[PR]

日別キーワード

第20位  秩父 - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



秩父
『秩父地方』より : 秩父地方(ちちぶちほう)とは、秩父山地に囲まれた埼玉県の地方である。同県の最西部に位置し、概ね秩父市と秩父郡の地域である。 地理 埼玉県を横断する荒川の上流部であり、秩父盆地が広がる。秩父市中心部などには、荒川の浸食作用による河岸段丘がみられる。秩父山地に四方を囲まれており、東京都・山梨県・長野県・群馬県に接している。 地域での主な交通手段としては、道路は国道140号彩甲斐街道・国道140号寄居皆野有料道路・国道299号など、鉄道は秩父鉄道秩父本線、西武鉄道西武秩父線である。 古代、良質の馬産地、銅産地であり、知々夫国造が置かれたり、また坂東八平氏のうちの秩父氏を輩出するなど、昔から開けていた地域である。 なお、秩父地方に関わる日本史上の事件として、以下のものが挙げられる。 708年(和銅元年) 和同開珎の鋳造 武蔵国(現在の秩父市黒谷)から和銅(にきあかがね、純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出した事を記念して、「和銅」に改元するとともに、日本最古の貨幣とされる和同開珎が作られたとされる。 (Wikipedia:秩父)

秩父鉄道秩父本線
秩父本線(ちちぶほんせん)は、埼玉県羽生市の羽生駅と同県秩父市の三峰口駅とを結ぶ秩父鉄道の鉄道路線である。 路線データ 路線距離(営業キロ):71.7 km 軌間:1067 mm 駅数:37駅(起終点駅・貨物駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線電化(直流1500V) 最高速度:85km/h 閉塞方式:自動閉塞式 保安装置:ATS 車両基地:広瀬川原車両基地 路線名について 本路線の名称は「秩父本線」だが、この名称は沿線住民には浸透しておらず、また秩父鉄道社内における旅客営業路線が1線のみであることから本路線は「秩父線」あるいは「秩父鉄道」「秩鉄(ちちてつ)」と呼ばれて親しまれている。 (Wikipedia:秩父鉄道秩父本線)

秩父鉄道本線
『秩父鉄道秩父本線』より : 秩父本線(ちちぶほんせん)は、埼玉県羽生市の羽生駅と同県秩父市の三峰口駅とを結ぶ秩父鉄道の鉄道路線である。 路線データ 路線距離(営業キロ):71.7 km 軌間:1067 mm 駅数:37駅(起終点駅・貨物駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線電化(直流1500V) 最高速度:85km/h 閉塞方式:自動閉塞式 保安装置:ATS 車両基地:広瀬川原車両基地 路線名について 本路線の名称は「秩父本線」だが、この名称は沿線住民には浸透しておらず、また秩父鉄道社内における旅客営業路線が1線のみであることから本路線は「秩父線」あるいは「秩父鉄道」「秩鉄(ちちてつ)」と呼ばれて親しまれている。 (Wikipedia:秩父鉄道本線)

秩父本線
『秩父鉄道秩父本線』より : 秩父本線(ちちぶほんせん)は、埼玉県羽生市の羽生駅と同県秩父市の三峰口駅とを結ぶ秩父鉄道の鉄道路線である。 路線データ 路線距離(営業キロ):71.7 km 軌間:1067 mm 駅数:37駅(起終点駅・貨物駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線電化(直流1500V) 最高速度:85km/h 閉塞方式:自動閉塞式 保安装置:ATS 車両基地:広瀬川原車両基地 路線名について 本路線の名称は「秩父本線」だが、この名称は沿線住民には浸透しておらず、また秩父鉄道社内における旅客営業路線が1線のみであることから本路線は「秩父線」あるいは「秩父鉄道」「秩鉄(ちちてつ)」と呼ばれて親しまれている。 (Wikipedia:秩父本線)

秩父鉄道線
『秩父鉄道秩父本線』より : 秩父本線(ちちぶほんせん)は、埼玉県羽生市の羽生駅と同県秩父市の三峰口駅とを結ぶ秩父鉄道の鉄道路線である。 路線データ 路線距離(営業キロ):71.7 km 軌間:1067 mm 駅数:37駅(起終点駅・貨物駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線電化(直流1500V) 最高速度:85km/h 閉塞方式:自動閉塞式 保安装置:ATS 車両基地:広瀬川原車両基地 路線名について 本路線の名称は「秩父本線」だが、この名称は沿線住民には浸透しておらず、また秩父鉄道社内における旅客営業路線が1線のみであることから本路線は「秩父線」あるいは「秩父鉄道」「秩鉄(ちちてつ)」と呼ばれて親しまれている。 (Wikipedia:秩父鉄道線)

