[PR]

日別キーワード

第100位  航空自衛隊 - 2018年12月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



航空自衛隊
航空自衛隊(こうくうじえいたい、略称:空自(くうじ)、英語:Japan Air Self-Defense Force、略称:JASDF)は、日本の官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関である。自衛隊のうちの航空部門にあたる。 航空幕僚監部並びに統合幕僚長および航空幕僚長の監督を受ける部隊および機関からなる。各部隊および各機関は防衛省の特別の機関である。主として空において行動し、主権国家たる日本の平和と独立を守り、直接侵略及び間接侵略の脅威から日本を防衛することを主たる任務とする防衛組織である。その最上級者は最上級機関である航空幕僚監部を統括する航空幕僚長。 英語の呼称はJapan Air Self-Defense Forceである。世界有数の空軍装備を保有し、協力関係にある諸外国軍とも海外演習等で交流があることから、関係者からは「空軍」と呼ばれる場合もある。 主要装備は戦闘機がF-15J 201機(F-15運用国ではアメリカに次いで第2位の保有数である)、F-2 97機、F-4約64機、合計360機余。 (Wikipedia:航空自衛隊)

航空自衛隊の隊一覧
航空自衛隊の隊一覧(こうくうじえいたいのたいいちらん、List of JASDF Squadron and Troop)は、現在編成されている航空自衛隊の隊等の一覧である。
警務官 航空警務隊
航空機動衛生隊-小牧基地
航空システム通信隊-市ヶ谷基地
航空安全管理隊-立川分屯基地
音楽隊 (航空自衛隊) 航空中央音楽隊-立川分屯基地
基地業務群 航空中央業務隊-市ヶ谷基地
第2航空団飛行群
第201飛行隊 (航空自衛隊) 第201飛行隊
第203飛行隊 (航空自衛隊) 第203飛行隊
第3航空団飛行群
第3飛行隊 (航空自衛隊) 第3飛行隊
第8飛行隊 (航空自衛隊) 第8飛行隊
第5航空団飛行群
第301飛行隊 (航空自衛隊) 第301飛行隊
第6航空団飛行群
第303飛行隊 (航空自衛隊) 第303飛行隊
第306飛行隊 (航空自衛隊) 第306飛行隊
(Wikipedia:航空自衛隊の隊一覧)

航空自衛隊の装備品一覧
航空自衛隊の装備品一覧(こうくうじえいたいのそうびひんいちらん)は、航空自衛隊が現在保有している装備品の一覧である。 また、過去に導入(開発中止になったものも含む)、あるいは将来導入予定の装備品も含めて記述する。 航空機 戦闘機 退役 輸送機・空中給油輸送機 退役 偵察機 退役 無人偵察機 早期警戒機・早期警戒管制機 練習機・航法訓練機 退役 電子戦訓練支援機・電子測定機 退役 捜索救難機 退役 飛行点検機 退役 その他 退役 捜索・救難ヘリコプター 退役 輸送ヘリコプター 機体番号 機体番号は尾翼両面に記された6(2+4)桁の機体固有の番号である。 (Wikipedia:航空自衛隊の装備品一覧)

航空自衛隊の群一覧
航空自衛隊の群等一覧(こうくうじえいたいのぐんいちらん、List of JASDF Group)は、現在編成されている航空自衛隊の群 (軍事) 群等の一覧である。
第2航空団飛行群
第3航空団飛行群
第5航空団飛行群
第6航空団飛行群
第7航空団飛行群
第8航空団飛行群
北部防空管制群
中部防空管制群
西部防空管制群
南西防空管制群
第1警戒群-笠取山分屯基地
第13警戒群-高畑山分屯基地
第23警戒群-輪島分屯基地
第27警戒群-大滝根山分屯基地
第42警戒群-大湊分屯基地
第43警戒群-脊振山分屯基地
第45警戒群-当別分屯基地
(Wikipedia:航空自衛隊の群一覧)

