[PR]

日別キーワード

第65位  ホリエモン - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



ホリエモン
ホリエモンは日本の元競走馬。現役時代は美浦トレーニングセンター・小檜山悟厩舎と高知競馬場・松木啓助厩舎に所属していた。 本馬はライブドアサイト上で馬名が公募され、2004年8月に決定。そこで最多得票を得たライブドア社長(当時)である堀江貴文のあだ名「ホリエモン」がそのまま馬名となっていることから話題になる。 ホリエモンは中央競馬でデビューするも6戦して未勝利に終わり、左前脚に屈腱炎を発症したが、話題作りも兼ね、ライブドアとの提携を進めていた高知競馬に移籍することとなった。高知移籍3戦目で初勝利を果たしたが、その日は奇しくも堀江が広島6区より出馬した第44回衆議院議員総選挙の投票日で、堀江は落選してしまったため、馬と馬主が明暗を分けたと話題になった。 ホリエモンは代表者の堀江貴文を含めて何人かが所有していたのだが、ライブドア事件で逮捕されたことを理由に堀江を馬主から外すことを協議することとなる。そのため、2006年1月に予定されていたレースへの出走を高知県競馬組合から取り消される事態になってしまった。 (Wikipedia:ホリエモン)

ホリエモンショック
『ライブドア・ショック』より : ライブドア・ショックは、2006年1月16日、証券取引法違反容疑で、東京地検特捜部がライブドア(現:LDH)本社などに強制捜査を行い、これを受け翌1月17日から始まった「株式市場の暴落」のこと。 なお、この用語は一般的に、ライブドア関連銘柄の暴落だけを指すのではなく、「株式市場全体の急落」を指すことが多い。一部の報道機関では、ライブドアが起こした一連の事件すべてを「ライブドア・ショック」と呼んでいるが、ここでは「株式市場全体の急落」を取り上げるものとする。 経緯 事件前の背景 2005年7月以降、日経平均は7月の1万2000円台から1万6000円台にまで回復するなど、日本経済の復活を象徴するかのような、株価上昇が注目されていた。株式市場は新規の個人投資家を大量に引き入れ活況を呈しており、通常、株式情報を大々的に扱うことのないスポーツ新聞に「バブル再来か?」の見出しが踊り、TV番組では株を買ったことのない芸能人が「株でいくら儲けられるか?」などの特集が組まれるなど、1980年代後半のいわゆるバブル景気時代を彷彿させる状態であった。 (Wikipedia:ホリエモンショック)

ホリエモン・ショック
『ライブドア・ショック』より : ライブドア・ショックは、2006年1月16日、証券取引法違反容疑で、東京地検特捜部がライブドア(現:LDH)本社などに強制捜査を行い、これを受け翌1月17日から始まった「株式市場の暴落」のこと。 なお、この用語は一般的に、ライブドア関連銘柄の暴落だけを指すのではなく、「株式市場全体の急落」を指すことが多い。一部の報道機関では、ライブドアが起こした一連の事件すべてを「ライブドア・ショック」と呼んでいるが、ここでは「株式市場全体の急落」を取り上げるものとする。 経緯 事件前の背景 2005年7月以降、日経平均は7月の1万2000円台から1万6000円台にまで回復するなど、日本経済の復活を象徴するかのような、株価上昇が注目されていた。株式市場は新規の個人投資家を大量に引き入れ活況を呈しており、通常、株式情報を大々的に扱うことのないスポーツ新聞に「バブル再来か?」の見出しが踊り、TV番組では株を買ったことのない芸能人が「株でいくら儲けられるか?」などの特集が組まれるなど、1980年代後半のいわゆるバブル景気時代を彷彿させる状態であった。 (Wikipedia:ホリエモン・ショック)


ホリエモン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ホリエモン - アマゾン検索


「ホリエモン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す