秩父鉄道12系客車
『国鉄12系客車』より : 国鉄12系客車(こくてつ12けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1969年(昭和44年)から1978年(昭和53年)まで、合計603両を製造した急行形座席客車のグループである。 当初から冷房装置を搭載し、また自動ドアの客車初採用などの改良で旅客サービスや安全面の向上に大きな成果を挙げた。このほか、客車初の分散ユニット型電源システムによる電源供給の効率化が図られ、2段式ユニット窓やFRP部材の採用などでコストダウンをも図るなど、多くの技術面でその後の国鉄客車の基本となった車両である。 開発の経緯 当初は、1970年(昭和45年)の日本万国博覧会(大阪万博)輸送を念頭に、臨時列車・団体列車を含めた波動輸送用車両として製造された。 既に、電車・気動車が旅客輸送の主力となっていた時期であるが、あえて客車として製作された。その理由は以下の通りである。 臨時列車や団体列車などは多客期のみの運転であり、閑散期には車両を車庫で留置しておかざるを得ない。このような用途に動力装置を持つ電車・気動車を増備することは、製造・保守のコストがかかる。 (Wikipedia:秩父鉄道12系客車)

秩父鉄道1000系電車
ファイル:Chichibu Railway 1000.jpg thumb 240px 秩父鉄道1000系オリジナル塗装車(2007年12月2日撮影)
ファイル:Ctk1009.jpg thumb 240px 秩父鉄道1000系デハ1009(2005年6月、広瀬川原貨物駅にて撮影)
ファイル:Yorii Station, Chichibutets.jpg thumb 240px 寄居駅に停車中の秩父鉄道1000系。左は東武東上線の8000系(2006年1月撮影)
秩父鉄道1000系電車(ちちぶてつどう1000けいでんしゃ)は、1986年(昭和61年)に登場した秩父鉄道の通勤形電車で、国鉄101系電車の譲受車である。
本系列は、秩父鉄道100形電車 100形や秩父鉄道800系電車 800系(元小田急電鉄小田急1800形電車 1800形)といった吊り掛け駆動方式の車両を置き換えるために、1986年から1989年(平成元年)にかけて元日本国有鉄道(国鉄)→東日本旅客鉄道(JR東日本)の101系のうち状態の良い3両編成12本36両を非冷房車のままで購入した。
(Wikipedia:秩父鉄道1000系電車)

秩父郡
秩父郡(ちちぶぐん) は、埼玉県(武蔵国)の郡。 人口40,737人、面積351.85km²、人口密度116人/km²。(2016年2月1日、推計人口) 以下の4町1村を含む。 横瀬町(よこぜまち) 皆野町(みなのまち) 長瀞町(ながとろまち) 小鹿野町(おがのまち) 東秩父村(ひがしちちぶむら)秩父市とあわせて秩父地方とも呼ばれる。 郡域 上記5町村以外では、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。 秩父市(全域) 飯能市(大字坂石、坂石町分、南、南川、北川、高山、坂元、上名栗、下名栗) 比企郡ときがわ町(大字大野、椚平) 大里郡寄居町(大字金尾、風布) 児玉郡神川町(大字矢納) 古代には、良質な馬産地かつ銅産地であり、それを財政的な基盤にして国造(知知夫国造)や秩父氏の輩出をみた。 (Wikipedia:秩父郡)

秩父崩れ
『近思録崩れ』より : 近思録崩れ(きんしろくくずれ)は、江戸時代後期文化5年(1808年)から翌6年(1809年)にかけて薩摩藩(鹿児島藩)で勃発したお家騒動。文化朋党事件、秩父崩れとも言われる。処分者の数は有名なお由羅騒動より多い77名であり、薩摩藩の経済改革が遅れる原因となった。 命名の由来は、処分された秩父季保らが『近思録』(朱子学の教本で、儒教の実践に重きを置く)の学習会によって同志を募ったことから。 原因 この事件に至る背景には、複数の理由が挙げられる。 島津重豪の放漫財政 もっとも言われる原因がこれである。 鹿児島藩8代藩主・島津重豪は他藩より遅れた自藩の状況に懸念を抱き、計画倒れになっていた藩校・造士館の建立や、天文観測所・明時館や佐多薬園をはじめとする蘭学に関する施設建設、他地域からの商人の招聘などの政策を採った。 しかし、鹿児島藩は江戸時代初期から慢性的に赤字であり、更に先年宝暦治水事業を負わされ莫大な借財を抱えていた。その上での文化事業に加え、鳥見職設置による貴重な生物がいる土地の開発を禁止したいわゆる動植物保護政策により、鹿児島藩は農民ばかりではなく、実質的に開墾で生活している郷士を初めとする武士階級にも高負担を強いる財政構造に転落していった。 (Wikipedia:秩父崩れ)

