[PR]

日別キーワード

第22位  日本共産党 - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本共産党
日本共産党(にほんきょうさんとう、英語: Japanese Communist Party)は、日本の政党。略称は共産党、共産、JCP。1字表記の際は、共と表記される。 所属国会議員数で民進党に次ぐ野党第2党。 科学的社会主義を党是とする。当面は対米従属と大企業の支配に対する民主主義革命を、将来的には社会主義的変革を目指すとする。 日本共産党の国会議員数は、衆議院議員21名、参議院議員11名で民主党に次ぐ野党第2党である。また、7人の党員地方自治体首長や約2800人の地方議員を抱える。 党名・党章 正式な党名は日本共産党。略称は共産党、共産。英語名は Japanese Communist Party。英語略称は JCP。 「日共」との呼称は批判的立場から使用される場合が多い。また党本部の住所は千駄ヶ谷だが最寄り駅が代々木駅のため、暗示的に「代々木」と呼ばれる場合もあるが、これは日本共産党(の現執行部)を日本の正統な共産党と認めない新左翼などの他の共産主義者から使用される場合に多い。 (Wikipedia:日本共産党)

日本共産党幹部宅盗聴事件
日本共産党幹部宅盗聴事件(にほんきょうさんとうかんぶたくとうちょうじけん)は、1985年から1986年にかけて、当時日本共産党国際部長であった緒方靖夫宅の電話が警察官によって盗聴された事件である。 公安警察の存在が注目を浴び、検察の捜査の合法性にも疑問が投げかけられた。また、警察の組織的犯行を疑う見方もある。 事件経緯 1986年11月27日、東京都町田市にある日本共産党国際部長・緒方靖夫宅の電話が盗聴されていたことが発覚。通話中の雑音や音質低下に不審を抱いた緒方が日本電信電話(NTT)町田電話局に通報、職員の調査により緒方宅から100メートル離れたアパートで盗聴が行われていたことがわかった。 通報を受けた警視庁町田警察署は当初捜査を拒否。NTTによる告発も一度不受理の後、29日になって受理し、12月1日に実況見分を実施した(ただし、この時に警察が証拠隠滅を図った疑いも持たれている)。 他方で東京地方検察庁は11月28日に緒方からの告発を受ける。公安警察との関係を懸念して地検公安部ではなく特捜部によって捜査が開始され、まもなく神奈川県警察本部警備部公安第一課所属の複数の警察官が1985年夏から盗聴を行っていた事実を突き止めた。 (Wikipedia:日本共産党幹部宅盗聴事件)

日本共産党革命左派神奈川県委員会
日本共産党(革命左派)神奈川県常任委員会(にほんきょうさんとう かくめいさは かながわけんじょうにんいいんかい、通称:革命左派)は、1960年代から1980年代にかけて存在した日本の新左翼党派の一つ。名称は日本共産党革命左派神奈川県委員会、または単に日本共産党(革命左派)とも。一般的には大衆組織名の京浜安保共闘(けいひんあんぽきょうとう)で知られる。 名称に「日本共産党」を冠しているが人脈的には共産主義者同盟マルクス・レーニン主義派(ML派)を主な起源とする共産主義者同盟ブント系の党派であり、他の日本共産党を冠する諸党派と異なり、日本の国政政党である「日本共産党」とは、人脈的関係はほとんど無い。 連合赤軍や日本労働党の母体の一つとして知られる。毛沢東思想を掲げ、「反米愛国」をスローガンに、当初は労働運動を、後に武装闘争を中心とした活動を行った。党の青年組織として「青年共産同盟」、大衆組織として革命左派の各種大衆団体(学生戦闘団、京浜労働者反戦団、婦人解放同盟など)及び共闘関係にあった東京共青による「京浜安保共闘」を持ち、非合法部門として「人民革命軍」を持っていた。 (Wikipedia:日本共産党革命左派神奈川県委員会)

日本共産党神奈川県常任委員会革命左派
『日本共産党革命左派神奈川県委員会』より : 日本共産党(革命左派)神奈川県常任委員会(にほんきょうさんとう かくめいさは かながわけんじょうにんいいんかい、通称:革命左派)は、1960年代から1980年代にかけて存在した日本の新左翼党派の一つ。名称は日本共産党革命左派神奈川県委員会、または単に日本共産党(革命左派)とも。一般的には大衆組織名の京浜安保共闘(けいひんあんぽきょうとう)で知られる。 名称に「日本共産党」を冠しているが人脈的には共産主義者同盟マルクス・レーニン主義派(ML派)を主な起源とする共産主義者同盟ブント系の党派であり、他の日本共産党を冠する諸党派と異なり、日本の国政政党である「日本共産党」とは、人脈的関係はほとんど無い。 連合赤軍や日本労働党の母体の一つとして知られる。毛沢東思想を掲げ、「反米愛国」をスローガンに、当初は労働運動を、後に武装闘争を中心とした活動を行った。党の青年組織として「青年共産同盟」、大衆組織として革命左派の各種大衆団体(学生戦闘団、京浜労働者反戦団、婦人解放同盟など)及び共闘関係にあった東京共青による「京浜安保共闘」を持ち、非合法部門として「人民革命軍」を持っていた。 (Wikipedia:日本共産党神奈川県常任委員会革命左派)

