[PR]

日別キーワード

第36位  NPB - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



NPB
一般社団法人日本野球機構(にほんやきゅうきこう、英語: Nippon Professional Baseball Organization、略称:NPB)は、日本プロ野球のセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグを統括する、元文部科学省スポーツ・青少年局所管の一般社団法人。公益財団法人日本プロスポーツ協会加盟団体。日本国内で「プロ野球」とは、この日本野球機構が統括するものを指す。 英称は、以前の Professional Baseball Organization of Japan から2005年に変更。 主な業務 日本選手権シリーズ試合およびオールスター試合の主催(協約第8条第6項) コミッショナーの経費を含む日本プロフェッショナル野球組織の経費の負担(協約第12条) ワールド・ベースボール・クラシックなど世界大会における野球日本代表の編成・派遣。 (Wikipedia:NPB)

NPB12球団ジュニアトーナメント
NPB12球団ジュニアトーナメント( - きゅうだん - )は、2005年より毎年12月下旬に、日本野球機構(NPB)及び同機構に属するプロ野球12球団が主催する少年野球の大会である。最初の2年は福岡ドーム 福岡Yahoo! Japanドームで開催されていたが、2007年から札幌ドームで行なわれている。新日本石油の特別協賛によりENEOS CUP(エネオスカップ)というタイトルがついている。
12球団ごとに小学5〜6年生を中心としたジュニアチームを結成。3チームずつ4グループに分かれてグループリーグを戦い、各1位の計4チームが決勝トーナメントに進出。王者を決める。
選手は、プロ球団とほぼ同じユニフォームを着て試合をするが、ジュニアのユニフォームは各ジュニアチームの脇から横腹の辺りに太い線がある等若干の違いがある。また、選手のユニフォーム・ウインドブレーカーの左肩には「eneos」というマークが刺繍される。
(Wikipedia:NPB12球団ジュニアトーナメント)

NPB・BIS
NPB・BIS(エヌ・ピー・ビー・ビス)とは、日本野球機構(Nippon Professional Baseball)のプロ野球データベース・システムの略称である。1988年シーズンから運用を開始。BISはBaseball Information System(ベースボール・インフォメーション・システム)の略称である。導入当初はIBM#日本アイ・ビー・エム株式会社 日本アイ・ビー・エム株式会社と業務提携し「IBM・BIS」として運営されていた。
このシステムは、日本のプロ野球の全ての公式戦の各種試合記録、並びに個人記録をコンピュータにデータベースとして収録し、各報道関係機関に提供している他、一般にも選手名鑑などの本 書籍類、あるいは機構公認のゲームソフトなどにも幅広く利用されている。
またこれを基とした表彰「IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞」が行われた。
(Wikipedia:NPB・BIS)


NPB - 関連ブログ

データが取得できませんでした

NPB - アマゾン検索


「NPB」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す