秩父鉄道3000系電車
秩父鉄道3000系電車(ちちぶてつどう3000けいでんしゃ)は、かつて秩父鉄道に在籍していた急行列車用の電車である。
秩父鉄道では、急行用車両として自社発注の秩父鉄道300系電車 300系を使用してきたが、車両自体の老朽化が激しい上に冷房化ができないため、乗客サービス上で難点を抱えていた。そこで、同形式の置き換えを計画した。
その結果、東日本旅客鉄道(JR東日本)の急行形車両である国鉄165系電車 165系を1992年(平成4年)に3両編成3本(9両)を購入の上、自社で日本電装_(埼玉県) 日本電装(現・デンソーの旧社名と同名だが、同社とは無関係である。)による出張改造を行って登場した車両である。
導入に際しては、主電動機出力のデチューン(120kW→105kW)、マスター・コントローラーの交換に伴う抑速ブレーキの使用停止、無線アンテナの交換(棒形→逆L字形)、保安設備の変更(ATS-P,SN→秩鉄形ATS)、前面の非貫通化、中央窓の大型化、前照灯・尾灯の形状変更(スクエアライト化)、愛称表示板差しの新設、上部列車種別表示器の撤去、上部標識灯の新設、集電装置 パンタグラフの増設を施工した。また、アルミサッシのブロンズ化、灰皿の撤去、デッキ仕切りドアの自動化など車内設備を一新させ、秩父鉄道オリジナルな印象になった。なお、座席は往年の向かい合わせボックスタイプの鉄道車両の座席 クロスシートを維持しているが、処理設備の関係で列車便所 トイレは使用できなくなっていた。
(Wikipedia:秩父鉄道3000系電車)

秩父鉄道6000系電車
車両名=秩父鉄道6000系電車
社色=#0000FF
unit=self
両数=3
営業最高速度=85km/h
車両定員=クハ6200・82名デハ6100・86名デハ6200・80名
編成定員=248名
全長=20,000mm
全幅=2,880mm
全高=4,060mm
車両重量=
編成重量=
軌間=1,067mm
電気方式=直流電化 直流1,500V
モーター出力=150kW
編成出力=1,200kW
歯車比=86:15 (5.73)
制御装置 電動カム軸式抵抗制御日立MMC-HTB-20E
(Wikipedia:秩父鉄道6000系電車)

秩父地方
秩父地方(ちちぶちほう)とは、秩父山地に囲まれた埼玉県の地方である。同県の最西部に位置し、概ね秩父市と秩父郡の地域である。 地理 埼玉県を横断する荒川の上流部であり、秩父盆地が広がる。秩父市中心部などには、荒川の浸食作用による河岸段丘がみられる。秩父山地に四方を囲まれており、東京都・山梨県・長野県・群馬県に接している。 地域での主な交通手段としては、道路は国道140号彩甲斐街道・国道140号寄居皆野有料道路・国道299号など、鉄道は秩父鉄道秩父本線、西武鉄道西武秩父線である。 古代、良質の馬産地、銅産地であり、知々夫国造が置かれたり、また坂東八平氏のうちの秩父氏を輩出するなど、昔から開けていた地域である。 なお、秩父地方に関わる日本史上の事件として、以下のものが挙げられる。 708年(和銅元年) 和同開珎の鋳造 武蔵国(現在の秩父市黒谷)から和銅(にきあかがね、純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出した事を記念して、「和銅」に改元するとともに、日本最古の貨幣とされる和同開珎が作られたとされる。 (Wikipedia:秩父地方)