航空自衛隊の基地一覧
航空自衛隊の基地一覧(こうくうじえいたいのきちいちらん)は日本の航空自衛隊における基地の一覧である。 北部防衛区域 千歳基地(北海道千歳市) 長沼分屯基地(北海道夕張郡長沼町) 千歳基地(苗穂)(北海道札幌市東区) 三沢基地(青森県三沢市) 稚内分屯基地(北海道稚内市) 網走分屯基地(北海道網走市) 根室分屯基地(北海道根室市) 当別分屯基地(北海道石狩郡当別町) 奥尻島分屯基地(北海道奥尻郡奥尻町) 襟裳分屯基地(北海道幌泉郡えりも町) 八雲分屯基地(北海道二海郡八雲町) 大湊分屯基地(青森県むつ市) 車力分屯基地(青森県つがる市) 東北町分屯基地(青森県上北郡東北町) 山田分屯基地(岩手県下閉伊郡山田町) 加茂分屯基地(秋田県男鹿市) 秋田分屯基地(秋田県秋田市) 中部防衛区域 松島基地(宮城県東松島市) 百里基地(茨城県小美玉市) 熊谷基地(埼玉県熊谷市) 十条基地(東京都北区) 市ヶ谷基地(東京都新宿区) 目黒基地(東京都目黒区) 府中基地(東京都府中市) 横田基地(東京都福生市) 入間基地(埼玉県狭山市・入間市) 大滝根山分屯基地(福島県双葉郡川内村) 霞ヶ浦分屯基地(茨城県土浦市) 習志野分屯基地(千葉県船橋市) 木更津分屯基地(千葉県木更津市) 峯岡山分屯基地(千葉県南房総市) 立川分屯基地(東京都立川市) 硫黄島分屯基地(東京都小笠原村) 武山分屯基地(神奈川県横須賀市) 佐渡分屯基地(新潟県佐渡市) 新潟分屯基地(新潟県新潟市東区) 輪島分屯基地(石川県輪島市) 御前崎分屯基地(静岡県御前崎市) 笠取山分屯基地(三重県津市) 経ヶ岬分屯基地(京都府京丹後市) 串本分屯基地(和歌山県東牟婁郡串本町) 静浜基地(静岡県焼津市) 浜松基地(静岡県浜松市西区) 小牧基地(愛知県小牧市) 岐阜基地(岐阜県各務原市) 高蔵寺分屯基地(愛知県春日井市) 白山分屯基地(三重県津市) 饗庭野分屯基地(滋賀県高島市) 小松基地(石川県小松市) 奈良基地(奈良県奈良市) 西部防衛区域 美保基地(鳥取県境港市) 防府北基地(山口県防府市) 防府南基地(山口県防府市) 築城基地(福岡県行橋市・築上郡築上町) 芦屋基地(福岡県遠賀郡芦屋町・岡垣町) 春日基地(福岡県春日市) 高尾山分屯基地(島根県松江市) 見島分屯基地(山口県萩市) 土佐清水分屯基地(高知県土佐清水市) 高良台分屯基地(福岡県久留米市) 脊振山分屯基地(佐賀県神埼市) 海栗島分屯基地(長崎県対馬市) 福江島分屯基地(長崎県五島市) 高畑山分屯基地(宮崎県串間市) 下甑島分屯基地(鹿児島県薩摩川内市) 新田原基地(宮崎県児湯郡新富町) 南西防衛区域 那覇基地(沖縄県那覇市) 奄美大島分屯基地(鹿児島県奄美市) 沖永良部島分屯基地(鹿児島県大島郡知名町) 恩納分屯基地(沖縄県国頭郡恩納村) 久米島分屯基地(沖縄県島尻郡久米島町) 知念分屯基地(沖縄県南城市) 与座岳分屯基地(沖縄県糸満市) 宮古島分屯基地(沖縄県宮古島市) 関連項目 陸上自衛隊の駐屯地一覧 海上自衛隊の陸上施設一覧 参考文献 自衛隊法施行令 基地司令及び基地業務に関する訓令。 (Wikipedia:航空自衛隊の基地一覧)

