[PR]

日別キーワード

第1位  宮内庁 - 2018年12月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



宮内庁
宮内庁(くないちょう、英語: Imperial Household Agency)は、日本の行政機関。皇室関係の国家事務、天皇の国事行為にあたる外国の大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務をつかさどり、御璽・国璽を保管する内閣府の機関。 なお、宮内庁はかつて総理府の外局であったが、現在は内閣府の外局(内閣府設置法第49条・第64条)ではなく内閣府に置かれる独自の位置づけの機関とされている(内閣府設置法48条)。官報の掲載では内閣府については「外局」ではなく「外局等」として宮内庁を含めている。宮内庁は、国の機関であるため、日本国憲法第二十条によりいかなる宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならないとされている。 宮内庁は、天皇に近侍した古代からの官職をその淵源とする。日本最古の歴史書とされる『日本書紀』の680年(白鳳9年)の条には「宮内卿」「宮内官大夫」の官職が記述され、686年(朱鳥元年)の条には天武天皇の葬送に際して「宮内事」を誄(しのびごと)したとあり、天武天皇の時代には原型となる官職が形成されたと見られる。 (Wikipedia:宮内庁)

宮内庁下総御料牧場
宮内庁下総御料牧場(くないちょうしもふさごりょうぼくじょう)は1969年(昭和44年)8月18日まで、千葉県成田市の三里塚地区に存在していた御料牧場の名称である。 前身 江戸時代、下総台地の北部に江戸幕府によって佐倉牧が設置されて軍馬や農耕馬の放牧地があった。佐倉牧は7つの牧から構成されていたことから「佐倉七牧」とも称され、三里塚一帯には七牧の1つであった「取香牧(とっこうまき)」が置かれていた。明治時代に入り文明開化の煽りを受け国内での羊毛の生産を高める必要性が起こり、 青草に富むこと 樹林地に恵まれていること 物資の輸送に便利な所を条件に内務省は用地選定にアメリカの牧羊家アップ・ジョーンズを起用して各地の実地調査を行った。その結果、七牧の一つ取香牧(現:成田市取香、三里塚周辺)の隣接地が牧羊場に定められ1875年(明治8年)9月、下総牧羊場が開場した。この時、取香牧も閉場し牛馬の改良に当たる取香種蓄場として発足した。この頃、内務卿・大久保利通は現地の視察を行い、また牧羊場・種蓄場両場の初代場長に内務省の岩山敬義が就任した。 (Wikipedia:宮内庁下総御料牧場)

宮内庁長官
『宮内庁』より : 宮内庁(くないちょう、英語: Imperial Household Agency)は、日本の行政機関。皇室関係の国家事務、天皇の国事行為にあたる外国の大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務をつかさどり、御璽・国璽を保管する内閣府の機関。 なお、宮内庁はかつて総理府の外局であったが、現在は内閣府の外局(内閣府設置法第49条・第64条)ではなく内閣府に置かれる独自の位置づけの機関とされている(内閣府設置法48条)。官報の掲載では内閣府については「外局」ではなく「外局等」として宮内庁を含めている。宮内庁は、国の機関であるため、日本国憲法第二十条によりいかなる宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならないとされている。 宮内庁は、天皇に近侍した古代からの官職をその淵源とする。日本最古の歴史書とされる『日本書紀』の680年(白鳳9年)の条には「宮内卿」「宮内官大夫」の官職が記述され、686年(朱鳥元年)の条には天武天皇の葬送に際して「宮内事」を誄(しのびごと)したとあり、天武天皇の時代には原型となる官職が形成されたと見られる。 (Wikipedia:宮内庁長官)

宮内庁書陵部
書陵部(しょりょうぶ)は皇室関係の文書や資料などの管理と編修、また陵墓の管理を行う、宮内庁の内部部局の一つ。図書課、編修課、陵墓課と、5つの区域にわけて陵墓を管理している陵墓監区事務所に大きく分かれる。
元は明治17年(1884年)に設置された図書寮と、明治19年(1886年)に設置された諸陵寮の職務を引き継ぎ、現在の書陵部が誕生したのは昭和24年(1949年)である。図書課、編修課、陵墓課の三課体制で、資料の公開や皇室制度や文化の研究をし、その成果を刊行物や機関誌での刊行、三課交代で行う展示会で一般に広める活動を行っている。
図書課
編修課
陵墓課
多摩陵墓監区事務所(東京都八王子市、武蔵陵墓地内)
山形県、新潟県、栃木県、東京都、神奈川県、長野県内の陵墓を管理する。
(Wikipedia:宮内庁書陵部)

宮内庁東宮職
東宮職(とうぐうしょく)は宮内庁の内部部局のひとつ。東宮に因む。
東宮職の事務に関する法的根拠は宮内庁法第六条にあり、「東宮職においては、皇太子に関する事務をつかさどる」とされるが、実際の東宮職は皇太子周辺の一般事務のみならず、皇太子、皇太子妃、さらにはその独立の生計を営んでいない未婚の子女の家政をおこなっている。
東宮大夫(とうぐうだいぶ)
:東宮職の長。
東宮侍従長、東宮侍従
東宮女官長、東宮女官
東宮侍医長、東宮侍医
1949年5月31日まで、宮内府事務官、叙・一級
1950年5月31日まで、総理府事務官、叙・一級
1950年6月1日以降、人事院規則1-5の一部改正に伴い特別職となり、「東宮大夫」そのものが官職となる(叙級なし)。
氏名!!在任期間!!備考
(Wikipedia:宮内庁東宮職)