日本共産党委員長
日本共産党委員長(にほんきょうさんとういいんちょう)は、日本共産党の事実上の党首に相当する役職。党の中央委員会総会で選出される。正式名称は、日本共産党中央委員会幹部会委員長(にほんきょうさんとうちゅうおういいんかいかんぶかいいいんちょう)。 日本共産党は党規約により最高職の明文規定はなく、中央委員会議長、書記局長、そしてこの幹部会委員長の党三役が党首として機能している。近年では、政治資金収支報告書では委員長が日本共産党の代表者となっており、内閣総理大臣指名選挙や党首討論では委員長が党を代表するのが通例であり、党外からは委員長が党首として遇される。委員長になった者は長期間その職を務める傾向があり、委員長退任後は中央委員会議長に就任している。 幹部会委員長の志位和夫は、日常的な最高指導機関である中央委員会常任幹部会委員に就任している(「幹部会」と「常任幹部会」は後述のとおり別の機関)。常任幹部会の議事を担当する等の中心人間が事実上の党首と目されるが、会に委員長・議長などの役職はなく、公開される委員は五十音順で表記されており、委員の中で誰が議事を担当する等の中心人間かは外部からは不明である。 (Wikipedia:日本共産党委員長)

日本共産党査問リンチ事件
日本共産党スパイ査問事件(にほんきょうさんとうスパイさもんじけん)とは、治安維持法下の1933年に東京府東京市(現東京都)で発生した日本共産党中央委員であった小畑達夫が死亡し、同じく中央委員であった大泉兼蔵らが負傷した事件。 両者は「日本共産党にもぐりこんだ特別高等警察のスパイ」として査問とよばれるリンチにかけられたものだと裁判では認定されたが、戦前の治安維持法の下で行われた裁判であったためGHQから司法省に対し指示があり、判決は無効となり資格回復の措置がとられた。日本共産党側はリンチの存在を否定している。 事件の概要 1933年、当時日本共産党中央常任委員であった宮本顕治、袴田里見らが、当時の党中央委員大泉兼蔵と小畑達夫にスパイ容疑があるとして査問処分を行うことを決定し、12月23日、二人を渋谷区内のアジトに誘い出した。 宮本らは針金等で手足を縛り、目隠しと猿轡をした上に押し入れ内に監禁した。秋笹正之輔、逸見重雄らが二人に対して暴行を行ったため、小畑は24日、外傷性ショックにより死亡した。 (Wikipedia:日本共産党査問リンチ事件)

日本共産党スパイ査問事件
日本共産党スパイ査問事件(にほんきょうさんとうスパイさもんじけん)とは、治安維持法下の1933年に東京府東京市(現東京都)で発生した日本共産党中央委員であった小畑達夫が死亡し、同じく中央委員であった大泉兼蔵らが負傷した事件。 両者は「日本共産党にもぐりこんだ特別高等警察のスパイ」として査問とよばれるリンチにかけられたものだと裁判では認定されたが、戦前の治安維持法の下で行われた裁判であったためGHQから司法省に対し指示があり、判決は無効となり資格回復の措置がとられた。日本共産党側はリンチの存在を否定している。 事件の概要 1933年、当時日本共産党中央常任委員であった宮本顕治、袴田里見らが、当時の党中央委員大泉兼蔵と小畑達夫にスパイ容疑があるとして査問処分を行うことを決定し、12月23日、二人を渋谷区内のアジトに誘い出した。 宮本らは針金等で手足を縛り、目隠しと猿轡をした上に押し入れ内に監禁した。秋笹正之輔、逸見重雄らが二人に対して暴行を行ったため、小畑は24日、外傷性ショックにより死亡した。 (Wikipedia:日本共産党スパイ査問事件)

日本共産党 (マルクス・レーニン主義)
日本共産党(マルクス・レーニン主義)(にほんきょうさんとう マルクス レーニンしゅぎ)は、日本の新左翼党派(親中国共産党 中共派系)。
指導者は、安斎庫治。
機関紙誌は、『プロレタリア』など。
1974年7月、日本共産党(マルクス・レーニン主義)山口県委員会と日本共産党再建準備委員会が統合して結成。
1999年6月、共産主義者同盟 (赫旗派) 共産主義者同盟〔赫旗派〕と統合して労働者共産党を結成。
労農通信社
日本青年共産主義同盟
新左翼 にほんきようさんとうまるくすれえにんしゆき
日本の左翼団体 にほんきようさんとうまるくすれえにんしゆき
日本共産党 にほんきようさんとうまるくすれえにんしゆき
(Wikipedia:日本共産党 (マルクス・レーニン主義))

