[PR]

日別キーワード

第79位  ユリシーズ - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



ユリシーズ
『ユリシーズ』(Ulysses )は、アイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスの小説。当初アメリカの雑誌『リトル・レビュー』1918年3月号から1920年12月号にかけて一部が連載され、その後1922年2月2日にパリのシェイクスピア・アンド・カンパニー書店から完全な形で出版された。20世紀前半のモダニズム文学におけるもっとも重要な作品の一つであり、プルーストの『失われた時を求めて』とともに20世紀を代表する小説とみなされている。 物語は冴えない中年の広告取りレオポルド・ブルームを中心に、ダブリンのある一日(1904年6月16日)を多種多様な文体を使って詳細に記録している。タイトルの『ユリシーズ』はオデュッセウスのラテン語形の英語化であり、18の章からなる物語全体の構成はホメロスの『オデュッセイア』との対応関係を持っている。例えば、英雄オデュッセウスは冴えない中年男ブルームに、息子テレマコスは作家志望の青年スティーヴンに、貞淑な妻ペネロペイアは浮気妻モリーに、20年にわたる辛苦の旅路はたった一日の出来事にそれぞれ置き換えられる。 (Wikipedia:ユリシーズ)

ユリシーズ・S・グラント
ユリシーズ・S・グラント(英: Ulysses S. Grant、1822年4月27日 - 1885年7月23日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。南北戦争北軍の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領。アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領。南北戦争で戦った将軍の中では南軍のロバート・E・リー将軍と並んで(またそのリー将軍を最終的に破ったことで)最も有名な将軍の一人である。 軍人としては成功したが、大統領在任中の「クレディ・モビリエ事件」を始めとする多くのスキャンダルおよび汚職により、歴史家からアメリカ最悪の大統領のうちの一人と考えられている。 生い立ち オハイオ州クラーモント郡ポイント・プレザントで、ジェシー・R・グラントとハンナ・シンプソン・グラントの息子として生まれた。出生時の名前はハイラム・ユリシーズ・グラント(Hiram Ulysses Grant)。グラントの父親と母方の祖父は、ペンシルベニア州で生まれた。父親は製革業者だった。1823年の秋に、一家はオハイオ州ブラウン郡のジョージタウンへ移住した。 (Wikipedia:ユリシーズ・S・グラント)

ユリシーズ・グラント
『ユリシーズ・S・グラント』より : ユリシーズ・S・グラント(英: Ulysses S. Grant、1822年4月27日 - 1885年7月23日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。南北戦争北軍の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領。アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領。南北戦争で戦った将軍の中では南軍のロバート・E・リー将軍と並んで(またそのリー将軍を最終的に破ったことで)最も有名な将軍の一人である。 軍人としては成功したが、大統領在任中の「クレディ・モビリエ事件」を始めとする多くのスキャンダルおよび汚職により、歴史家からアメリカ最悪の大統領のうちの一人と考えられている。 生い立ち オハイオ州クラーモント郡ポイント・プレザントで、ジェシー・R・グラントとハンナ・シンプソン・グラントの息子として生まれた。出生時の名前はハイラム・ユリシーズ・グラント(Hiram Ulysses Grant)。グラントの父親と母方の祖父は、ペンシルベニア州で生まれた。父親は製革業者だった。1823年の秋に、一家はオハイオ州ブラウン郡のジョージタウンへ移住した。 (Wikipedia:ユリシーズ・グラント)

ユリシーズ・S・グラント・メモリアル
ユリシーズ・S・グラント・メモリアル(英語:Ulysses S. Grant Memorial)は、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.の中心部、ナショナル・モールにある記念碑の名称。アメリカ合衆国第18代大統領であり、南北戦争の将軍でもあったユリシーズ・S・グラントの栄光を称えて建設されたものである。 メモリアルはアメリカ合衆国議会議事堂の基部にあたる場所(ユニオン・スクエア、ナショナル・モール、ファーストストリートに位置。ペンシルベニア・アベニューとメリーランド・アベニューの間。)に位置している。また、その上部にある議会議事堂と同様にモニュメントのグラント騎馬像は西側を向いており、キャピタル・リフレクティング・プール越しにワシントン記念塔とナショナル・モールを見渡す形になっている。騎乗している像としてはアメリカ合衆国で最も大きい物であり、また世界でもイタリアのローマにあり1911年に竣工した、馬にまたがるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念像に次いで2番目に大きな騎馬像である。 (Wikipedia:ユリシーズ・S・グラント・メモリアル)

ユリシーズ・ケイ
ユリシーズ・ケイ(”Ulysses Kay”、1917年1月7日 - 1995年5月20日)は、アフリカ系アメリカ人の作曲家。作品はほとんどが新古典主義音楽 新古典主義によっている。
アリゾナ州ツーソン出身。ジャズミュージシャンのキング・オリヴァーの甥で、ピアノ、ヴァイオリン、サクソフォーンを教わった。アフリカ系アメリカ人の作曲家ウィリアム・グラント・スティルの激励を受け、アリゾナ大学に入学した。その後ニューヨーク州ロチェスター (ニューヨーク州) ロチェスターのイーストマン音楽学校の院生となり、ハワード・ハンソンとバーナード・ロジャーズに師事した。
1941年にバークシャー・ミュージック・センターで著名な新古典主義の作曲家パウル・ヒンデミットに出会い、翌年までイェール大学で教えを受けた。
(Wikipedia:ユリシーズ・ケイ)


ユリシーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ユリシーズ - アマゾン検索


「ユリシーズ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す