[PR]

日別キーワード

第91位  宇宙世紀 - 2018年12月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



宇宙世紀
宇宙世紀(うちゅうせいき、Universal Century:U.C.)とは、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』のうち、『機動戦士ガンダム』およびその派生作品の舞台となった架空の紀年法。 また、それらの作品の世界観そのものを指して「宇宙世紀」という場合もある。 呼称法 宇宙世紀は「世紀」とは称するが100年区切りのそれではなく、実際には年をカウントする歴である。シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』の舞台となる「宇宙世紀0079」(ダブルオーセブンティーナイン)とは、宇宙世紀に入って79世紀(7900年)経過しているということではなく、宇宙世紀に入って79年目の年であることを意味する。 スペースコロニーへの移民が開始された年を0001年とする。慣用的に4桁の年号で表記され、例えば宇宙世紀0079年は英表記においてU.C.0079、同0123年はU.C.0123と略記され、それぞれ「ユニバーサルセンチュリー・ダブルオーセブンティナイン」、「ユニバーサルセンチュリー・オーワントゥエンティスリー」と発音する。 (Wikipedia:宇宙世紀)

宇宙世紀の軍需産業
宇宙世紀の企業(うちゅうせいきのきぎょう)では、ガンダムシリーズに登場する架空の企業またはその他の組織について説明する。 解説 ガンダムシリーズに登場する企業の設定は大きく二つに分類される。一つは、劇中に兵器メーカーという概念がなかった『機動戦士ガンダム』のテレビ放映終了後、同人誌とそれを基にしたムックでの有志による「設定のお遊び」から発生し、ガンプラブームに合わせて既成事実化していった(当時は)非公式なもの、もう一つは、制作スタッフにより設定されるなどして劇中に登場する公式なものである。 今日のガンダムシリーズで使われるミノフスキー粒子に関する多くの設定、AMBAC、オールレンジ攻撃などといったSF考証部分、そしてここで取り上げる企業の幾つかは、河森正治や美樹本晴彦、後のガンダムシリーズに設定考証として参加する森田繁など、スタジオぬえメンバーの所属したサークル・SFセントラルアートによる同人誌『Gun Sight』によって、後日創作されたものである。 (Wikipedia:宇宙世紀の軍需産業)

宇宙世紀年表
『宇宙世紀』より : 宇宙世紀(うちゅうせいき、Universal Century:U.C.)とは、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』のうち、『機動戦士ガンダム』およびその派生作品の舞台となった架空の紀年法。 また、それらの作品の世界観そのものを指して「宇宙世紀」という場合もある。 呼称法 宇宙世紀は「世紀」とは称するが100年区切りのそれではなく、実際には年をカウントする歴である。シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』の舞台となる「宇宙世紀0079」(ダブルオーセブンティーナイン)とは、宇宙世紀に入って79世紀(7900年)経過しているということではなく、宇宙世紀に入って79年目の年であることを意味する。 スペースコロニーへの移民が開始された年を0001年とする。慣用的に4桁の年号で表記され、例えば宇宙世紀0079年は英表記においてU.C.0079、同0123年はU.C.0123と略記され、それぞれ「ユニバーサルセンチュリー・ダブルオーセブンティナイン」、「ユニバーサルセンチュリー・オーワントゥエンティスリー」と発音する。 (Wikipedia:宇宙世紀年表)

宇宙世紀の公社
宇宙世紀の企業(うちゅうせいきのきぎょう)では、ガンダムシリーズに登場する架空の企業またはその他の組織について説明する。 解説 ガンダムシリーズに登場する企業の設定は大きく二つに分類される。一つは、劇中に兵器メーカーという概念がなかった『機動戦士ガンダム』のテレビ放映終了後、同人誌とそれを基にしたムックでの有志による「設定のお遊び」から発生し、ガンプラブームに合わせて既成事実化していった(当時は)非公式なもの、もう一つは、制作スタッフにより設定されるなどして劇中に登場する公式なものである。 今日のガンダムシリーズで使われるミノフスキー粒子に関する多くの設定、AMBAC、オールレンジ攻撃などといったSF考証部分、そしてここで取り上げる企業の幾つかは、河森正治や美樹本晴彦、後のガンダムシリーズに設定考証として参加する森田繁など、スタジオぬえメンバーの所属したサークル・SFセントラルアートによる同人誌『Gun Sight』によって、後日創作されたものである。 (Wikipedia:宇宙世紀の公社)

