[PR]

日別キーワード

第16位  逆瀬川 - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



逆瀬川
逆瀬川(さかせがわ)は、武庫川水系の支流で兵庫県宝塚市中部を流れる二級河川。 阪急今津線逆瀬川駅周辺の地名である(逆瀬川1~2丁目)。 地理 六甲山地東端部の小笠峠(兵庫県宝塚市小林)に源を発し、東へ急流を下る。中流部の丘陵地帯から北東流に転じ、宝塚市中州と宝塚市末広町の境界で武庫川に注ぐ。 急流故に上流部からの土砂流動が著しく、砂防には長年の取り組みを要した。 流域の自治体 兵庫県 宝塚市。 (Wikipedia:逆瀬川)

逆瀬川駅
逆瀬川駅(さかせがわえき)は、兵庫県宝塚市逆瀬川二丁目にある、阪急電鉄今津線の駅である。駅番号はHK-27。 1921年(大正10年)9月2日 - 阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)西宝線の宝塚駅 - 西宮北口駅間開業と同時に開設。 1926年(大正15年)12月18日 - 西宝線が今津線に改称。 1986年(昭和61年)9月14日 - 橋上駅舎化。 2013年(平成25年)12月21日 - 駅ナンバリング(HK-27)が導入される。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、1987年(昭和62年)に宝塚市の駅前再開発事業により橋上駅舎が竣工した。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。橋上駅舎の2階に窓口、自動券売機、改札口、売店、コンビニエンスストア、トイレが集まっている。ホームと改札内コンコース、改札外コンコースと出入口をそれぞれ連絡するエスカレーター・エレベーターが設置されている。 のりば ※のりば番号は設定されていない。 利用状況 2014年の平日1日平均乗降人員は27,364人(乗車人員:13,573人、降車人員:13,791人)である。 (Wikipedia:逆瀬川駅)

逆瀬川村
(日本 > 大阪府 > 大鳥郡 > 逆瀬川村) 逆瀬川村(さかせがわむら)は、かつて和泉国・伯太県・堺県・大阪府大鳥郡にあった村である。現在の堺市南区逆瀬川、晴美台の一部、槙塚台の一部にあたる。 1661年(寛文元年)から廃藩置県まで伯太藩領。主な商品作物は木綿だったが、明治以降は甘蔗に転じた。また、瓦の生産も明治以降に始まっている。 1871年(明治4年)8月29日(7月14日) 廃藩置県により、伯太県に所属。 1872年(明治4年)1月2日(11月22日) 第1次府県統合により、堺県に所属。 1881年(明治14年)2月7日 堺県の大阪府編入により、大阪府に所属。 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、大鳥郡南上神村の大字となる。 (Wikipedia:逆瀬川村)


逆瀬川 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

逆瀬川 - アマゾン検索


「逆瀬川」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す