[PR]

日別キーワード

第7位  項羽 - 2018年12月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



項羽
『項籍』より : 項 籍(こう せき、紀元前232年 - 紀元前202年)は、秦末期の楚の武将。秦に対する造反軍の中核となり秦を滅ぼし、一時“西楚の覇王”(在位紀元前206年 - 紀元前202年)と号した。その後、天下を劉邦と争い(楚漢戦争)、当初は圧倒的に優勢であったが人心を得ず、次第に劣勢となって敗死した。 姓は項、名は籍、字が羽である。以下、一般に知られている項羽(こうう)の名で記す。 生涯 挙兵まで 項羽は、楚の将軍であった項燕の孫で、項嬰の子。項氏は代々楚の将軍を務めた家柄であった。項羽は両親を早くに亡くしたため叔父の項梁に養われていた。 『史記』によれば、項羽は文字を習っても覚えられず、剣術を習ってもあまり上達しなかった。項梁はそのことで項羽を怒ったが、項羽は「文字なぞ自分の名前が書ければ十分です。剣術のように一人を相手にするものはつまらない。私は万人を相手にする物がやりたい」と答えたので項梁は喜んで兵法を項羽に教えた。項羽は兵法の概略を理解すると、それ以上は学ぼうとしなかった。 成人すると、身長が9尺(約207センチ)の大男となり、怪力を持っており、才気は人を抜きんでていたこともあって、呉中の子弟はすでに項羽には一目置いていた。 (Wikipedia:項羽)

項羽本紀
『項籍』より : 項 籍(こう せき、紀元前232年 - 紀元前202年)は、秦末期の楚の武将。秦に対する造反軍の中核となり秦を滅ぼし、一時“西楚の覇王”(在位紀元前206年 - 紀元前202年)と号した。その後、天下を劉邦と争い(楚漢戦争)、当初は圧倒的に優勢であったが人心を得ず、次第に劣勢となって敗死した。 姓は項、名は籍、字が羽である。以下、一般に知られている項羽(こうう)の名で記す。 生涯 挙兵まで 項羽は、楚の将軍であった項燕の孫で、項嬰の子。項氏は代々楚の将軍を務めた家柄であった。項羽は両親を早くに亡くしたため叔父の項梁に養われていた。 『史記』によれば、項羽は文字を習っても覚えられず、剣術を習ってもあまり上達しなかった。項梁はそのことで項羽を怒ったが、項羽は「文字なぞ自分の名前が書ければ十分です。剣術のように一人を相手にするものはつまらない。私は万人を相手にする物がやりたい」と答えたので項梁は喜んで兵法を項羽に教えた。項羽は兵法の概略を理解すると、それ以上は学ぼうとしなかった。 成人すると、身長が9尺(約207センチ)の大男となり、怪力を持っており、才気は人を抜きんでていたこともあって、呉中の子弟はすでに項羽には一目置いていた。 (Wikipedia:項羽本紀)

項羽と劉邦
『楚漢戦争』より : 項羽と劉邦(こううとりゅうほう)は、項羽と劉邦の戦い(楚漢戦争)を扱った作品につけられた題名。 戯曲、小説、漫画項羽と劉邦 (戯曲) - 長與善郎の戯曲(1917年)。 項羽と劉邦 (小説) - 司馬遼太郎の小説。連載時の題名は「漢の風、楚の雨」(1977年~79年)。 項羽と劉邦 (横山光輝) - 横山光輝の漫画(1987年~1992年)。 映画項羽と劉邦/その愛と興亡 - 1990年、中国・香港の合作。原題『西楚霸王』。 項羽と劉邦/White Vengeance - 2011年、中国。原題『鴻門宴』。 項羽と劉邦 鴻門の会 - 2012年、中国。原題『王的盛宴』。 テレビドラマ等項羽と劉邦・背水の陣 - 1991年、中国。原題『淮陰侯韓信』。主人公は韓信。 大漢風 〜項羽と劉邦〜 - 2004年、中国。原題『大漢風』。 項羽と劉邦 (香港のテレビドラマ) - 2004年、香港。原題『楚漢驕雄』。 項羽と劉邦 はるかなる大地 - 2007年。中国のテレビ人形劇。原題『秦漢英杰』。 項羽と劉邦 King's War - 2012年、中国。 (Wikipedia:項羽と劉邦)

項羽と劉邦・背水の陣
『』より : 『項羽と劉邦・背水の陣』(こううとりゅうほう はいすいのじん、原題:淮陰侯韓信)は、前漢王朝の成立に大きな役割を果たした、韓信の生涯を描いた中国の連続ドラマ。韓信の出身地・淮陰市(現淮安市)による全面協力を受けて1991年に制作された。 日本でのテレビ放映歴はなく、1994年に全3巻(天の巻、地の巻、人の巻)のビデオが発売されている。 出演者 韓信:張豊毅 項羽:韓再峰 劉邦:石維堅。 (Wikipedia:項羽と劉邦・背水の陣)


項羽 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

項羽 - アマゾン検索


「項羽」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す