[PR]

日別キーワード

第77位  安城市 - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



安城市
安城市(あんじょうし)は、愛知県西三河地方の市。 愛知県のほぼ中央に位置する内陸部の都市で、愛知県では8番目の人口を有する。1906年に碧海郡安城村と周辺8村で町制を施行、1952年に愛知県で13番目に市制を施行した。毎年夏に開かれる安城七夕まつりで知られる。 明治時代の明治用水の開通により大規模な開墾が行われ、農業の先進的な取り組みが行われたことから、1920年代から1930年代にかけて、農業先進国のデンマークに譬えて「日本デンマーク」と呼ばれた(現在では「日本のデンマーク」と書いている文書も多くあるが、当時はこの呼称が用いられた)。現在は、自動車工業を中心とする機械工業が盛んである。 市名は、ニュースなどでは「あんじょう」と呼んでいるが、地元では「あんじょう」と「じょ」にアクセントをおいて呼んでいる。 地理 名古屋市の南東約30kmに位置し、南北に14.7km、東西に10.0kmの市域を有する。 岡崎平野の中央、矢作川の西岸に位置し、市域の大半を旧藤岡町から三河湾へと続く洪積台地がなだらかな傾斜を描いて縦断している。 (Wikipedia:安城市)

安城市 (京畿道)
安城市(アンソンし)は大韓民国京畿道の南部にある市である。 近世(朝鮮王朝時代)には鍮器の製造をはじめとする商工業で栄えた。朝鮮語で「おあつらえ向き」を意味する慣用句「안성맞춤(アンソンマッチュム)」は、この町の鍮器生産に由来すると説明される(#アンソンマッチュム)。 地理 東部は車嶺山脈に連なる山地となっており、忠清北道との境界に位置する南部の瑞雲山(547m)が最高峰である。安城川が市内に源を発して西に流れている。 西に平沢市、北に龍仁市、東に利川市、東南に忠清北道鎮川郡、西南に忠清南道天安市に隣接する。 古代には奈兮忽(ネヘホル)と呼ばれ、百済・高句麗・新羅がせめぎあう土地であった。6世紀半ば、百済の威徳王と高句麗の陽原王が争った熊川城を安城付近に比定する説もある。新羅時代には白城郡が置かれて漢州に属した。高麗時代の940年に安城郡が置かれ、1018年には水州の属県となった。 朝鮮王朝時代のはじめに安城郡が置かれて忠清道に属したが、1413年には京畿道に編入された。 (Wikipedia:安城市 (京畿道))


安城市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

安城市 - アマゾン検索


「安城市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す