[PR]

日別キーワード

第64位  プログラミング言語 - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



プログラミング言語
プログラミング言語(プログラミングげんご)またはプログラム言語(プログラムげんご)とは、コンピュータに対する指示を記述するための人工言語である。 この一連の指示をプログラムと呼び、それを記述することをプログラミングと呼ぶ。 意義と目的 コンピュータが理解できる言葉は、固有の機械語だけである。機械語は一見無意味な数字の羅列で、人間には理解しにくい。 プログラミング言語は、おもに英語の単語と記号を組み合わせた、特殊な文法で記述される。その意義は、人とコンピュータの意思疎通を容易にするため、数字の羅列に代えて人間に扱いやすい言語形式を提供することにある。コンピュータ言語があれば、人は扱いやすく理解できる言葉でコンピュータへの指示を書くことができる。コンピュータ言語で書かれた言葉は、機械翻訳で機械語に翻訳され、コンピュータに与えられる。元のプログラム言語で書かれた記述はソースコード、翻訳プログラムはアセンブラ、コンパイラ、インタプリタなどと呼ばれる。 プログラミング言語は、コンピュータ企業や技術者により目的に応じて開発され、様々なプログラミング言語が、毎年のように生み出されている。 (Wikipedia:プログラミング言語)

プログラミング言語Java
『Java言語』より : Java(ジャバ)は、狭義ではオブジェクト指向プログラミング言語Javaであり、広義ではプログラミング言語Javaのプログラムの実行環境および開発環境をいう。本稿ではプログラミング言語としての Java、および関連する技術や設計思想、およびJava言語の実行環境として見たJavaプラットフォームについて解説する。クラスライブラリなどを含めた、Javaバイトコードの実行環境と開発環境(広義のJava)については、Javaプラットフォームを参照。また、言語の文法に関してはJavaの文法を参照。 Java は、それ以前のさまざまな言語の良い部分を引き継ぎ、欠点を克服するよう設計した。次のような特徴を持つ。 構文は C および C++ から多くを引き継いでいる。ただし、ポインタ等の低レベルな操作は基本文法から排除されている。 オブジェクト指向プログラミングをサポートしている。オブジェクトモデルはSmalltalk や Objective-C と同様の簡潔なものを採用している。 (Wikipedia:プログラミング言語Java)

プログラミング言語Python
『Python』より : Python(パイソン)は、汎用のプログラミング言語である。コードの可読性が高くなるように言語を設計していると主張されている。その構文のおかげで、Cなどの言語に比べて、より少ないコード行数でプログラムを表現できると主張されている。小規模なプログラムから大規模なプログラムまで、さまざまなプログラムを分かり易く書けるように、多くのコードを提供している。 Pythonは複数のプログラミングパラダイムに対応している。オブジェクト指向、命令型、手続き型、関数型などの形式でプログラムを書くことができる。Pythonは動的型付け言語であり、参照カウントベースの自動メモリ管理(ガベージコレクタ)を持つ。さまざまな領域に対応する大規模な標準ライブラリを提供している。 Pythonは、汎用のプログラミング言語として設計している。標準ライブラリや他者製のライブラリも充実している。そのためPythonはWebアプリケーションやデスクトップアプリケーションなどの開発はもとより、システム用の記述 (script) や、各種の自動処理、理工学や統計解析のための道具としてなど、幅広い領域で使用されている。 (Wikipedia:プログラミング言語Python)

プログラミング言語の比較
プログラミング言語は機械(またはコンピュータ)を制御するために使用される。プログラミング言語も自然言語のように意味を定義するために構文的、意味的な規則を使用する。
現在プログラミング言語一覧 何千ものプログラミング言語があり、毎年新しいものが作られているものの、ほとんどの言語は一般的にはなっていない。しかし、多くの職業プログラマが生涯の間に何十もの異なった言語を使用している。
以下の表は主要なプログラミング言語の全体的および技術的な情報を比較している。詳細は個々の言語のページを参照のこと。
言語
一般的な実行モデル
影響を受けた言語
プログラムパラダイム
型付け
登場時期
ネイティブ
ALGOL Algol, Pascal, C++ (Ada 95), Smalltalk (Ada 95)
(Wikipedia:プログラミング言語の比較)

