[PR]

日別キーワード

第82位  英米 - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



英米語
『英語』より : 英語(えいご、英語:English language)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。 「英語」という呼称 「英語」の「英」はイギリスの漢字表記である「英吉利」に由来する(「英吉利」という表記自体は、先行する中国語に倣ったもの)。同じような成立の語に「仏語」(仏蘭西語)、「独語」(独逸語)、「西語」(西班牙語)などがあるが、現代日本では「フランス語」、「ドイツ語」、「スペイン語」といった呼称がより普及している。一方英語は「英吉利語」(イギリス語)という呼称もあったがすでに廃れ、「英語」という呼称のみが普及している。 現況 現在イギリス全体としての国家語は英語であるが、イギリスに含まれるイングランドやウェールズやスコットランド、北アイルランドでは英語以外の言語話者もいる。また、イギリス、アメリカ合衆国をはじめとして少なからぬ国で公用語となっており、それぞれが各々の規範を持つ複数中心地言語でもある。 (Wikipedia:英米語)

英米法
『コモン・ロー』より : 英米法(えいべいほう、英語: Anglo-American law, common law)とは、イングランドの国王裁判所及び大法官府裁判所の判例を通じて形成されたコモン・ローとエクイティから成る法体系が、イングランドだけでなく、その支配領域(植民地など)にあった諸地域にも広まったもの。 英米法ないし英米法系とは、イングランド法やニューヨーク州法といった特定の法秩序ないし法体系に着目した概念ではなく、ヨーロッパ大陸諸国の法体系である大陸法系と対比した場合の、複数の国の法体系の共通性ないし類似性に着目して総称した類概念である。 ゲルマン法に由来する中世的慣習法として成立した判例法たるコモン・ローがイングランド法の基礎として発展したことから、イングランド法を基礎とする英米法を指して「コモン・ロー」(common law)とも呼ばれる。 英米法は、イギリスの支配下にあった地域の多くにおいて採用されており、アメリカ合衆国の法体系(アメリカに買収されるまではフランスやスペインが旧宗主国であった関係で大陸法の影響が強いルイジアナ州を除く)もその1つであることから、「英米法」(Anglo-American law)と呼ばれる。 (Wikipedia:英米法)

英米文学
『英文学』より : 英米文学(えいべいぶんがく、英語:English and American literature)とは、イギリス文学とアメリカ文学の総称。 (Wikipedia:英米文学)

英米文学科
『英文学』より : 英米文学(えいべいぶんがく、英語:English and American literature)とは、イギリス文学とアメリカ文学の総称。 (Wikipedia:英米文学科)


英米 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

英米 - アマゾン検索


「英米」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す