[PR]

日別キーワード

第73位  ブルペン - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



ブルペン
ブルペン(英語:bullpen)は、野球場にある投球練習場。 由来 ブルペン(bullpen)は英語でもともと「牛を囲う場所」という意味である。 そこから現在の野球に関する意味を表すようになった経緯については、 闘牛場や屠殺場に送られるのを囲いの中で待っている牛を投手に見立てたという説 過去球場に遅く着いた観客がファウルゾーンで立ち見を強いられた状況を牛の囲い場に見立てたという説 外野フェンスにBull Durham Tobaccoの広告がかつてよく見られたためなどいくつかあるが、はっきりとは分かっていない。 投球練習場 投手(試合開始前は先発投手、試合開始後はリリーフ投手)の投球練習に使われる。投手とブルペン捕手、ブルペンコーチ(あるいはバッテリーコーチ)等が出入りし、他の選手や監督等が試合中に入ることはまずない。そのため、とくにプロ野球で使用される球場では、ベンチ(ダグアウト)にいる監督やコーチらがウォームアップを指示したり登板の連絡をするためのインターホン(東京ドームではダグアウトに多機能電話がある)や、練習状況を確認するためのモニターカメラが設置されていることが多い。 (Wikipedia:ブルペン)

ブルペン捕手
ブルペン捕手(ブルペンほしゅ)とは、ブルペンで投手の球を受ける捕手のこと。「B.C」、「ブルペンキャッチャー」とも。また、役割から「壁」と譬喩される。 選手としてではなく裏方としてチームを支える役割を担う。ボールの捕球にほぼ重点が置かれるため、「受け止める役」の比喩として「壁」と呼ばれる。試合中はベンチではなくブルペンに待機し投手のウォーミングアップの相手を務めることが多い。一部球団では「打撃捕手」として登録している場合もある。 プロ野球においては自由契約などで現役を引退した選手の受け皿となっている。少数ながらブルペン捕手から現役復帰した選手も存在する(例:千葉ロッテマリーンズ・杉山俊介、中日ドラゴンズ・長谷部裕)。また、捕手出身のバッテリーコーチ(ブルペンコーチ)がブルペン捕手を兼任している場合もある。珍しい例としては通訳兼任の外国人ブルペン捕手(ルイス・フランシス)や、捕手経験がないままブルペン捕手となった中谷翼がいる。背番号は90番台ないし3ケタの場合が多い。 1984年まで、試合中にブルペンで投手の球を受ける捕手は現役選手に限るとの条項があったため、各球団ともブルペン捕手あるいはバッテリーコーチ格の人員を支配下選手登録していた。 (Wikipedia:ブルペン捕手)


ブルペン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ブルペン - アマゾン検索


「ブルペン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す