日本共産党(マルクス・レーニン主義)
『日本共産党 (マルクス・レーニン主義)』より : 日本共産党(マルクス・レーニン主義)全国委員会(にほんきょうさんとう マルクス レーニンしゅぎ ぜんこくいいんかい)は、1974年から1999年まで存在した日本の新左翼党派(親中国共産党系)。 指導者は、安斎庫治。 機関紙誌は、『プロレタリア』など。 1972年8月に結成された「前衛党建設をめざすマルクス・レーニン主義者全国協」が破綻した後、そのうちの安斎庫治らと「日本共産党(マルクス・レーニン主義)山口県委員会」を名乗るグループが1974年7月に統合して結成。 1999年6月、共産主義者同盟〔赫旗派〕と統合して労働者共産党を結成。 関連組織・団体 労農通信社 日本青年共産主義同盟。 (Wikipedia:日本共産党(マルクス・レーニン主義))

日本共産党 (左派)
日本共産党(左派)(にほんきょうさんとう さは)は、日本の左翼党派(親中共派系)。 通称、「日共左派」、「人民の星派」。 機関紙は『人民の星』(隔日刊、週3回発行)。 機関誌は『革命戦士』。 他に準機関紙として長周新聞社『長周新聞』。
1966年9月、日本共産党から分裂し、日本共産党山口県委員会(左派)(日共山口左派)を結成。
1969年11月、日本共産党(左派)が結成され、創設者・福田正義が議長に就任。
1975年3月、隈岡隆春ら関東派が分裂。
2001年12月23日、議長・福田正義が心不全により死去。90歳。
人民の星社 - 公然拠点
長周新聞社 - 『長周新聞』発行元
日本共産主義青年同盟
(Wikipedia:日本共産党 (左派))

日本共産党(左派)
『日本共産党 (左派)』より : 日本共産党(左派)(にほんきょうさんとう さは)は、日本の左翼組織の一つ。日本共産党から除名された福田正義らが1969年11月に結成した。親中国系である。「日共左派」、「山口左派」「人民の星派」ともいう。日本各地に支部を持つが、主に山口県で活動する。結党時の政治報告に、左翼ナショナリズム色が強い「反米帝・反売国の愛国正義」を掲げる。 1966年9月に日本共産党山口県委員会は、中国に従って分派活動をおこなった福田正義らを除名した。除名後、福田らは「日本共産党山口県委員会(左派)」と称した。1969年11月、福田らは「日本共産党(左派)第一回全国大会」を開催し、「一九二二年以来の日本共産党の革命的伝統を継承する唯一の組織」と称し、以後、「日本共産党(左派)中央委員会」と名乗っている。 山口県に拠点を置き、毛沢東主義の立場から、中国共産党の長征になぞらえて山口県を「日本の延安」と捉えていた。概して新左翼の学生運動には好意的だったが、連合赤軍は批判していた。1971年9月20日に議長の福田が訪中した際には、周恩来首相に「日本の真の革命政党の代表」と持ち上げられた。 (Wikipedia:日本共産党(左派))

日本共産党書記局長
日本共産党中央委員会書記局長(にほんきょうさんとうちゅうおういいんかいしょききょくちょう)は、日本共産党中央委員会書記局の責任者で、他党でいう幹事長や書記長に相当する。中央委員会総会で選出され、委員長に次いで党の顔として活動する。 戦後再建された日本共産党には「書記長」が置かれ、中央委員会議長に次ぐ、実務的には党首級のポストであった。1970年の第11回党大会で書記長は廃止され、その権能は新設された中央委員会幹部会委員長と書記局長とに分割された。 不破哲三、志位和夫のように、党外では無名だった若手が抜擢されることもある。将来の党中央指導者の試金石というべきポストでもある。 書記局長が病気療養中の場合などに、臨時の書記局長代行職が置かれることもある(例:筆坂秀世、山下芳生)。 日本共産党書記局長一覧 関連項目 日本共産党中央委員会幹部会委員長 日本共産党中央委員会議長。 (Wikipedia:日本共産党書記局長)

日本共産党 (日本のこえ)
日本共産党(日本のこえ)(にほんきょうさんとう にほんのこえ)は、日本の親ソビエト連邦 ソ連派党派。 指導者は、志賀義雄。
1964年7月 新聞「日本のこえ」創刊。志賀義雄・鈴木市蔵・神山茂夫・中野重治が当初のメンバーであった。「日本のこえ」の命名者は中野重治といわれる。
1967年1月の総選挙で志賀は落選。10月、神山・中野が離脱。
1968年1月 日本のこえに改称。この年の参議院選挙で鈴木が落選。結果、国会議員がいなくなる。
1977年 平和と社会主義に改称。
日本の左翼団体 にほんきようさんとうにほんのこえ
日本共産党 にほんきようさんとうにほんのこえ
(Wikipedia:日本共産党 (日本のこえ))