航空自衛隊基地の一覧
『航空自衛隊の基地一覧』より : 航空自衛隊の基地一覧(こうくうじえいたいのきちいちらん)は日本の航空自衛隊における基地の一覧である。 北部防衛区域 千歳基地(北海道千歳市) 長沼分屯基地(北海道夕張郡長沼町) 千歳基地(苗穂)(北海道札幌市東区) 三沢基地(青森県三沢市) 稚内分屯基地(北海道稚内市) 網走分屯基地(北海道網走市) 根室分屯基地(北海道根室市) 当別分屯基地(北海道石狩郡当別町) 奥尻島分屯基地(北海道奥尻郡奥尻町) 襟裳分屯基地(北海道幌泉郡えりも町) 八雲分屯基地(北海道二海郡八雲町) 大湊分屯基地(青森県むつ市) 車力分屯基地(青森県つがる市) 東北町分屯基地(青森県上北郡東北町) 山田分屯基地(岩手県下閉伊郡山田町) 加茂分屯基地(秋田県男鹿市) 秋田分屯基地(秋田県秋田市) 中部防衛区域 松島基地(宮城県東松島市) 百里基地(茨城県小美玉市) 熊谷基地(埼玉県熊谷市) 十条基地(東京都北区) 市ヶ谷基地(東京都新宿区) 目黒基地(東京都目黒区) 府中基地(東京都府中市) 横田基地(東京都福生市) 入間基地(埼玉県狭山市・入間市) 大滝根山分屯基地(福島県双葉郡川内村) 霞ヶ浦分屯基地(茨城県土浦市) 習志野分屯基地(千葉県船橋市) 木更津分屯基地(千葉県木更津市) 峯岡山分屯基地(千葉県南房総市) 立川分屯基地(東京都立川市) 硫黄島分屯基地(東京都小笠原村) 武山分屯基地(神奈川県横須賀市) 佐渡分屯基地(新潟県佐渡市) 新潟分屯基地(新潟県新潟市東区) 輪島分屯基地(石川県輪島市) 御前崎分屯基地(静岡県御前崎市) 笠取山分屯基地(三重県津市) 経ヶ岬分屯基地(京都府京丹後市) 串本分屯基地(和歌山県東牟婁郡串本町) 静浜基地(静岡県焼津市) 浜松基地(静岡県浜松市西区) 小牧基地(愛知県小牧市) 岐阜基地(岐阜県各務原市) 高蔵寺分屯基地(愛知県春日井市) 白山分屯基地(三重県津市) 饗庭野分屯基地(滋賀県高島市) 小松基地(石川県小松市) 奈良基地(奈良県奈良市) 西部防衛区域 美保基地(鳥取県境港市) 防府北基地(山口県防府市) 防府南基地(山口県防府市) 築城基地(福岡県行橋市・築上郡築上町) 芦屋基地(福岡県遠賀郡芦屋町・岡垣町) 春日基地(福岡県春日市) 高尾山分屯基地(島根県松江市) 見島分屯基地(山口県萩市) 土佐清水分屯基地(高知県土佐清水市) 高良台分屯基地(福岡県久留米市) 脊振山分屯基地(佐賀県神埼市) 海栗島分屯基地(長崎県対馬市) 福江島分屯基地(長崎県五島市) 高畑山分屯基地(宮崎県串間市) 下甑島分屯基地(鹿児島県薩摩川内市) 新田原基地(宮崎県児湯郡新富町) 南西防衛区域 那覇基地(沖縄県那覇市) 奄美大島分屯基地(鹿児島県奄美市) 沖永良部島分屯基地(鹿児島県大島郡知名町) 恩納分屯基地(沖縄県国頭郡恩納村) 久米島分屯基地(沖縄県島尻郡久米島町) 知念分屯基地(沖縄県南城市) 与座岳分屯基地(沖縄県糸満市) 宮古島分屯基地(沖縄県宮古島市) 関連項目 陸上自衛隊の駐屯地一覧 海上自衛隊の陸上施設一覧 参考文献 自衛隊法施行令 基地司令及び基地業務に関する訓令。 (Wikipedia:航空自衛隊基地の一覧)

航空自衛隊の団一覧
航空自衛隊の団一覧(こうくうじえいたいのだんいちらん、List of JASDF Wing)は航空自衛隊の航空混成団、航空団、航空警戒管制団、飛行教育団、飛行開発実験団の一覧である
南西航空混成団 … 那覇基地 (沖縄県)
第1航空団 … 浜松基地 (静岡県)
第2航空団 … 千歳基地 (北海道)
第3航空団 … 三沢基地 (青森県)
第4航空団 … 松島基地 (宮城県)
第5航空団 … 新田原基地(宮崎県)
第6航空団 … 小松基地 (石川県)
第7航空団 … 百里飛行場 百里基地 (茨城県)
第8航空団 … 築城基地 (福岡県)
北部航空警戒管制団 … 三沢基地 (青森県)
中部航空警戒管制団 … 入間基地 (埼玉県)
西部航空警戒管制団 … 春日基地 (福岡県)
(Wikipedia:航空自衛隊の団一覧)

航空自衛隊幹部学校
『目黒駐屯地』より : 航空自衛隊幹部学校(こうくうじえいたいかんぶがっこう、Air Staff College)とは、航空自衛隊目黒基地内に所在している、防衛大臣直轄の機関(学校)である。諸外国では空軍大学校に相当する、航空自衛隊の最高教育機関としての機能を持つ。 航空自衛隊の幹部自衛官に対し、中級及び上級指揮官及びこれに準ずる幕僚として必要な知識及び技能を修得させると共に、航空自衛隊の能率的な管理・運用や航空防衛政策等に関する調査研究を実施する。このうち指揮幕僚課程・幹部高級課程は選考試験により選抜された者のみが入校でき、修了は困難である。1994年11月、防衛庁移転計画に基づき、市ヶ谷基地から現在地に移駐した。 設置されている課程 幹部普通課程 指揮幕僚課程 幹部高級課程 組織編成 総務課 人事課 計画課 教育部 業務部 庶務課 管理課 通信課 業務課 会計課 衛生課 航空研究センター システム管理室 主任教官(7人) 学校教官 主任研究開発官(6人) 主任研究官(1人) 研究員 主要幹部 脚注 外部リンク 航空自衛隊幹部学校(目黒基地公式サイト内)。 (Wikipedia:航空自衛隊幹部学校)