秩父盆地
『秩父地方』より : 秩父地方(ちちぶちほう)とは、秩父山地に囲まれた埼玉県の地方である。同県の最西部に位置し、概ね秩父市と秩父郡の地域である。 地理 埼玉県を横断する荒川の上流部であり、秩父盆地が広がる。秩父市中心部などには、荒川の浸食作用による河岸段丘がみられる。秩父山地に四方を囲まれており、東京都・山梨県・長野県・群馬県に接している。 地域での主な交通手段としては、道路は国道140号彩甲斐街道・国道140号寄居皆野有料道路・国道299号など、鉄道は秩父鉄道秩父本線、西武鉄道西武秩父線である。 古代、良質の馬産地、銅産地であり、知々夫国造が置かれたり、また坂東八平氏のうちの秩父氏を輩出するなど、昔から開けていた地域である。 なお、秩父地方に関わる日本史上の事件として、以下のものが挙げられる。 708年(和銅元年) 和同開珎の鋳造 武蔵国(現在の秩父市黒谷)から和銅(にきあかがね、純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出した事を記念して、「和銅」に改元するとともに、日本最古の貨幣とされる和同開珎が作られたとされる。 (Wikipedia:秩父盆地)

秩父市
秩父市(ちちぶし)は、埼玉県北西部、秩父地方にある人口約6.4万人の市。面積は約578km²で、埼玉県内で最も広い市町村である。 地理 秩父山地に囲まれた秩父盆地の中央部に、中心市街地が位置している。秩父地方では唯一の市である。市域のほとんどが秩父多摩甲斐国立公園や、武甲・西秩父といった埼玉県立の自然公園に指定されている。荒川が、南西から北東に流れ河岸段丘を形成する。市の南東にそびえる武甲山では石灰石を産出し、露天掘りが行われている。 気候 気候は、盆地で内陸型気候である。夏は暑く、時には猛暑日になることもあるが、他の関東地方の主要都市と比べると湿度が低く、熱帯夜になることも少ないためすごしやすい。冬は埼玉県の中でも寒さが厳しく、氷点下5°Cを下回ることもしばしばある。 隣接している自治体 埼玉県の自治体では唯一、南隣の東京都と北隣の群馬県の両方に接している。他の4つの都道府県と接する市町村としては、秩父市以外には岐阜県高山市と京都府南丹市のみであり、大変珍しい。 (Wikipedia:秩父市)

秩父鉄道
秩父鉄道株式会社(ちちぶてつどう)は、埼玉県北部に路線を有する鉄道事業、不動産業、観光事業を行う日本の会社である。本社は埼玉県熊谷市に所在する。 埼玉県北部を東西に横断する秩父本線(秩父線)と、貨物線である三ヶ尻線の2路線を保有・運営している。長瀞渓谷や宝登山を中心とする長瀞の観光開発を行ってきた会社でもあり、直営の「長瀞ライン下り」は大正時代からの歴史を有する。 過去には、乗合バス、貸切バス事業、索道事業(三峰ロープウェイ)も行っていた。バス部門は秩父鉄道観光バスに分社している。三峰ロープウェイは廃止になっているが、子会社の宝登興業では現在も索道事業(宝登山ロープウェイ)を行っている。 太平洋セメントが筆頭株主であり、同社の前身である秩父セメント時代から行っている武甲山から産出される石灰石を運ぶ貨物輸送が盛んである(「諸井恒平」を参照)。 鉄道事業者では唯一のJASDAQ上場企業(証券コード : 9012)である。 会社の略称として「秩父」「秩鉄」「ちちてつ」「CTK」(C.T.K.)が用いられることがある。 (Wikipedia:秩父鉄道)

秩父原人
『旧石器捏造事件』より : 旧石器捏造事件(きゅうせっき ねつぞう じけん) は、考古学研究家の藤村新一の自作自演により、日本各地で「~原人」ブームを巻き起こし、日本の前期・中期旧石器時代の遺物や遺跡だとされていたものが、全て捏造だったと発覚した事件である。中学校・高等学校の歴史教科書はもとより大学入試にも影響が及んだ日本考古学界最大のスキャンダルとされ、2000年11月5日の毎日新聞朝刊で報じられたスクープによって発覚した。 火山灰層の年代にのみ頼りがちであったことなど、日本の旧石器研究の未熟さが露呈された事件であった。縄文時代以降では、明確な遺構が地下を掘削して造られており、土の性格から直ちに真偽が判断可能なため、捏造は不可能である。 経緯 2000年11月の発覚当時、「捏造」を行っていた藤村新一は民間研究団体「東北旧石器文化研究所」の副理事長を務めていたが、彼が捏造を開始したのは1970年代にアマチュアとして、宮城県の旧石器研究グループに近づいた時からだった。 (Wikipedia:秩父原人)