プログラミング言語年表
プログラミング言語年表(プログラミングげんごねんぴょう)とは、コンピュータプログラミング言語に関する年表である。個々の言語の詳細については、個別の記事にゆずる。 1940年以前 チャールズ・バベッジが計画した「機械式コンピュータ」と言える装置である解析機関についての文章をイタリアの数学者ルイジ・メナブレアが執筆し、1842年から1843年の9ヶ月間にエイダ・ラブレスがそれを翻訳した。この記事の中で彼女はこの機械でベルヌーイ数を計算する完全なプログラムを掲載した。これは世界初のコンピュータプログラムであると言われている。ただし、これは機械(コンピュータ)に対する命令そのもの(機械語)で記述されたプログラムであり、「プログラミング言語」としては広義のそれとなる。 1801年にジャカード織機が発明された。パンチカードを利用するもので、布に織り込む模様に対応した縦糸(経)の上げ下げの対応がそのまま厚紙の穴になったもので、コンピュータプログラムと見るのは無理があるが「プログラマブルな装置」の一種である。 (Wikipedia:プログラミング言語年表)

プログラミング言語Ruby
『Ruby』より : Ruby(ルビー)は、まつもとゆきひろ(通称 Matz)により開発されたオブジェクト指向スクリプト言語であり、スクリプト言語が用いられてきた領域でのオブジェクト指向プログラミングを実現する。 また日本で開発されたプログラミング言語としては初めて国際電気標準会議で国際規格に認証された事例となった。 Ruby は1993年2月24日に生まれ、1995年12月にfj上で発表された。名称の Ruby は、プログラミング言語 Perl が6月の誕生石である Pearl(真珠)と同じ発音をすることから、まつもとの同僚の誕生石(7月)のルビーを取って名付けられた。 機能として、クラス定義、ガベージコレクション、強力な正規表現処理、マルチスレッド、例外処理、イテレータ、クロージャ、Mixin、演算子オーバーロードなどがある。Perl を代替可能であることが初期の段階から重視されている。Perlと同様にグルー言語としての使い方が可能で、C言語プログラムやライブラリを呼び出す拡張モジュールを組み込むことができる。 (Wikipedia:プログラミング言語Ruby)

プログラミング言語Ada
『Ada』より : Ada(エイダ)は、強力な言語機能を豊富に持ち、高度な型の体系をもつ、プログラミング言語の一つである。構文はAlgol系である。 史上初のプログラマとされるエイダ・ラブレスの名前にちなんでAdaと命名されているため、ADAと表記するのは誤り。 フリーのコンパイラとしては、GNATなどがある。 ボーイング777や、F-22戦闘機の制御ソフトウェアはAdaによって書かれている。 1979年、米国国防総省が信頼性・保守性に優れた、主として組み込みシステム向けの言語を作りたいという意図のもと、国際競争入札を行い4社に発注、各設計仕様書の表紙が赤、青、黄、緑だったことから、そのままそれぞれの言語名称としてRED、BLUE、YELLOW、GREENと呼ばれた。この入札で優勝したのはフランス人チームで、公平を期すため選定時にはGREENと名付けられた。そのような理由から、イメージカラーは緑である。特徴的な要件としては、大規模開発や長期保守性の観点から、 コーディング効率よりも可読性を重視すること マクロを有しないことなどがあった。 (Wikipedia:プログラミング言語Ada)

プログラミング言語Scheme
『Scheme』より : Scheme(スキーム)は構文スコープを持つ LISP の方言の一つである。 LISP 系統の言語としては Common Lisp と並んで現在でもよく使われている。 言語仕様の小ささとその出自からプログラミングの教育分野でもよく使われている。 Scheme は、マサチューセッツ工科大学の人工知能研究所においてカール・ヒューイットの設計したアクタ言語 Plasma (Planner-73) の動作を理解するために、アロンゾ・チャーチのλ計算を基盤に持つ LISP 方言として、カール・ヒューイットの学生であったジェラルド・ジェイ・サスマンとガイ・スティール・ジュニアによって1975年頃に設計された。 (Wikipedia:プログラミング言語Scheme)

