[PR]

日別キーワード

第76位  ゼロの使い魔 - 2018年12月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゼロの使い魔
『ゼロの使い魔』(ゼロのつかいま)は、MF文庫Jから刊行されているヤマグチノボルによる日本のライトノベル。イラストは兎塚エイジが担当。また、これを原作とする漫画、テレビアニメ、ゲーム作品である。略称は「ゼロ魔」、「ゼロ使」。 著者が榊一郎に対して「三銃士が元ネタ」と明言しており、登場人物や物語内で発生する事件などの多くを『ダルタニャン物語』から取っている。それゆえ登場人物名も、ブルボン朝期の人物にちなむものが多い。筆者のヤマグチは2012年9月時点で「ラストまでのプロットを完成させた」と述べていたが、2013年4月4日に死去したため、第20巻あとがきで表明していた残り2巻を残して当作品は絶筆となった。 しかし、前述の通りプロットは完成していたことに加え、ヤマグチや彼の遺族の意向により、別の人物に引き継ぐ形で続巻が刊行されることが2015年6月25日に公表された。そして、第21巻が2016年2月25日に全世界同時に発売された。5年ぶりに出版された第21巻の発行人によるあとがきにて、残り1巻をもって完結予定であることが再び表明された。 (Wikipedia:ゼロの使い魔)

ゼロの使い魔の登場人物
ゼロの使い魔の登場人物では、ヤマグチノボルのライトノベル『ゼロの使い魔』の登場人物について解説する。ゼロの使い魔の用語一覧も参照のこと。虚無の使い魔のいる国は虚無の使い魔の歌の順番と同じにするため変更。 主要人物 平賀才人(ひらが さいと) 声 - 日野聡 本作の主人公。ルイズの「使い魔」。物語開始時は17歳。平凡な高校生だったが、ルイズの召喚魔法により「使い魔」として東京から異世界ハルケギニアへ召喚された。身長は172cm。 現代日本の価値観で物を考え、それを隠さずハルケギニア世界の理不尽に怒り、抵抗するため、周囲の人間からは破天荒な人物だと思われている。感情の起伏が極端であるのに加えて思い込みが激しく、喜怒哀楽が激しい。突然異世界に召喚されたことに対しても、あまり深く悩まず適応している。実際は、如何なる困難や障害にも挫けない不屈の闘志を胸に秘めた熱血漢である。 ルイズとの使い魔契約(コントラクト・サーヴァント)の際には、才人の左手に使い魔の証であるルーン「geboundolf」Gandalfr が浮かび上がった。 (Wikipedia:ゼロの使い魔の登場人物)

ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜
タイトル=ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜
ジャンル=
放送開始=2006年6月9日
放送終了=2009年3月27日
放送局=メディファクラジオ
放送回数=全66回
放送時間=毎週金曜更新(途中月一回配信あり)
放送形式=ストリーミング
パーソナリティ=釘宮理恵(ルイズ役)日野聡(平賀才人役)
提供=ハピネットマーベラスエンターテイメント(第25回-)
インターネット=1
コピーライト=2006-2009 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会
タイトル=ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜 キャララジオ出張版
放送開始=2006年8月11日
放送終了=2006年8月25日
放送局=キャララジオ
放送回数=全2回
放送時間=毎週金曜更新
(Wikipedia:ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜)

ゼロの使い魔 on the radio ~トリステイン魔法学院へようこそ~
『ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜』(ゼロのつかいま オンザレディオ トリステインまほうがくいんへようこそ)は、『ゼロの使い魔』を題材としたインターネットラジオ番組である。 予告無しで始まった番組であるにも関わらずリスナーの数が序盤から8000人を超え、第一期中盤に差し掛かった辺りには30000人にまで増加し、第一期終盤には更にリスナーの数は増えていたと思われる。ちなみにこれはリピーターの数を除き(バックナンバーが公開されている番組なので何時でも何度でも視聴することが出来る)、番組を最初から最後まで聞いたリスナーのみカウントした数値である。2006年末の時点で、最も多かった第1回のリスナーの数は89264人と発表された。 またその人気ぶりに、キャララジオで公開していた番外編二編が、配信終了後に期間限定で再公開されていた。 タイトルコールは「ゼロの使い魔 on the radio」までを釘宮、「トリステイン魔法学院へようこそ」を日野が読み上げている。 (Wikipedia:ゼロの使い魔 on the radio ~トリステイン魔法学院へようこそ~)

ゼロの使い魔F
『ゼロの使い魔』(ゼロのつかいま)は、MF文庫Jから刊行されているヤマグチノボルによる日本のライトノベル。イラストは兎塚エイジが担当。また、これを原作とする漫画、テレビアニメ、ゲーム作品である。略称は「ゼロ魔」、「ゼロ使」。 著者が榊一郎に対して「三銃士が元ネタ」と明言しており、登場人物や物語内で発生する事件などの多くを『ダルタニャン物語』から取っている。それゆえ登場人物名も、ブルボン朝期の人物にちなむものが多い。筆者のヤマグチは2012年9月時点で「ラストまでのプロットを完成させた」と述べていたが、2013年4月4日に死去したため、第20巻あとがきで表明していた残り2巻を残して当作品は絶筆となった。 しかし、前述の通りプロットは完成していたことに加え、ヤマグチや彼の遺族の意向により、別の人物に引き継ぐ形で続巻が刊行されることが2015年6月25日に公表された。そして、第21巻が2016年2月25日に全世界同時に発売された。5年ぶりに出版された第21巻の発行人によるあとがきにて、残り1巻をもって完結予定であることが再び表明された。 (Wikipedia:ゼロの使い魔F)

ゼロの使い魔 on the radio ~トリステイン魔法学院へようこそ~
『ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜』(ゼロのつかいま オンザレディオ トリステインまほうがくいんへようこそ)は、『ゼロの使い魔』を題材としたインターネットラジオ番組である。 予告無しで始まった番組であるにも関わらずリスナーの数が序盤から8000人を超え、第一期中盤に差し掛かった辺りには30000人にまで増加し、第一期終盤には更にリスナーの数は増えていたと思われる。ちなみにこれはリピーターの数を除き(バックナンバーが公開されている番組なので何時でも何度でも視聴することが出来る)、番組を最初から最後まで聞いたリスナーのみカウントした数値である。2006年末の時点で、最も多かった第1回のリスナーの数は89264人と発表された。 またその人気ぶりに、キャララジオで公開していた番外編二編が、配信終了後に期間限定で再公開されていた。 タイトルコールは「ゼロの使い魔 on the radio」までを釘宮、「トリステイン魔法学院へようこそ」を日野が読み上げている。 (Wikipedia:ゼロの使い魔 on the radio ~トリステイン魔法学院へようこそ~)


ゼロの使い魔 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ゼロの使い魔 - アマゾン検索


「ゼロの使い魔」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す