[PR]

日別キーワード

第13位  ブエノスアイレス - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



ブエノスアイレス
ブエノスアイレス(Buenos Aires)は、人口289万人(2010年)を擁するアルゼンチンの首都である。 どの州にも属しておらずブエノスアイレス自治市(西: Ciudad Autónoma de Buenos Aires)とも呼ばれる(なお、1880年の首都令以来、ブエノスアイレス州の州都はラ・プラタ市である)。意味はスペイン語で「buenos(良い)aires(空気、風)」の意。船乗りの望む「順風」が街の名前になったものである.ラ・プラタ川(Río de la Plata スペイン語で「銀の川」の意)に面しており、対岸はウルグアイのコロニア・デル・サクラメント。大ブエノスアイレス都市圏の都市圏人口は1,312万人であり、世界第20位である。建国以来アルゼンチンの政治、経済、文化の中心である。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第20位の都市と評価されており、南米の都市では第1位であった。 (Wikipedia:ブエノスアイレス)

ブエノスアイレス講和条約
『チャコ戦争』より : チャコ戦争(チャコせんそう、スペイン語: Guerra del Chaco)とは、1932年から1938年にかけてボリビアとパラグアイの間で行なわれた戦争。グラン・チャコ戦争(スペイン語: Guerra del Gran Chaco)とも。両国の未確定国境地帯であったグラン・チャコに石油の埋蔵があるという仮説を受けて、その地域の国境を確定させ、また国土拡大の為にボリビアの先制攻撃で始まったが、戦闘はパラグアイが優勢となった。 周辺国とアメリカの仲介によるブエノスアイレス講和条約で戦争は終結した。パラグアイはグラン・チャコ全域の支配権を得て領土を拡張し、一方でボリビアはパラグアイ川のへの河川交通アクセス権を得て、硝石戦争(太平洋戦争(1879年-1884年))以来の水運を確保した。しかし、この戦争で両国は疲弊し、軍部の革命などに繋がった。 背景 元々ボリビアとパラグアイの境界に位置するグラン・チャコは、植民地時代からチャルカスの高等司法院(ボリビア側)とアスンシオン総督(パラグアイ側)の間で領有権が争われていたのだが、その対立が独立以降に持ち越された形となって領土問題ははじまった。 (Wikipedia:ブエノスアイレス講和条約)

ブエノスアイレス地下鉄
『メトロビアスS.A.』より : ブエノスアイレス地下鉄(ブエノスアイレスちかてつ、スペイン語:Subte de Buenos Aires)はアルゼンチンの首都ブエノスアイレス市内の地下鉄。郊外を走る公共鉄道路線とともにメトロビアス社 (Metrovias S.A.) によって運営されている。 ブエノスアイレス地下鉄 (スペイン語: Subterráneo de Buenos Aires)、通称「スブテ (スペイン語発音: [subte])」は1913年に世界で13番目に開業した地下鉄で、ラテンアメリカ、南半球そしてスペインを含むスペイン語圏で初めて開業した地下鉄である。そのため、ブエノスアイレスの地下鉄はスペイン語本来のMetro(メトロ)ではなくリオプラテンセ方言のSubte(スブテ)と表記してある。ブエノスアイレスの地下鉄は日本最古の地下鉄銀座線建設のモデルにもなっており、この開業は日本地下鉄の歴史においても重要な出来事である。 五月広場を中心に枝状に発展してきた路線は、スペインの著名な小説家、ミゲル・デリーベス氏が記しているように”制限のある”路線網であり、市の中心部への混雑を緩和するため、南北へ路線を広げる計画が進められている。 (Wikipedia:ブエノスアイレス地下鉄)

ブエノスアイレス (映画)
『ブエノスアイレス』(原題:春光乍洩、英題:Happy Together)は1997年の香港映画。ウォン・カーウァイ監督。 同性愛がテーマである。本作の企画を監督から持ちかけられたトニー・レオンは「同性愛者役はできない」と一旦出演を辞退したが、「亡き父の恋人をアルゼンチンに探しに行く息子の物語」に書き改めた新企画を提示され了承。ところが現地に着いてみるとストーリーは大きく変更されていた。撮影当時、レスリー・チャンはコンサートツアーの予定があり、遅延に遅延を重ねた撮影の途中でやむを得ず香港へ帰国した(このため、しばらくウォン・カーウァイとの関係が悪化したとも伝えられている)。収拾のつかなくなったストーリーを完結させるために、兵役直前で休業に入る予定だったチャン・チェンとシャーリー・クワンが招集され撮影は続行されたが、クワンの出演シーンは完成バージョンには1カットも使用されていない。 (Wikipedia:ブエノスアイレス (映画))


ブエノスアイレス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ブエノスアイレス - アマゾン検索


「ブエノスアイレス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す