[PR]

日別キーワード

第95位  軽水炉 - 2018年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



軽水炉
軽水炉(けいすいろ)は、減速材に軽水(普通の水)を用いる原子炉である。 水は安価で大量に入手でき、高速中性子の減速能力が大きく、冷却材を兼ねることも出来る。しかし、中性子吸収量が大きいため、運転に必要な余剰反応度を確保するには、濃縮ウランを燃料とする必要がある。 アメリカで開発され、現在、世界の80%以上のシェアを占めている(原子炉基数ベース、1999年現在)。2007年現在、日本で商用稼動している原子力発電所は全て軽水炉。 主な軽水炉 沸騰水型原子炉(軽水減速軽水冷却圧力容器型沸騰水炉,BWR) 加圧水型原子炉(軽水減速軽水冷却圧力容器型加圧水炉,PWR)ただし、沸騰水型と加圧水型は冷却材としての水に基づくので、重水炉や黒鉛炉にも同じ分類がある。 軽水炉は現在、商用発電用原子炉の主流を占めている。これは幾つもの特長によるが、課題もある。 小型大出力で、出力当たりプラント建設費が安価水の大きな減速能力により、減速材を薄く燃料棒を密に配置でき、黒鉛炉や重水炉に比べて優れている。 (Wikipedia:軽水炉)


軽水炉 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

軽水炉 - アマゾン検索


「軽水炉」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す