[PR]

日別キーワード

第90位  吉良町 - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



吉良町
吉良町(きらちょう)は、愛知県の中南部にあった町である。2011年4月1日に西尾市に編入された。吉良の名は八ツ面山(やつおもてやま)に産する雲母(きらら)から。中世の領主は、足利氏族の東条吉良氏であった。 地理 三河湾に面している。海上には梶島(無人島)がある。 隣接している自治体 西尾市 幡豆郡一色町、幡豆町 額田郡幸田町 江戸時代、町域は西尾藩、大多喜藩、沼津藩、川越藩、寺社、旗本といった様々な領主の下にあった。江戸時代初期の著名な領主に高家旗本吉良義央がいた。 1906年 - 横須賀、荻原、富田、瀬門、厨の各村が合併し、横須賀村となる。吉田、宮崎、保定の各村が合併し、吉田町となる。 1955年3月 - 横須賀村と吉田町が合併して吉良町となる。 2011年4月 - 西尾市に編入。同日吉良町廃止。(詳しくは幡豆町#西尾市との合併を参照。) 行政 町長 : 山本一義(2003年4月 - 2011年3月) 経済 産業 第一次産業が盛んな町であり、北部横須賀地区の農業、南部吉田地区の漁業に大別される。 (Wikipedia:吉良町)


吉良町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

吉良町 - アマゾン検索


「吉良町」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す