」「タイムワープ」「タイムリープ」「タイムトリップ」など多様な表現がなされる。 タイムトラベル(ないし~スリップ、~ワープ 等、ここでは「タイムトラベルの類」と仮に呼ぶ)という概念は、フィクションとしては一般的なものだが、科学的には、そうした概念の問題点(時間論上の重大な矛盾がある(=歴史にやり直しはできない)、場のエネルギーが無限だと提言しなければならなくなってしまう 等々)が指摘され、実際には今の科学力では実現できないとされている。 (Wikipedia:タイムパラドックス)

タイムパラドックス (競走馬)
タイムパラドックス (Time Paradox) とは日本の元競走馬であり、現在は種牡馬である。ダート路線で活躍し、おもな勝ち鞍はジャパンカップダート、川崎記念、帝王賞、JBCクラシックなど。馬名は父名からの連想で「時間旅行で生じる矛盾」の意味。 戦績 出生時はわずか45キログラムしかない非常に小柄な馬だった。2001年3月にデビュー。ダートのレースを2連勝して臨んだ青葉賞で11着に敗れたあと骨折が判明し、休養に入った。デビュー当初は体質が弱くコンスタントに使えなかったものの着実に勝利を重ね、2003年2月にオープンクラス入り。2003年秋に3度目の休養から復帰したころから体質が強化され、以後引退まで一度も休養をとることなくレースに出走し続けることになった。 2004年1月に平安ステークスを優勝して重賞初制覇を達成。その後4月にアンタレスステークス、8月にブリーダーズゴールドカップ、10月に白山大賞典を優勝。11月にはGIのジャパンカップダートで同じ厩舎に管理されていたアドマイヤドンを差し切り、GI初制覇を成し遂げた。 (Wikipedia:タイムパラドックス (競走馬))


タイムパラドックス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

タイムパラドックス - アマゾン検索


「タイムパラドックス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す