秩父鉄道100形電車
社色=#800000
車両名=秩父鉄道100形電車
起動加速度=
営業最高速度=
設計最高速度=
減速度(通常)=
減速度(非常)=
車両定員=・デハ100形 - 126(座席56)・クハ60形 - 116(座席46)・クハニ20形 - 100(座席46)
編成定員=
全長=17,630
全幅=2,840
全高=・デハ100形 - 4,100mm・クハ60形、クハニ20形 - 4,066
車両重量=・デハ100形 - 35.2t・クハ60形 - 29.2t・クハニ20形 - 31.2t
編成重量=
軌間=1,067(狭軌)
電気方式=直流電化 直流1,500V
駆動装置=吊り掛け駆動方式 釣掛駆動方式
編成出力=95kW×4基(電動機形式:MB-146-CF)
(Wikipedia:秩父鉄道100形電車)

秩父氏
秩父氏(ちちぶし)は、日本の武家のひとつ。本姓は平氏。桓武平氏の一門、坂東平氏の流れで、坂東八平氏のひとつに数えられる。鎮守府将軍・平良文の孫で、桓武天皇6世にあたる平将恒を祖とし、平将門の女系子孫でもある。後に秩父平氏と呼ばれる多くの支流を出した名族で、「武蔵国留守所総検校職」として武蔵国内の武士を統率・動員する権限を有し、秩父氏館(吉田城)を居城とした。秩父氏一門の諸氏族は主に「重」の字を通字とした。 はじまり 初代の平将恒は、武蔵介・平忠頼と、平将門の娘・春姫との間に生まれ、武蔵国秩父郡を拠点として秩父氏を称した。秩父地方は、産出した銅が708年に朝廷へ献上されて「和銅」に改元されるなど、古代より良質の馬や銅の産地として栄えた土地であった。 将恒の父・忠頼は平将門の従兄弟にあたり、将門と対立した平繁盛を仇敵と呼び、将門の娘・春姫を妻としていることからも、忠頼の父・良文は将門と親しかったものと思われ、忠頼の息子である将恒の「将」の字も将門から引き継いだものと思われる。 (Wikipedia:秩父氏)

秩父党
『秩父氏』より : 秩父氏(ちちぶし)は、日本の武家のひとつ。本姓は平氏。桓武平氏の一門、坂東平氏の流れで、坂東八平氏のひとつに数えられる。鎮守府将軍・平良文の孫で、桓武天皇6世にあたる平将恒を祖とし、平将門の女系子孫でもある。後に秩父平氏と呼ばれる多くの支流を出した名族で、「武蔵国留守所総検校職」として武蔵国内の武士を統率・動員する権限を有し、秩父氏館(吉田城)を居城とした。秩父氏一門の諸氏族は主に「重」の字を通字とした。 はじまり 初代の平将恒は、武蔵介・平忠頼と、平将門の娘・春姫との間に生まれ、武蔵国秩父郡を拠点として秩父氏を称した。秩父地方は、産出した銅が708年に朝廷へ献上されて「和銅」に改元されるなど、古代より良質の馬や銅の産地として栄えた土地であった。 将恒の父・忠頼は平将門の従兄弟にあたり、将門と対立した平繁盛を仇敵と呼び、将門の娘・春姫を妻としていることからも、忠頼の父・良文は将門と親しかったものと思われ、忠頼の息子である将恒の「将」の字も将門から引き継いだものと思われる。 (Wikipedia:秩父党)

秩父事件
秩父事件(ちちぶじけん)は、1884年(明治17年)10月31日から11月9日にかけて、埼玉県秩父郡の農民が政府に対して起こした武装蜂起事件。自由民権運動の影響下に発生した、いわゆる「激化事件」の代表例ともされてきた。 事件の背景 江戸時代末期以来、富国強兵の大義名分のもと年々増税等が行われる中、1881年(明治14年)10月に大蔵卿に就任した松方正義によるいわゆる松方財政の影響により、現在でいうデフレスパイラルが発生し(松方デフレ)、いまだ脆弱であった日本の経済、とりわけ農業部門には深刻な不況が発生した。農作物価格の下落が続き、元来決して裕福とはいえない農産地域の中には、さらなる困窮に陥る地域も多く見られるようになっていった。 国内的には主として上記の松方財政の影響、さらには1873年から1896年ごろにかけて存続したヨーロッパ大不況のさなかに発生した1882年のリヨン生糸取引所(同取引所はフランスのみならず、当時欧州最大の生糸取引所のひとつであった)における生糸価格の大暴落の影響により、1882年から1883年にかけて生糸の国内価格の大暴落が発生した。 (Wikipedia:秩父事件)


秩父 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

秩父 - アマゾン検索


「秩父」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す