[PR]

日別キーワード

第22位  極左 - 2018年12月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



極左
『左翼』より : 極左(きょくさ、英:far left, extreme left)、または急進左翼(英:radical left)、または革命的左翼(英:revolutionary left)とは、極端に左翼的な思想、人物、党派、勢力を指す。対義語は極右である。 「極左」とは、左翼・右翼の視点における用語で、その思想の性質や比重などが極端に左派である思想や個人や集団を指す。極左は通常は、平等主義・社会階層上の政治的、経済的、社会的な権力層に対する徹底した反対と闘争を主張し、支配階級に関連する人々と敵対する。 「極左」や「極右」の用語は学者により多くの意味で使用され、相互に矛盾するものも含まれる。また「極左」や「極右」はあくまで相対的な用語であり、自称する例は少なく、レッテル張りに使われる場合も多い。 複数の政治的スペクトルの観点からは、主に経済面における「左翼」や「極左」と、主に社会面における「左翼」と「極左」には、明白な相違がある。 主に経済面における「左翼」とは通常、経済的平等を実現するために共同体や政府の役割を推進する社会主義や共産主義であり、その「極左」とは社会主義や共産主義の中で特に急進的な思想のことである。 (Wikipedia:極左)

極左暴力集団
『過激派』より : 極左暴力集団(きょくさぼうりょくしゅうだん)とは、公安警察や公安調査庁が用いる専門用語で、具体的には日本の新左翼党派などを指す。日本共産党用語では、「ニセ「左翼」暴力集団」に相当する。 1970年代に入り、「新左翼」各派は学生中心の組織から極左政治組織へと変貌していった。それに伴い、従来は「過激学生集団」と呼称していた警察も、新たに「極左暴力集団」と定義付けることになった。以降、警察白書などの警察の刊行物では、「極左暴力集団」という用語を使い続けている。 日本共産党の場合、現在は武闘路線を放棄している第四インターナショナル統一書記局系諸派やアクティオ・ネットワーク(旧称:戦旗日向(荒)派)については、「暴力」の語を外した「ニセ「左翼」集団」と呼称して区別をしているが、警察はこれらの党派も「極左暴力集団」とし、特に区別はしていない。 (Wikipedia:極左暴力集団)


極左 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

極左 - アマゾン検索


「極左」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す