日本共産党(日本のこえ)
『日本共産党 (日本のこえ)』より : 日本共産党(日本のこえ)(にほんきょうさんとう にほんのこえ)は、1964年に結成された日本の親ソ派の共産主義党派。 部分的核実験停止条約の批准をめぐってソ連を支持したために日本共産党を除名された志賀義雄・鈴木市蔵・神山茂夫・中野重治が結成。中野の命名によって党名に「日本のこえ」とつけた。しかし1967年1月の総選挙で志賀が落選すると早々と党内対立が表面化。10月には神山・中野が離脱し、翌1968年1月に党名から「日本共産党」を取り除いた日本のこえに改称。だが、同年の参院選で改選を迎えていた鈴木は出馬を断念してしまい、結果として国会議員がいなくなってしまう。1977年には「平和と社会主義」編集会議と改称するが、1979年に日本共産党がソ連共産党との関係を修復してしまうと、影響力を大きく失うことになった。現在は消滅している。また、1960年代には反志賀派党員の一部が離党し日本のこえ(左派)を結成、その後共産主義労働者党に合流する。志賀が部落解放同盟を主な支持基盤としていたことから、結党当初には解放同盟系の活動家が多数参加していた(その中の一人に後に解放同盟委員長・日本社会党衆議院議員となる上田卓三がいる)。 (Wikipedia:日本共産党(日本のこえ))

日本共産党第6回全国協議会
日本共産党 第6回全国協議会(にほんきょうさんとうだい6かいぜんこくきょうぎかい)とは、1955年7月27~29日に行われた、日本共産党がそれまでの中国革命に影響を受けた「農村から都市を包囲する」式の武装闘争方針の放棄を決議した会議である。「六全協」(ろくぜんきょう)と略して呼ばれることも多い。 この六全協で北京にいた徳田球一書記長が2年前の1953年に死亡していたことが発表され、第一書記に野坂参三、書記局員に紺野与次郎・志田重男・宮本顕治を選任した。共産党はこれまでの山村工作隊など武装闘争路線に完全に終止符を打った。 志賀義雄、宮本顕治ら旧国際派は、この会議をもって主導権を奪還するが旧所感派についていた野坂を第一書記、1958年に議長に据えることで、「統一」を印象付けた。六全協は、のちの「議会闘争を通じて幅広い国民の支持を得られる党」へと作り変える一つの契機となったが、この時点では「農村から都市を包囲する」というそれまでの中国革命方式の武装闘争方針を放棄したのであって、「暴力革命」路線全般を完全に放棄したわけではない。 (Wikipedia:日本共産党第6回全国協議会)

日本共産党 第6期全国協議会
『日本共産党第6回全国協議会』より : 日本共産党 第6回全国協議会(にほんきょうさんとうだい6かいぜんこくきょうぎかい)とは、1955年7月27~29日に行われた、日本共産党がそれまでの中国革命に影響を受けた「農村から都市を包囲する」式の武装闘争方針の放棄を決議した会議である。「六全協」(ろくぜんきょう)と略して呼ばれることも多い。 この六全協で北京にいた徳田球一書記長が2年前の1953年に死亡していたことが発表され、第一書記に野坂参三、書記局員に紺野与次郎・志田重男・宮本顕治を選任した。共産党はこれまでの山村工作隊など武装闘争路線に完全に終止符を打った。 志賀義雄、宮本顕治ら旧国際派は、この会議をもって主導権を奪還するが旧所感派についていた野坂を第一書記、1958年に議長に据えることで、「統一」を印象付けた。六全協は、のちの「議会闘争を通じて幅広い国民の支持を得られる党」へと作り変える一つの契機となったが、この時点では「農村から都市を包囲する」というそれまでの中国革命方式の武装闘争方針を放棄したのであって、「暴力革命」路線全般を完全に放棄したわけではない。 (Wikipedia:日本共産党 第6期全国協議会)

日本共産党国際主義者団
日本共産党国際主義者団(にほんきょうさんとうこくさいしゅぎしゃだん)は、日本共産党が1950年代に分裂した際の分派の一つ。 指導者は、野田弥三郎。徳田球一や野坂参三率いる所感派を「チトー主義者」として激しく非難したが、ソ連共産党が徳田派を正当なものとみなす通達を発表すると、ただちに自己批判して、日本共産党中央に復帰した。 関連項目 日本共産党。 (Wikipedia:日本共産党国際主義者団)


日本共産党 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日本共産党 - アマゾン検索


「日本共産党」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す