宮内庁侍従職
侍従職(じじゅうしょく)は宮内庁の内部部局のひとつ
法的根拠は宮内庁法第四条
御璽と国璽を保管すること
天皇・皇后とその未婚の子女の身辺のことを担当
侍従長
:侍従職の長。侍従職の事務を掌理する。認証官であり、その任免は天皇により認証される。
侍従次長、侍従
:侍従次長は侍従長を助け、侍従職の事務を整理し、侍従は側近奉仕のことを分掌する。なお、侍従のうち、宮内庁長官が指定する者は侍従職の庶務をつかさどる「侍従職事務主管」という。
女官長、女官
:女官長は皇后の側近奉仕のことを総括し、女官は皇后の側近奉仕のことを分掌する。
侍医長、侍医
:侍医長は天皇、皇后及び皇子に関する医事を総括し、侍医は天皇、皇后及び皇子に関する医事を分掌する。
(Wikipedia:宮内庁侍従職)

宮内庁長官官房
宮内庁長官官房(くないちょうちょうかんかんぼう)は、宮内庁の内部部局のひとつ。
:宮内庁組織令により規定される。ここでは宮内庁独自の事務を挙げる
行幸、行啓について
賜与と受納について
皇族(特に宮内庁のほかの内部部局が担当しない宮家の皇族)について
皇室会議及び皇室経済会議について
を担当
秘書課
調査企画室
総務課
報道室
宮務課
主計課
用度課
宮内庁病院
::(宮内庁組織令第3条)
審議官
:皇室関係の重要事項の調査、審議及び立案に関する事務を総括する。
(Wikipedia:宮内庁長官官房)

宮内庁法
題名=宮内庁法
通称=
番号=昭和22年法律第70号
効力=現行法
種類=行政法、組織法
内容=宮内庁の設置
関連=内閣府設置法
宮内庁法(くないちょうほう、昭和22年法律第70号)は、宮内庁の設置、組織及び所掌事務等を定めた日本の法律である。
1947年(昭和22年)4月28日に「宮内府法」の題名で公布、翌5月3日に日本国憲法とともに施行され、1949年(昭和24年)6月1日施行の改正(総理府外局への移行)により現在の題名となった。中央省庁再編後は、宮内庁が内閣府に置かれる機関となったことから、宮内庁法の存在根拠については、内閣府設置法第48条第2項に基づくものとされる。
他の中央省庁の設置に関する法律の題名の多くが「設置法」となっているのに対し、本法には「設置」の言葉が含まれない(同様の例として海上保安庁法がある)。
(Wikipedia:宮内庁法)

宮内庁式部職
式部職(しきぶしょく)は宮内庁の内部部局のひとつである。 事務 式部職の事務については宮内庁法第7条 が根拠。 儀式に関すること 交際に関すること 雅楽に関すること 職員 式部官長 式部職の責任者。 式部副長 皇室の儀式担当と国際親善担当、計2名が置かれる。特に後者は外務省出身者が起用される。 式部官 楽部 雅楽の演奏・演舞を担当しているが、宮中晩餐会などで演奏される洋楽も担当している。 雅楽は重要無形文化財であり、楽部の首席楽長、楽長、楽長補、楽師は、重要無形文化財雅楽の技能保持者(総合認定)である。 かつては、東儀氏、上氏、薗氏等の世襲職であった。 御料鵜飼 鵜飼いは日本の伝統的漁法であるが、一部宮内庁の保護で行われているものが存在し、鵜匠には宮内庁式部職鵜匠として国家公務員の身分が認められている。 (Wikipedia:宮内庁式部職)

宮内庁管理部
宮内庁管理部(くないちょうかんりぶ)は宮内庁の内部部局のひとつ。管理部を名乗るが施設管理を意味する名称で、宮内庁の管理部門ではない。
管理部長を長とし、皇居や御用邸、御苑に関わる管理事務を行う。
管理課
工務課
庭園課
大膳課
車馬課
宮殿管理官
那須御用邸管理事務所
須崎御用邸管理事務所
葉山御用邸管理事務所
皇居東御苑管理事務所
宮内庁 かんりふ
(Wikipedia:宮内庁管理部)

宮内庁病院
宮内庁病院(くないちょうびょういん)は、宮内庁によって管理・運営されている国立の病院である。 建物と組織 皇居の東端、大手門から入って右側にある鉄筋コンクリート構造・2階建ての医療施設である。施設自体は古いものの、医療設備は最新鋭のものが取り揃えられている。現在の施設は1964年(昭和39年)春に竣工し5月27日に竣工式が開催された。その後、医療機器の搬入作業などを経て同年9月より診療を開始した。この病院ができる以前は倉庫を改築したものを使用していた。医師・看護師は総勢約50名となっている。中には大学での勤務の傍ら、非常勤で診察に当たる医師もいる。病院長は宮内庁の皇室医務主管や侍従職の侍医長が兼務することが多いが、最近では専任者を置く例も見られる。 玄関は皇室用と一般用に分かれている。1階中央には大きな吹き抜けがあり、階段手前から歯科、内科、耳鼻咽喉科、眼科などがある。2階には階段突き当たりに産婦人科、隣に外科、東側に一般患者用の病室、残り半分は皇室専用の病室「御料病室」が2つ配置されている。 (Wikipedia:宮内庁病院)

宮内庁式部職楽部
『』より : (Wikipedia:宮内庁式部職楽部)


宮内庁 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宮内庁 - アマゾン検索


「宮内庁」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す