プログラミング言語一覧
以下はプログラミング言語の一覧である。 A A A+ ABAP ABC ABCL ActionScript ActiveBasic Ada Advanced Boolean Expression Language(ABEL) Agena AHDL ALGOL Alice ash APL AppleScript as Atom AutoIt AWK B B Bash BASIC BCPL Befunge BF-BASIC'n Bioera BLISS Bluespec Boo BrainCrash Brainfuck C C C# C++ CAL Caml Cantata CAP-X CASL Cecil CFScript Cg Chapel Chef CHILL Clipper Clojure CLU Co-array Fortran COBOL CoffeeScript Common Lisp Component Pascal Concurrent Clean Concurrent Prolog Constraint Handling Rules CPL csh Curl Curry Cω D D Dart dBase Delphi Dylan E ECMAScript Eiffel Elixir Enterprise Generation Language Erlang Escapade Esterel Euclid Euphoria F F# Factor False Fantom Ferite Ficl Flavors FlowDesigner Forth FORTRAN Fortress FoxPro G GLSL Go Groovy Guarded Horn Clauses H HAL/S Hardware Join Java Haskell Haxe HDCaml HLASM HLSL HML HOLON HSP HQ9+ Hydra HyperTalk I Icon ID IDL (interactive data language) Inform InScript INTERCAL Io IPL ISWIM J J Java Java FX Script JavaScript JHDL JScript .NET J# JSX K KEMURI KL1 ksh KRC L LabVIEW Lazy K Lava Limbo Linda Linden Scripting Language (LSL) Lingo Lisaac LISP LOGO Lola LotusScript Lua Lucid Lush Lustre M Malbolge Mana MASM Mathematica Max Mercury Mesa MIL/W Mind Mindscript Miranda Misa MixJuice ML Modula-2 Modula-3 MONAmona Mops MQL MSIL MyHDL M言語 N Napier88 NASM Nemerle Noop O Oberon Oberon-2 Object Pascal Object REXX Object Tcl (OTcl) Objective-C Objective Caml (OCaml) Occam Ook! OpenOffice.org Basic OPS Oz P Pacbase PALASM PARLOG Pascal PBASIC PCN (program composition notation) Perl PHP Pic Piet Pike pine PL/0 PL/I Planner pnuts PostScript PowerBuilder PowerShell Processing Prograph CPX Prolog Pure Data PureScript Pxem Python Q QtScript R R REALbasic REBOL REXX RHDL RPG Ruby(汎用プログラミング言語) Ruby(ハードウェア記述言語) Rust S SAL SASL Sather Scala Scheme Scratch Seed7 Self SFL sh Shakespeare Short Code Simula Simulink SISAL SKILL Smalltalk SMILEBASIC SNOBOL Squeak Squirrel Standard ML superC Swift SystemC SystemVerilog T t3x TAL Telescript TeX Tcl tcsh Tenems TL/I Tonyu System TTS TTSneo Turing TypeScript U Unified Parallel C (UPC) Unlambda UnrealScript V VBScript Visual Basic .NET VHDL W Whirl Whitespace WICS WMLScript Wyvern X X10 XQuery XSLT Y Z zsh あ行 おっぱい言語 か行 さ行 ジョジョ言語 た行 ドリトル な行 なでしこ は行 ひまわり 秀丸マクロ ま行 や行 ら行 わ行 関連項目 (プログラミング言語でないものに関する項目も含む) コンピュータ言語 プログラミング言語 高水準言語 低水準言語 軽量プログラミング言語 グルー言語 スクリプト言語 データフロープログラミング言語 ビジュアルプログラミング言語 難解プログラミング言語 宣言型言語 関数型言語 論理型言語 制約論理プログラミング言語 並行論理プログラミング言語 並行制約プログラミング言語 命令型言語 非構造化プログラミング言語 構造化プログラミング言語 オブジェクト指向プログラミング言語 Mixin クラスベース プロトタイプベース マクロ言語 ハードウェア記述言語 ラダー言語。 (Wikipedia:プログラミング言語一覧)

プログラミング言語ML
ML(えむえる、Meta-Language)は、関数型言語のひとつである。現代風の関数型言語としては歴史が古いほうで、型推論機能などを持つが、デフォルトの評価戦略は遅延評価ではなく先行評価で、書き換えが可能なレコード型を持つなど、いわゆる「純粋関数型」でない特徴や機能を持つ。 自動定理証明系において、証明の道筋を関数として記述するためのメタ言語として生まれたという経緯を持ち(#歴史の節を参照)、名前はそのことに由来する。構文はISWIMの影響を受けている。 MLによってプログラマに知られるようになった機能に、型推論がある。これは、明示的に型の宣言を行わなくても、データの利用のされ方から、引数や関数の返す型を自動的に推論してくれる機能である。これにより、プログラマの負担が著しく軽減される。 標準(ないし1方言)としてStandard ML (SML) があり、その実装には、Standard ML of New Jersey (SML/NJ) や、東北大学電気通信研究所大堀研究室が開発を進めているSML#などがある。 (Wikipedia:プログラミング言語ML)

プログラミング言語の形式意味論
『』より : (Wikipedia:プログラミング言語の形式意味論)


プログラミング言語 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

プログラミング言語 - アマゾン検索


「プログラミング言語」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す