[PR]

日別キーワード

第6位  日本ハム - 2018年12月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本ハム
日本ハム株式会社(にっぽんハム、NH Foods Ltd.)は、大阪府大阪市北区(以前は大阪市中央区)に本社を置く大手食品加工メーカーである。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角で、業界首位。1942年(昭和17年)に創業、プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社としても有名である。 長らく、商号としてカタカナ表記のニッポンハムを用いる場合も多かったが、2014年(平成26年)4月にコーポレートロゴを日本ハムの発足から51年目にして初めて改定され、英字表記のNipponhamに改められた。同年7月からは製品パッケージにも順次表記され始めている。 沿革 香川県大川郡津田町津田(現在のさぬき市)出身の大社義規(おおこそ・よしのり)が、1942年(昭和17年)、徳島県徳島市で「徳島食肉加工場」として設立。 戦後は「徳島ハム」の名称を使っていたが、1963年(昭和38年)8月に「鳥清ハム」(旧・鳥清畜産工業)と合併、「日本ハム」と改称し、本社を大阪に移転。 (Wikipedia:日本ハム)

日本ハムファイターズ
『北海道日本ハムファイターズ』より : 北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、英語: Hokkaido Nippon-Ham Fighters)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 北海道を保護地域とし、札幌市豊平区にある札幌ドームを専用球場(本拠地)としている。2003年までの本拠地で東京都文京区にある東京ドームでも、準本拠地として年8試合程度を開催しており(後述)、北海道内の地方球場でも毎年主催公式戦を開催している(後述)。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズスタジアムである。 球団の歴史 セネタース - 日拓時代 1945年11月6日、戦時中の1943年に解散した東京セネタース(1935年創立)の中心人物だった横沢三郎がセネタース再興を目指し、新規に「セネタース( Senators 、企業名:セネタース野球協会)」を設立。 (Wikipedia:日本ハムファイターズ)

日本ハム球団
『北海道日本ハムファイターズ』より : 北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、英語: Hokkaido Nippon-Ham Fighters)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 北海道を保護地域とし、札幌市豊平区にある札幌ドームを専用球場(本拠地)としている。2003年までの本拠地で東京都文京区にある東京ドームでも、準本拠地として年8試合程度を開催しており(後述)、北海道内の地方球場でも毎年主催公式戦を開催している(後述)。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズスタジアムである。 球団の歴史 セネタース - 日拓時代 1945年11月6日、戦時中の1943年に解散した東京セネタース(1935年創立)の中心人物だった横沢三郎がセネタース再興を目指し、新規に「セネタース( Senators 、企業名:セネタース野球協会)」を設立。 (Wikipedia:日本ハム球団)

日本ハム球団多摩川グランド
スタジアム名称 日本ハム球団多摩川グランド
愛称 Nippon Ham FightersTamagawa Baseball Ground
所在地 神奈川県川崎市中原区上丸子天神町地内(多摩川右岸側河川敷内)
所有者
管理・運用者
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 なし
設計者
使用チーム、大会 北海道日本ハムファイターズ 日本ハムファイターズが二軍本拠地兼練習場として使用(~1996年)
収容能力 観客席なし
規模 グラウンド面積:-m²両翼:92 m中堅:120 m
フェンスの高さ
日本ハム球団多摩川グランド(にっぽんハムきゅうだん・たまがわグランド)は、神奈川県川崎市中原区新丸子の多摩川右岸側河川敷にある野球場。かつてプロ野球・北海道日本ハムファイターズ 日本ハムファイターズが北海道日本ハムファイターズ (ファーム) 二軍本拠地及び練習場として使用していた。施設は一級水系 一級河川内にあるため、日本ハム球団は国から用地を借用して球場を運営管理していた。
(Wikipedia:日本ハム球団多摩川グランド)

日本ハム多摩川球場
川崎市多摩川丸子橋硬式野球場(かわさきし・たまがわ・まるこばし・こうしきやきゅうじょう)は神奈川県川崎市中原区上丸子天神町の多摩川右岸側河川敷(東急東横線の多摩川橋梁すぐ西側)にある野球場。 元々は東映→日拓ホームフライヤーズ→日本ハムファイターズが、日本国(以下「国」と略する)から一級河川にある用地を借り受ける形で、1961年から1997年にかけて、同球団の2軍専用球場、および練習会場として使用した「日本ハム球団多摩川グランド」(にっぽんハムきゅうだん・たまがわ・グランド)として運営していたものである。 後述の通り、2011年3月をもって借地契約満了により一度閉鎖されたのち、立地する川崎市が市民用の野球場に改築したものである。 日本ハム球団多摩川グランド時代 東映フライヤーズ時代の1961年、多摩川スピードウェイ跡地に造成された。 以来、1973年に「日拓ホームフライヤーズ」、翌1974年に「日本ハムファイターズ」と経営母体および球団名の変遷を重ねながら二軍本拠地としてイースタン・リーグ公式戦が行われていた他、練習場としても使用された(日拓ホーム時代までの球場名は不明)。 (Wikipedia:日本ハム多摩川球場)


日本ハム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日本ハム - アマゾン検索


「日本ハム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す