宇宙世紀の登場機動兵器一覧
宇宙世紀の登場機動兵器一覧(うちゅうせいきのとうじょうきどうへいきいちらん)は、ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧のうち宇宙世紀を世界観とする舞台に登場する兵器を挙げる。 特に記述のないものはモビルスーツとし、モビルアーマーなど記述の必要なものはカッコ内に挙げる事とする。 機動兵器以外の兵器などはガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧に記述する。 機動戦士ガンダム ここには、テレビアニメおよびアニメーション映画『機動戦士ガンダム』の登場兵器を挙げる。 地球連邦軍 RX-75 (RX-75-4) ガンタンク RX-77 (RX-77-2) ガンキャノン RX-78 (RX-78-2, VX-78) ガンダム ガンダムMAモード(ガンダムスカイ、ガンダムマーメイド) RB-79 (VX-76) ボール RGM-79 (RX-79) ジム(前期生産型ジム後期型)ジオン公国軍 MS-05B ザクI(旧ザク) MS-06 ザクII(ザク) MS-06F 量産型ザクII MS-06J 陸戦型ザクII MS-06S 指揮官用ザクII(シャア専用ザク) MS-07 グフ YMS-07B 先行試作型グフ(ランバ・ラル専用機) MS-07B 量産型グフ MS-09 ドム MS-09R (MS-R09) リック・ドム MS-14 (MS-11) ゲルググ YMS-14 (MS-14S) 先行量産型ゲルググ(シャア専用ゲルググ) MS-14A 量産型ゲルググ YMS-15 (MS-X10) ギャン MSM-03 ゴッグ MSM-04 (MSM-04F) アッガイ MSM-07 ズゴック前期型(量産型ズゴック) MSM-07S ズゴック後期型(シャア専用ズゴック) MSM-10 ゾック MSN-02 (MS-X16, MSN-X2) ジオング MAX-03 アッザム(モビルアーマー) MA-04X ザクレロ(モビルアーマー) MA-05 ビグロ(モビルアーマー) MA-08 ビグ・ザム(モビルアーマー) MAM-07 (MAN-07) グラブロ(モビルアーマー) MAN-03 (MAN-X3) ブラウ・ブロ(モビルアーマー) MAN-08 (MA-05H, MAN-X8) エルメス(モビルアーマー)目次へ移動する 機動戦士ガンダム(本編未登場) ここには、テレビアニメおよびアニメーション映画『機動戦士ガンダム』の企画時において存在したが、劇中には登場しなかった兵器を挙げる。 (Wikipedia:宇宙世紀の登場機動兵器一覧)

宇宙世紀の兵器技術
宇宙世紀の兵器技術とは、アニメーション『機動戦士ガンダム』やガンダムシリーズに登場する、架空の兵器の技術である。 コンピュータ系 バイオコンピュータ モビルスーツ開発企業サナリィ所属の技師、モニカ・アノー博士が考案した生物細胞のデータや有機材料を使用した新世代型のコンピュータである。バイオコンピュータはクラスターガンダムにも搭載された。 操作システム系 バイオセンサー サイコ・ニュートライザー = ネオサイコミュ・システム = フレーム系 ムーバブルフレーム ドラムフレーム ガンダム試作0号機(ブロッサム)やアッシマーで採用された技術。 (Wikipedia:宇宙世紀の兵器技術)


宇宙世紀 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宇宙世紀 - アマゾン検索


「宇宙世紀」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す