航空自衛隊補給本部
『十条駐屯地』より : 航空自衛隊補給本部(こうくうじえいたいほきゅうほんぶ、 英称:Air Materiel Command Headquarters、略称:AMCH)とは、航空自衛隊で必要とされる物資や機材の調達、保管、補給などを行う組織である。本部は東京都北区の十条基地に所在している。 沿革 1981年(昭和56年)2月10日 - 「補給統制処」の改編により発足 1997年(平成9年)12月 - 市ヶ谷基地から十条基地に移転 2013年(平成25年)8月1日:航空自衛隊第1補給処を廃止 組織編制 総務部 計画部 第1部:需品、車両、化学器材、施設器材及び衛生資材等が担当 第2部:航空機、航空機のエンジン及び航空機の支援器材等が担当 第3部:通信電子器材、気象器材及び写真器材等が担当 第4部:火器、弾薬、標的及びえい航器材等が担当 情報処理部 技術課 監理監察官 法務官 医務官 航空自衛隊第2補給処 - (岐阜基地) 十条支処(十条基地) 航空自衛隊第3補給処 - (入間基地) 航空自衛隊第4補給処 - (入間基地) 支処(東北町・高蔵寺・木更津・立川) 主要幹部 脚注 関連項目 装備施設本部 陸上自衛隊補給統制本部・海上自衛隊補給本部 兵站。 (Wikipedia:航空自衛隊補給本部)

航空自衛隊幹部候補生学校
『』より : 航空自衛隊幹部候補生学校(こうくうじえいたいかんぶこうほせいがっこう、JASDF Officer Candidate School)とは、航空自衛隊幹部を養成するための教育機関であり、初級幹部としての職務を遂行するに必要な共通的知識及び技能を修得させるための教育訓練を行う。航空自衛隊航空教育集団隷下であり、奈良県奈良市の奈良基地内にある。設置当初は防府基地に置かれ、1957年に現在地に移転している。自衛隊奈良地方協力本部を除けば、奈良県にある唯一の自衛隊施設である。 沿革 1955年(昭和30年)9月:防府基地にて新編。 1957年(昭和32年)3月:奈良基地に移転。 1989年(平成元年)3月:航空教育集団隷下に改編。 組織編成 総務課 教務課 教育部 業務部 庶務課 管理課 通信課 業務課 会計課 衛生課 学生隊 第1中隊 第2中隊 第3中隊 主要幹部 歴代の学校長 学校長は1956年(昭和31年)11月15日までは防府基地司令を、1956年(昭和31年)11月16日以降は奈良基地司令を兼務している。 (Wikipedia:航空自衛隊幹部候補生学校)

航空自衛隊第一補給処
『』より : 航空自衛隊第1補給処(こうくうじえいたいだいいちほきゅうしょ、JASDF 1st Air Depot)とは、航空自衛隊にあった補給処のひとつ。 千葉県木更津市の本処と東京都北区及び立川市に2個支処を置き、制服などの一般的な需品・資材や施設器材などの保管、補給、整備を担当していた。 航空自衛隊事務用品発注官製談合事件の影響を受け、2013年8月1日に告示された「防衛省告示第百四十五号「航空自衛隊の補給処の支処及び出張所の設置に関する告示(昭和四十六年防衛庁告示第三十七号)の全部改正」(官報本紙第6100号、平成二十五年八月一日第七面)に基づき廃止された。 沿革 1997年(平成9年)12月:東京支処を目黒基地から十条基地に移転 2006年(平成18年)4月1日:東京支処那覇分室(那覇基地)を廃止 2013年(平成25年)8月1日:廃止。本処 - 航空自衛隊第4補給処木更津支処に改組(これに伴い木更津基地は分屯基地に縮小) 立川支処 - 航空自衛隊第4補給処立川支処に改組 東京支処 - 航空自衛隊第2補給処十条支処に改組 廃止時の編成 第1補給処本処 - (木更津基地) 総務課 企画課 資材計画部 - 資材管理課、資材計画課、在庫統制課、計算課 整備部 - 整備管理課、整備技術課、品質管理課 保管部 - 保管管理課、品質統制課、第1保管課、第2保管課 業務部 - 庶務課、補給課、施設課、通信課、管理課、業務課、会計課、衛生課 東京支処 - (十条基地) 立川支処 - (立川分屯基地) 脚注 ==。 (Wikipedia:航空自衛隊第一補給処)


航空自衛隊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

航空自衛隊 - アマゾン検索


「航空自衛隊」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す