[PR]

日別キーワード

第55位  複写機 - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



複写機
複写機(ふくしゃき)は、原稿、本の一部などを複写する装置である。一般には、コピー機とも呼ばれる。 最初に事務機として幅広く使われた複写機はジェームズ・ワットによって1779年に発明された。彼は、インクが裏まで染み込みやすい薄い紙を使って、紙から別の紙に内容を転写する手法を考案した。この複写機は成功を収め、20世紀まで利用されていた。 複写機の種類には、大きく分けてジアゾ式複写機とPPC複写機(plain paper copier、普通紙複写機)がある。現在ではほとんどがPPC複写機であるが、ジアゾ式複写機も設計図面用(特にA2判以上の大判用紙)に根強い需要がある。 現在使われているPPC複写機には拡大や縮小機能を持つものも多く、紙の大きさも可変である。乾式と湿式があり、乾式がよく使われる。また、カラーコピーも可能な複写機も存在する。用紙はたいてい普通紙(コピー用紙)であるが、OHPシートなど特殊な素材にも印刷できる機種もある。大量の用紙をストックする用紙カセットと、一時的に特別な用紙を挿入するための手差しトレイを備えているものが一般的である。 (Wikipedia:複写機)

複写機組立て技能士
複写機組立て技能士(ふくしゃきくみたてぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、複写機組立てに関する学科及び実技試験に合格した者をいう。受検者減少のため2016年度より廃止になった。 脚注 関連項目 複写機。 (Wikipedia:複写機組立て技能士)


複写機 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

複写機 - アマゾン検索


「複写機」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す