[PR]

日別キーワード

第28位  日産自動車 - 2018年12月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



日産自動車
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英称:Nissan Motor Co., Ltd. )は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は「日産 (NISSAN) 」。日本国外の一部では、高級車ブランドである、「インフィニティ (INFINITI) 」も展開しており、現在はフランスの自動車製造大手ルノーとアライアンス関係である。 本社は神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号(日産グローバル本社)。芙蓉グループ(旧富士銀行系列)に属する東証一部上場企業であるが、フランスの自動車製造大手ルノーが株式の44パーセントを所有しアライアンス関係である。 日産自動車の関連会社には、委託製造会社である日産車体、モータースポーツ専門のニスモなどがある。また、国外では高級車の「インフィニティ」ブランドおよび新興国向けの低価格車ブランド「ダットサン」での展開も行なっている他、親会社のルノーの車種を「日産」ブランドで販売している(ルノー・ジャポンは日産グローバル本社屋内に籍を置く)。 (Wikipedia:日産自動車)

日産自動車九州硬式野球部
日産自動車九州硬式野球部(にっさんじどうしゃ きゅうしゅう こうしき やきゅうぶ)は、福岡県京都郡苅田町に本拠地を置き、日本野球連盟に所属していた社会人野球チームである。 九州の企業チームとしてはJR九州、ホンダ熊本、三菱重工長崎などと共に強豪の1つとして位置づけられていた。 横須賀市の日産自動車硬式野球部とはまた一味違った叩き上げのチームだが、新日鐵八幡、ローソン、神戸製鋼など、休廃部したチームから選手を受け入れ、積極的な補強も行った。 2009年シーズンをもって横須賀チームとともに休部が決定された。同年の都市対抗、日本選手権においてはいずれも予選で敗退した。 休部時の監督、選手を中心として、2010年に苅田ビクトリーズベースボールクラブが結成された。登録においては別チームであるが、実質的には日産九州の後継チームである。 設立・沿革 1985年 - 日産自動車2つめの硬式野球部として、九州工場内(現日産自動車九州)で創部 1987年 - 日本選手権初出場(初戦敗退) 1994年 - 藤井政夫(後の藤井将雄)の活躍と、3試合で22本塁打と打線が大爆発して都市対抗野球九州地区二次予選を突破して都市対抗野球に初出場。 (Wikipedia:日産自動車九州硬式野球部)

日産自動車硬式野球部
日産自動車硬式野球部(にっさんじどうしゃこうしきやきゅうぶ)は、神奈川県横須賀市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属した社会人野球チームである。 創部は1959年。歴戦の猛者揃いの神奈川地区において、的確なチーム作りを続けて都市対抗野球大会での優勝2回など、輝かしい戦績を誇る。また、2003年には過去2度挑戦して叶わなかった社会人野球日本選手権大会での優勝を果たすなど、関東を代表するチームの一つである。 1999年に本社の社長に「コストカッター」ことカルロス・ゴーンが就任し、硬式野球部の存続が不安視されたが、ゴーンは都市対抗野球での社員の応援に感銘を受け、硬式野球部を存続させることを決心したとされる(後にゴーンは「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴だ」とも断言した)。また、横須賀工場に隣接する横須賀スタジアムは、横浜DeNAベイスターズの二軍組織、湘南シーレックスが本拠地としていることから、同チームとの親交が深く、2001年8月15日には、柳川事件以後初めてとなるプロアマ交流試合が行われた。 (Wikipedia:日産自動車硬式野球部)

日産自動車事件
日産自動車事件(にっさんじどうしゃじけん)とは、企業における男女別定年の適法性が争われた裁判。女子の定年を男子よりも5歳若く定めた男女別定年制が違法であるかどうかが問われた裁判である。日産自動車女子若年定年制事件ともいう。 原告女性の勤務先会社(プリンス自動車工業)は1966年に被告会社(日産自動車)に吸収合併された。合併前の会社は男女とも55歳定年だったが、新しい勤務先となった会社は就業規則で定年を男性55歳、女性50歳と定めていた。そして、満50歳となった原告は1969年1月末で退職を命じられた。これに対し、女性は従業員である地位の確認を求める仮処分申請を起こしたが、一審・二審とも請求を棄却したため女性が本訴に及んだ。しかし本訴では一審・二審とも男女別定年制が違法であると認めたため、会社側が日本国憲法第14条、民法90条の解釈誤りを主張して上告。 判決内容 最高裁判所は、会社側の上告を棄却した(昭和56年3月24日第三小法廷判決)。判決で、男女別定年制は民法90条の公序良俗違反により無効であるとした。 (Wikipedia:日産自動車事件)

日産自動車サッカー部
日産自動車サッカー部(にっさんじどうしゃサッカーぶ)は、かつて存在した日本のサッカークラブ。日産自動車のサッカー部として1972年に創部した。呼称は「日産」。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属の横浜F・マリノスの前身となったクラブである。 1970年代当時の日産自動車は野球部が都市対抗野球大会で活躍する強豪として知られていたが、野球のオフシーズンに全社を挙げて応援出来るスポーツが必要として1972年にサッカー部が創部された。 2年後の1974年にヤンマーディーゼルサッカー部(現:セレッソ大阪)から加茂周を監督に迎え本格的な強化に取り掛かる。日産自動車ではテストドライバーや医師が一年契約の嘱託契約として仕事をしており、比較的簡単に契約出来たことから、加茂は初のプロ指導者となった。2年連続で神奈川県社会人リーグ優勝の後、1976年関東社会人リーグでは昇格初年に優勝、その年の全国社会人サッカー選手権大会で優勝し、1977年度から日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格、昇格初年から2位となるもののその年は入替戦で富士通サッカー部(現:川崎フロンターレ)に2戦とも敗れ1部昇格を逃す。 (Wikipedia:日産自動車サッカー部)

日産自動車女子定年制事件
『』より : (Wikipedia:日産自動車女子定年制事件)

日産自動車株式会社
『』より : (Wikipedia:日産自動車株式会社)


日産自動車 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日産自動車 - アマゾン検索


「日産自動車」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す